<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

やかまし村 東京シェアハウスに行ってきました!

satoimoです


先週末、やかまし村 東京シェアハウスにお邪魔しました。
8人のワカモノ(シングル)が共同生活をしています。
彼/彼女らは、茨城県旧八郷町にあるOrganic farm 暮らしの実験室を通じて知り合っています。
http://homepage.mac.com/kurashilabo/index.html

Organic farm 暮らしの実験室は「産消提携」という、有機農業を通して生産者と消費者が直接つながり支え合うしくみを20年以上実践してきた団体が母体になっています。
紆余曲折を経て、ほぼ別団体(にわたしには見える)のかたちで、Organic farm 暮らしの実験室は活動を始めたようです。
さはさりながら、有機農業の原点とも言える産消提携のしくみがあった、その地、その母体に若い世代はどう溶け込んでいるのか? 東京農業大学の先生と学生さんとウォッチしてきました。

10:30 オリエンテーションのようなかたちでやかまし村 東京シェアハウスの見学会が始まりました。参加者は私たちと住人の同僚や友人、10名程度。
d0061968_1764676.jpg


やかまし村は、「ただの農業体験に終わるのではなく、自らの手で自分の暮らしをつくり出すことを、都会のライフスタイルの中で継続していってほしいと思っています」
というパンフレットのメッセージにあるように、
彼/彼女ら自身が都会にいながら農的暮らしの実験をしています。さらに、他の人たちにも広める努力をしているということですね。

月に1度八郷農場のイベントを企画したり、東京シェアハウスの庭で農作物を作ったり、鳥を飼ったり… 
4月に本格稼働したこともあり、今は何でも楽しい!どんどんやろう!という勢いを感じました。

d0061968_178548.jpg


八郷農場から届いた野菜。特大段ボールにいっぱいに夏野菜が!


d0061968_17104294.jpg


庭の“東京・新宿産 野菜”と鳥 

やかまし村 東京シェアハウスは
都市と農村を繋ぐ一つの手法として存在しています。

住人は26~28歳(もっと若いのかと思ってた…)アイセックというインターンシップの活動をしている学生団体出身の人が中心となっています。
住人の一人は、「大学時代の友だちが一番腹を割って話せる、会社に入ってからの友だちは利害関係があるので、同じようには行かない」とのこと。大学時代のつながりが、いい形でシェアハウスを実現しているようです。


d0061968_1716169.jpg


掃除も分担制。なんだか懐かしい感じが…

d0061968_17115668.jpg


本もシェア

d0061968_17254985.jpg


みんなで食べるごはんはやっぱりおいしい

建坪70+庭付きという、東京都心ではなかなか持てない環境に、立派なお家という恵まれた条件になぜ住めるのかというと…
大家さんの娘さんが住人と友人関係にあるということでした。

彼/彼女らは、楽しく、都会で農的暮らしを実現しようとしています。
効率的で、メディアが良いものとして取り扱っているものやスタイル、そして、地球人として大切にしなくてはいけないもの、数千年来守られてきた共生のためのルール…
そういったものを彼/彼女らは「心地よく」感じ、暮らしに取り入れているようにみえました。
彼/彼女らの暮らしは
おそらく、ライフスタイルとして社会のYESを貰える時代なのだろうな〜

それができるまでの土台、社会システムは有機農業運動、環境保護運動、消費者運動… さまざまな形で、私たちの親+αくらいの年代の方々が築き上げてきた、その土台の上に、彼/彼女らの暮らし(わたしも含めて)はあるのだと思います。

しかし、いや、だからこそこの分野ではもう「運動」はいらない
のかもしれません。当たり前に、選択肢として存在するオーガニック、エコロジー。
それらは、これからも時代の支持を確実に得ていくでしょう。
(だれもがそれを選択せざるを得ない時代はもうそこまできているともいえるかな。)
いい形でもっともっとインフラ化していくところまできていると思います。

