「聞き書き甲子園」10周年記念シンポジウム

satoimoです。

なりわい創造塾でお世話になっている、共存の森ネットワークの元祖事業「聞き書き甲子園」が10歳の誕生日を迎えました。
卒業生たちが中心となり記念シンポジウムを開催します。
wakameが関わっていたコモンビートのかたも登壇されます。

それから映画「森聞き」も上映します。これは見逃せない!

---------------以下転送大歓迎----------------------------------------

「聞き書き甲子園」10周年記念シンポジウム

未来へ向かって私たちからの提案
−人と自然、人と人、その100年先を描くために−
 
皆様のご参加をお待ちしております。

詳細はこちらをご覧くださいhttp://kikikaki10thpr.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

□□□□10周年記念イベントのご案内□□□□
◎11月19日(土)
シンポジウム&映画上映 (一般公開:定員250名)
場所:パナソニックセンター東京 有明スタジオA
    
【午前の部】
10:00 開会式 主催者挨拶
  ◆塩野米松 NPO法人共存の森ネットワーク理事長
10:15 映画「森聞き」上映 http://www.asia-documentary.com/morikiki/

12:30 上映終了


【午後の部】
13:30 キーノートスピーチ
  ◆代田七瀬 10周年記念企画実行委員会委員長(聞き書き甲子園1期生)
13:50 リレートーク
   「“聞き書き”を経験した10代、20代の想い」
14:50 パネルディスカッション「私たちの描く100年後の社会」
 コーディネーター
  ◆前川洋平 10周年記念企画実行委員会副委員長(聞き書き甲子園2期生)
 パネラー
  ◆奥村広哉(NPO法人コモンビート)
  ◆神埼淑(NPO法人かみえちご山里ファン倶楽部)
  ◆長谷川知広(NPO法人ビッグイシュー基金)
  ◆早水綾野(NPO法人ACE/グリーン・アクション)
 コメンテーター
  ◆渋澤寿一(NPO法人共存の森ネットワーク副理事長)
  ◆エバレット・ブラウン(執筆家・epa通信社日本支局長)
16:20 閉会

-------------------イベント趣旨-------------------------------------------

NPO法人共存の森ネットワークは、2011年11月19日に「聞き書き甲子園」

10周年記念シンポジウム「未来へ向かって私たちからの提案〜人と自然、

人と人、その100年先を描くために」を開催します。

 2002年から始まり、今年で10周年を迎えた「聞き書き甲子園」とは、毎年全国の

高校生が「森」や「海・川」の名人100人を訪ね、一対一の対話を通じて、その知恵や

技術、ものの考え方や生き方を記録する活動です。名人たちは、自分の身体と知恵で、


自然の中で持続的に暮らしてきた人々です。そんな人々の生き方こそが、現在の先の

見えない希望を持てない時代に、未来への指針を示してくれると高校生は感じました。


 「聞き書き甲子園」に参加した高校生たちは900人以上となり、大学生や社会人へと

成長しています。同シンポジウムでは、それぞれが生きていこうとするフィールドの中で

「聞き書き甲子園」で受け取ってきたものをどのように実践していくか。これからの生き方、

社会の姿について、同世代の仲間、他分野で活躍する仲間とともに、未来への提言を

行います。

--------------------イベント参加方 ----------------------------------------------

このイベントは事前申込が必要です。メールないしファックスにてお申し込みください。申込〆切:2011年11月17日(木) ※参加費無料 「10周年記念イベント参加希望」を明記の上、氏名(ふりがな)、性別、所属(会社名、学校名など)、電話番号、e-mailアドレス、案内を見た媒体名を添えてお申込みください。 【お申し込み&お問い合わせ 】NPO法人共存の森ネットワーク事務局〒154-0004 東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms三軒茶屋1-ATEL:03-6450-9563  FAX:03-6450-9583MAIL: mori@kyouzon.org担当:芳川、森山、牛田--------------------
主催: NPO法人 共存の森ネットワーク共催: 第10回 聞き書き甲子園実行委員会助成: トヨタ環境活動助成プログラム協力: 株式会社ファミリーマート他13団体
# by satoimolove | 2011-10-22 07:38 | info

「まち、ときどきむら」開催!10/16(日)15:00~@S・Ecafe

wakameです。

d0061968_23245584.jpg


秋休みをゆっくり満喫した3連休。
長らく空室になっていたお隣が引っ越してきました。
ひさびさに「引越し挨拶&菓子折り贈呈」を体験。
小さなお子さんもいて、にぎやかになりそうです。

ご近所さんて、良いですね。


ところで、本題。

wakameは、2年前から富山県のとある山村集落(利賀村)と
季節の祭りやアート展開催などを通して関係を深める活動「利賀ゼミ」を行っています。
今年の夏に開催した「上畠アート展2011」も、大成功に終わりました。


この「利賀ゼミ」の活動を 東京でも定期的に行うことにしました。
ぜひ、「地域」や「山村」、「第2のふるさと」などに興味のある方、お越しください!
1部のみでもOKです。


satoimo、告知をかぶせてしまってごめん。


=====
【10/16(日)15:00~@ソーシャルエナジーカフェ】

限界集落と都市をつなぐ新感覚イベント開始!
「まち、ときどきむら」
第1回 利賀ゼミ報告会


◇「旅で訪れただけでは見えないものがある」
 旅行では、どんなに気に入った場所でも、年に何度も行かない。
 では利賀ゼミ生はなぜ何度も訪れるのか?
 それは、「人に会いに行く」「プロジェクトを行う」という別の楽しみに夢中になるからです。

◇「『消費』ではなく、『創り出す』楽しさを体感する」
 私たちは、「地域活性」を旗印には掲げていません。
 都市ではできない体験をしに村に行き、大好きな人に会い、
 結果として村が少し元気になる。
 そんなスタイルの交流を目的としています。


このようなスタイルの楽しみ方がもっと広がっていくことを目指して、
東京で、同じように日本全国の地域と交流する団体とつながるための
イベントを月1回ペースで開催していくことにしました。

第1回は、利賀ゼミの活動紹介とワークショップを行います。
ワークショップ優秀チームは(チームは当日結成)、利賀村にご招待します!

