<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Love Green&Organic 100連発 地産地消レシピブック

satoimoです

ニュースクリップ
地産地消レシピブック:島の食材で創作料理 NPOあわじFANクラブが発行 /兵庫

 食や農などの体験活動に取り組んでいるNPO「あわじFANクラブ」(小林祥宏理事長)は、島の食材を使った創作料理の作り方を紹介する「御食國(みけつくに)・淡路島の豊かな食材で 地産地消レシピブック」を発行した。

 同クラブは06年にNPO法人に認証。地産地消の食育活動の一環で、家族連れの農業体験や親子料理教室などを開催。親子に好評なことから、料理教室で作った創作料理のレシピを紹介することにした。

 レシピブックには、料理教室講師の中野匡昭・ホテルアナガ料理長と西宮市在住の料理研究家、庭井裕美さんが考案した「ブロッコリーのスープ」「シチュードチキン」「「秋さばのおろし和(あ)え」「ロール白菜」など23種類の材料と作り方をまとめている。同クラブの赤松清子事務局長は「子どものいる家庭で淡路島の新鮮な食材を使った料理を楽しく安心して作ってほしい」と話している。

原文 http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20090326ddlk28040557000c.html
by satoimolove | 2009-03-27 09:43 | book

終わらない… ガザ攻撃


satoimoです。

□━━■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□━━■
┃■□  「Women in Struggle=目線」上映会 ■□┃
┃□■ + 岡真理さんの講演「ガザへの攻撃は終わっていない □■┃
■━━□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■━━□


講師に岡真理さんをお呼びしてパレスチナ問題についての講演会・パレスチナ
映画「Women in Struggle=目線」上映会を開催します。ぜひご参加下さい。

●日時:2009年3月29日(日) 13:30~17:00
●会場:筑波学院大学2101教室  つくば市吾妻3-1 
Tel.029-858-4811
☆秋葉原からつくばエクスプレスで45分(快速)、終点つくば駅下車。
徒歩5分。
http://www.tsukuba-g.ac.jp/access.html

●内容:
13:30~14:30 パレスチナ映画「Women in Struggle=目
線」

14:40~15:50 岡真理さんの講演
「ガザへの攻撃は終わっていない」
16:00~16:30 岡さんを囲んで・・・

同時に今回のイスラエルのガザ侵攻を写した写真の展示を致します。

◆主催:パレスチナ問題講演・上映会実行委員会
◆共催:京都大学大学院人間・環境学研究科岡真理研究室
◆参加費:700円
◆問合せ:akuaku@midi.co.jp (野口)
by satoimolove | 2009-03-26 10:49 | event

遺伝子組み換え

MOP5(カルタヘナ議定書第5回締約国会議)に関する学習会のご案内です。

今回は、遺伝子組み換え作物の環境への影響について、
全国の市民による遺伝子組み換えナタネの自生調査を中心に学びます。

また、2月下旬にメキシコシティで開催された「カルタヘナ議定書第27条『責任
と修復』に関する第1回共同議長フレンズ会合」でどのような議論がされたか、
同会合にNGOとして参加した方から報告いただきます。

多くの方のご参加をお待ちしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 日 時 2009年4月16日(木)13:30〜16:00
 会 場 東京ウィメンズプラザ第1会議室B(地下鉄表参道駅7分)
 資料代 500円

 プログラム
  ・遺伝子組み換え作物の環境への影響
     天笠啓祐さん(遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン)
  ・メキシコ市で開催されたカルタヘナ議定書作業部会報告
     真下俊樹さん(日本消費者連盟)

 問合せ先 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
 TEL:03(5155)4756/FAX:03(5155)4767
by satoimolove | 2009-03-24 14:00 | event

目に見えない多様性・・・を見る

wakameです。
まさに、「目に見えない 多様性」なんだな・・
としみじみと思った3つの映像(&企画)を紹介します。


INVISIBLE DIVERSITY「緑の回廊」
http://kznborneo.exblog.jp/

洗剤、化粧品、シャンプー・リンス、コーヒーのミルク、チョコレートのカカオ油脂、カップラーメン、ファーストフードの揚げ油、、、などに含まれる「植物性油脂」と呼ばれるものは「パーム油」(=アブラヤシ)。消費される植物油の1/4は、パーム油。大豆油よりも、流通量は大きい。そのパーム油を生産するために、熱帯林の大規模な伐採・開発、生息する象や小動物の駆除が行われている。加工食品や工業商品の裏の「目に見えない」部分を、隠さずに見せている洗剤メーカーの企画した写真展(その中でのトークショー)の映像です。分断されてしまった自然を回廊で繋ぎ、動物(オラウータンなど)の生息環境を守る計画の説明。







