3/5(土) コンサートやります☆木と音の会@池袋明日館

最近、夜更かしができずに、すっかりブログ更新できないwakameです。


手づくりの弦楽器「フォーボウ」をはじめて、早3年が経ちました。

この楽器は、高知県の西端に住むひとりの男性が『道端にある木片で、みんなが笑顔になるようなことができたら面白い』と考え、高知の木をつかって作りはじめたものです。

d0061968_0272757.jpg

hanakoの巻頭連載「JURI CINEMA SPECIAL ナニカ」に掲載(supported by TOYOTA)


だんだんとその想いや音色・フォルムの魅力に共感する人が増えてきて、高知からはじまった活動は北上して、ついに山形・仙台まで到達しました。


☆★本題★☆ 
東京・池袋明日館でのコンサートを今年もおこないます。 
木の温もりのある素敵な空間です。 d0061968_3113285.jpg

♪森から生まれた楽器たちの音楽会♪
◆日時 2011年3月5日(土)
    開演 午後14時 (開場13時30分)
      ~ 終了16時頃予定
◆会場 自由学園明日館
http://www.jiyu.jp/ 
                                   自由学園明日館(重要文化財)
・池袋駅メトロポリタン口より徒歩5分
・目白駅より徒歩7分
 ⇒地図はこちら

◆入場料 お菓子・飲物代として500円
※会場で珈琲紅茶・手づくりクッキーが出ます。

◆演奏曲目
《前半》
山の風景(手作り楽器のためのオリジナル曲)
わらび神
ほか
《休憩・ティータイム》
《後半》
いつも何度でも
太湖船、康定情歌
ほか


コンサート紹介WEBサイト・昨年の様子
http://web.me.com/kitooto/concert/
===

お散歩ついでに、遊びにきてください☆
山形県最上の高校生が、最上の木でつくったハープを演奏しにきます。

手づくりフォーボウの体験演奏もできます。
ゲスト:天華二胡学院
d0061968_3263037.jpg



「木と音の会」今までの活動 ご紹介

wakame
# by satoimolove | 2011-03-04 03:00 | music

求人情報 BeGood Cafe

satoimoです。

転職の季節。
エコロジー系の仕事を求めている方はチェック!
BeGood Cafeさんはなにかとつながりがある団体なので紹介します。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃正社員2名募集! 教育・エコ・地域活性化に向けて
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

BeGood Cafe、そして(株)ピース・コミュニティ・プランは、さまざまな
社会貢献的な事業チャレンジを続けて来ました。そして、今後さらに、
教育・エコ・地域活性化などの新規プロジェクトに取り組んでいくために、
私達と一緒にがんばってくださる方を募集します。
お気軽にお問い合わせください。

職 種 :プロジェクト企画制作、コーディネイター
内 容 :プロジェクト企画運営(環境教育など)、イベント制作など
雇用形態:正社員
勤務地 :東京都世田谷区太子堂(田園都市線三軒茶屋駅より徒歩6分)
勤務開始:2011年3月下旬頃から 応相談
待遇  :固定給制 月給23万〜30万円 経験・能力を考慮の上応相談
     通勤交通費支給、社会保険完備
応募資格:社会経験のある方
     イベント等の制作や事務局業務等に経験のある方
     WORD/EXCEL/POWERPOINTを使える方、学歴年齢不問
     優遇>>英語の得意な方、普通自動車免許をお持ちの方
応募方法:履歴書・職歴書(写真貼付)、志望動機をメールまたは郵送で
     送付してください。随時書類選考の上、面接日をご連絡致します。
     *info※peace-cp.com(※を@に変えてメールを送信してください)
     *東京都世田谷区太子堂1-15-10 R三軒茶屋2F Smile Studio
      〒154-0004 (株)ピース・コミュニティ・プラン 総務宛
     応募書類は返却できません、ご了承ください。
応募締切:3月下旬でいったん締め切ります。

■お申し込み、お問合せ先
 株式会社ピース・コミュニティ・プラン
 info※peace-cp.com(※を@に変えてメールを送信してください)
 TEL:03-6413-8802(平日10:00〜18:00)
 東京都世田谷区太子堂1-15-10 R三軒茶屋2F Smile Studio 〒154-0004
# by satoimolove | 2011-02-26 21:43 | info

大手メディアが伝えないこと 上関原発

satoimoです。

国内でも強者と弱者? 南と北?
権力やお金を持っている人とそうでない人?
とにかく虐げる、虐げられる…の関係が身近にも存在していると言う事実を、
メディアが無視する事実と構造を知ってもらいたい。

そんな想いでblogに掲載します。

以下転載
2月23日9:00現在、上関田ノ浦では今日も数百人規模の大人数で大規模な作業が進められようとしています。

陸上では約200人の作業員が隊列を組んでこれから作業に向かう準備をしています。

約100人の抗議により現在睨みあいがつづけられています。

海上では複数の作業台船団や作業船があちこちから田ノ浦を目指しやってきています。


22日には朝7時すぎには汚泥防止幕が破れているにも関わらず土砂を排水口側の海域に投入しました。
____

田ノ浦の状況が配信されています。
●満月tv http://www.ustream.tv/channel/

●2つのカメラが同時に見れます。http://www.ustwrap.info/multi/7222191::7083136

カヤックに乗って、実況中継をしてくれています。
(途切れる事がありますが、続いていますので見ていて下さい。)

海上保安庁がひどいです。
悔しくてたまらないです。
このライブ映像の配信数が増えるだけでも力になると思いますので、
ぜひ、アクセスしてください。
広めてください。


■徳山海上保安部

(管理課)
TEL 0834(31)0111(代)

(警備救難課)
TEL 0834(31)0110

(FAX)
TEL 0834(31)0114

(メール)
tokuyama-kotsu@kaiho.mlit.go.jp


■第六管区海上保安本部「海の相談室」
電話番号: 082−251−5111(代表)
FAX : 082−253−3682(専用)
E-mail : sodan6@jodc.go.jp
ご利用時間: 平日の午前9時05分から午後5時50分まで


■海上保安庁 〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
03-3591-6361(代表)


■国土交通省

国土交通ホットラインステーションは、国土交通行政に関する
皆様からの要望、意見等を一元的にお受けしています。
【受付時間】平日の午前10時から午後5時
(電話) 03−5253−4150
(FAX) 03−5253−4192
(メール先リンク)http://www.mlit.go.jp/hotline/hotline.html



2/22 虹のカヤック隊、らんぼうより 

上関原発に関する急ぎのお願いなのですが、昨日、今日の2日間、埋立予定海域で、海保庁が祝島の船に対して繰り返したたいへん危険な行為について、ぜひ海保庁()に抗議の電話をかけてくださいませんか?海の安全を守るはずの海保庁が、ゴムボードのような高速艇で祝島の船に向かって猛スピードで突っ込み、何度も体当たりしてきました。あわや大事故になるところでした。こちらの船首の下に突っ込み、海保庁側のヘルメットが割れる場面もあり、怪我人が出なかったのが不思議なほどです。明日ももし、このような危険行為が繰り返されると、怪我人が出るのでは、と心配です。また、このような海保庁の無茶な行為さえなければ、砂利を積んだ台船の侵入を阻止できたのに、と祝島のみなさんは悔しそうでした。以下、海保庁(徳山海上保安部)の電話番号です(夜間は当直に伝言)0834・31・0111。では、よろしくお願いします。
# by satoimolove | 2011-02-25 21:03 | info

TPPがよく分かる漫才

satoimoです

おがわまち有機農業フォーラムは雪でしたが、盛況でした。協力してくださった皆さんありがとうございます。
12日のNHK夕方のニュースでもとりあげてもらったよ。

さて、おもしろい?漫才を紹介します。

TPPがよく分かる漫才
http://suiden-trust.blogspot.com/2011/02/tpp.html
# by satoimolove | 2011-02-15 05:02 | 地産地消100連発

2/11.12.13 おがわまち有機農業フォーラム2010

satoimoです。
3日連続がんばります!