関心のある方はぜひお集まりください。

【イベント概要】
日時:10月16日(日)
   第1部 15:00~18:10
   第2部 18:30~20:30
場所:ソーシャルエナジーカフェ→
費用:第1部 500円(資料代)+飲み物代
    第2部 2000円(食事代)+飲み物代
定員:15名

【スケジュール】
第一部
 14:30~ 受付開始
 15:00~ アイスブレイク
 15:30~ ①利賀ゼミ説明
 16:30~ 休憩
 16:40~ ②ワークショップ
 18:10 終了
第二部
 18:30~ 食事会

【ワークショップ内容】
 ・当日参加者で、数人ずつチームになります。
 ・『利賀村に年4回以上通いたくなるプログラムを考案する』というお題で考え、最後に発表します。
 ・内容は、Ustreamで中継し、利賀村の方に見ていただき、優秀チームを選んでいただきます。
 ・優秀チームは、利賀村秋ツアー(11月5~6日)ご招待

【利賀村秋ツアー】
 日時:11月5日(土)~6日(日)
 詳細はイベント中に連絡します。
 
【申し込み方法】
下記メールアドレスまで、以下の内容を書いて送ってください。
 ・氏名
 ・連絡先(電話、メールアドレス)
 ・所属
 ・イベントに関心を持った点
 ・どうやってこのイベントを知ったか
 宛先:togazemi@gmail.com
 申込締切:10月14日(金)まで

【事前情報】
・利賀ゼミ紹介ページ
http://togazemi.jimdo.com/
 
・利賀ゼミが共同運営した、集落まるごとアート展についての情報はこちら
 http://uwabatake.exblog.jp/
・利賀村ファンによるfacebookページ
 http://www.facebook.com/toga.fan?ref=ts
・利賀村公式ホームページ
 http://www.1van.info/togamura/


【主催/協力】
利賀ゼミ/ソーシャルエナジーカフェ/富山県南砺市利賀村(商工会青年部)



《利賀村・利賀ゼミとは》

世界遺産の五箇山合掌集落にほど近い富山県南砺市利賀村(2004年に合併)。
最盛期には4000人いた人口は700人にまで減少した、いわゆる限界集落の地域です。
この村で、一昨年より、都市在住の若者と地元住民との新しいスタイルの交流が行われています。

基盤となるのは「利賀ゼミ」という活動。学生から社会人まで、普段はバラバラに生活している仲間たちが、利賀村を訪問し、祭りや共同作業への参加を通して、地元の人々と継続的に関わり続けています。
多い人は年に10回におよびこの地を訪れ、「第二の故郷」といってもよい深いつながりができました。


====

以上です。
# by satoimolove | 2011-10-10 23:21 | 利賀ゼミ開講!

土と平和の祭典2011

satoimoです。


土と平和の祭典2011が10月16日(日) 朝10時 日比谷公園でスタート

今回はマイクロブルワリーさんと小川ハルノナナサトのコラボで
びーチャレビール&オーガニックフードを提供します!場所はを種まき食堂&酒場@にれのき広場です。びーチャレ!参加者はもちろん、ふらっと日比谷公園に来れる人は遊びにきてください。
一緒に収穫を祝いましょう!

食べ物やエコロジー雑貨、
自然エネルギーや農業に関するトーク、ライブも盛りだくさんです。
そして、小川の仲間も野菜を別ブースで出店します。
お土産やお家でのおいしい野菜ライフに、お買い物もおすすめです。

【小川町ブース出店内容】
ビール:ビーチャレ麦を製麦して醸造したPeaceAle、ハニーエール
フード:ピタサンド、グリッシーニ、クロモジ茶

以上

土と平和の祭典
http://www.tanemaki.jp/saiten2011/

こんなごはんです。
d0061968_14573741.jpg
# by satoimolove | 2011-10-10 14:57 | info

さとっち畑 夏

satoimoです。

もうすっかり秋の空気です。
畑の草の勢いもなくなってきて、ああ、もう冬支度を意識しなければでしょうか…

その前に夏の畑レポートです。
今年は自由人だった4、5月に畑を拡大し種まき、種まき!
7月から現在までほとんど野菜を買わずに生きていまーす!

さとっち畑 夏の収穫物:ミニトマト2種、モロヘイヤ、葉ねぎ、じゃがいも、なす、ゴーヤ、バジル、とうもろこし、四葉きゅうり、にんにく、落花生、かぼちゃ(自生)、ミント(自生)、ニラ(自生)、みょうが(自生)、しそ(自生)、アスパラガス、しょうが

これから:さつまいも、さといも、小豆、大豆が採れる予定です。

d0061968_2020224.jpg


d0061968_20215076.jpg

d0061968_20285243.jpg


d0061968_20292884.jpg


d0061968_20295986.jpg


d0061968_20304167.jpg


かぼちゃはコンポストからにょきにょき出てきて見事に実りました!超たなぼた。
しそ、みょうが、にら、ミントは自生だから土地に合ってるんだな。
肥料などは投入していないので自然農法かな。
でも種はほとんど買ってるし、トマトは苗を買ってきたし、そういう意味では自然農法じゃないな…

チャレンジ+再チャレンジしたいもの:カモミール、ひまわり、コリアンダー、ごま、しょうが(ほとんど発芽せず)、
オクラ、ズッキーニ、緑なす、ブルーベリー、すもも、お米!

現在:たまねぎ、はくさい、ブロッコリー、人参、赤ダイコン、下仁田ねぎの種まきをして育苗中。
赤ダイコン、台風前に撒いたら見事に本日発芽してくれました。

とりとめなく書きました。目的は、昨年より前進しているさとっち畑を記しておきたかった、ただそれだけです。
それと
「さとっちは忙しそう」といつも言われるのが最近(以前から?)の悩みです。
畑の面倒を見て料理して、お弁当を作っていくくらいの暮らしはしています。前より精神的にも物理的にも余裕があると思ってるんだけどな。忙しそうかな?神出鬼没とも言われるし。
とにかく仕事ばっかりしている訳ではないですので。って誰に言ってるんだか…
# by satoimolove | 2011-09-23 20:44 | reports

9/25(日)21時~NHK総合「クニ子おばばと不思議の森」

wakameです。
2011年は、地震に台風に、自然の驚異と人間のおごりを改めて思い出させられます。
まさに、ライフスタイルと価値観の変換が起こっている気もします。


