<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ニート米

satoimoです

東京新聞で発見した、ニート米記事。
その名の通りニートと呼ばれる皆さんが作ったお米です。
話題として掲載します。

これは、国の農の雇用事業や補正予算の田舎で働き隊事業などに関連しているのかな?
その辺をもう少し調べてみたいです。
フードアクションキャンペーンだったらそれも面白いし、何かケミストリーがもっと起きる予感がします。

以下http://getnews.jp/archives/37965より転載

*****

特定非営利活動法人フェアトレード東北が管理をし、ニートたちに作らせたお米『ニート米』をご存知だろうか? ニートや引きこもり、障がい者たちが自分の手で田植えや稲刈りをし、稲の状態を徹底管理。丹精込めて無農薬で育てた『ひとめぼれ』を、『ニート米』ブランドとして完成させたのだ。しかもこの『ニート米』、11月15日から宮城県石巻市で発売するというから驚きだ。

ニートは(仕事も勉強も訓練もしていない状態のことなので)仕事をした時点でニートではないのだが、この米作りをするまではニートだった人たちがニート脱出の糸口として米作りに力を注いだのは事実。そんな努力の結晶なのだから、まずいわけがない! 今すぐ買いに行くしかない! ……しかし、生産量が多いわけではない。刈り取られた『ニート米』は650キロしかないので、1袋に2キロが入っていることを考えると、最大でも325袋しか市場で売られないわけだ。けっこう希少価値が高いかも!?

そんな『ニート米』だが、宮城県石巻市で販売されるものの、連絡さえすれば遠方でも購入できるようである。どうしても欲しいという人は、特定非営利活動法人フェアトレード東北に連絡してみるといいだろう。連絡先は公式ブログ『フェアトレード東北のブログ』やマスコミ各社の記事にも掲載されているが、ここにも記載しておくことにする。ちなみに価格だが、「2kg入りで1000くらいで販売したいと思ってオマス」とブログで関係者がコメントしており、事実、1000円で販売されることが決定したようだ。

<ニートが作った『ニート米』お問い合わせ>
電話連絡先: 0225-94-6883
メール連絡先:  fairtrade-t@sa3.gyao.ne.jp
運営: 特定非営利活動法人フェアトレード東北

また、公式ブログには稲刈りをしているようすも掲載されており、さまざまな活動状況がわかるものとなっている。 ニートや引きこもり、障がい者たちが活躍できる場が増えることは実に良いことだ。“農業の労働力確保” のためにも非常に有意義なことだし、なにより本人たちも充実感を体験することでき、やりがいも出てくることだろう。採算が取れないという話だが、今後も続けていけば、だんだんと利益も生み出していけるはず。今後の『ニート米』の展開に注目だ!
by satoimolove | 2009-11-20 07:15 | 地産地消100連発

古民家JAZZ vol.4「Jazz To Light」

satoimoです

友人、テンダーが素敵なライブイベントをします。
いつも、先端を行き、破天荒?
その割にどこかお行儀とセンスがいいテンダー。
きっといい空気と時間をいただけると思います。
ぜひお立ち寄りください。

<古民家JAZZ vol.4「Jazz To Light」>
:*:+:+:*:+:+:*:+:+:*:+:+:*:+:+:*:+:+:*:

2009/11/29(sun) 12:00-19:00 @ 和のいえ「櫻井」

入場:前売 ¥1,500 / 当日 ¥1,700

/////////////////////////////////////////

会場:和のいえ「櫻井」

〒202-0023 東京都西東京市新町5-3-5
JR中央線 武蔵境駅より徒歩15分
バス(向台町五丁目行・花小金井駅南口行)約5分
境橋バス停下車徒歩2分
____________
////////////////////////

Live:

出演:麗光道 reykódo=Miya(Flute) , 児玉麗奈(Dance), Dana Hanchard(Vocal) + 東保光(Bass)

<麗光道 reykódo>
光の道を旅する3人の女性。麗光道は2009年の1月、富士山の山神社の伝統的なお祭りで千年杉や天狗の精霊が見守る中、誕生した。導かれるままに神社、滝、森の中や海辺など、地球上の特別な場所と自分とをつなぐ事を目的に活動している。古民家JAZZ vol 4ではベーシストの東保光が加わり、切り絵作家のSab、草月流SYCの空間演出とともに、伝統的なジャズから今の瞬間に生まれるインプロビゼーションをつなぐ光をモチーフとしたパフォーマンスを展開する。