産商提携、有畜複合農業、エコロジー、食の安全… さまざまな理念に縛られ、硬直化した組織が生まれ変わらざるを得ない事態に陥りました。
そして、生まれたのがOrganic farm 暮らしの実験室。そして、そこから生まれたのが、やかまし村 東京シェアハウス。
そこに、運動的気配はなく、柔らかく、えがおに満ちています。
運動的にびしっと確固たる目標や軸がないことを懸念したり、不満に思ったりする、活動家や
先輩方はいるかもしれません。
しかし、だからこそ、この時代をサバイブできるのではないでしょうか。

もはや、大きいものの中にすっかり取り込まれて育った彼/彼女らに「革命」「運動」でシステムを変えようなどという、考えはおそらくありません。しかし、少しずつ身近なところを変えていきたい、仲間と一緒に無理なく続けたい、お金と仕事、田舎と都会…折り合いを付けながらやっていくしかない…
その一歩一歩の歩みと、時代の必然的変化が出会ったとき、パラダイムシフトというかたちで、現実化、普遍化していくのだと思います。

先輩方の残した毒と便利さを抱えながら、
しなやかに、多様性を受け入れ合いながら、そして助け合って
私たちの世代は楽しく暮らしていくのです。
by satoimolove | 2009-07-28 16:35 | 地産地消100連発

夏休み だけど給食の話題


satoimoです

耳のアトピーに耐えられず、ステロイドを買いに薬局へ走ってしまいました。薬局のおばちゃん曰く、「耳に出るのはストレスよ。肝臓が良くないのね」といってステロイド剤ベトネベートに加え、青汁とよくわからない錠剤を4粒くれました。しばらく油物とアルコールは摂らないようにsiyしようかな。(いつもだって飲み過ぎたり、油っぽいものばっかり食べてたりしないんだよ〜?!)

ああ、食だけでは健康は維持できない…

とはいいつつも、健康な体、良い生活リズムは10歳くらいまでに育まれるものだと思います。学校給食はその基礎を作る大事な食事。
毎年、全国の栄養士、調理師他、学校給食に関心を寄せる人々が
学習会を開いています。
今年は「オーガニック」が重要な1テーマ。
satoimoも参加する予定です。

以下お知らせでございます。


2009夏期学校給食学習会 「これからの学校給食を考える」


日時:2009年7月29日(水)、30日(木) 2日間
    29日 10:30-17:30
    30日  9:00-16:00
場所:ローズホテル横浜(元町・中華街駅 みなとみらい線)

主催:全国学校給食を考える会、東京都学校給食栄養士協議会
協賛:日本教職員組合


講師
佐々木輝雄さん(日本獣医生命科学大学応用生命科学部食品科学科食品経済学教室教授)
里見宏さん(健康情報研究センター代表、公衆衛生学博士)
赤城智美さん(NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク事務局長)
牧下圭貴さん(学校給食ニュース編集責任者)
ほか、栄養士、調理員による事例報告もあります。

学習会の内容詳細 http://gakkyu-news.net/jp/

全国学校給食を考える会
(106-0032) 東京都港区六本木6-8-15 第2五月ビル2階
TEL 03-3402-8902 FAX 03-3402-5590
kyushoku@daichi.or.jp (全国学校給食を考える会、 @は半角してください)


申込み締め切りは7月8日ですが、引き続き応募が可能です。
今回は、講演のほか、7月下旬に銀座や渋谷の映画館で公開される映画「未来の食卓」 フランスのある村でのオーガニック給食のドキュメンタリーの特別上映もあります。(公式サイトhttp://www.uplink.co.jp/shokutaku/)

宿泊もできますので全国の栄養士、調理員の方々と情報交換をする機会として
ご活用ください。


以上
by satoimolove | 2009-07-11 15:53 | 地産地消100連発

解散より、解放!!