さて、「森聞き」という映画はご存知でしょうか。
「こんな生き方が、こんな価値観が、日本のそもそもだったのか」と、
まったく古くて近くて新しい気づきを与えてくれる映画です。


私が仕事を通じて知り合ったドキュ映画監督の渾身の作品です。

映画「森聞き」
http://www.asia-documentary.com/morikiki/


その映画を制作するための取材映像が、NHK総合で放映されることになりました。
監督自らの紹介文をそのまま転載します。是非、ご覧ください。


「クニ子おばば」は、映画のなかで私の一番好きな登場人物です。
言葉のかけ方、その言葉ひとつひとつが、一度では飲み込めないほどに
重く、深く、美しいからです。


>>>>>>>>>>>>>>
柴田昌平です。
1年間かけて取材をしてきた番組が、放送の運びとなりました。


●NHKスペシャル「クニ子おばばと不思議の森」
 9月25日(日) 21時~ NHK総合にて
 (再放送)9月29日(木)午前0時15分~ 総合 (28日深夜)


映画「森聞き」の取材で出会った宮崎県の椎葉クニ子ばあちゃん(87)。
日本でただ一人、伝統的な焼畑を1年も休まずに続けてきました。
焼畑をこの目でしっかり見つめ、記録する―――私にとっては、
民族文化映像研究所にいたときからの夢でした。

映画「森聞き」とはまた別の視点で見つめたクニ子ばあちゃん。
「森聞き」とあわせて、この番組をご覧いただければ幸いです。

NHKのホームページ
http://www.nhk.or.jp/special/onair/110925.html
# by satoimolove | 2011-09-23 00:21 | info

講演会 『土壌と放射能』 -安全な農産物を作っていくために-

satoimoです

小川町の有機農産物も各農家さんが放射能の検査をはじめています。
また、グループ単位でも検査を進める段階にあり、消費者に対して説明できる体制を整えようと懸命です。
その農家さんが主体になり、今回の講演会を開催します。

以下お知らせ文章です。

私たちは農業者として美味しくて安全な農産物を作る努力をしてきましたが、
東京電力の原発事故以来、今までにない不安な経験を強いられています。有機農業は地域にある有機物を有効利用しますが、その材料になる落ち葉・ワラ・モミガラ・枯れ草が目に見えない放射能で汚染されています。
土の中での放射性物質の動きについて知り、作物に放射能を出来るだけ移行させないようにしたいと思っています。チェルノブイリの原発事故後、現地で調査をつづけてこられた木村女史のご経験から、この危機を乗り越えるヒントをいただければと思い、今回お招きいたしました。
みなさま是非おでかけください。

■日時 9月18日(日) 17時から19時
■場所 小川町立八和田公民館 視聴覚A
■入場 無料 申込み不要
■講師 木村 園子ドロテア
    東京農工大学 農学部 国際環境農学専攻 持続性環境科学研究室 准教授
■お問い合わせ・連絡先 0493--74-3790(風の丘ファーム)
■アクセス 関越自動車道嵐山小川インターより5分 公民館まえに駐車場あり
バスの場合 
東上線小川町駅より熊谷駅行きバス15分
八和田学校前下車徒歩3分
小川町駅発 16:15、17:55
八和田学校前発小川駅方面 19:20(最終)
時刻表 http://www.juo.co.jp/pdf/5/5-39.pdf

この催しは農林水産省産地収益力向上事業の一環として国の補助を受けている事業です。
# by satoimolove | 2011-09-01 20:57 | info

アトミックカフェ・イン・ザ・パーク

satoimoです

びーチャレ!を一緒にやっているハッタさんがアトミックカフェ・イン・ザ・パークというイベントを作っています。
おおお!というゲストも。長崎原爆投下の日の夜、代々木公園であいましょう。

以下広報文です。

■8月9日(火)16:00-『The Atomic cafe in The Park』@代々木公園開催!
※入場無料!但し、事前カンパ制です!ご協力を!
ナガサキから66年。わたしたちはこの国でおこった『核』の歴史と対峙し、その犠牲となった尊い命を思い、フクシマのこの問題を他 人事とせず、逃げずに立ち向かうため、この夜多くの方々と場を共有し、ひとりひとりが『核』のいらない未来をつくるために何ができるかを考え、フクシ マそして未来の子供たちヘ手を差し伸べます。ぜひ参加してください!
【豪華出演者】 加藤登紀子! 曽我部恵一BAND! Yae! 広河隆一! 鳥越俊太郎! いしだ壱成! ほかゲスト多数!
詳しくはこちら http://www.atomiccafe-session.jp/
★現在、当日ボランティア大募集中!!!ハッタまで andtwo@mac.com
(運営にお手伝いいただける方は、当日12:30に代々木公園ステージ前集合して下さい!)
# by satoimolove | 2011-07-31 17:45 | info

ビールの元をつくっちゃえ!

satoimoです。

今回のびーチャレは麦芽飴づくり。
酵母を入れれば… ビールになります!
大豆もまいて、いよいよマイ枝豆&マイビールで乾杯!が夢ではなくなります。

以下お知らせです。

●7/9(土)『びーチャレ!麦芽飴づくり』(埼玉県小川町)

最高なビールをみんなで自給するために、埼玉県小川町ではじまった
『麦まきからはじめる!地ビールチャレンジ(びーチャレ!)』。
7月9日(土)に、 ビールについて学ぶ、麦芽飴づくりワークショップが開催さ
れます。午前中は大豆の種も播きますよ!
さらに今回は夜もあります。宿泊の方には、交流会&蛍狩もあります!