毎年、有機農業の研究者、小川町の有機農業実践者、その他さまざまな立場から
関心をもたれている方が集まり、共に学び持続可能な未来を創造します。
今年は気候変動と有機農業の技術、新規就農、種採り、農薬とミツバチの話題 
etc
テーマが盛りだくさんです。みなさまお誘い合わせの上ご参加ください!

*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*
      おがわまち有機農業フォーラム2011
2月11日(金・祝)技術講演会
2月12日(土)DVD 「ミツバチからのメッセージ」上映会
       有機農業をはじめよう! 講演会・相談会
2月13日(日)種採り講演会・実践講習会 & 種苗交換会
*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*・.・*

【2月11日(金・祝)技術講演会 気候変動と有機農業~異常気象を乗り切る技~】
2010年の漢字「暑」が物語るように、酷暑が全国を襲いました。昨今、異常気象
が原因と思われる農業被害は経営に大きな影響を及ぼしています。今回は、天敵
利用や多様な作物の栽培、地域連携等ゆらぎの少ない有機農業の技術や未来につ
いて考えます。

講演会等会場 : 小川町立図書館2階 視聴覚ホール
(小川町大字大塚99-1 tel 0493-72-5965)

<スケジュール>
12:30受付開始13:00~16:30 講演会
〈報告〉下里地区の取り組みと天皇杯受賞報告 河村岳志
〈講演〉小川町の有機農業 小川町有機農業推進協議会 副代表 田下隆一
〈小川町の天敵利用〉埼玉県春日部農林振興センター 畠山修一
17:30~19:30 懇親会場所 : コミュニティカフェ「べりカフェ」
(要予約/定員30名)会費3,000円

【2月12日(土)「有機農業をはじめよう!」
ー私はこうして夢を実現中! 研修・独立 喜怒哀楽ー】
あなたの「どうやって有機農業で就農するの?」という疑問に答える1日です。
就農支援情報、研修後農業の道を歩み始めたメンバーによるパネルディスカッ
ション、研修受け入れ農家による相談会 etc... 
研修・就農に関する情報が満載です!

講演会等会場:リリックおがわ 会議室1・2(小川町大字大塚55-2 tel
0493-73-2111)
定員:講演会 120名  参加費:1,000円    
※昼食は各自でお願いいたします。


<スケジュール>
10:00 受付開始
10:30~12:00 DVD「ミツバチからのメッセージ」上映会
13:00~16:30 講演会・パネルディスカッション・グループワーク
〈講演1〉埼玉県による新規就農支援 埼玉県農林公社 農業振興局農地担い手
支援部 担当部長 松本明夫
〈講演2〉小川町での就農について 小川町農業委員会 山岸 俊男
〈報告〉小川町での就農サポート   
―小川町有機農業生産グループについて 
 小川町有機農業生産グループ代表 河村岳志   
―小川町有機農業生産グループについて 販売部代表 横田茂   
―小川町有機農業学校について 第2期研修生


【2月13日(日)種採り講演会・実践講習会&種苗交換会】
3回目の今回は、毎年自然農法の種を頒布して下さる、長野県の(財)自然農法
国際研究開発センターから種採りの中心人物、中川原敏雄先生をお招きして、種
屋の種の採り方ではなく、自然農法の種の採り方を教えていただきます。

講演会等会場:リリックおがわ 会議室1・2
(小川町大字大塚55-2 tel 0493-73-2111)
種採り講習会場:河村農場(小川町下里地区)
オプション:霜里農場見学会参加費:1,000円(講演会/講習会参加費) 
500円(種苗交換会参加費)
お弁当:1,000円
★希望者には小川町の有機農家が作った食材をふんだんに使ったお弁当を用意い
たします(要予約)。また、小川町の有機農家らが日替わりシェフを勤めるコ
ミュニティカフェ「べりカフェ」の利用も可能です。

<スケジュール>
9:30 受付開始
10:00~13:00 講演会、種苗交換会
作物と人間による共同育種~自生力の強いタネを育てる~
(財)自然農法国際研究開発センター 農業試験場 
研究部育種課課長 中川原敏雄
13:00~14:30 昼食・河村農場へ移動
14:30~15:30 種採り実演・実習 オプション 霜里農場見学(要予約)
16:00 終了 バスで移動
18:00 懇親会 
場所:小川町町内某所にて 会費3,000円(要予約)

<講演者プロフィール>
●畠山 修一(ハタケヤマ シュウイチ)1962年埼玉県生まれ。さいたま市在住。
1985年高知大学農学部卒。同年埼玉県農林部奉職。以後、川越、加須、本庄、東
松山、春日部管内で普及指導員として活動。08~09年の2年間は埼玉県農林総合
研究センターに勤務。土着天敵を温存した害虫管理の普及や、施設イチゴでのカ
ブリダニ利用技術の確立など、農薬低減技術の組み立てと普及に取り組んでき
た。現在、春日部農林振興センター勤務。平成22年度有機農業標準栽培技術指導
書作成委員会委員を務める。

●中川原 敏雄(ナカガワラ トシオ)1949年青森県生まれ。東京農業大学を卒
業。民間の種苗会社に16年間勤務する。現在(財)自然農法国際研究開発センター
農業試験場で無肥料・無農薬による不耕起草生栽培で品種を育成している。主な
育成品種カボチャ「かちわり」、キュウリ「バテシラズ3号」、トマト「メニー
ナ」、ニンジン「筑摩野五寸」。また野菜・雑穀類の在来種を収集保存し、優良
品種を頒布している。圃場では機械に頼らない栽培を実践し、鍛冶屋さんと開発
した、立って草を刈る大鎌を普及している。主な著書『自家採種入門』(農文
協、共著)『はじめよう有機農業』(全国農業会議所、共著)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++

<お申し込み・お問い合わせ>
小川町有機農業推進協議会 事務局 鈴木
TEL:080-6727-7514 FAX:0493-53-4090 
Eメール:ogawamachi.modeltown@gmail.com

<申し込みに必要な項目>
(1)氏名(ふりがな)
(2)住所
(3)電話番号(できれば緊急連絡のために携帯電話番号をお書きください)
(4)Eメールアドレス
(5)所属
(6)参加日
(7)11日 懇親会の参加/不参加
(8)13日の昼食(お弁当)申込みについて
(9)13日の霜里農場見学の希望について
(10)13日 懇親会の参加/不参加
++++++++++++++++++++++++++++++++++++


会場地図・宿泊についてはホームページに添付されているチラシをご覧くださ
い。
http://ogawamachi-organic.jimdo.com/

主催:小川町有機農業推進協議会
本行事は、平成22年度農林水産省 産地収益力向上支援事業の一環として実施い
ます。

以上
# by satoimolove | 2011-01-23 14:26 | 地産地消100連発

NPO法人 トージバ事務局長の神澤さんとのおしゃべり会

satoimoです。

「東京朝市アースデイマーケット」
「土と平和の祭典」
「種まき大作戦」
「バンブーファクトリー」etc
数々の農ムーブメントの火付け役であるNPO法人 トージバ。
その事務局長でありデザイナーでもある神澤さんに自らの農的暮らしぶりや活動
についてお話を伺います。
地域と人をつないできたら見えたもの・生まれたしごと・そして自らの移住と実
践とは?
デザイナー神澤さんならではの視点とセンスでお話しいただきます。
当日はリラックスモードで参加者のみなさんとお話しできるカタチをとりますの
でお気軽にご参加ください。

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
〜稼ぐための職業から、生きるための生業へ〜
都市と農村をつなぐ人
NPO法人 トージバ事務局長の神澤さんとのおしゃべり会

<こんな人にお勧め>
・農山村の暮らしに関心がある人
・半農半X、二地域居住の暮らしに関心がある人
・家族がいて農山村の暮らしにシフトするってできるの?と不安な人
・以上の項目に関心があり、フリーランスを目指す人

