<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

新歓オリエンテーション

satoimoです。

卒業するひとあり、始める人あり。
ASJ、脈々と…

:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:

国際青年環境NGO A SEED JAPAN
新歓オリエンテーション
(団体説明&ボランティア募集)

社会を変えるキッカケがここにある
〜 一人が動く。社会は変わる。 〜

http://www.aseed.org/

:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:

最近ニュースで話題になっている環境問題。
気になってはいるけれど、
わたしたちにできることっていったい
何だろう?

一人で問題を解決することは難しいかもしれない。
でも仲間と共に行動すれば想いは大きな力となり
社会を動かすこともできるはず。

あなたの行動が
10万人規模のイベントをエコロジーにする…

あなたの主張が
国際会議の流れを変える…

一人が動く。社会は変わる。
この春から、わたしたちと一緒に活動してみませんか?

----------------------------------------------

◇A SEED JAPANとは?◇
1992年の地球サミットへ青年の声を届けるために
発足した「A SEED 国際キャンペーン」;
その日本の窓口として設立された国際青年環境NGOです。
A SEED JAPANは、環境問題の中に内在する
社会的不公正の解決を目指し、
以下のことを踏まえて行動しています。

1.環境問題を経済や社会構造そのものから見据えること
2.青年の立場から環境問題をわかりやすく伝えること
3.長期的視野を持って社会を変えていくこと
(A SEED JAPANの使命:http://www.aseed.org/about/)

◇A SEED JAPANでのボランティアでこんな事もできる・得られる!◇
1. 環境問題に限らず広く社会問題に関する
情報を得られると共にそれに取り組む仲間を得られます。
2. 社会で役立つスキルや経験をつむことができます。
3. 他のNGOと交流する機会もあります。
4. あなた次第で環境系の企業・NGOへの就職チャンスも!

---------------------------------------------------

◇開催概要◇
●主催:国際青年環境NGO A SEED JAPAN
●日時:2008年4月26日(土)
受付13:30、開始14:00、終了予定16:30
●場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
センター棟402号室
●アクセス:新宿駅から小田急線各駅停車約3分
参宮橋駅下車徒歩約7分
(会場までのご案内:http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html)
●定員:80名
●参加費:500円
●交流会費:500円
(※交流会はオリエンテーションプログラム終了後、
新宿にあるA SEED JAPAN事務所で行います。
参加は任意です。)

--------------------------------------------------

◇申し込み方法◇
以下の申し込みフォームにご記入の上、
A SEED JAPAN事務局(info@aseed.org)までお送りください。
氏名:
所属:
E-mail:
電話番号:
興味のあるチーム:
何を知りたくて参加しますか?:
その他ご質問など:

もしくは下記のURLをクリックし、
「オリエンテーション参加お申し込みフォーム」にそって、
お申し込みください。
交流会に参加希望の方は、
その他の項目に「交流会参加希望」とご記入ください。
●オリエンテーション参加お申し込みフォーム
http://www.aseed.org/recruitment/form.html

------------------------------------------------------

◇当日のプログラム◇
◆A SEED JAPANの紹介
A SEED JAPANの使命・運営体制など、
A SEED JAPANに関する概要を紹介します。

◆各プロジェクト紹介
現在どのような活動があるのか、
それぞれのプロジェクトで
実際に活動するメンバーが紹介します。
(各プロジェクト紹介:http://www.aseed.org/project/)

◆分科会
各プロジェクトについてさらに詳しく聞くことができます。
また悩みや疑問など、メンバーがなんでも相談にのります!