ショートフィルム「木の来た道」
http://www.m-nature.info/event/#event_20090327

「違法伐採」ということばをご存知の方は多いと思いますが、それに纏わる現場や事情を分かり易く解説。
日本では安すぎて売れずに取り残されている木がたくさんあり、山(山村)の荒廃が問題になっています。その一方では「木」に一寸の支払いもせずに「盗伐」をして、輸送コストだけで木材の取引をして、木材市場を下げている輸送業者が後を絶ちません。その背景や現実的な打開策を模索したショートフィルム。




そんな熱いショートフィルムの映像製作者のトークイベントがあります。
これはとても熱いと思います。
「フェアウッドを選ぼう~紙・木材製品のふるさとを知る~ 」
http://www.fairwood.jp/fukyu/saezuri.shtml


身の回りにある家具や紙・木材はいったいどんな森からやってくるのか。
違法伐採の森?希少な動植物の棲む森?それとも・・・
撮影エピソードを聞きつつ、紙・木材の裏側の目に見えない部分をたどる。

  日時:3月27日(金)19:00-20:30
  場所:Nature Info Plaza丸の内さえずり館
  定員:40名(定員なり次第締め切り)
  参加費:500円(FoE Japan、地球・人間環境フォーラムの会員は300円)
  申込方法:丸の内さえずり館へ直接お申し込みください。
       電話 03-3283-3536/メール saezurikan@yahoo.co.jp
       http://www.m-nature.info/event/#event_20090327



同会場で展示も開催中!
  「フェアウッドを選ぼう!紙・木材製品のふるさとを知る」
  場所:Nature Info Plaza丸の内さえずり館
  日程:3月2日(月)~31日(火) 11:00~19:00(最終日は13:00まで)
  入場:無料  
  木材の安全・安心な買い方をまとめたガイドブックを購入できます。





~森の聞き書き甲子園~
「自然には方程式がない」 奈良県 杉田さん(種取名人)

映像はこちらをクリック http://www.japangreen.tv/life/#/000300

d0061968_7191616.jpg


日本人が継承してきた知恵や技、こころを教えてくれるひとたちがいます。
森とともに生きてきた名人を、全国の高校生100人が毎年ひとりひとり訪ねて、聞き書きをします。
代田さん(写真右)らOB・OGが、映像化の活動や森づくりの活動を始めています。共存の森ネットワーク




消えゆく日本の知恵びと~共存の森ネットワーク~
「いかに古いものをどこまで手入れして、どれだけ長くよく使えるか。それが印象的・・」
「一見なにもなくって限界って見えるんだけど、森の中で暮らしていく知恵がある、だから生きていける」
「お金があるから豊かだと思ってた。けど、お金がないと水も買えない。これが豊かなのか、と思い始めた」  
  〔詳しくは、こちら(GrennTV ショートフィルム)

d0061968_22531458.jpg

そんな言葉を目をキラキラさせて語る高校生や、愛おしいおじいが集います。もし時間があれば、ぜひ下記フォーラムへ。

◆◆ 「森の“聞き書き甲子園”フォーラム」(再掲) ◆◆d0061968_332954.jpg
 
http://www.foxfire-japan.com/
森の“聞き書き甲子園”は、日本全国から選ばれた100人の高校生が
「森の名手・名人」を訪ね、知恵や技術、人生そのものを「聞き書き」し、記録する活動です。
普段めったに出会えないカッコイイ森のジーさまたちに出会えます!ちなみに、これに参加する高校生・OB大学生のキラキラした目が私は好きです。
【 日 時 】 平成21年3月29日(日) 12時45分~16時
【 場 所 】 「江戸東京博物館ホール」
       (東京都墨田区横綱)
【 入 場 】 無料 
【 主 催 】 林野庁/文部科学省/(社)国土緑化推進機構/NPO法人 共存の森ネットワーク
by satoimolove | 2009-03-24 06:57 | event

百姓は女の人を幸せにする仕事

Asante Sana CAFE
に「百姓は女の人を幸せにする仕事」というすてきなメッセージを
くださる お百姓 高橋さんがやってきます。

すてきエキスを吸い取りにいってください。ぜひ。
*******

3月のイベント情報

■農家トークイベント弟1弾

玄米の生産者、高橋さんの話を聞こう!