◆日時 2011年1月9日(日)13時〜15時半(予定 12時40分受付開始)

◆場所 損保ジャパン本社ビル 2階会議室(〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1)

※地図
http://www.sompo-japan.co.jp/about/company/outline/map/

◆参加費 1000円(共存の森ネットーワーク会員は500円でご参加いただけま
す。)

◆参加申し込み・お問い合わせ
お名前、ご連絡先を明記の上、以下の宛先までお申し込みください。
お申し込みは、お電話、FAX、メール、何れでも受付いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NPO法人共存の森ネットワーク(担当:田代)
154-0004東京都世田谷区太子堂5-15-3
R-rooms三軒茶屋1-A
TEL 03-6450-9563
FAX 03-6450-9583
Eメール mori@kyouzon.org
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆神澤則生さんプロフィール
東京生まれ。
商業デザイナーとして活躍する中、子どものアトピー性皮膚炎を
キッカケに、価値観の大転換が始まる。
デザインの仕事の傍ら、NPO法人 「えがおつなげて」の立ち上げ期に携わる。
2002年、現在のトージバメンバーと出会い活動を開始。
現在、“発酵のまち”千葉県神崎町と東京の2地域居住をしながら、
妻、中学生、小学生の子どもと楽しく刺激的な毎日をおくる。

ホームページ
http://www.toziba.net/

◆今回のおしゃべり会は「なりわい創造塾」の公開講座(第3弾)です。
なりわい創造塾は、NPO法人共存の森ネットワークが主催する「持続可能なライ
フスタイルづくり」を目的とした9ヶ月間のプログラムです。一人ひとりのが持
つビジョンや生活の状況に合わせて、個々人に合わせたライフプラン設計をお
手伝いします。
講座は、全10回行われますが、11月〜1月にかけて行う計3回の講座を、一般に
も公開し、開催しています。
公開講座では、30代から40代で、「農的暮らし」や「半農半X」という生き方を
実現している方々を講師にお招きします。どなたでもご参加いただけますので
、ぜひ聞きにいらしてください。

<なりわい創造塾が提案するライフスタイル>
私たちが考えるこれからのライフスタイルのキーワードは「身近な自然」そし
て「地域コミュニティ」です。

私たちが生きる現代社会は、「お金」が大きな価値を持ち、お金がなければ生
きることが難しい仕組みの中で暮らしています。1960年代以降、資本経済が成
長する中で、「豊かな暮らし」を目指し、農山村から都市部に人が流れました。
その結果、経済大国となった日本は、自給していた食料やエネルギーを海外から
手に入れるなど物質的に豊かな暮らしに変化しました。しかし、大量生産
大量消費の暮らしは、地球温暖化などの環境問題や経済の行き詰まりにより、
そうした社会が本当に豊かなのか、多くの人が疑問を抱いています。

そこで私たちは、「身近な自然」と「地域コミュニティ」に根付いた、かつて
の日本人の暮らしの形を見つめることから始めたいと考えています。

かつて、といってもほんの数十年前まで、農山漁村に脈々と受け継がれてきた
暮らしです。薪や炭をエネルギーとし、山で動物や山菜をとり、田畑で作物を
育てる。
木材を住宅や家具の材料に加工し、草木から糸を紡ぎ、布を織る。自然の成長
に合わせて、その恵みに支えられた暮らしです。そして、入会地や結(ゆい)
といったように、地域コミュニティの中で土地や労働を共有し、助け合って生
きる。そんな 「なりわい」の知恵と技術は、はるか先人から綿々と集積されて
きました。

私たちの足元にある、日本人が遥か昔からつないできた生き方の中に、未来の
社会やライフスタイルのあるべき姿が示されている。その生き方を見つめなお
し、これからのライフスタイルを塾生とともに考えたい。私たちはそんな思い
でこの塾を立ち上げました。

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

神澤さんとトージバの活動風景

d0061968_1131427.jpg

d0061968_1135144.jpg


d0061968_1133822.jpg


d0061968_115358.jpg

d0061968_1132651.jpg

# by satoimolove | 2010-12-30 11:07 | info

1/29 おがわまちの冬野菜を丸ごと食べる会

satoimoです。

先日、アトピーで脱ステロイドを決心し、がんばっている友人とごはんを食べました。
アレルギー反応がでない、食べられるものが野菜とお魚類。
アルコール、穀物(米/麦)、大豆、砂糖、人参、ほうれん草などの特定の野菜は除去。
野菜中心でほかほか鍋とチャンちゃん焼きを作り楽しく食べました。
もちろん、材料は小川町の知り合いまたは自分が作ったもの。
とても元気になれて、おいしい♡のはもちろんでしたが、次の日、からだが軽い!のに驚きました。

そんなsatoimo自慢の野菜を食べ、畑も見学できる、「おがわまちの冬野菜を丸ごと食べる会」を1月に開催します。
遊びにきてください。マイ農家を探している人にはうってつけですよ。


1/29 おがわまちの冬野菜を丸ごと食べる会

埼玉県小川町の旬の野菜をいただきながら、小川町独自の有機農業と、
たかはしよしこさんの素材を生かした料理法を学びます。
「無農薬・無化学肥料」「土づくりは野菜づくり」「多品目栽培」「旬」
「安全でおいしい」を大切にして、小川町の人々が長年つくり続けてきた
こだわりの有機野菜を召し上がれ!

2011年1月29日(土)午前10時~午後15時ころ
集合 東武東上線 小川町駅(9:30)
公共交通機関で公民館へ移動します。
   9:40発 イーグルバス 皆谷行き 公民館前下車 170円
会場 大河公民館 埼玉県比企郡小川町大字腰越43(0493-72-0031)
   横田農場
シェフ たかはしよしこ
参加費 3,000円
主催 小川町有機農業推進協議会
URL 

【お申し込み・お問い合わせ】

お申し込み締め切り 1月22日(土)
定員 30名
主催 小川町有機農業推進協議会事務局

以下の(1)~(7)についてご記入の上FAXかE-mailでお申し込みください。
電話 0493-74-3790(風の丘ファーム)
FAX 0493-53-4090
メール ogawamachi.modeltown@gmail.com

*複数名でお申込みいただく場合は全員の情報をご記入ください。
(1)参加者の氏名(ふりがな)
(2)郵便番号・住所
(3)電話番号
*緊急の連絡ができるよう携帯電話をお持ちの方は携帯電話番号をご記入くださ
い。
(4)Eメール
(5)所属(会社、活動している団体など)
(6)今、有機農産物を食べていますか?
(7)有機農産物についてどう思いますか?(例:不満足なこと、満足なこと、
表示についてなど)
*個人情報は小川町有機農業推進協議会の活動に関するご連絡のみに使用しま
す。その他への利用はいたしません。

◇料理家 たかはしよしこプロフィール
体にやさしく、おいしい食材を使った料理の提案や様々なテーマにそったお料理
を完全オーダーメイドでケータリングしている。クラヤミ食堂のメインシェフ、
「murmurmagazine」の連載など多方面で活躍中。生産者と食べる人の架け橋とな
り、幸福な循環を生み出すことをモットーにしている。
www.takahashiyoshiko.com


本事業は平成22年度 農林水産省 産地収益力向上支援事業の一環として実施し
たします。
# by satoimolove | 2010-12-25 10:26 | 地産地消100連発

12/12(日)びーチャレ!麦ふみ&クリスマス会!

12/12(日)びーチャレ!麦ふみ&クリスマス会!
★募集締め切り12月7日(火)まで

今年もはじまりました!『麦まきからはじめる!地ビールチャレン
ジ』(通称:びーチャレ!)。
無農薬オーガニックで自給率100%の最高に美味い地 (自) ビールをつくりましょう!
今回は麦ふみクリスマス会もいっしょに。ウキウキ気分でぜひ参加ください!