◆交流会(17:30開始予定)
プログラム終了後、
A SEED JAPANの事務所で交流会を行います!
もっとメンバーと話したい方、事務所を見たい方、
仲間を見つけたい方、お気軽にご参加ください。

--------------------------------------------------
◇A SEED JAPANの活動◇
【各プロジェクト】

◆ごみゼロナビゲーションチーム
野外イベントでの環境対策活動、
ライブハウスへのリユースカップ導入などを通じて、
参加型社会を目指しています。
http://www.gomizero.org/

◆エコ貯金プロジェクト
市民の貯金に対する意識を変え、
お金の流れをよりエコロジーにすることを
目指しています。
http://www.aseed.org/ecocho/

◆エコカルプロジェクト
社会派カルチャーを通して社会的なニュースを「知る」ことと、
「知る」権利に応える報道機関の役割を見つめ直します。
http://ecocul-index.seesaa.net/

◆食の安全と農業の未来を考えるチーム
有機農業推進法に関する啓発活動、
農村での合宿やセミナーを行い、
持続可能な農業と政策について活動しています。
http://www.aseed.org/agriculture/

◆温暖化と生物多様性プロジェクト
温暖化防止と生物多様性の保全を目指して、
G8サミットに向けた市民への啓発と
日本政府への政策提言を行います。

【事務局セクション】
A SEED JAPANの活動を支えるセクションです。

◆アクセス部
毎月のオリエンテーションの運営や、
ニュースレター『種まき』の発送作業など
事務局のサポートを行っています。

◆WEB部
A SEED JAPANのWEBサイトの企画・運営を行なっています。

◆編集部
A SEED JAPANのニュースレター『種まき』の
企画、執筆、レイアウト、編集作業を行っています。
http://www.aseed.org/tanemaki/

◆広報部
パンフレット・活動紹介ビデオの作成やメールマガジンの発行、
各チームの広報コンサルティングなどを行っています。

【プロジェクト横断企画】
◆A SEED NEXT
活動体(チーム/プロジェクト)の枠を越えて、
自由に企画ができる場です。
いろいろなスキルを身につけるトレーニング、
環境問題の現場を見るスタディツアーなどを行なっています。

過去のスタディツアー
・熊野古道スタディツアー(2007年12月)
・英国スタディツアー(2006年9月)
http://asjenglish.exblog.jp/
・川辺川ダムスタディツアー(2005年10月)
http://www.aseed.org/event_report/20051203.html

-----------------------------------------

◇お問い合わせ◇
国際青年環境NGO A SEED JAPAN (担当:江口、田中)
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
Tel:03-5366-7484 Fax:03-3341-6030
E-mail: info@aseed.org
URL:http://www.aseed.org/

-----------------------------------------

※申し込みの際にご提供いただいた個人情報は、
本イベントならびに関連イベントの
案内・手配・連絡等に使用します。
それ以外の無断転用はいたしません。

なお、取扱いに関して
疑問・要望・質問などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

-----------------------------------------
by satoimolove | 2008-03-28 23:38 | info

「ムラ」の入り口。

d0061968_114692.jpgwakameです。
先日、人形劇のバック演奏をしました。高知県の山の木で作った手作り楽器隊です。(2/22参照)(鰹節の香りはほぼ消えました)

d0061968_1144419.jpg






青梅福祉まつりは、市がとても熱心に取り組んでいる為か大盛況でした。人形劇の内容や演出も、とても素敵(市の職員の方、自ら実演!)。
「木と音の会」のメンバーがこの福祉まつりの主催関係者だったので、ぜひ演奏しませんか、とのお誘いをしてくれたのです。



「木と音の会」では、楽器の素材選びから演奏そのもの、演奏するフィールドまで、人間や自然の生み出す「ステキ」を楽しんでいます。だから楽器の形も多種多様。そういう意味では、wakameのもうひとつの所属団体NPO法人コモンビート(ミュージカル団体)と通づるものがあります。
私は、「楽器を作っている人の顔が見えたら面白いのになー」とずっと思っていましたが、実際にその職人を隣に 演奏するって、、結構な緊張感です。


                    
d0061968_2142529.jpg



なにはともあれ、バック演奏するのは、中学の頃からの夢。

才能足りなくて、かなり早い段階であきらめたんだけど。


今までの、まさに「聴け!」って感じの演奏の仕方(コンクールとか演奏会)と全く異なる、
ムードを感じて、さらに上乗せするっていうか、響きの渦に招待しつつ招待されたっていうか、とても心地いい体験でした。

私はおそらく若干響きを濁らせていたと思います(汗)。明日からまた練習!