◎日時:7月9日(土) ※日帰り ※宿泊もできます!雨天決行
◎行き先:下里農村センター(埼玉県小川町)
◎参加費: 4,000円/学生 2,500円 (アルコール別)/中学 生以下無料
※材料代がかかるため、いつもより500円UPさせてもらっています。
※上記日帰りの料金です。宿泊の場合実費(3000円程度)がかかります。
◎集合:10:00 東武東上線『小川町』駅前
※【電車】08:46 東武東上線『池袋』駅発=(東部東上
線・急行)=9:56『小川町』駅着
◎予定(都合により若干の時間の変更ございます。予めご了承ください)
10:00 小川町着=(バス)= 10:30-12:00 大豆の種まき=交流会=麦芽飴づくりワー
クショップ=(バス)= 18:30 小川町解散(日帰り)
※宿泊の方は、17:30に夜の交流会の買い出しをして、徒歩で古民家に向かいま
す。
※麦芽飴(麦汁)づくりの工程:
糖化工程90分→ろ過工程60分→煮沸工程60分→冷却60分→澱引き容器詰→30分

片付け30分
合計約5時間程度です。
◎持ちもの :
□ポットラック一品持ちより(一人がおなかいっぱいになる量であれば何でも
OK)
□飲み物□マイ食器□てぬぐい□エプロン
◎募集: 40名程度
◎募集方法&締め切り:以下を必ず明記の上、7/6(水)まで以下にお申し込み

ださい。
..................................
□7/9(土)びーチャレ!に申し込みます!
□参加者氏名:
□連絡先(携帯番号)
□メールアドレス
□参加人数:
宿泊希望:□する
..................................
※現地バスチャーターのため、募集締め切り以後のキャンセルはできませんの
で、ご了承ください。
◎お申し込み:
はじめる自給!種まき大作戦 実行委員会
ハッタケンタロー 090-3818-7324
andtwo@mac.com

◎参考
麦雑穀工房マイクロブルワリー
http://www.craft-beer.net/zkm.html
霜里農場
http://www.shimosato-farm.com/

はじめる自給!ニュース('11.6.17)
http://www.tanemaki.jp
# by satoimolove | 2011-06-26 07:51 | info

7/3 小川町 夏野菜講習会

satoimoです。埼玉は暑い日が続きました。みなさんいかがお過ご
しですか?

小川町は産地収益力向上支援事業が交付前着工届けが受理され、活動を開始しま
した。
今年度は有機農業推進協議会の枠組みのみならず、有機農業と再生可能エネル
ギー、そして放射能とどうつきあうかに関する活動も盛んに行われます。
これから、関連の講座等引き続き投稿させていただきたいと思います。

さて、まずは直近ですが、7月3日の講習会のお知らせです。
冬の有機農業フォーラムで種採りの講師でお招きした自然農法国際研究開発セン
ター農業試験場の中河原さんによる種とりと栽培、大鎌の講習会を行います。
また、この企画・広報を担われている深谷さんのお話もあります。
大鎌はエネルギーいらずで仮払い機の代わりになり(立って草を刈れる)、さら
に生物に優しいということで、小川では大評判です。
晴れと、皆さんのご参加を期待して…

以下お知らせです↓↓↓↓
~夏野菜栽培講習会~ 
今年2月に来ていただいた中川原さんに再び来ていただき、自然農法の栽培方法
等を学びます。
今回、夏野菜として代表的なナス・ピーマン特にトマト・キュウリの自然農法的
緩やかな選定方法等と夏の畑管理に使える大がまの使い方と砥ぎ方を学びます。
良い栽培方法を学んで、おいしい野菜を作りましょう。

7月3日(日)
13:00受付開始 13:30~17:00講習会
:会場:町立小川小学校下里分校
:実習会場:河村農場 
:参加費:無料(保険代実費100円のみお支払い)
:持ち物:①剪定バサミ
②乾いたタオル(かま用)
③砥ぎ石(表裏に中と・仕上げとが
張り合わさっている物が良い)
*バケツ等はこちらでご用意いたします。

講師  中川原 敏雄氏
      深谷農場 深谷 恵子氏
‹プログラム›
 13:00 受付開始
 13:30 座学 町立小川小学校下里分校にて
       テーマ『夏の果菜類の栽培方法』
          『大がまの使い方と砥ぎ方』
 14:30~45 河村農場へ移動
 14:45 実習 河村農場A圃場にて
          『大がまの使い方と砥ぎ方』
          『トマト・キュウリの選定方法他』
 16:00 実習 河村農場B圃場にて
『果菜類の剪定方法ほか』
 17:00 閉会

・講師プロフィール  中川原 敏雄(ナカガワラトシオ)氏
1949年青森県生まれ。東京農業大学を卒業。民間の種苗会社に16年間勤務する。
現在(財)自然農法国際研究開発センター農業試験場で、特別研究員として、だれ
にでもできる自家採種の研究に専念。肥料、農薬、機械に頼らない栽培と自家タ
ネの育成法を普及させている。また野菜・雑穀類の在来種を収集保存し、優良品
種を頒布している。圃場では機械に頼らない栽培を実践し、鍛冶屋さんと開発し
た立って草を刈る大鎌を普及している。
主な著書『自家採種入門』(農文協、共著) 『はじめよう有機農業』(全国農
業会議所、共著)
河村さんのご厚意により、農場を実習会場としてお借りできることになりまし
た。なお、この時期は田植え・小麦の収穫と大豆の播種作業でとても忙しくされ
ている時期です。草も繁茂し、果菜類の枝も伸び放題となっていることでしょ
う。むしろ、その方がわたしたちにとっては良い圃場です。以上のこと、ご理解
よろしくお願いいたします。

:参加申込み先: 深谷農場   7月1日(金)まで。
FAX 048(536)7946   Eメール hukayafarm@h
b.tp1.jpへ、
:記入項目: 住所、氏名(ふりがな)、電話番号、メールアドレス
大がまをお持ちでない方は、当日10本販売いたします。
この収益は東北地方太平洋沖地震の義援金として寄付されます。

主催 小川町有機農業推進協議会
本事業は、平成23年度農林水産省 産地収益向上支援事業の一環として実施い
たします。


以上
# by satoimolove | 2011-06-26 06:33 | info

アサヒ・アート・フェスティバル(AAF)グランドオープンパーティー

wakameです。
いつも直前の告知になってしまって恐縮ですが、あさって6月18日(土)、「アサヒ・アート・フェスティバル(AAF)グランドオープンパーティー」のなかで、wakameが利賀村で行っている利賀ゼミ-上畠アート2011プロジェクト」をPRします。

興味のある方、ご参加ください。(参加無料・要申込)
http://www.asahi-artfes.net/news/2011/05/aaf2011-aaf10.html

d0061968_2147037.jpg

6月18日(土)、市民やNPOが主体となって企画・運営し、地域の魅力を引き出すアートプロジェクトが集結するアサヒ・アート・フェスティバル(AAF)2011は、全国各地の参加プロジェクトの担当者を一堂に会し、グランドオープンパーティを開催します。
(※「利賀ゼミ-上畠アート2011プロジェクト」もAAFネットワークに参加しています。)

