<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

減反・GENTAN

satoimoです

先週末に減反勉強会@大地を守る会に参加してきました。

「米が余っているから政府が調整します。」という生産側の事情を知らない立場から考えると「ふつうじゃん(合理的)」、と思うことだとおもいます。
でも、「減反」に反対する人びとがいるのはなぜか?
というと減反は農業者の主体性を奪うものだからです。
農家さんの中には(特に有機農業をしていて農協などには関係していない、独立経営型農家)
減反には参加しないという人もいます。それは、自主独立性を担保するという考えに基づくところがあるからでしょう。
また、日本の農業は米づくりをとても大切にしてきた歴史があります。代々田んぼを守ってきたひとびとにとっては堪え難い政策であり、自殺者までも出たと言うことでした。
昭和40年代の米あまりに緊急避難的に行われる減反、しかしそれは今も続き、膨大な予算が費やされています。

それから、最近「減反」が話題になる理由としては、石破農林水産大臣が「減反やめる」的な発言をしたことがあったから。(しばらく前のR25で読んだ記憶が…)また、各政党が選挙を前に減反を政策中の論点にもあげているから、ではないかと思います。

今回の収穫(こんなことがわかった)
■国の試算では減反をやめた場合米価はどうなるか?
→一時的に米の生産量が過剰となり、米価が下がるが、10,000円/俵におちつく
 →これは現在8,000円/俵と言われる状況ではむしろ、ましになる試算です。
(減反やめてもいいじゃん)

■食糧自給率を上げるにはどうしたらいいのか?
→国の統計上カロリーベースの自給率は40%前後。これを押し下げているのは家畜を育てるための飼料穀物。これをほとんど輸入に頼っているからです。また、日本人の1人あたりの供給熱量の構成の推移を見ると米の割合が1/3減っています。(S40年−H18年)。でも小麦の消費量は増えたわけではない。脂質と畜産物(肉)からエネルギーを摂取するようになったみたいです。
 →では余っている米を飼料用にしたり、飼料用米を生産して、自給率を上げよう!と言う考えがあります。でも、飼料米は価格が主食用米の1/8の値段。農家さんにとっては原価割れでしょう…
  →自給率を上げるには、遊休地を(牧下さん曰く、山林も切り開き)できるだけ多く耕す田家では多分追いつかない。食べ方を変える(肉を食べるな!というのも無理があるけど…)必要があるということです。
昨年から、フードアクション(自給率アップ)キャンペーンが国の事業で大々的に展開されています。黒木メイサが出るCMまで打っているけど… そのお金使い方変えませんか? と減反勉強会に参加して改めて思いました。

■農家さんを支える消費者の視点
補助金に頼らないのが生産者も消費者にとっても理想だと思います。ではおこがましい言い方になりますが、どんなお米の食べ方、買い方をすることが農家さんをささえることにつながるのでしょうか?
→直接農家さんから買い、家でごはんを炊くこと、と言うことがわかりました。
価格は当然、農家さんが消費者に直接売る>流通/レストランなどに売る
と言うことになります。
現状は外食・中食が増える昨今。農水省の資料「食料品の最終消費における消費形態の推移」によると生鮮での消費が25% 、加工・外食が75%となっています。つまり米もそれに関連するわけだから、外食・中食を増やすということは農家さんの経済の悪化につながる可能性があるんだな。

*******

勉強会は
みんな有機にして10俵→7俵になれば減反はいらない 笑 
と言う、冗談でありながら、半分本当な司会者の前ふりから始まりました。

以下メモです。

___

減反勉強会
〜米の減反をなぜ考える必要があるのか?〜
農水省の資料だけを使って話し合いましょう!

講演者:提携米研究会 牧下さん

1987年提携米アクションネットワークから活動開始

縁故米/闇米
食料管理法を変えることを目的に運動がスタート
米の輸入自由化、減反政策など常に農政議論になると浮上するのが米にまつわる問題。

■米の消費量
1965年 120kg /年 
2010年 60kg/年
半分に減っている。でも人口も増えたから総消費量は変わらない?