◎日時:12月12(日) ※日帰り
◎行き先:霜里農場の麦畑(埼玉県小川町)
◎参加費:3,500円・学生 2,000円・中学 生以下
無料※アルコール代別
◎集合(★前回と集合場所、時間が違います。ご注意を!):
9:22着 東武東上線『武蔵嵐山』駅前集合(小川町のひとつ手前の
駅です)
※東武東上線『池袋』駅 8:19発急行に乗車ください。チャー
ターバスで移動します!
◎持ち物:
□昼食(クリスマスをテーマにしたポットラック(一品持ち寄
り)となります)
※量の目安は自分が食べられる量で、お持ちください。
□軍手□暖かい服装 □マイ箸□マイ皿、□汚れてもよい靴(長
靴)□てぬぐい・タオル □着替 
※□ノコギリがある方は持って来てください。
◎スケジュール(都合により多少変更の場合がございます)
9:22『武蔵嵐山』駅集合
=バスで移動=10:30 麦踏み =12:00-14:00 交流会
=バスで移動=14:30-16:00 山仕事
・竹を切り出し、割り・落ち葉かき など
=バスで移動 =16:30 『小川町』駅前 解散
◎募集方法&締め切り:以下を必ず明記の上、
12月7日(火)まで以下にお申し込み ください。
..................................
□12月12日(日)びーチャレ!麦ふみクリ
スマス会に申し込みます!
□参加者氏名:
□連絡先(携帯番号)
□メールアドレス
□参加人数:
..................................
※現地バスチャーターのため、募集締め切り以後のキャンセルはで
きませんので、ご了承ください。
◎お申し込み:
はじめる自給!種まき大作戦 実行委員会
ハッタケンタロー 090-3818-7324
andtwo@mac.com
◎協力
麦雑穀工房マイクロブルワリー
http://www.craft-beer.net/zkm.html
霜里農場
http://www.shimosato-farm.com/

前回の麦まきでは地元の若者メンバーと芋煮会もしました。盛り上がりました!

d0061968_22304038.jpg


d0061968_22462764.jpg


d0061968_22312278.jpg
# by satoimolove | 2010-12-05 22:46 | info

アルバイト急募!!~エコプロダクツ「森林からはじまるエコライフ展」

wakameです。d0061968_21421123.jpg
12月になりました。師走です!


さて、業務的な内容で恐縮ですが、
来週 お台場ビックサイトで開かれる環境展示会「エコプロダクツ2010」のアルバイトを募集しています。


「エコプロってなに?」「日本の環境最先端事情はどうなってるの?」「イベントのバイトってどんなの?」
・・などなど、興味とお時間あるかた、ぜひぜひご連絡ください。
  (※一部、おかげさまで満員になりました。)


間伐杉でつくる「森の広場的ゾーン」内でのお仕事です。
フェア・ウッド カフェ」があり、珈琲の香りが漂う予定です。
また、様々な団体・行政とコラボしますので、面白い方と出会う良い機会と思います。
 (昨年の様子はこちら・・・「フォレスト・サポーターズ」サイト内


(※ これは農林水産省(林野庁)事業の一貫です。)


~~以下、詳細~~

(社)国土緑化推進機構では、2011年「国際森林年」を直前に控えた12月に、日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2010」の会場内で、約40の企業・NPO等との協働で、森づくりや木づかいの重要性を呼びかける「森林からはじまるエコライフ展」を開催します。また、エコプロに出展する約60団体の協力を得て、「スタンプラリー」を実施します。

そこで、「森林からはじまるエコライフ展」の全体運営等に係るお手伝いをして頂き、多様な団体とともに、「エコプロダクツ2010」の来場者に森づくりや木づかいについて一緒に呼びかけて頂けるアルバイトを、下記の通り募集します。

ご興味をお持ちの方は、是非ご協力下さい。
不明点等ございましたら、何なりとご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■催事概要■
【名称】『エコプロダクツ2010』内
     「森林からはじまるエコライフ展」
【期間】 12月9日(木)~11日(土)/10:00~18:00
    (最終日は~17:00)
【場所】「東京ビックサイト」東展示棟(東京都江東区)
    (臨海副都心線「国際展示場」駅徒歩5分)
【参考】 以下サイトをご覧ください。
    (エコプロダクツ2010)
      http://eco-pro.com/eco2010/index.html
    (「森林からはじまるエコライフ展」出展団体)
      http://eco-pro.biz/ecopro2010/events/list_plan.html#plan16
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アルバイト募集内容■
【募集タイプ】
《タイプ①》→→満員になりました。
 「森林からはじまるエコライフ展」運営等スタッフ
  ┌──────────────────────────
  │▼日時: 12月9日(木)~11日(土) 9:30~18:30
  │▼場所:「東京ビックサイト」東展示棟
  │▼内容:「スタンプラリー」参加者の受付・景品配布
  │▼人数: 各日3人
  │▼条件: 時給1,000円・交通費実費支払い(後日振込)
  │▼その他:1日単位で募集します。
  └──────────────────────────
   
《タイプ②》
 「森林からはじまるエコライフ展」設営・撤収等スタッフ
  ┌──────────────────────────
  │▼日時:[設営]12月8日(火・水) 10:00~18:30→→満員になりました。
  │    [撤収]12月11日(土) 17:00~21:00→→募集中!!
  │▼場所:「東京ビックサイト」東展示棟
  │▼内容: 12月8日(水):資材搬入・設営作業等(3名)
  │     12月11日(土):資材撤収・梱包作業等(4名)
  │▼人数: 上記のとおり
  │▼条件: 時給1,000円・交通費実費支払い(後日振込)
  │▼その他:・1日単位で募集します。
  │     ・8日は、作業状況によって延長をお願いする
  │      場合があります(最大21:00)。
  └──────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■申込方法■
 ・アルバイトにご協力頂ける方は、以下の事項を下記まで
  ご連絡下さい。
  「氏名・タイプ区分・希望日程・連絡先(電話・E-mail)」  
 ・先着順で締め切らせて頂きます。

宛先:
社団法人 国土緑化推進機構 政策企画部 箕輪
(美しい森林づくり全国推進会議 事務局)
E-mail: fore-sapo@green.or.jp
tel:03-3262-8437 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


いかがでしょうか?
ご質問等ございましたら、お電話でお気軽にご相談ください。
(箕輪宛)


バイト終わった後の、夜のお台場は景色が最高ですよー。072.gif
# by satoimolove | 2010-12-01 21:26 | event

satoimo畑 夏から冬まで

satoimoです。

すっかり、レポートをお休みしていましたが、写真でsatoimo畑と小川での仲間との農作業やら何やらを記しておこうと思います。

■8月初 シソジュースづくり
d0061968_21521912.jpg

d0061968_2151867.jpg

かってに生えてきたシソでシソジュースをつくってみました。
いつも草取りをしてくださるお隣のおじさまにもバジルペーストとともに御礼として届けました。
30分も煮だすのとクエン酸の威力(程よい酸味とさっ!と色が変わるところ)には驚いた〜

■9月 稲刈り
d0061968_21562023.jpg

隣人Oさんらの田んぼの稲刈り。草取りと田植えもした田んぼなので、愛着あり。
最近、精米していただいたお米をいただきました。コシヒカリのわりにはさっぱりした味?
Oさんらの苦労の結晶ということで、ありがたくいただいています。
やっぱり「いただきます」の時にお隣に感謝の気を送るようになるね。自然と。

■10月 フェアウッドリフォーム
d0061968_2112642.jpg

d0061968_212986.jpg

d0061968_2122931.jpg

d0061968_216525.jpg

小川で研修し半農半NGOを始めたNさん宅のリフォームをお手伝いし始めました。
フェアウッドキャンペーナーの家らしく、国産材を使い、セルフリフォーム。
お昼はパートナーKさんのお味噌汁やおにぎりとお手伝いをするメンバーの持ち寄りおかず!
フェアウッドについて
http://www.fairwood.jp/
d0061968_2182872.jpg