                             042.gif



とくに宣伝はしてないけども、「木と音の会」には 子供からおじ様まで、たくさんの方が 興味を持ってくれます。

人形職人さん、バイオリンやってみたいお姉さん、手作り楽器にびっくりする人、木目に見惚れるおじさん、やさしい音に惹かれる女性、触ってみたいチビッ子。


「木」と「やま」と「ムラ」への入り口は、いろんなとこに散らばってるんだなーっ

と、この手づくり楽器を通じた活動を、改めてオモシロイ!と思いました。
可能性は無限大。地味だけど、というか、地味がいい。
練習も、OPENにやってます。



次は、5月3日、飯能「お散歩マーケット」で同じ人形劇&演奏をする予定です!
(ステージは寺神社の境内?草の上?)

「お散歩マーケット」は、小さな山村集落(南高麗)をのんびり、ほんとにお散歩しながら、
各民家にぶらり立ち寄りはおいしいものを食べたり、手作り品をお買い物をしたり、アートを楽しんだりするものです。地域のあるもの探しの旅☆です。


山菜やらおはぎやら、地元野菜のカレー、石釜パンや陶芸、獅子柚子、ギャラリー、、、

とにかく、なんでもオシャレだそうで。



昨年秋チラシ(表)   
     チラシ(裏)

昨年の様子(ほんの一部)



ちょっと楽しみです。よかったら、ぜひ、森の中でコーヒーを。

by satoimolove | 2008-03-27 01:50 | event

最近の食卓

satoimoです

とにかく最近は胃が悪く、
× 油、お酒、肉、魚、砂糖をたくさん使った物って感じです。

「胃は悩んでいる」
という本も、新庄の三原文庫(農家さんの古本屋。お客さん第1号になってみました)
で買ってしまいました。


で、どんなものを食べているか…
基本は玄米と梅干しをよーーーーーーーーく噛んで食べます。
でも野菜も食べなきゃ〜 ということで楽しく今日も調理しました。

d0061968_23305917.jpg
練馬の畑で収穫したルッコラを食べるためにつくりました。
れんこん、じゃがいもを塩・胡椒で味付けし、しめじ、ルッコラ、玉ねぎに炒めたニンニク、ドレッシングをかけるだけ。じゃがいも、根菜はマリネ風に味付けしてもおいしいです。


d0061968_23314952.jpg
この中では右下の玄米ごはんをなるべく食べます。
「胃は唾液で治せ」先達の言葉

あとは、休むしかないですね。
おやすみなさい☆
by satoimolove | 2008-03-25 23:40 | daily dish

農の愚問会3月のおしらせ

satoimoです

農の愚問会は月1回のペースでゆるーく開いています。
愚問会は「食」については安全や文化として語られることは多いけれど、「農」
について
語る場があまりない…
ということで「農」を楽しくみんなで話せるような場を作ろう!ということで始
まりました。
たまに、有機農業の実践者にも参加していただいています。
ちなみに愚問会は有志で始めた会ですのでASJの活動とは別です。

おいしい・想いのある食べ物を持ち寄って、わいわいやるのが定着してきていま
す。
初めての人歓迎! 農に関する活動・勉強経験がない人こそ歓迎!ですので
気軽に遊びに来てください。

愚問会レポート↓
Blog:http://satoimolov.exblog.jp/

************************************
日時: 3月28日(金) 19:00
場所:音羽邸 
*詳しくは申込者にお伝えします。
持ち物: 愚問、筆記用具、みんなと食べたいもの
申し込み:お名前、連絡先をご記入のうえ、
blogコメント欄にご記入ください。非公開にしてね。
〆切3月27日(木)
★実は愚問会当日はwakanaの誕生日前日です。ぜひお祝いに来てください!
************************************
by satoimolove | 2008-03-24 00:01 | info