10周年を迎える今年は、震災で甚大な被害を受けた南三陸町の人々と共振する鎮魂と再生のための「南三陸・きりこワークショップ」や、福島県いわき市に伝わる郷土芸能「じゃんがら念仏踊り」、そして東北から取り寄せた美味しい食を中心に多彩なドリンクやフードでAAF2011の開幕を祝います。



AAF2011グランド・オープンAAF10周年記念「大東北パーティー」
日時:2011年6月18日(土)
参加費:無料

◎きりこワークショップ:15:00~17:00
 会場:アサヒビール本社ロビー

◎大東北パーティ:17:30~21:00
 会場:アサヒ・アートスクエア(開場:17:00)
(東京都墨田区吾妻橋1-23-1アサヒスーパードライホール4F)

  ・AAFプレゼンテーション/芹沢高志
  ・南三陸町、いわき市からのアピール
  ・じゃんがら念仏踊り
  ・東北からの「食」のメッセージ


お申し込みはこちら↓
http://form1.fc2.com/form/?id=662616


「南三陸・きりこワークショップ」のみのお申し込みはこちら↓
http://form1.fc2.com/form/?id=662619


AFFアサヒ・アート・フェスティバル(AAF)
http://www.asahi-artfes.net/
# by satoimolove | 2011-06-16 21:49 | 利賀ゼミ開講!

送電線国有化署名

satoimoです。

メディアでは自然エネルギー普及、原発縮小路線の声が飛び交っているようですが、
国の姿勢はあくまで原子力保持、推進という印象を受けております。

ちょっと別のアプローチで自然エネルギーの普及を後押しする仕組みが
「送電線国有化」のようです。

送電線国有化署名のお知らせがありましたので、紹介します。

7月7日までの一ヶ月間に1,000万人の署名を集めるとの取り組みです。
詳しくはこちらへ
http://maketheheaven.com/japandream/
# by satoimolove | 2011-06-09 12:15 | info

6.11脱原発アクション エネルギーシフトパレードのお知らせ

satoimoです。

うちにはテレビがない(wakame家にはあります)のですが、
スポーツクラブでテレビを見る機会がありました。
久々に見るテレビのせいか驚いたのは、
自然エネルギーへのシフトという論調がかなりマジョリティになっている!
日本にもそんな時代がやってきたのか!
新聞だけだとつかめる情報や雰囲気が違うな〜

でもパレードしたり、いろいろしないとエネルギーシフトしないんだろう
ということで、友人が関わるイベントのお知らせです。

****

エネルギーシフトパレード詳細
日時: 2011年6月11日(土) ※雨天決行
14:00~ オープニング・トーク(呼び掛け人などによるトークイベント)
14:46~ 黙とう後、パレード出発(代々木公園ケヤキ並木入口、CCレモンホール前交差点スタート)
場所: 代々木公園ケヤキ並木入口付近(CCレモンホール前交差点)
コース(約3Km): 代々木公園ケヤキ並木入口― 渋谷駅前―明治通り―原宿駅前―代々木公園
地図: http://j.mp/fKJ7mt
賛同人: 坂本龍一、小林武史、河野太郎、加藤登紀子、C.W.ニコル、飯田哲也、田中優、辻信一、湯川れい子(順不同、敬称略)
呼びかけ人: 羽仁カンタ(FLAT SPACE)、南兵衛@鈴木幸一(アースガーデン)、佐藤潤一(グリーンピース・ジャパン)

以上
# by satoimolove | 2011-06-07 18:00 | info

利賀ゼミ開講!

ども、ひさびさのwakameです。

d0061968_1152258.jpg















世の中では脱物質、脱貨幣、脱電力と価値観が変わりつつあり、
「これからどう生きるか」の選択を試されているような気がします。

そのような中、いままでと違う生き方、違う価値観を体験する
3ヶ月プログラムを企画しました。
私が昨年来、仲間と一緒にあたためてきた富山県利賀村の方たちとの
関係で実施に至ったプログラムで、今年は2年目になります。

今週末、第2回ツアーを実施し、来月初めにも村に行きます。
その間に東京でのミーティングやアート企画を数回行います。

興味のあるかた、ゼミに入ってぜひ一緒に創りましょう。

まずは、東京で開催するゼミ(ミーティング)やメーリス等にご参加ください。
http://togazemi.jimdo.com/



==転送、歓迎==

都市ではできない、遊び、しよう!

【利賀ゼミ2011 開講!】
今年の夏、富山県の山中にある天空の集落を舞台に、自分たちの手で
アート展を盛り上げる企画をつくります。
都市に住む普通の若者達が、地域の歴史や山の暮らしについて知り、
それを元にアーティスト・村の方々とともにイベントを創り上げる
3ヶ月間のプロジェクトです。

村全体を舞台にした『トガ村七不思議ラリー』や『天空の石うすcafe』
『家族のおもいでトビラ』など、村の魅力をいかしたコンテンツを考え、
ここにしかないアート展を創ります。

アートなんてかじったことがない人も、村の方々と膝を突き合せ
本音で話しあいながら、アート展を創ってみませんか?


詳しくは
http://togazemi.jimdo.com/



【利賀ゼミ活動内容】
・東京でのミーティング、勉強会、アート展企画
・現地(富山県南砺市利賀村)のツアー3回(6月~8月の土日)
・アート展当日(8月19(金)~21日(日))


【費用】
・参加費は実費のみ(交通費、宿泊費)
 東京~富山間、夜行バスだと往復約1万円、電車だと約2万円
・宿泊は、村の人のお宅に泊めてもらうときは2千円、
 宿泊施設に泊まれば約4千円


【ゼミ生はこんなひと】
・アート展を自分たちで運営してみたい方、
 地域とのつながりに興味がある方、
 山村の伝統文化や歴史の伝承に挑戦してみたい方など、
 学生から社会人まで様々です。


【申込方法】
件名「利賀ゼミ参加希望」
名前(ニックネーム)、連絡先を書いてメールでお申し込みください。
宛先:togazemi@gmail.com
利賀ゼミ幹事(伊藤・箕輪)

【直近の予定】
〈東京〉
6月3日(金)20時~22時30分
カフェ企画ミーティング@新宿西口「カフェ・カトル・ヴァン・ヌフ (CAFE89)」

〈利賀村〉
6月4日(土)~6月5日(日)
第2回ツアー 「アーティストと作戦会議&野菜づくりスタート」
場所:上畠地区

7月2日(土)~3日(日)
第3回ツアー 「山の暮らしを知る 聞き書き&協働作業で交流」
場所:北豆谷地区、上畠地区

8月6日(土)~7日(日)
タイムスケジュールは未定。
内容は、アーティスト、上畠地区の住民と焼き物作り、
アート展ののぼり立て、準備等

8月19日(金)~21日(日)
『上畠アート2011』 本番

詳しくは
http://togazemi.jimdo.com/


皆様のご参加をお待ちしています!