山できのこの栽培や採取を始めた友人がたまごだけをもって現われた…
おいしいらしい。見た目はとってもメルヘン♡

■11月
satoimoの子どもが生まれました。
d0061968_21173650.jpg

感無量でございます。
来年はもっと土寄せをして、大きくたくさん育てるぞ。
親戚?d0061968_213336.jpg

さつまいものほうが出来は良かった… 結構大物ぞろいです。



d0061968_2122877.jpg

紅葉もしてきました。四季を通して美しい!
にんにく、日本の売れんそう、ブロッコリー、万能ネギが現在畑で育っています。
本日、友人とともにほうれん草を初収穫!サラダでおいしく食べました。
# by satoimolove | 2010-11-23 22:01 | reports

“いーからかん” みっちゃんとのおしゃべり会

satoimoです。

“いーからかん” みっちゃんとのおしゃべり会
半農半Xライフ、女性ひとりで田舎で暮らし始めること etc
いろんな知恵や面白い発見が詰まったおしゃべり会です。
ご参加ください。
satoimoは企画側なので、会場にスタッフとしています。

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
~稼ぐための職業から、生きるための生業へ~
“いーからかん” みっちゃんとのおしゃべり会
群馬県片品村での半農半Xライフってどんなかんじ?


雑誌『うかたま』の連載「いーからかん人生相談」でおなじみの群馬
県片品村在住の桐山三智子さんをお招きして、おしゃべり会を開催します。

横浜に生まれ、東京で働いた後、群馬県片品村に移住した桐山さん。
野菜づくり、味噌づくり、炭焼き&炭アクセサリー作り、スキーのレンタルシ
ョップ…。
現代的“百姓生活”を営む、桐山さんが農山村で見つけた“大切なこと”とは
…?

当日は、桐山さんとリラックスモードでお話しできるカタチをとり、「農山村
」での暮らし方、地域に残る大切な価値、半農半Xをどう実現するかなど、ディ
スカッションをしていきます。

<こんな人にお勧め>
・農山村の暮らしに関心がある人
・半農半Xの暮らしに関心がある人
・女性一人で農山村で暮らせるの?と不安な人
・人生の先輩(おじいさん・おばあさん)の知恵を学びたい人


◆日時 12月11日(土)13時~15時半(予定 12時40分受付開始)

◆場所 損保ジャパン本社ビル 2階会議室(〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1)

※地図
http://www.sompo-japan.co.jp/about/company/outline/map/

◆参加費 1000円(当NPO会員は500円でご参加いただけます。)

◆参加申し込み・お問い合わせ
お名前、ご連絡先を明記の上、以下の宛先までお申し込みください。
お申し込みは、お電話、FAX、メール、何れでも受付いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・ NPO法人共存の森ネットワーク(担当:田代)       ・
・ 154-0004東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms三軒茶屋1-A ・
・ TEL.03-6450-9563 FAX.03-6450-9583 MAIL.mori@kyouzon.org・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆桐山さんプロフィール(HPより引用)

6年前までは渋谷のアクセサリー雑貨店のショップスタッフ。
消費社会の中で本物が何かわからなくなる。遊びすぎと仕事のストレスでアト
ピーが再発し、立ち止まる。
同時期、友人のベビーブームに、無知なままの 自分では母親になったとき子ど
もに何を伝えられるのか、と考え、まずは自分の環境を変えることを決意し田
舎に飛び込む。
村で出会ったお母さんの偉大さに感銘を受け「片品生活塾:Good Mother Proj
ect」 を立ち上げる。現在は、金次郎師匠の炭焼きのお手伝いからヒラメイタオリジ
ナル商品、炭でアクセサリーを作り個展を開いたり、40年引き継 がれている
下小川味噌加工所で、カヲル婆さんのみそ作りのお手伝いもさせていただきな
がら、縁あって出会った人たちを受け入れている。
講演会では田舎暮らしの魅力や可能性を伝えたり、雑誌「増刊現代農業」「う
かたま」に連載をもたせていただいたりと日々マルチに活動しています!

HP「iikarakan」
http://iikarakan.81s.net/

◆今回のおしゃべり会は「なりわい創造塾」の公開講座(第2弾)です。
なりわい創造塾は、NPO法人共存の森ネットワークが主催する「持続可能なライ
フスタイルづくり」を目的とした9ヶ月間のプログラムです。一人ひとりのが持
つビジョンや生活の状況に合わせて、個々人に合わせたライフプラン設計をお
手伝いします。
講座は、全10回行われますが、11月~1月にかけて行う計3回の講座を、一般に
も公開し、開催いたします。
公開講座では、30代から40代で、「農的暮らし」や「半農半X」という生き方を
実現している方々を講師にお招きします。どなたでもご参加いただけますので
、ぜひ聞きにいらしてください。

<なりわい創造塾が提案するライフスタイル>
私たちが考えるこれからのライフスタイルのキーワードは「身近な自然」そし
て「地域コミュニティ」です。

私たちが生きる現代社会は、「お金」が大きな価値を持ち、お金がなければ生
きることが難しい仕組みの中で暮らしています。1960年代以降、資本経済が成
長する中で、「豊かな暮らし」を目指し、農山村から都市部に人が流れました
。その結果、経済大国となった日本は、自給していた食料やエネルギーを海外
から手に入れるなど物質的に豊かな暮らしに変化しました。しかし、大量生産
大量消費の暮らしは、地球温暖化などの環境問題や経済の行き詰まりにより、
そうした社会が本当に豊かなのか、多くの人が疑問を抱いています。

そこで私たちは、「身近な自然」と「地域コミュニティ」に根付いた、かつて
の日本人の暮らしの形を見つめることから始めたい、と考えています。

かつて、といってもほんの数十年前まで、農山漁村に脈々と受け継がれてきた
暮らしです。薪や炭をエネルギーとし、山で動物や山菜をとり、田畑で作物を
育てる。
木材を住宅や家具の材料に加工し、草木から糸を紡ぎ、布を織る。自然の成長
に合わせて、その恵みに支えられた暮らしです。そして、入会地や結(ゆい)
といったように、地域コミュニティの中で土地や労働を共有し、助け合って生
きる。そんな 「なりわい」の知恵と技術は、はるか先人から綿々と集積されて
きました。

私たちの足元にある、日本人が遥か昔からつないできた生き方の中に、未来の
社会やライフスタイルのあるべき姿が示されている。その生き方を見つめなお
し、これからのライフスタイルを塾生とともに考えたい。私たちはそんな思い
でこの塾を立ち上げました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
◆公開講座の第三弾も開催決定!こちらも申込みもお待ちしています。

日時:1月9日(日)13時~15時
講師:神澤則生氏(NPO法人トージバ)
場所:損保ジャパン本社ビル 2階会議室(〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1)

NPO法人トージバは、都市と農村をつなぐことをテーマに活動を展開しています

地大豆の種をまく「大豆レボリューション」や竹活用の取り組み「バンブーフ
ァクトリー」などのプロジェクトを通じて、神澤さんが目指すことをお聞きし
ます。

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
# by satoimolove | 2010-11-18 13:26 | info

ハッピーバースデー! 誰かさん。

という唄が流れるCM、ありますよね。
  ご存知ですか~?
d0061968_1403899.jpg
                                      (aflac WEBサイトより拝借)

久しぶりの wakameです。
あれ、いいですよね、無条件につい一緒に口ずさんでしまいます。


気が付けば11月。この季節はいつもお世話になっているお友達の誕生日がドワっと集合してます。このブログの主のsatoimoも先月下旬、お誕生日でした。 038.gif067.gif

なかなかお祝いできなくて、ごめん!!