【講師 /高橋保広さん(山形県新庄市ネットワーク農縁 代表)】
【進行:田中正治さん(ネットワーク農縁事務局 &鴨川で農業者)】
【日時】3月28日(土)16:00〜17:30
【場所】アサンテサーナカフェ(地図)
【参加費】1500円(高橋さんの作る玄米、さわのはなのおにぎりとお味噌汁付き)
【内容】
カフェでは、圧力釜で炊いた玄米が大人気!
そのおいしい玄米を作ってくださっているのが、山形県新庄市の高橋さんたち。高橋さんたちは、ネットワーク農縁というのを作って、遺伝子組み換えの稲は作らない!そして、農薬も化学肥料も使わないで、安心して食べていただけるお米を作ることに情熱をそそぐ熱い農家さんたちの集まり。

「さわのはな」は一般には流通していなくて、農家が自分達のためだけに作っていた米。
普通の米は梅雨を越すと食味が落ちる。
なのに、さわのはなは味が落ちない不思議な特性をもっている米。

粒は小さいけど、胚芽が大きくて、精米する白米には向かない。
玄米で食べると、粒は小さいのに、とっても生命力を感じさせる味わいがある。
生き残ってきたものは、生命力のあるものだ。
その生命力を私たちは食べることで、いただきたい。

当日は、山形、新庄弁で熱く語る高橋さんのお米に対するお話をお聞きします。通訳はつきませんので、あしからず・・・
ざっくばらんな高橋さんの人柄に、思わずひきこまれてしまうことと思います。

玄米大好きな方、米つくりに興味のある方、農業に興味のある方、食に興味のある方、どしどし、参加お待ちしています。
【定員】25名
【申込方法】アサンテサーナカフェ 佐山まで(TEL:03−3791−2147 メール:wwbj@cyber.gr.jp)
by satoimolove | 2009-03-23 18:40 | event

湯浅誠×雨宮処凛対談 『反貧困 いま、「反撃」のとき!』

satoimoです

反撃という言葉はどうなんだろうとも思ったけれど、
ホットな話題なので紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京ボランティア・市民活動センター・ブックレット
湯浅誠×雨宮処凛対談 『反貧困 いま、「反撃」のとき!』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
反貧困運動のシンボル的存在 湯浅誠さん×雨宮処凛さんの対談!
「年越し派遣村」の取り組みも注目を集め、「貧困」をめぐる議論は
急速に高まりを見せています。貧困問題に関わるようになったきっか
け、現場でみた貧困の実態、克服に向けた市民活動の役割etc...
いまや貧困問題とその克服運動のシンボルとなったお二人が、ざっく
ばらんに語り合った貴重な対談の記録。貧困をめぐる議論と運動のよ
り一層の広がりの一助となることを願って、単行本化しました。

■体裁
定価:600円(税込)
2009年3月・A5版・56ページ
ISBN:978-4-903256-26-9 C0036

■発行・お申込みは
東京ボランティア・市民活動センター
TEL 03-3235-1171 FAX 03-3235-0050
(火~土9:00~21:00 日~17:00 月祝休)
URL http://www.tvac.or.jp/news/15101.html
*書店へのご注文も可能です

■もくじ
単行本発行にあたって 湯浅誠・雨宮処凛... 2

Shall we talk? 1 "生きづらさ系"から反貧困活動へ... 6
フリーターメーデーに参加したワケ
いじめ、リストカット、そして右翼へ
一発逆転する表現者にあこがれて
生きづらさは仕組まれたもの
出版のきっかけは『新しい神様』

Shall we talk? 2 反貧困活動で社会を反転させる!... 20
雨宮処凛の"解脱"に湯浅誠が重ねていること
ロビンソン・クルーソーのようには生きられない
居場所と運動を結びつけ社会を反転させる!
反貧困の当事者運動はあり得るか?

Shall we talk? 3 「反貧困」でつながろう! ... 34
貧困を数字で示してみると......?
反貧困ネットワークでパーフェクトに救えるかも!?
反貧困活動は「生存権運動」である
社会にメッセージを発信する場として

※情報誌『ネットワーク』において、292(2008年1・2月)号より3回
にわたり連載した対談をまとめたものです。
URL http://www.tvac.or.jp/nw/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上です
by satoimolove | 2009-03-23 18:31 | info

職人に歴史あり 其の1-ヒントはするめ?!-

wakame です。
最近、木にこだわった職人探しをしています。

徐々にここでも紹介していきたいと思っています。
今日は「スピーカーは楽器でありたい」を提唱して、木のスピーカーを開発した職人を紹介します。〔victor㈱ AVS技術部 商品設計G主幹技師〕
d0061968_12442080.jpg