立て続けに、wakame です。

昨日、とある解散LIVEに行ってきました。
チケットを買ったのが半年前。本当にライブあるよね?本当に解散するの・・?
という疑問も頭によぎってしまう、ながーい半年間でした。

Jet-KI@渋谷AX

絶対に私とは毛色の違う方々が開場寸前の広場にいる人の約7割を占め、正直その花道をくぐり抜けるのが怖かったです。激しい縦ノリ ファン層であることを知っていたので。

VoのMJ(マイケルジャクソンではない)開口一発目、
「牛乳は低温殺菌が本当にカラダにいい」 低温殺菌牛乳の良さを熱く語る。


開口2発目
「最近は車で轢いてくれと自殺願望さえありそうな雀や猫がいる」
「でもここにイル君たちは、まったく逆だな」

「俺たちは解散というより、解放って気分なんだ。どんどん前に進んでいく気分。
今日はとても嬉しい。楽しもー!!」

それぞれのMCに深いメッセージがあったのかどうか分かりませんが、ともかく
こんな明るくてサッパリした解散ライブもあるんだなーと。

BsのNJが(川西さんとのアングラライブで)繰り返し言っていたこと
「バンド解散は離婚と同じくらいエネルギーが要る」
NJ昨日は終始楽しそうで その姿を見ると涙が出そうでした。
よくぞ、あがってきた。
川西さんを振り返り、息を合わせる。いつも通り。だけどなにか切ない。


私の好きな曲の途中、無数の紙飛行機が客席からステージに向かって飛ばされました。彼らの言葉や音楽に救われたファンからの心の声。
多分・・「ありがとう。」

単純に「美しいなー」と思って 眺めてました。

言葉。和音。音。鼓動。
ヒトはヒトを助け、支えられる。各々の持ってる能力で。
私にはなにが、、、?

・・・・・・・・
飛べ
飛べ
空高く
あの雲を突き抜けて

飛べ
飛べ
あのときの僕らをつれて
(「fly high」 より)
・・・・・・・・・



ちなみに、このLIVEが川西さん50歳誕生日カウントダウン企画  
「誕生日までの3ヶ月+20日の間に50本のライブをやりきることができるのか?!」
一発目のライブ。

なんとしても50発目だけは欠かせられない、、今から緊張。

「川西幸一50歳記念 チョットオンチー栄光の50年」
http://6109.jp/kawanishi50s/


d0061968_795075.jpg
by satoimolove | 2009-07-04 07:17 | music

自然を愛する旅人へ 

ご無沙汰のwakameです。
d0061968_685250.jpgただ単純にPC負傷中のためです。

かなり今更ですが、一応告知。


昨日から展示&スタンプラリーをやっています。
良かったら遊びにきてみてください。

会場中を森の香りいっぱいにしてお待ちしています。



『東京アウトドアズフェスティバル2009』 in池袋サンシャインシティ
http://www.mori-zukuri.jp/news/index.php?cmd=view&newsid=18

人と自然のやさしい関係をコンセプトに、「自然」と遊び、学び、食し、育てることを提案するイベント。
「森林セラピー」のブースで、ゆたかな森林を「歩く」ことでココロとカラダをリフレッシュするライフスタイルを提唱しています。
最新のセラピー情報をはじめ、セラピー基地直送の植物で「セラピーロード」や 簡単に
体験できる森林療法「足裏療法」「アロマ抽出」コーナーもあります。お楽しみに。


また、会場では「森林のための活動」を行っている団体の各ブースを巡って、スタンプラリーを実施しています。 4つスタンプを集めて完走された方には、もれなく素敵な森のプレゼントをお渡しています。挑戦してみませんか?



■日時
2009年7月3日(金)~5日(日)10:00~17:00

■会場
池袋サンシャインシティ文化会館3F・4F 展示ホールB・C

■対象
一般、アウトドアファン、こども、お父さん・お母さん、教育関係者様 他

■入場料
無料:どなたも参加できます。


■会場へのアクセス
東京メトロ有楽町線 東池袋駅より徒歩3分
JR、東京メトロ、西武池袋線、東武東上線 池袋駅より徒歩8分
都電荒川線 東池袋四丁目停留所より徒歩4分

こちらの地図が分かりやすいです。(池袋駅~サンシャインシティまでの写真案内)
http://www.sunshinecity.co.jp/sunshine/info/access_train.html



「東京アウトドアズフェスティバル2009」について、詳しくはコチラのサイトをご覧ください。
http://www.sunshinecity.co.jp/outdoors/index.html

d0061968_6142446.jpg

by satoimolove | 2009-07-04 06:02 | event