毎日、どこかで誰かが、特別な一日を迎えてる。
「毎日が誰かの記念日」

そんなハッピーな気分にしてくれるから、あの曲が好きです。


ということで、ケーキパーティします!
「参加したいっ」「お祝いしたいっ」「ケーキ食べたい!」というみなさま。
ご連絡ください、日程調整します。


ちなみに、この写真は今年のwakame誕生日にsatoimoがくれたプレゼント。
d0061968_1443082.jpg


箱のなかには、大好きな「粒あん」一年分!!
(正確には2週間でなくなりました) もちろん手づくりです。

さすが、satoimo。
私のつぼを押さえたプレゼントです。




追伸>>
11/1~14、期間限定で「バースデーまねきねこダックカフェ」が六本木ヒルズにオープンしてるそうです。まねきねこダック好きな私にはたまりません。
http://www.manekinekoduck.jp/
(とても金かけたサイトだな~、おもしろいけど)

「商品」をちらつかせず、かわいさとおもしろさでファン(顧客)をつくる、企業ブランド戦略。
ディズニーランドと似てるなーと思いました。
# by satoimolove | 2010-11-09 01:56 | event

【求人】 NPO法人 共存の森ネットワークでスタッフを募集

satoimoです。

なりわい創造塾というプロジェクトでお手伝いをしている、NPO法人 共存の森ネットワークでスタッフを募集しています。
「明るくチャレンジ精神のある方、学生と一緒に活動することが好きな方、農山村の暮らしに興味がある方からのご応募をお待ちしております。」
とのこと。

募集内容を確認の上、事務局まで応募ください。新卒(2011年3月卒業見込み、学部、院生共に可)、中途採用ともに可です。11 月5日(金)応募締切になります。

詳細は以下のHPをご参照下さい。

■当NPO求人情報
http://www.kyouzon.org/topics.html
■Find Job!掲載記事
http://www.find-job.net/fj/showjob.cgi?id=82234


以下募集内容です。

■募集人数
 1名

■職務内容
1)林野庁、文部科学省等と共に主催する「聞き書き甲子園」の運営全般
 (広報、企業への協賛依頼、研修会やフォーラムの実施、作品集作成等)
2)大学生や地域住民等を主体とした森づくり・地域づくり活動に関するコーディネート
3)ホームページやブログの更新、会報誌の編集等

■必須の経験・スキル・資格等
1.基本的なPCスキル(ワード、エクセル、パワーポイント等)
2.コミュニケーション能力
(行政、企業、他団体、学生等、多様な立場の人と確実なコミュニケーションがとれる方)
3.文書作成能力(企画書や報告書などの文書をまとめる力)

■歓迎される経験・スキル・資格等
1.コーディネート能力
 (行政や企業、他団体、地域住民、学生等と協働し、プロジェクトを形にする力)
2.マネジメント能力
 (事業計画の立案、資金管理、ボランティアの育成など、組織をマネジメントする力)
3.普通自動車免許
 (フィールド活動等で車を運転する場合があります)

■条件・待遇
・初任給 220,000円~ ※但し、新卒の場合は180,000円~
 (各種社会保険完備、2ヶ月間試用期間あり)
・交通費全額支給
・週休2日制(土日)、祝日、年末年始休暇、年次有給休暇付与
・土、日、祝日については、フィールド活動等で休日出勤をお願いすることがあります。
 その場合は、平日に代替休日取得可。

■勤務地/勤務時間
勤務地 東京都世田谷区 
   ※最寄駅 東急田園都市線、東急世田谷線「三軒茶屋」駅下車 徒歩8分
   ※地図等、詳細はこちら
勤務時間 10:00~19:00 ※実働8時間、休憩60分、所定時間外労働あり

■応募方法
以下の書類を事務局へ郵送してください。
1.履歴書
 (書式自由、手書き、証明写真添付。連絡先として自宅連絡先の他、携帯電話、メールアドレスも記入してください)
2.職務経歴書(書式自由、ワードで作成)
3.応募理由(600~800字程度、ワードで作成)

■応募締切
11月5日(金)郵送必着

※なお、メールでの御応募の場合は、以下のサイトから御応募ください。
  (メール送信の場合は、11月4日(木)深夜までが締切となります)

以上
# by satoimolove | 2010-11-02 12:50 | info

茨フェス 即興バンド ラビラビがくるよ!

satoimoです。

私の中学の先輩が茨城に帰り、福祉の仕事をしています。
彼女が大好きな「ラビラビ」を呼んでライブをやります。
T先輩とはA SEED JAPANで出会い、偶然の出会いに大興奮でした。
いつもコツコツ、自分のスキルを活かして想いをカタチにしていく姿が美しい先輩。(先輩なんて呼んだ事ないけど)新しい風を茨城から吹かせてくれると思います。

広報チラシ(先輩作)ご覧ください。そして足をお運びください。
d0061968_801696.jpg

# by satoimolove | 2010-10-30 07:52 | info

〜稼ぐための職業から、生きるための生業へ〜 なりわい創造塾 連続公開講座のご案内

satoimoです

アドバイザーをしている、なりわい創造塾の公開講座をご案内いたします。

「なりわい創造塾」は、NPO法人共存の森ネットワークが主催する「持続可能なライフス
タイルづくり」を目的とした9ヶ月間のプログラムです。来年3月までに、全10回の
講座が行われます。この度、11月〜1月にかけて行う計3回の講座を、一般公開講座とし
て開催します。
この3回の講座は、30代から40代で、「農的暮らし」や「半農半X」という生き方を実現
している方々を講師にお招きします。どなたでもご参加いただけますので、ぜひ聞きに
いらしてください。

◆◆◆「なりわい創造塾」公開講座第一弾◆◆◆

講師に、塩見直紀氏(半農半X研究所)、後藤雅浩氏(雨読晴耕村舎)
をお招きして、講演会・対談を開催します。

「小さい農」のある暮らしを実践、提唱する塩見さんと後藤さん。
同年代のお二人が、「小さな農」にたどりつくまでの軌跡と
実践されていることについてお話をお聞きします。

当日は、お二人からお話をいただいた後、会場皆さんからの質問を
受付ながら、「小さな農」についてや、社会における位置づけ、
またお二人が考えるこれからの社会の姿について議論を深めることが
できればと思います。

◆講師プロフィール
塩見直紀氏(半農半X研究所代表、コンセプトフォーエックス代表)
1965年京都府綾部市生まれ。現在、京都府綾部市在住。大学卒業後、カタログ通販会社
「フェリシモ」入社(約10年在籍)。99年、33歳を機に綾部へUターン。翌2000年4月、
「半農半X研究所」を設立。屋久島在住の作家・翻訳家・星川淳氏のライフスタイル「半
農半著」にインスパイアされ、1995年ころから21世紀の生き方、暮らし方として、「半農
半X」というコンセプトを提唱。市町村から個人までの「エックス=(天職)」を応援す
る「ミッションサポート」と「コンセプトメイク」がライフワーク。
著書に『半農半Xという生き方』(ソニー・マガジンズ・2003年7月刊)など。
□HP「塩見直紀ホームページ」http://www.towanoe.jp/xseed/

後藤雅浩氏(雨読晴耕村舎)
1965年東京都生まれ。埼玉県羽生市で農場「雨読晴耕村舎」農産物加工直売所「糧工
房」を切り盛りするかたわら、「雨読晴耕村舎一級建築士事務所」を運営。“田園型社会”
への移行をめざし、日本の実情にあった小さな農業を実践しながら提案している。
著書に「日本の杉で小さなお家」(社)農文協、「農と都市近郊の田園暮らし」毎日新聞社。 
□HP:「雨読晴耕村舎」http://www.cam.hi-ho.ne.jp/masa-goto/

◆日時 11月7日(日)13時〜15時15分(12時40分受付開始)

◆場所 損保ジャパン環境財団本社ビル 2階会議室(〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1) 
※詳細は(http://www.sompo-japan.co.jp/about/company/outline/map/)

◆参加費 各回1000円(当NPO会員は500円でご参加いただけます。)

◆定員 各回50名(先着順)