■ 世界は今
69億人のうち10億人が栄養不足
07年 オーストラリア 小麦不作 
 →世界で農産物の輸出規制 
 
経済力、アクセス力がないと飢えると言う現実。
資料:USDA 穀物の需給の推移

■世界の穀物の生産量
反収 2.4倍 面積は横ばい 収量は緑の革命後、上がらなくなってきている。

米の国際価格はめちゃくちゃ不安定
2008年5月 1kg 100円 タイの2等米の価格 最高値を付ける
その後経済危機でどんどん価格は下落。

主要農産物の貿易率:大豆は36%→貿易量が最も多い
米は貿易量が少ない→ちょっとした変化で、価格の変動が大きく出る。
=米は自給性の高い作物

06年→18年
直接消費量 19% 今後増える
家畜飼料が 34% 今後増える
→穀物の生産量期末在庫の見通し 在庫量が不足する。

トウモロコシとダイスはアメリカの畑でそちらで作るのか選択するので、上り下がりがある。 

■日本の自給率
食糧自給率 
精算額ベース 66%
資料自給率  25%→カロリーベースの自給率を下げている最大の要因

小麦の消費量は増えたわけではない。パンに変わったわけではない。
→畜産肉と脂でカロリーをとっている。結果的に米から摂取するカロリーが減っている。
穀物を食べずに肉や脂を多くとるようになった。

外食/中食の割合 1/3の割合を占める。
つまり、外食用に農家が販売する割合が増えた=農家が儲かる率が下がった。

97年 生鮮食品 25% 加工/外食 75%が増えている。
→加工食品の売り上げ構成が増える

年齢を聞く効果…それぞれの年代に応じて話題にリアリティがもてる。

■米を食べなくなったひとたち。
94年以降MA米が入ってきている。総需要料は下がっているわけではない。
米穀通帳が昭和45年まであった。
農協が1969年に自主流通米制度が始まる。食料管理法は続く。
政府は全量買っていたが、生産量が農業の機械化によって赤字になった。
余った米は74年から学校給食で処理することにした。

1971年 減反政策開始
→生産量が落ちる
しかし、農家は反収を上げる技術開発をしているので、作付け面積は減っているが、収穫量は減っていない。

H19年 食糧法改正によって、減反が面積から収穫量に変わった。

■農業の所得 H2 年〜H18年の間に所得が半減した。
現在減反奨励金はない

■水田整備と稲作労働時間
水田整備↑
減反して米の生産量は減らす↓
MA米輸入↑

■米は産業化されなかった
これから先安定的に確保できるか、とても大きな課題になってくる。
他の作物を作っている専業農家は野菜/果物などそれぞれで主な収入を得ている。
米の専業農家は米だけでは食べていけない。
→減反政策が生んだゆがみ

■ 減反政策に法的根拠はなかった
87年 特別栽培米制度 
訴訟
対象:有機栽培米などの減反をしないですむように。
条件:減反をしている。購入者名簿を提出する。
 100kg以下であること
食糧事務所が認定すること。

92年秋に復田奨励をした。
生産調整 
93年 GATTウルグアイラウンドで米の自由化になんとかは反対→MAに

H7年ころ 訴訟で国は減反を強制したことはない。自主的なものと言い続けた。

H7 食糧法 改正

作らせないことを前提とした政策@農水省

06年 いったん、米の減反政策はやめた!
07年 農協(豊作です)+自民党大敗
米価を落とさないために生産調整を強化しなくてはならないと、国は再び言い出した。
麦・菜種・食糧作物等の生産促進

■ 農水省予算
公共事業は減少
非公共事業:補助金

出荷販売 855万トン 638万トンが販売に回る 他は自家消費など。
農協を通していない米が169万トン
農協384万トン
→450万トン直接炊飯している分 半分は家庭に流れている。

米価格がどうしても下がる…輸入が増える、消費が減っている

精米価格 60kg
中国産 8400円
日本  15000円
飼料用 1800円
どんどん、輸入米の価格に近づいている国産米

米関連の赤字 1336億円

だぶついた輸入米を国内に安く流しているので、国内の加工用米が売れなくなっている。

■ 国産加工用米が買えない
加工業者は国に届けないと国産の加工用米を買えない。しかも買えてもどこの誰の米かわからない。

主食用の流通米しか生産量に計算されていない。
資本主義社会のしくみの中でうまく機能していない。

平成20年の需要実績 図1
不測時の食糧安全保障について一部の農水官僚は本気で考えている。

■自給率を上げられないのか?
1233万ヘクタール分の食糧を海外で作っている。
2倍以上の耕地面積を必要としていると、国は言っているが。
森林面積は増えている→森林面世紀を削れば?
決して土地がないわけではない。

722キロカロリー分を捨てている。
加工食品による廃棄率の増加。

■ 減反をやめると大変なことになる?