ゼミ幹事:伊藤(ぴさ)・箕輪(わかめ)
# by satoimolove | 2011-06-03 07:07 | 利賀ゼミ開講!

びーチャレ!麦畑とさとっち畑

satoimoです

あくまで自分が食べる分しかできていませんが、
さとっち畑、今年は昨年に比べ、ステップアップしております。
現在採れているのはほうれん草、ルッコラ、小ねぎ、スナップエンドウ、にんにく

そして、今日は、グリーンサンバーくんで「初」ドライブ!(生きて帰って来れてよかった… 
別に危ない目にはあってないよ)一番に、麦畑に行ってきました!

ということで、畑の写真をくっつけます。

d0061968_21264612.jpg


里地区のびーチャレ!麦 週末は麦刈り。晴れますように…
d0061968_21244139.jpg

初のニンニク収穫。ちょっと早かったかも… 今 干しています。
d0061968_21275411.jpg

しおっち野菜にさとっち野菜を加え、サラダに。
d0061968_21294628.jpg

庭に大量の矢車草が自生しています。青、赤、ピンク 色とりどりでうつくしい!
# by satoimolove | 2011-05-30 21:34 | reports

遺伝子組み換え作物の栽培許可の拡大を止めたいな

satoimoです。

遺伝子組み換え食品の栽培が進められようとしています。
っていってもかなり長い間国は推進して生きています。
消費者の関心があまり遺伝子組み換え食品に寄せられていない今、あぶないな〜
という感じです。

知人からのメールを掲載します。

このどさくさに乗じて農水省が導入を目論む、
遺伝子組み換え種子のセイヨウナタネ、トウモロコシ、ワタ
について、6月21日まで意見を募集してます。
入れないほうがいいと思うかたは、どしどし
意見を寄せてみましょう。
とにかく導入されてからでは遅いと思うので。
(意見を寄せることがどこまで効力あるかは別としても)

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/110523.html


ネットによるコメント提出は下記より

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550001373&Mode=0
# by satoimolove | 2011-05-26 14:38 | info

結城登美雄さんの講座 お互いさまライフのすすめ

satoimoです。

なりわい創造塾 第2期生募集締め切りまであと数日となりました。
まだ塾生は決定していませんが、第1回は公開講座として行います。
これは塾生でなくても参加できますので、お気軽にご参加ください。

【なりわい創造塾・6月25日一般公開講座】
お互いさまライフのすすめ 〜結の文化〜
http://www.kyouzon.org/nariwai/

講師:結城登美雄氏(民俗研究家)


農山村の暮らしで見られる「結」や「入会地」といった、労働や土地を「共」有するという形態が持つ意味、価値を知り、現代社会で「共」が見られなくなった背景の話しなどを伺います。
日本のコミュニティや仕組みを学び、コミュニティ再生、地域活性化や、
かつての日本の助け合いの機能は、地域での支え合うコミュニティビジネスやローカリゼーションなどのヒントに!


●講師プロフィール:結城登美雄氏(民俗研究家)
東北各地をフィールドワーク、食の担い手と地域のあり方について
考察、「地元学」の提唱や「食の文化祭」などさまざまな地域づくりの
活動に携わる。現在は活動を全国に広げ、北と南、海と里の産物の物々交換や米
農家支援のための縁故生産方式の実践など、東京に頼らない地域のあり方をめざし
て、 人と人、地域と地域を結ぼうと動き回っている。


・日 時:6月25日 13:30-16:00
           結城登美雄氏講演、対談(吉野奈保子(NPO法人共存の森ネットワーク事務局長))、質疑応答を予定しております。

・場 所:日本財団ビル2F・大会議室 
     http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
     (最寄駅:虎ノ門駅、溜池山王駅、国会議事堂駅)
・参加費:1000円
・申込方法:以下の内容を明記の上、mori@kyouzon.org、FAX(03-6450-9583)へ申し込みください。

1)氏名(ふりがな)
2)現在の所属
3)生年月日
4)住所
5)電話番号(携帯電話をお持ちの方は携帯の番号もお願いします)
6)Eメールアドレス
# by satoimolove | 2011-05-26 14:14 | info

びー チャレ! 麦刈りの季節です

satoimoです。

種まき大作戦事務局ハッタさんからの広報文です。

順調に、びー チャレ麦は、小川町で育っております!
http://www.craft-beer.net/images/2011-01to/May/0523.JPG
(5/23今朝、麦雑穀工房マイクロブルワリー馬場さん撮影)

3.11以降、皆さんご自身も周りもずいぶん変化したことでしょう!
でも季節は春から夏へめぐり、自然は何事もなかったように、サボ
らず、生命を前へ動かしています。
有り難いことです。
そしてわたしたちの活動を支えてくれる、河村農場の河村さん、麦
雑穀工房マイクロブルワリーの馬場さん、鈴木さん、
霜里農場の金子さん、石川さんはじめスタッフ皆さん、現地でコー
ディネートしてくれるさとっち、
いつも参加いただき、応援してくださる皆さん!本当に感謝です!

そして、びーチャレは、とうとう2回目の収穫の時を迎えます!
皆さん!お待たせしました!麦刈りの日にちは6月5日
(日)です!

ぜひ、笑顔を見せてください!声を聞かせてください!
小川町で、楽しみに待っています!