◆参加申し込み・お問い合わせ(下部まで)
以下の宛先までお申し込みください。
お申し込みは、お電話、FAX、メール、何れでも受付いたします。

NPO法人共存の森ネットワーク(担当:田代)
154-0004東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms三軒茶屋1-A
TEL.03-6450-9563 FAX.03-6450-9583 MAIL.mori@kyouzon.org

/////////////////////////なりわい創造塾が提案するこれからのライフスタイル////////////////////////////

私たちが考えるこれからのライフスタイルのキーワードは「身近な自然」そして「地
域コミュニティ」です。

私たちが生きる現代社会は、「お金」が大きな価値を持ち、お金がなければ生きるの
が難しい仕組みの中で暮らしています。1960年代以降、資本経済が成長する中で、
「豊かな暮らし」を目指し、農山村から都市部に人が流れました。その結果、経済大
国となった日本は、自給していた食料やエネルギーを海外から手に入れるなど物質的
に豊かな暮らしに変化しました。しかし、大量生産大量消費の暮らしは、地球温暖化
などの環境問題や経済の行き詰まりにより、そうした社会が本当に豊かなのか、多く
の人が疑問を抱いています。

そこで私たちは、「身近な自然」と「地域コミュニティ」に根付いた、かつての日本
人の暮らしの形を見つめることから始めたい、と考えています。
 かつて、といってもほんの数十年前まで、農山漁村に脈々と受け継がれてきた暮ら
しです。薪や炭をエネルギーとし、山で動物や山菜をとり、田畑で作物を育てる。
木材を住宅や家具の材料に加工し、草木から糸を紡ぎ、布を織る。自然の成長に合わ
せて、その恵みに支えられた暮らしです。そして、入会地や結(ゆい)といったよう
に、地域コミュニティの中で土地や労働を共有し、助け合って生きる。
 そんな 「なりわい」の知恵と技術は、はるか先人から綿々と集積されてきました。

 私たちの足元にある、日本人が遥か昔からつないできた生き方の中に、未来の社会
やライフスタイルのあるべき姿が示されている。私たちはそう思いこの塾を立ち上げ
ました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

◆公開講座の第二弾、第三弾も開催決定!こちらも申込みもお待ちしています。

「なりわい創造塾」公開講座第二弾
・日時:12月11日(土)13時〜15時
・講師:桐山三智子氏(iikarakan/片品生活塾)
・場所:損保ジャパン環境財団本社ビル 2階会議室(〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1) 

横浜に生まれ、東京で働いていた後、群馬県片品村に移住した桐山さん。
野菜づくり、味噌づくり、炭焼き&炭アクセサリー作り、スキーのレンタルショップ…。
“百姓生活”を営む、桐山さんが農山村で見つけた“大切なこと”とは…?

「なりわい創造塾」公開講座第三弾
・日時:1月9日(日)13時〜15時
・講師:神澤則生氏(NPO法人トージバ)
・場所:損保ジャパン環境財団本社ビル 2階会議室(〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1) 

NPO法人トージバは、都市と農村をつなぐことをテーマに活動を展開しています。
地大豆の種をまく「大豆レボリューション」や竹活用の取り組み「バンブーファ
クトリー」などのプロジェクトを通じて、神澤さんが目指すことをお聞きします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《発行》 NPO法人共存の森ネットワーク
154-0004 東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms三軒茶屋1-A
TEL.03-6450-9563 FAX.03-6450-9583 MAIL.mori@kyouzon.org
# by satoimolove | 2010-10-15 21:58 | info

反貧困世直し大集会2010

satoimoです。

「幸せ」なかんじのwakanaの投稿から一転「貧困」の話題ですが、
これも現実 ということで、お知らせいたします。

ちなみにsatoimoも
分科会
連帯経済「連帯経済―仕事・暮らし・お金を私たちの手に取り戻す」
で話をするようご指名を受け、登壇させていただきます。

 以下、反貧困ネットワークのHPから転載です。

------------------------------------------------
反貧困世直し大集会2010 いいかげん変えようよ! 希望のもてる社会へ

 2008年のリーマンショックのとき、「これから世界は大きく変わる」と言われ、昨年には政権交代も起きました。しかし今、「たいして変わらないじゃないか」とも言われています。「希望のもてる社会にしたい」と思わない人はいないでしょう。誰も反対しないはずなのに、なかなかそうなっていかない。閉塞感が、日本社会を覆っています。誰が、何を、どうすれば、この閉塞感を突破し、希望のもてる社会へと変えていくことができるのか? 本当の意味で社会を動かしていくのは、私たち市民一人一人の声ではないでしょうか。それぞれの意見を大切にしつつ、垣根を越えたつながりの中で、「希望のもてる社会」のあり方を考えてみたいと思います。
 さあ、明治公園へ!


日時:2010年10月16日(土)11:00-17:00

場所:明治公園
    入場無料・雨天決行

    JR「千駄ヶ谷」駅徒歩5分
    都営地下鉄大江戸線「国立競技場」駅徒歩2分
    東京メトロ銀座線「外苑前」駅徒歩10分
    http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/access086.html
情報保障:全体集会と一部分科会に手話通訳あり

主催:「反貧困世直し大集会2010」実行委員会

連絡先:
反貧困ネットワーク(代表:弁護士 宇都宮健児)
〒162-0814 東京都新宿区新小川町7-7 NKBアゼリアビル202
Tel: 03-6431-0390 Fax:03-5579-8540
Mail: hanhinkon.net@gmail.com 
Web: http://www.k5.dion.ne.jp/~hinky/
プログラム


●中央ステージ企画 11:00~16:00
歌、踊り、団体アピール、その他もろもろ。楽しく、かつ考えさせる、さまざまな企画が目白押し!になる予定です!

●テントブース、お楽しみコーナーなど 11:30~16:00
恒例の炊き出し他、今年はテントブースが多数出店!お楽しみコーナーもあります。食べ、学び、遊べる空間が盛りだくさん。親子で、カップルで、ぜひ遊びにきてくださいね。

●各種分科会 13:00~15:00
・住まい「たちあがれ借家人!住まいを脅かす家賃滞納ブラックリストをとめろ!」
・女性「女役割返上!!ワークショップを通して男女の性別役割分業を皆で問い直します」
・子ども「なくそう!子どもの貧困」
・フェアトレード「フェアトレードを考える!!」
・司法修習生「お金がないと法律家になれないの? 司法修習生の給費制存続を!」
・保育問題「すべての子どもに安心できる保育を実現する」
・官製ワーキングプア「なくそう!官製ワーキングプア」
・地域主権「住民主権を考える ―地域主権ってなに?―」
・労働「労働と貧困」
・移住者「移住者と貧困 外国人だから何されても仕方ない。これが「当たり前」?国籍を超えた連帯へ」
・シングルマザー 「私たちの望むこと!」
・奨学金問題「奨学金返還延滞者がブラックリストに!」
・連帯経済「連帯経済―仕事・暮らし・お金を私たちの手に取り戻す」
・高齢者 「高齢者と貧困」
・郵政非正規雇用「どうなる?どうする?正社員化!」
(その他、所得再分配、社会保障、自殺対策などの分科会が開催される予定です。)

●全員参加企画 15:30~
集会参加者全員でつくる企画です。2008年はスタンドアップ、2009年はヒンキーの人文字でした。さあ、今年は何かな~?