減反を
強化すると?→米価が安定
緩和すると→米価が下がる。
生産調整を廃止すると?→みんな米生産に戻るわけないじゃん。価格は下がる。生産量は増える?

では、生産調整をやめ、その予算(2000~3000億円)を他の作物の生産農家に価格補填をすれば良いのでは?
価格が落ちたときの経営的に成り立たない農家には支援をするべき。
中山間地域は防災の問題

(質疑応答)
・余ったものを海外に売れるか?
→いくらで売るか?による。場合によっては安く売らざるを得ないので、その販売者の地域つぶすことになる。

輸入を止めれば自給率は100%になる。

これからは食糧 米価格も高騰するので、ミニマムアクセス米(77万トン)も買えなくなる可能性がある。

自給率を上げる 問題は消費者がどうしたいか?
なのである。

どんどん有機の生産者が借りて、
生産調整にまわして減反の対象にしている。

麦・大豆の加工業者の購入補助を国に求めたい。
中山間地域には自治権を。地域の生き方を地域が決めることを。
国産の米は消費税0にしよう。

マニュフェスト>
自民党:担い手の上限撤廃。花粉症緩和米GM推進

民主党:米を作らせない減反はやめる。個別所得保証をやる
→どのようなるかわからない
GMOは表示をしよう路線
有機農業推進

農家戸数を減らす?
→票集めのために自民党は農家数を減らさないことをヌス衣装と一緒にやってきた。自作農主義だったが、食糧法改正で、変わった。
地域の民主主義のあり方から問われる

以上
by satoimolove | 2009-08-30 21:35 | 地産地消100連発

15の夜に思ったこと・・・

wakameです。


15日の夜に、とある公演を見に行きました。
私が昔出演させてもらったりしてお世話になったミュージカルです。

「あー、尾崎豊を思い出させる日取りだな」以外にあまり心の準備をしていなかったのですが、演劇の途中から大変なことに気が付きました。
「あ、そうだこれは平和を意識したミュージカルだった」と。
しかも「そいえば今日は終戦日ではないか」・・。


毎年蝉がガンガン鳴くこの季節になると、戦争を思い出させるナレーターの声がテレビやラジオからそれともなしに流れています。あー、今年もこの季節が来たなっておもいます。

大事なことですよ!
大事なこと。

しかしながら、正直いうと、

「もうなんだか戦争って、縁遠くなってしまったなぁ。10年前はもっと身近だった気がするのに。」
「時代は巡るんだから、いっそ思い出させなくても・・・せめて、辛気臭くなるのはちょっと・・」

なんて思ってしまう自分がもうひとりいるのも事実です。
今年は特になんだかその気持ちが強かったのです、なぜでしょう。


過去のさまざまな犠牲があって、今この時代がある。
だけど、まさに今、私たちの目の前にもたくさんの問題があって、守っていきたい未来がある。

そういう直近の問題解決に忙しかったり、それぞれ納得のいく生き方を探し実践することに励んだりして、過去の歴史をあまり振り返る余裕がなくなってしまったのかもしれません。それはそれで、ある意味「前進」とも考えられます。


じゃあ、先人たちの歩みを振り返る必要はもうないのか?
私は、ここ一週間考えてみました。「ほたるの墓」だって初めて見ました。


で、、やっぱり私は戦争で何があったのか(この先も何十年経っても)追い求めつづけ、
毎年国民こぞって振り返る日が必要かなと思いました。
なぜならば、悲劇には多分いくつかの原理があって、土地や状況や手段をかえ、戦争と同じだったりその背景でもっと恐ろしい事実が今この時代にもまさに変化球的に勃発していて、それらは多くの場合、目に見えにくいようにされていることが多いから。
わたしは、その原理を、推測する力を身に付けたい。