-------------------------
●6/5(日)『びーチャレ!麦の収穫祭』(埼玉県小川町)

無農薬オーガニックで自給率100%の最高の地(自)
ビールを目指してはじまった『麦まきからはじめる!地ビールチャ
レンジ』も2年目!
いよいよ収穫です。緑溢れる下里の山々や、晴れていれば青い空の
下、金色に輝く麦の穂の中に入り、黄金の汗をかきましょう!
美味しいビールを飲みながら、美味しいポットラックで交流しま
しょう!そして収穫の喜びの分かち合いましょう!
初めての方も大歓迎!ぜひお気軽にご参加ください!

◎日時:6月5日(日) ※日帰り ※雨天延期

◎行き先:霜里農場の麦畑(埼玉県小川町)

◎参加費:
※現地集合:3,500円 /学生 2,000円/中学生
以下 無料

◎集合:10:00 東武東上線『小川町』駅前
※【電車】08:46 東武東上線『池袋』駅発
=(東武東上線・急行)=9:56『小川町』駅着

◎予定(都合により若干の時間の変更ございます。予めご了承ください)
10:00 小川町着=バス= 10:30-13:30 作業
= 13:30-15:30 交流会(地ビールとポットラック パーティー)
= バス= 16:00 小川町解散

◎持ちもの :
□ポットラック一品持ちより(一人がおなかいっぱいになる量であ
れば何でもOK)
□飲み物□マイ食器□てぬぐい□着替□帽子□長靴など、
★すみません!鎌が足りないので、持っている人は鎌を持って来て
ください!
※昼食がちょっと遅くなりますので、
お腹が空く方は軽く食べもの を持って来てください。
◎募集: 50名限定
◎募集方法&締め切り:以下を必ず明記の上、5月31日
(火)まで以下にお申し込み ください。
..................................
□6/5(日)びーチャレ!麦の収穫祭申し込みます!
□参加者氏名:
□連絡先(携帯番号)
□メールアドレス
□参加人数:
..................................
※現地バスチャーターのため、募集締め切り以後のキャンセルはで
きませんので、ご了承ください。
◎お申し込み:
はじめる自給!種まき大作戦 実行委員会
ハッタケンタロー 090-3818-7324
andtwo@mac.com

◎参考
麦雑穀工房マイクロブルワリー
http://www.craft-beer.net/zkm.html
霜里農場
http://www.shimosato-farm.com/
# by satoimolove | 2011-05-24 19:14 | info

チェルノブイリからみた福島第一原発震災 ~土壌浄化・エネルギー自給の可能性を探る~

satoimoです。

「有機農業と放射能」ある農家さんは、「これから私たちがすべきことは次の世代に土をきれいにして渡すこと」というようなお話をされていました。
その土地での物質「循環」がエコロジーでエコノミーな有機農業。
その循環が放射能をそのままその土地に残してしまう皮肉な仕組みでもあります。
でもそれを取り除く努力が、既に始まっています。

チェルノブイリからみた福島第一原発震災
~土壌浄化・エネルギー自給の可能性を探る~
http://www.joaa.net/moyoosi/mys-95-0422.html

 3月11日の東日本大震災によって福島第一原発が相次いで爆発し、
大量の放射性物質が大気中に放出され、水や空気、そして大地を汚染しました。
地球環境への影響は計り知れず、特に農業者にとって、何としてもこれ以上の土壌汚染は避けたい状況です。
 今回講師にお招きする河田昌東さんは、「チェルノブイリ救援・中部」理事です。同団体では、 
1990年からチェルノブイリ原発事故で大きな被害を受けたウクライナで、現地の団体と協力して
被災者の救援に取り組んでいます。
また、2006年からは、医療・物資支援に加えて、土壌から放射能を吸収、農業復興による
地域再生を目指す「菜の花プロジェクト」を開始しています。
 当講演会では、第一部でチェルノブイリと福島原発事故の比較について解説していただき、
第二部で「チェルノブイリ救援・中部」が実践している土壌浄化やエネルギー自給についてお聞きします。
放射能汚染下でどう生きるか…。今後、中長期的に私たちができることを学び、考えていきたいと思います。

■プログラム
  受付開始 12:30
  第一部「福島原発震災とチェルノブイリ」13:00~14:45
  第二部「放射能汚染下でどう生きるか」 15:00~17:00
  閉会    17:00
■講 師:河田 昌東さん(遺伝子組み換え研究の専門家、「チェルノブイリ救援・中部」理事)
■日 時: 2011年6月5日(日)13:00~17:00
■会 場:國學院大學・渋谷キャンパス 学術メディアセンター 常磐松ホール
      (東京都渋谷区東4-10-28)
■交 通:・渋谷駅東口から徒歩13分
      ・渋谷駅(JR埼京線)新南口から徒歩10分
      ・都営バス(渋谷駅東口バスターミナル54番のりば「学03日赤医療センター行」)
       「国学院大学前」下車
■参加費:1000円(一部を義援金として寄付させていただきます)
■定 員:200名
■お申し込み:日本有機農業研究会 事務局
        TEL  03-3818-3078
        FAX 03−3818−3417
        E-mail seinenbu@joaa.net
        HP  http://www.joaa.net/
■主 催:NPO法人日本有機農業研究会・青年部(協力:渋谷・環境と文化の会)
# by satoimolove | 2011-05-24 19:11 | info

なりわい創造塾 チラシができました

satoimoです

なりわい創造塾 チラシができました!
けっこうわくわくするチラシができたので、掲載しちゃいます。
説明会5/8 参加者募集中です!
トマトの植え付けもお手伝いすることになりました。
気軽に遊びにきてください。


d0061968_10551215.jpg


d0061968_10545697.jpg
# by satoimolove | 2011-04-18 10:55 | info

なりわい創造塾(第2期)塾生募集中!!

satoimoです。

小川町をフィールドになりわい創造塾第2期を開催します!
今期は地元の森の名手名人、有機農業を始めた若者たち、自然エネルギーの専門家
etc 地元の皆さんと学び合う講座になっています。

satoimoも友だちの農業をてつだいつつ、「なりわい」創りを小川でしていくつもりです。
想いをカタチに。地に足着いた暮らしを創るぞ〜

昨年の様子はこちらをご覧ください。
http://www.kyouzon.org/nariwai/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
なりわい創造塾(第2期) in 埼玉県小川町
受講生募集(2011年6月開講)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