空間演出:境界剪画 Sab(切り絵), いけばな草月SYC東京1(舞台花)


1st stage : Jazz Live / 13:00-14:00
2nd stage : Impro Live [Hikari] / 夕暮れ頃〜

/////////////////////////////////////////

Food:
・mikikana食堂
・おでん
・オカシカケル

/////////////////////////////////////////

出店:

・指圧
・フェイシャルエステ ルピナス
・絵描きmajio
・境界剪画 Sab(切り絵)

/////////////////////////////////////////

ワークショップ:

・Nandi Farm (象の糞の紙ワークショップ)
・いけばな草月SYC東京1(いけばなワークショップ)

/////////////////////////////////////////
by satoimolove | 2009-11-17 23:52 | info

もっぷ5

satoimoです。

wakanaにありがとうコメントをしてその後これを載せるか?
というかんじですが、お知らせしちゃいます。

1年後に名古屋で開催される生物多様性条約締約国会議COP10と同時開催の
カルタヘナ議定書(国境を越える遺伝子組み換え作物の規制を定めた)会議
MOP5。
MOP5は有機農業に関心を寄せる皆さんが注目するであろう話題「GMO」につい
て多く議論されます。

今回の講演はMOP4@ボンで争点となったLiability and Redress (遺伝子組換え
生物の国境を越える移動から生じる損害についての責任と救済)
に直結する講演内容です。(多分MOP5でも争点だと思います)
機会のある方はご参加ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【日 時】:2009年11月21日(土)14:00~17:00
【場 所】:名古屋工業大学 51号館101講義室(JR,地下鉄鶴舞下車)
正門の正面にある高いビルの左手にある1号館のさらに奥です
http://www.nitech.ac.jp/access/index.html#a3
【テーマ】:生物多様性と遺伝子組み換え作物
【講 師】:河田 昌東さん(遺伝子組み換え情報室代表)
【会 費】:カンパ500円程度(学生・院生免除)
【要 旨】:世界最大の遺伝子組換え作物(以下、GM作物)輸入国の日本は、
大量の遺伝組み換えナタネを輸入している。それに伴い、ナタネ輸入港周辺では
遺伝子組換えナタネが自生し、野生化が起こっている。その結果、国内産ナタネ

作物や、野生のカラシナとの交雑による遺伝子汚染が懸念されている。こうし
た、
意図しないGM生物の繁殖は今後さらに進むと考えられ、生物多様性にも大きな影
響を与える。
主催:名工大考える会、エントロピー学会名古屋懇談会共催 名工大「工大祭」
協賛
連絡先: ohsato.hitoshi(@)nitech.ac.jp 090-7029-6117大里
naoan32(@)gmail.com、052-896-7357 安藤;
●遺伝子組み換え情報室ウェブサイト
http://www2.odn.ne.jp/~cdu37690/

遺伝子組み換え作物徹底討論 を行います

●遺伝子組み換え作物(GM0)の何が問題なのか
●遺伝子組み換え作物は生物多様性とどう関係しているのか
●遺伝子組み換え作物で日本の農業はどうなるのか
●遺伝子組み換え作物は食糧問題を解決できるのか
●遺伝子組み換え食品は安全か、日本の現状はどうなのか
●日本の政府、企業はGMOにどう向き合おうとしているのか
など、など私たちの遺伝子組み換え作物についての疑問を
河田先生にぶつけて徹底的に議論したいと思います。

以上
by satoimolove | 2009-11-03 14:04 | info

satoimo love

ご生誕 おめでとう。

d0061968_1111896.jpg
d0061968_111517.jpg


ことしの抱負は?

「生活のベース(基盤)をつくる10年」の2年目。

一歩ずつ、人生プランに向かって 開拓していってね。

                                     From wakame
                                     (森林・山村仲間と一緒に)

           ☆
           ☆
           ☆
        
そして、この夜、もうひとつの新しい命が生まれました。
この3年、仕事の日も休みの日も、泣いたり笑ったり、喜んだり、怒ったり、苦渋をともにした同僚がパパになりました。去年の今頃は「(余裕がなくて、)いま子供つくるなんてありえない」なんて言ってた彼。

さらに忙しくなっちゃったみたいだけど、パソコンのデスクトップは、すでにBABYに変わってるし!!!
毎日が愛にあふれて、さらにがんばっちゃう?ちょっとは家庭に尽くしてくださいね。

     HappenとHappy は紙一重。だから 面白いね。
     いつも HappenとHappy をありがとう。
by satoimolove | 2009-11-03 11:06 | event