この一週間で究極にそう思わせたのが、このフィルムです。。日記で紹介してくれた友達ありがとう。すごく美しいウクライナの女性です。

友達も言っていましたが、長いけど最後まで見て良かったと思います。
5分30秒あたり~宮崎駿映画のあの曲の歌詞がずしんと心に落っこちました。






「人間は忘れることによって 同じ過ちを繰り返してしまいます。」 と彼女は言いました。


そう。忘れる。
だし、忘れる以前に、他人の悲劇を知らない、というのもあります。もっと恐ろしいこと。
過ちを繰り返していること、繰り返されようとしていることさえ、知らない。
一見自分と繋がっていないように見えることだったりするとなおさら知らない。
それが一番の罪。(あぁ、自分もそのひとり・・まずいなぁ)


「繰り返すあやまちのそのたびひとは ただ青い空の青さを知る・・・
 生きている不思議 死んでいく不思議 花も風も街もみんなおなじ」
( 詞:覚 和歌子「いつも何度でも」より)


   □
   ■
   □
   ■


15の夜のミュージカルの話に戻ります。

これは、架空のお話です。
4つの大陸で、4つの色をもった人々がさまざまな文化・伝統を築き、
だんだんとそれが交わっていき、新しい出会いや発見があり、一方で争いも生まれます。
争いはなにも生み出さず多くの人が命を落とします。
「俺たちはどうすればよかったのだー」と煩悶しながら死んでいく権力者たち。
残された人々は苦しみを嘆くよりも希望を見つけることで再度立ち上がります。


そして、今回新しく作って加えられた曲(シーン)がとても印象的でした。

「失って気付いたのは 胸の奥のひとつの希望・・・残されたこの命は自分だけのものじゃない」
(詩・曲:ちゃる・コモンビート「rebirth~未来へつなぐ鼓動~」より)



刻は巡ります。どんどんと命も巡ります。

「時のながれのなかで、私はふと思うのです。
気づけば私もあなたが戦争に行った歳になりました。

私たちは戦争のことを忘れてしまってよいのでしょうか。
あなたが命がけで守った国を私は受け継いでいるのでしょうか。」

(教えて歴史のなかあなたの辿った道を 今こそぼくらの進む道照らして)

「あの時代には、敵と見方にしかなれなかったけれども、
今の時代に生まれていたら、友達になれたのかもしれません。」

「憎しみ、悲しみは何年経てば消えるのでしょう。
今こそ許しあい、歩み寄るときなのではないでしょうか。」

(いつの日か僕らの時代も過去になる 新しい扉を開こう すべてに今 感謝して)

(訳詩:コモンビート「名も無き我が祖先よ」より)

  ○
  ●
  ○
  ●

その先に、重要な言葉がありますが、それは実際に次回公演に見に来てもらえればと思います。(なんっちゃって。別に営業するつもりは全くなし)
http://www.commonbeat.org/


敵か味方かではなく、勝つか負けるかでもなく、YESかNOでもなく、見えるか見えないかでもなく、、、

想像する力を。 想像して、第3の選択肢を創造する力を身につけたい。


といういつも通りの曖昧な終わり方ですみません。

wakame
by satoimolove | 2009-08-18 01:07 | music

病を乗り越え チューリップ畑トラスト09

satoimoです。

06年12月のASJ 六ヶ所村スタディツアーをきっかけに出会った
花とハーブの里のみなさんと
「チューリップ畑トラスト」を07年から続けています。

今年は花とハーブの里代表の菊川さんが7月に体調を崩されましたが、
既に復活! 今年もいっしょにチューリップトラストの準備ができました。
最近の花とハーブの里の情報 http://tulip.hanatoherb.jp/?eid=907451
とくたろうさんblog も最近の様子をレポート http://www.daichi.or.jp/blog/tokutaro/

チューリップ畑トラストの取り組みは
六ヶ所村の核燃再処理施設の問題を「知ること」のもう一歩先、
私たちの未来を花とハーブの里のみなさんと考え、歩むための仕組みです。

【転送歓迎】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 +:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
  花とハーブの里 チューリップ畑トラスト 2009
  会員募集のお知らせ
  主催:花とハーブの里 チューリップ畑トラスト実行委員会
 +:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