木の持つ「自然な響き」「物性的特徴(響きの速度と吸収力)」「異方性(木目と響きの関係)」
これを利用して、何年も試験を繰り返し、難問不可能を可能にし、ようやく理想に近い「楽器的なスピーカー」をつくることに成功しているそうです。

その中で特に課題だったのが、「割れ
木材の断面を見ると「同管」という水や栄養分を運んでいた穴があり、乾燥を迫られる木にとってはそれが「割れ」の原因になり、非常に曲者です。
そこを救うヒントとなったのが、「するめ」だったそうで(笑)。

さあ、どうやってこの課題を乗り越えたのでしょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

victor㈱ WEBサイト より
http://www3.jvckenwood.com/audio_w/woodcone/index.html#/story/
by satoimolove | 2009-03-19 12:35 | meister

オーガニッククルー

やさしいオーガニック商品専門店 "オーガニッククルー"オンラインショップ
http://organiccrew.blog54.fc2.com

d0061968_23514622.jpg

by satoimolove | 2009-03-15 19:19 | リンク

3月8日は・・・スヌと一緒に。

wakameです。

「「森林吸収源でマイナス3.8%」を考えるフォレストサポーターズの日」を3月8日と決めて、坂本龍一さんや、元ソニー会長の出井氏(「美しい森林づくり全国推進会議」会長)、林野庁長官、港区長、スヌーピーと一緒に語って、PRしてもらいました。


◆◇ 「美しい森林づくり」特別トーク ◇◆
◎日時:3月7日(土)14:30~14:55
◎会場:港区立エコプラザ


対談の会場は、浜松町のビル街の一角。
元小学校の校舎で、まるで森の中に導かれるように改築された爽涼感のある展示空間。

トークスペースには、図工室にあるような椅子と、高知県の間伐材でつくった一脚のベンチ、白い壁。のみ。
d0061968_175919.jpg




音楽界や経営界、IT界のリーダー的存在が、こんな木のぬくもりのある空間で、司会が「居酒屋の会話のようです」とおっしゃるほど、話がはずみ、楽しかったです。

それくらい、森林は根深い問題で、かつ幅広い問題なのだ、と感じました。
ということは、無関係でいる人がそれだけ少ない、ということなのだと思います。

d0061968_1395362.jpgマイコミジャーナル 2009年3月9日
「フォレストサポーターズの日-日本の森林を考える」
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/03/09/013/




坂本氏
「この年になると日本の山の勾配は本当に苦しい、若い人にもっと林業に入っていって欲しい。漁業とかもね」
「音楽家としてコンサートツアーやCD・チケットを通して、環境の為にできることをやっていきたい」
「森に暮らそう、、、ができればいいけど、みんなが出来るわけじゃない(出来ることからやればいい)」
「森林セラピーとか、いいですよ。一週間くらいね」 ←個人的には、この言葉が嬉しかったです。事務局なので。

出井氏
「美容院に行って、キレイにしてもらうのと一緒。森林も定期的にキレイに手入れをしてあげないといけないんです、(お金をかけて)」


わかりやすい。


=================================
実は、この前日、「緑のボランティア報告会-緑の募金助成セミナー」というのを開催して、
そのなかで「間伐活動と地域づくり」をテーマにディスカッションを行いました。

活動持続のコツは何か。という問いに対して「自立」というコトバが聞こえました。
ムラの「自立」。自治体の「自立」。地域の「自立」。

自立ってそんなに大事なのかぁ、と昔は私も思ってましたが、今は、その意味がよく分かる気がします。
自立=・・・・=自由。
だからこそ、活動の意義があるのかもしれない。最後にいきつくのは、個人の「自立」。
私の大好きな大阪のおじさまは、人生=自立=「探求心」=常に新しく更新、時につくっては壊す、だと言ってました。
ロックです。庭石なんかじゃない、ロックンロールです。
私はまだ及びません。


じつは先週、いろいろ開催しました。
「企業の森づくりフェア」「動き出した『企業と森林セラピー』フォーラム」
面白いことに、どれも最後は「地域づくり」につながります。


人は交流を求めて・・というか、ドラマが合った方が、面白いのかもしれない。
by satoimolove | 2009-03-11 00:21 | reports

森の応援団 ぼしゅうちゅう。

d0061968_54310100.jpgwakameです。                

なぜか最近、「農業体験について教えて」と聞かれることが多くなりました。もしや「きこり体験について教えて、、」と聞かれる日も近い?!と期待する今日この頃です。

森づくりから生まれるドラマの一片を、お届けしたいとおもいます。          
ぜひお越し下さい!