●デモ 16:00~17:00
やっぱりこれがなきゃ!という方、いらっしゃい。声をあげて、すっきりしよう。デモはこわくない!約1時間のコースを予定。盛り上がろう!
# by satoimolove | 2010-10-06 19:09 | event

幸福そうでした。

wakameです。 d0061968_11595178.jpg



先週、ミュージカル仲間(同士)の結婚披露宴に列席しました。



雅叙園 「鷲の間」。

能舞台に新郎がひとりで登場(バックミュージックは「水戸黄門」の人生楽ありゃ~)
そのあとに赤い着物をまとった新婦がモデルのように登場。
新郎が袂から一眼レフを取り出し、参加者を背景に撮影大会。

世にも珍しい披露宴のスタートでした。


d0061968_1201744.jpg



あ、ちがった。


d0061968_1204552.jpg




AKBとシャシャシャも駆けつけました。
d0061968_1222415.jpg





会場はベイビーがたくさん。  
なぜなら、ミュージカル仲間同士で結婚して
そういうことになっているから。  
d0061968_1264861.jpg
d0061968_1263351.jpg



これがコモンビート理事長。 
d0061968_122211.jpg


8月に生まれたベイビーとともに。
お嫁はん、5年前に一緒に舞台で踊ってたけど、
まさかこんな未来になるとは微塵も予測しなかったなぁー。



それに、この日パーティーに来てたダンス仲間の夫婦は
その4日後にベイビーを出産。

ミラクルハッピー。。


d0061968_12361696.jpg

親友の子供を軽く肩ぐるまする Mっちゃん。
パパの姿が垣間見えた(?)


いつも隣にいた友人が 双子を授かったあの笑撃からもう4年かー。。。



ミュージカルの曲の歌詞に、
「残されたこの命は自分だけのものじゃない。」
「受け継がれてきた僕らの鼓動、きっと未来につながっている」


というくだりがあります。


友人たちは、リアルに鼓動を未来に受け継いでいるなぁと感動しました。

(感動してる場合じゃない!!ってつっこみが聞こえそう。 > < )


愛をこめて花束を!!
d0061968_12171226.jpg

# by satoimolove | 2010-10-03 12:26 | reports

続「幸福」を考える

Satoimoです。

2つめの「幸福」を考えるセミナーです。


■心豊かで幸せを感じられる社会を実現するために■
■GNHの考え方をどのように活用できるのか?   ■

日本は現在GNP(Gross National Product)世界第2位の経済大国ですが、
今の経済成長を追求する社会に違和感を感じている人も少なくありません。

これまで「物質的な豊かさ」ばかりを追求した結果、大切な何かを失い、
本当に幸せな生活とはいえない毎日を過ごしている人もいるのではない
でしょうか?

「心豊かで幸せを感じられる社会を実現するためには、どうしたらいいのか?」

ひとつのヒントであるGNH (Gross National Happiness)という考え方は
これから私達が進むべき社会のあり方に対してある方向性を示しているかも
しれません。

従来のGNH研究は「GNH≒ブータン」で語られる事が多々ありましたが、
ブータンという枠に捕らわれず、そして具体的に
「GNH理論を我々の実社会でどのように活かすか」
「どうすれば幸福感あふれる社会で暮らすことが出来るか」
を皆さんと一緒に楽しく、しかも学術的に考え、そして行動につなげます。

サステナビリティ日本フォーラムでは、GNH研究の第一人者である平山修一氏を
お迎えし、GNH理論の本質そして、フランス、スペインなど世界中に広がりつつ
あるGNHの最新潮流についてもお話いただく予定です。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

 ≪サステナビリティ日本フォーラム
   2020年プロジェクト「GPI研究会」2020年までに世界を変える会≫
  第2回「GNHと人々の価値観」

■日時:2010年10月8日(金)17時00分~19時30分(16:30受付開始)
■場所:環境パートナーシップオフィス(EPO)内 エポ会議室
    http://www.geoc.jp/intro/access.html#epo
    東京都渋谷区神宮前5-53-67コスモス青山B2F
    ※表参道駅B2出口より徒歩5分、渋谷駅東口から徒歩10分
■講師:GNH研究所 平山修一氏
http://www.gnh-study.com/
■参加費:Sus-FJ法人会員2名、個人会員無料/一般3,000円/学生1,000円

お申し込みは、info@sustainability-fj.org
氏名、ご所属、メールアドレス、電話番号、参加枠を
明記の上、「GPI研究会第2回申込み」としてご連絡ください。

■URL:http://www.sustainability-fj.org/seminar/2010/20100913.php
# by satoimolove | 2010-09-27 22:11 | info

「幸福」について


Satoimoです。
友だちであり、同僚のBobの結婚が発覚した。
また「satoimoは結婚しないの?」とか言われる雰囲気を勝手にプレッシャーとして感じてた(>_<)
そんな夜。2つも「幸福」をテーマにしたセミナーにであってしまった。
アタマで考える「幸福」はもういいよとか思ってるのに、一方で「公共の利益」とか「フェア」とか考えたくなっちゃうんだな。
そして紹介しちゃうんだな(−_−#)

2010年秋 JVC特別講座
「だれのための豊かさを求めるのか」

国際協力が目指すものは、その地域や人々の暮らしが豊かになることですが、
「豊かである」という概念は、地域や人々の価値観によっても様々であり、私
たちの一方的な価値判断で測ることは出来ません。
例えば、ラオスの農民のように自然の恵みに支えられ、現金収入への依存度が
低い人々を収入が少ないことを理由に「豊かではない」と定義づけることは出
来るのでしょうか。
この講座では、アジアの農村に関わる中で学んだ多様な豊かさを紹介し、私た
ちがどのように関わっていくことが出来るのかを参加者の皆さまと考えます。

<第一回>
2010年10月9(土) 14:00〜16:00(13:30開場)
【基調講演】
田中優 (JVC理事、未来バンク事業組合理事長ほか)
「豊かさって本当に測れるの?」
【事例報告】
平野将人(JVCラオス事務所代表)
「豊かさを測るとは」

<第二回>
2010年11月20日(土) 14:00〜16:00(13:30開場)
【基調講演】
大野和興 (農業ジャーナリスト)
「私たちにとっての豊かさとは何か?〜日本の農村の事例から〜」

【事例報告1】
 山崎勝(JVCカンボジア事業担当)
「再び、カンボジアへ〜カンボジア支援への関心の高まりと国際協力の現状〜」

【事例報告2】
宮田敬子 (JVCタイ事業担当)
「同じ夢を持った仲間作り 〜支援ではない関わり方〜」

日時:第一回10月9日(日)14:00〜16:00(13:30開場)
会場:早稲田奉仕園 奉仕会館BF You−Iホール
   東京都新宿区西早稲田2-3-1
   会場までのアクセスhttp://www.hoshien.or.jp/map/map.html

■東京メトロ東西線 早稲田駅より(徒歩約5分)
■JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅より 
 バスを利用する場合(所要時間約10分)
■東京メトロ副都心線 西早稲田駅より(徒歩約8分)

参加費:□一般 1000円/回(一括申し込み1500円 二回分)
    □JVC会員・マンスリー募金者 500円/回(一括申し込み800円 二回分)

主催:特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター

お申込み方法:お名前とご連絡先、一般参加・JVC会員、ご希望
の回の講座を明記の上、メール、電話、FAXのいずれかで担当の
宮田までお申し込みください。

特定非営利活動法人
日本国際ボランティアセンター(JVC)
TEL:03-3834-2388  / FAX:03-3835-0519
Email: miyata@ngo-jvc.net(宮田)
〒110-8605
東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル6F
ホームページ:http://www.ngo-jvc.net/
# by satoimolove | 2010-09-27 22:00 | info

これ、いなかからのお裾分けです


satoimoです

まじで、本を読む限り、「これ、いなかからのお裾分けです」の著者 福ちゃんに惚れました。

たぶん、私の親世代は当たり前に体験してきたことだと思う里山の暮らし。
それをこれでもか!と言うほど愉しみ、純粋に大きくなってきた(ような印象を与える)著者。
それを経験するチャンスだけでなく、楽しみながら生きる技を自分の物にしてきたセンスは素晴らしいと思います。
小さい頃から、里山の暮らしを余すところなく楽しみ、探求してきた、福ちゃん。
今は高知大学 マスターの学生。
将来が楽しみです。

「これ、いなかからのお裾分けです」はこの秋、satoimoおすすめの一冊です。
この本を紹介してくれたKさんに感謝!

南の風社
「これ、いなかからのお裾分けです」
http://www.minaminokaze.co.jp/159.html
# by satoimolove | 2010-09-20 21:30 | reports