六ヶ所村の美しい景観とおいしい農産物を次世代に残したい、
六ヶ所村に暮らす人々とつながっていきたい、そんな想いを持つ
全てのひとのための「花とハーブの里 チューリップ畑トラスト」です。

花とハーブの里を訪れた方、核燃問題に関心のある方、
持続可能な社会ってなんだろう、と模索中のかた… 皆さんお気軽にご参加くだ
さい。
このトラストに参加することは、チューリップの花咲く、
素敵な六ヶ所村を共に作ることにつながります。
みなさんのご参加をお待ちしております。

*トラスト…特定の土地に対して一定の年会費を払いそれをオーナーにお願いし
て耕作してもらうというもの。
可能な限り自ら作業に参加して、その成果を均等配分するという仕組みです。

【内容】
■1口 3,500円(通信、収穫物の送料込み)
■限定100口(定員になり次第締め切ります)
■会員になるとこんないいことがある!
・花とハーブの里の通信が年4回届きます。
・年に一度『LOVE ROKKASHO BOX』をお届けします。
 お届け予定のモノ:チューリップの球根またはルバーブジャム
・チューリップ祭(毎年5月のゴールデンウィークあたりです)の入場無料 
*ルバーブ…ハーブの一種。シベリア原産の多年草。葉柄の部分を食用としま
す。ジャム、パイなどにするとおいしいです。
*花とハーブの里は基本的に農薬、化学肥料を使わずに作物を育てています。

【トラストの方法】
1. 100口分のトラスト会員で、2.5アールの土地をトラストします。
2. 農作業は会員の権利となります。
3. 栽培方法は無農薬・無化学肥料
4. 日常管理は花とハーブの里のスタッフに依託
5. 不作豊作に関わらず、収穫は均等配分 11月頃収穫物をお届けします。

【申し込み方法と手続き】
郵便振込で扱っております。以下のご記入をお願いします。
1.お名前
2.ご住所(郵便番号含む)
3.電話番号
4.ご所属(学校・会社・団体など)
5.花とハーブの里へのメッセージやトラストに参加した理由など
希望する収穫物:ルバーブジャム/チューリップの球根
■必要金額をお振り込み頂いたことが確認された段階で、会員手続きが完了しま
す。

【お振り込み先】
口座名 花とハーブの里
郵便振替番号 02390-6-470
 
【お申し込み・連絡先・情報】
Email:k.kikukawa-hanatohabunksato@r15.7-dj.com
電話・ファックス(19:30まで):0175-74-2522

【個人情報の管理について】
記載の個人情報は、「花とハーブの里 チューリップ畑トラスト」 および今
後の催事実施において利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとと
もに適切な方法で管理し、 法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なし
に第三者への目的外での開示・提供はいたしません。

以上
by satoimolove | 2009-08-08 14:48 | info

オーガニックの成長のためには


satoimoです

JAもこんな融資を!考えてくれないかな〜

*** 以下転載です***http://www.euofa.jp/journal/archives/2009/07/post_281.shtml

トリオドス銀行 - オーガニックの成長へ向けた種まきを

1980年にオランダで設立されたトリオドス銀行は、イギリスのオーガニック穀物市場を10%に拡大させる目的で、新しい構想をスタートさせた。オーガニック畜産に使用する飼料の主要原材料である、英国産オーガニック穀物の需要は供給量を上回っている。従来農法による穀物農場からオーガニックへと転換させるねらいで、非常に優位性のある利率で融資を行うため、同行は500万ポンド(約7億8800万円)を確保した。

具体的には、イングランド銀行の貸し出し基準金利を1%下回る予定だ。この取り組みが成功すれば、オーガニック穀物を生産する1万エーカーの新たな農地(約 4,000 ヘクタール) を支援できる見通しだ。これは、英国全体のオーガニック農地の10%にあたる。仮に優遇金利で用意した500万ポンドがすべて融資された場合、市場金利と比較して、農業従事者は3年間で16万ポンド(約2520万円)を節約できることになる。