d0061968_1125784.jpg◆◆ 港区立エコプラザ ◆◆ 


『 美しい森林づくり展
  ~フォレスト・サポーターズ・ウィーク 』


日本政府と民間団体がひとつになって進めている
「フォレストサポーターズ-美しい森林づくり推進国民運動-」が、港区エコプラザから新たな一歩を踏み出します。

「みなと区民の森づくり」「more trees」の活動紹介、みずみずしい森をめぐる展示やトークをお楽しみください。

◎展示:3月5日(木)~3月12日(木) 9:30~20:00
◎入場無料
◎会場:港区立エコプラザ
  http://www.eco-plaza.net/

◆◇ 「美しい森林づくり」特別トーク ◇◆ d0061968_1283630.jpg
「えっ? あの犬が、森づくり?!」
内容の濃い30分です。

坂本龍一(音楽家)×武井雅昭(港区長)×出井伸之   
(美しい森林づくり全国推進会議リーダー)+スヌーピー

◎日時:3月7日(土)14:30~14:55
◎入場無料
◎会場:港区立エコプラザ
◎定員:50名(お申し込みは定員になり次第、締め切らせていただきます)
◎申込方法:
【メール】event@eco-plaza.net(@が全角になっています)
     件名に「美しい森林づくり特別トーク」と明記のうえ、
     氏名、住所、電話番号、メールアドレスを記載してお申し込みください。
【FAX】03-5404-7765
     「美しい森林づくり特別トーク」と明記のうえ、
     氏名、住所、電話番号、メールアドレスを記載してお申し込みください。





◆◆ フォレスト・サポーターズ募集! ◆◆
おいしい水や、おいしいお米、活き活きした魚、豊かな生態系、ぬくもりのある木の家、
継がれてきた伝統。これらを支えてきたのは、日本の豊かな森林です。
国土の4分の3はその、森林。
であるにも関わらず、いま山村には人がおらず、森林は荒れています。
(全国市町村の4割以上は「過疎市町村」、国土面積の半分以上は「過疎地域」。
-「過疎物語」より-)。


私は、残していきたい山村の知恵や和の文化がたくさんあります。

その仕組みを作って、支えていくのは政府の仕事です。
その仕組みを利用して、サービスや製品を提案していくのは地域や民間団体。
その仕組みを求めて、できることからアクションを興していくのはひとりひとり。


いっしょに、森林や山村のこれからを考えていきませんか?
フォレストサポーターズ-Webサイト (段階的オープン!)
http://www.mori-zukuri.jp/


d0061968_2212498.jpg


◆ 温室効果ガス削減目標6%のうち、森林を整備し吸収量をあげることで、3.8% を達成できます。 ◆ 







・・関連情報 告知・報告・・・
◆◆ 企業の森づくりフェア2009 ◆◆ 

温暖化防止と生物多様性保全への対策・貢献が、いま企業に求められています。
大義名分だけでない、社会への貢献だけでもない、人と森と地域から生まれる物語が
「企業の森づくり」の一番の魅力です。
http://www.green.or.jp/whatsnew/2009/0122-1.html
※ 若干混雑が予想されます。お早めにご来場ください。と、言っても本日ですが・・・。
【 日 時 】 平成21年3月4日(水) 13時15分~18時
【 場 所 】 「全国都市会館」大ホール (東京都千代田区平河町2-4-2)
【 主 催 】 (社)国土緑化推進機構
    

◆◆ 「森の“聞き書き甲子園”フォーラム」 ◆◆d0061968_332954.jpg
 
http://www.foxfire-japan.com/
森の“聞き書き甲子園”は、日本全国から選ばれた100人の高校生が
「森の名手・名人」を訪ね、知恵や技術、人生そのものを「聞き書き」し、記録する活動です。
普段めったに出会えないカッコイイ森のジーさまたちに出会えます!ちなみに、これに参加する高校生・OB大学生のキラキラした目が私は好きです。
【 日 時 】 平成21年3月29日(日) 12時45分~16時
【 場 所 】 「江戸東京博物館ホール」
       (東京都墨田区横綱)
【 主 催 】 林野庁/文部科学省/(社)国土緑化推進機構/NPO法人 共存の森ネットワーク








◆◆ 「動き出した『企業と森林セラピー』シンポジウム」 ◆◆ 
http://forest-therapy.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=170
※ お陰様で大盛況の中、終了しました。
【 日 時 】 平成21年3月2日(月)13:30~17:00
【 場 所 】 都道府県会館 101大会議室(東京都千代田区2-4-2)
【 主 催 】 長野県信濃町、森林セラピー基地全国ネットワーク会議、(社)国土緑化推進機構
by satoimolove | 2009-03-04 00:07 | event