経済成長の陰で地球環境問題や経済格差は深刻化してきました。
そして震災をきっかけに私たちの暮らしは海外の地下資源に頼り、
暮らしを賄うことができていないことを痛感させられました。
私たちは未来のためにこれからの経済・社会の構造を考え、行動する、
その分岐点に立っています。
この塾では私たちの足下にある、遥か昔から紡いできた生き方、
多様な価値観の中から未来の社会やライフスタイルを創造していきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃なりわい創造塾はこんな人のための塾です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食べるものとエネルギーは自分でまかないたい
助け合う地域コミュニティを実現したい
半農半Xな暮らしがしたい
自然に根ざした仕事を創りたい

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃塾の概要
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■期間 2011年6月~2013年3月(2年間)
■講座スタイル 原則月1回1泊2日 講義及び実習・現地見学
*第1期(2010年度)の様子はこちらをご覧ください。
 http://www.kyouzon.org/nariwai/
<1年目 基礎編・プランニング>
地域を歩き「なりわい」を営む方に話を聞き、里山
整備や農作業を体験することで、個々の将来のイメージ、地域の
イメージを描いていきます。専門家の指導のもと、塾生自身が
具体的なキャリアプラン、プロジェクトプランを立てていきます。
<2年目 実践編>
一人ひとりがなりわい創造に向けたプロジェクトを立ち上げ実施
します。企画段階からアドバイザーやスタッフがサポートします。
また、受講生のニーズやプロジェクトの方向性に合わせた講座を
開講します。
■場所 埼玉県比企郡小川町
埼玉県小川町は池袋から東武東上線で約1時間。
和紙と有機農業の町です。
小川町ホームページ http://www.town.ogawa.saitama.jp/
■受講料(1年分) 5万円(宿泊費、交通費補助あり)
■募集人数 30名

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃事前説明会のご案内 ★締め切り5月1日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■日時 2011年5月8日(日)13:00~17:00
■場所 小川町立図書館 ホール http://www.lib.ogawa.saitama.jp/
小川町増尾地区
■内容 塾の趣旨・概要説明
ワークショップ(皆さんの疑問にお応えします)
フィールド見学(有機農業、里山林の活用・自然エネルギーの
実践地へ)
★説明会への参加をお勧めします。都合で参加できない方は、事務局に
ご相談ください。
【5月8日説明会 申し込み】
1)氏名(ふりがな)
2)年代 (例30代)
3)電話番号 (携帯電話他つながりやすい番号をご記入ください)
4)メールアドレス
5)説明会で聞いてみたいこと
NPO法人共存の森ネットワーク 担当:磯野・芳川
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms 1A
TEL:03-6450-9563 FAX:03-6450-9583/Eメール:mori@kyouzon.org

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃講座 カリキュラム、スケジュール(予定/敬称略)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
月1回の講座の他にもオプション企画として小川町内外で行われる活動
・行事をスタッフ/講師がナビゲートします。地元の若者との活動等
さまざまなカタチで つながりとスキルを身につけることができます。
■第1回6月25日(土)
お互いさまライフのすすめ ~結の文化~(公開講座)
講師 結城登美雄
6月26日(日)総合オリエンテーション・小川町・槻川を歩く
■第2回
7月23日(土)・24日(日)
「聞き書き」で知る農的暮らしの喜怒愛楽 講師  渋澤寿一
■第3回
8月中 自由研究・フィールドワーク
■第4回 9月3日(土)・4日(日)
なりわい探検隊!地元学で知る
~地域にあったもの、あるもの、生まれてきたもの~
講師  牧下圭貴
■第5回 10月 22(土)・23日(日)
日本の農山村の現状からなりわいプランを考えるワークショップ
講師 中山幹生
■第6回11月19日(土)・20日(日)
実践者に聞く!現場を見る!1 講座半農半Xと言う生き方
講師 塩見直紀
■第7回12月17日(土)・18日(日)
実践者に聞く!現場を見る!2 自然エネルギーと自給的くらし
講師 桑原衛
■2012年 1月28・29日 地域の課題調査とプロジェクトづくり
「自分流NARIWAI~なりわいづくりに向けたプロジェクトを立ち
上げよう!~」
■2月25日(土)、26日(日)(仮日程)プロジェクト発表会
■3月16日(土)、17日(日)(仮日程)プロジェクト実践準備

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃応募について *5月31日締め切り
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
応募条件 埼玉県小川町での講座に通える方
応募締め切り 2011年5月31日
主催 NPO法人 共存の森ネットワーク
共催 小川町自然しごとづくりフォーラム
株式会社 森里川海生業研究所
助成 セブンイレブンみどりの基金
【塾への応募】
1)氏名(ふりがな)
2)現在の所属及び略歴
3)生年月日
4)住所
5)電話番号
6)携帯番号
7)メールアドレス
8)塾を知ったきっかけ
9)応募動機(形式自由)
を明記の上、EメールかFAX、郵送にてお申し込みください。
なお、メールの場合、志望動機についてはワード等で作成いただき、
添付することも可能です。
■お問い合わせ
NPO法人共存の森ネットワーク 担当:磯野・芳川
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms 1A
TEL:03-6450-9563 FAX:03-6450-9583/Eメール:mori@kyouzon.org
ホームページ http://www.kyouzon.org/

ご応募の際にお送りいただいた個人情報は、本件に関するご連絡
および今後のご案内のためにのみ使用します。事務局にて厳重に
管理し第三者に提供することはありません。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃森と人の暮らしをつなぐ NPO 共存の森ネットワークとは
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
共存の森ネットワークは、森と人の暮らしをつなぐNPOとして、
「人と自然」、「人と人」、「世代と世代」がつなぎながら、
持続可能な社会づくりのために、様々な活動を展開しています。
1)青少年育成事業:林野庁、文部科学省等と共に主催する
「聞き書き甲子園」の開催
2)普及啓発事業:「聞き書き」や「森と人の暮らし」に関する
環境学習支援や講演、出版など
3)森づくり事業:学生や地域住民を主体とした森づくり
・地域づくり活動の実践
4)地域づくり事業:里山林整備と資源の有効活用による里山林再生
手引書の作成(林野庁補助事業)
詳しくはホームページをご覧ください。 http://www.kyouzon.org/

以上
# by satoimolove | 2011-04-07 13:58 | info