トリオドス銀行農業・食糧・貿易チームのマネージャー、イアン プライス氏は次のように話す。「オーガニック農業をニッチ市場からメイン市場にしようと、トリオドス銀行は積極的に支援を行ってきました。オーガニック市場を成長させることは、私たちの役割のなかでも重要なことです。新しい融資商品は特に、英国のオーガニック穀物市場の成長を促すねらいで生まれました。農家は今までにも銀行の貸し渋りに頭を悩ませてきました。だから、この融資商品は農家が「オーガニックに転換しない」という理由を1つ取り除くことになるでしょう。また、オーガニック農業が市場の問題意識に対処し、技術的な困難の克服に全力で取り組み続けられるようにサポートしていきたいと願っています。」

新しい再生可能エネルギープロジェクトからフェアトレード企業に至るまで、トリオドス銀行は人々と地球に恩恵を与えるような組織に限定して融資を行なう。農業部門では、オーガニック食品および農業ビジネスのみを融資対象とする。貸し渋り問題にかかわらず、トリオドス銀行は今まで以上の額をオーガニック事業者に融資している。2008 年には25%の伸びだったが、今年はさらに増える見通しである。2009 年の第一四半期だけでも、オーガニック事業者への貸し付けはさらに20%増加している。同行は現在、オーガニック食品および農業ビジネスを展開する何百もの事業者を対象に3,600万ポンド(約56億7,800万円)の融資をする。「オーガニック ビジネスの世界から、今までにないほどの関心がトリオドス銀行に集まっています。融資が受けられにくいこの頃ですが、私たちの経験からすればこの業界はまだ成長する余地が大いにあります。」とイアン プライス氏は語っている。

トリオドス銀行:http://www.triodos.co.uk/
Organic-Market.Infoより
http://www.organic-market.info/
by satoimolove | 2009-08-05 16:59 | 地産地消100連発

カサリンチュ

WAKAMEです。

d0061968_15291323.jpg
こんちわ。


最近、大学自転車部の同期に子猫をもらって、実家で飼いはじめました。こころ奪われて、つい実家に通ってしまいます。





話は変わりますが。年明けに 寝たきりになってしまった私のLOVELYパソコン(兼 テレビ)が、最近ライブで出会った友人のおかげで 奇跡的に意識を取り戻しました。


半導体に愛を持って接する彼女。
私はそんな彼女こそ愛すべき存在だと思います。


彼女は数回音羽亭(我が家)にきて、satoimoや私と有機農業や森林の話をしたり、食卓を囲むことで、何か忘れていた視点を思い出したと言ってくれます。逆に私たちが、彼女の電気機器との接し方に 新しい刺激や発想をもらってる部分も大きくて。ちっちゃな化学反応に感謝します。

           ☆
           ☆
           ☆

さて。 もはや夏なのに、海に行く予定なし。花火やキャンプに行く予定もなし。
唯一の予定は、山の中でやる 夏フェス(しかも地方の個性的なやつ)に行くくらいです。


仕事で何千人に発信したメールマガジンには、
「みんなを誘って自然にふれてみては?!」と しきりに旗を振っているのです。
でも実際は、なかなか・・・・重い腰を上げるには、体力と覚悟が必要。


そんなとき、RADIOから聴こえたSongが 私を奄美の海に連れていってくれました。

カサリンチュ-kasarinchu 「僕の部屋」PV




癒される~~。ちょっと 海行きたくなった。

この方々、奄美大島の二人組みユニット。インディーズ盤のミニアルバムを奄美で1枚リリースしたのみ。なんですが、ボーカルが普段使ってる農作業用“耕うん機”を音源としてイントロに使った「ファンキーコウウンキ」など、ちょっとおもしろそうです。
カサリンチュ-kasarinchu


あと、こちら グランドオープンして、おもしろいことになっています。
web上でドラムセットを模擬体験して遊べるサイト (といってよいのかな・・)
http://www.kawanishi50.jp/

d0061968_159292.jpg



楽しみすぎて、せっかくの夏を 家にひきこもってしまわないよう、
気をつけましょう。



6月7月は、MISOカフェや公演や演奏会をいくつか行いました。
どれも 思いだせば 涙が出るくらい感動的なものになったので、またの機会にレポートしま~す。

WAKAME
by SATOIMOLOVE | 2009-08-01 15:38 | music