ツムグ。

wakameです。

昨日、友達が職場を訪れてくれたので、ランチをともに。d0061968_1512412.jpg
おっかさんばかりが集まってやってる家庭料理屋へ。

定食食べながら、友人

「発信って大事だって最近すごく思うのっ。
わかなちゃんは偉いよ、ちゃんとブログ書いて。」



(ドキっ。そういえば、最近ブログ更新してなかったな。)


「発信したいことは山ほどある。
でも限られた時間のなかで次々と発信しようとすると、
薄っぺらな言葉になっちゃう。迂闊に能弁たれようものなら
どこから突っ込みが来るか分からないし。039.gif


ここでふたり、とても意気投合しました。

できることなら毎日たくさん発信したい。
ことばの拙さ、思考の単純さに、悩む。
ここに時間をかけすぎて、いいのかな、とも思う。

(努力はします。努力はするけど、、、)

情報ってあり余って、正しいか正しくないかなんて、見方次第。
切りがないってば、、って最近よく思う。


なんというか、本物じゃない気がする。


多分、どちらかというと、「発信」よりも、「伝承」をしたい。
友人は、伝承よりも「紡ぎ」って言った。



ひとつ。

伝承の形として。


毎年100人の高校生が森で生きる名人100人を取材して、
名手名人の知恵や技術を聞き書き、記事にする、
森の聞き書き甲子園」というものがあります。


日本は山村が圧倒的に多いのに、そこでの暮らしは、都市にいると
なかなか想像がしがたい。  これは一体なぜ?

奥山(山村)は、里山よりも更に一歩奥といわれるように、
距離が遠いから。ただそれだけ?


山村での暮らしは、そこで十分豊かに完結できる。

わざわざ、都市に向かって自分らの暮らしを発信する必要がない。

都市は都市で、そこに生まれ育つと、物質的に満足して、
山村の豊かさを知らないでも生きていける。

だから、都市と山村の間で分裂が起こってくるのかな、と思う。


でも、私は山村の豊かさや、そのキラキラとした魅力を、
少なくとも目に見え、耳に残る形で、都市にも伝えたいと思う。

ヒト・動物・自然・ヤマ・水・声・家・道具・棚田・花・光・くうき、、、

d0061968_1194429.jpg
(熊本県水俣市久木野の棚田あかり)

なぜなら、都市的生活を何気なく送っているその傍らで、
知らず知らずのうちに、山村は朽ちている。音もなく。


都市に人が集まり、村に人がいなくなれば、集落は成り立たなくなり、やがて限界が来る。

知恵も、魅力もなくなってしまう。d0061968_1312795.jpg

山も荒れ、都市にとって恵みのはずの水源は、災害源と化す。
(写真は熊本県球磨村)

実際、集落の崩壊は、全国的にかなり深刻なところまできている。





そういう差し迫った背景もあるけれど、

多分、単純に、じっちゃん や ばっちゃんの魅力。
自分もそうなりたい、ってことなんだと思います。


森の“聞き書き甲子園”フォーラム
(私の職場主催。私は何もしていませんが、紹介まで。
キラキラした人たちが集まります。)


■日 時:平成20年3月23日(日)
開場:12時30分 開演:12時45分~16時

■会 場:江戸東京博物館ホール       »地図
 最寄駅 JR総武線両国駅下車 徒歩5分
     都営大江戸線両国駅 A4出口 徒歩3分

■参加費:無料
※ホールへの入場は無料です。博物館の展示室等をご覧になる場合は、別途、受付にてチケットを購入してください。

■定 員:400名


グリーンTV GAUIDEでの紹介(ムービー) 素敵なジーちゃん登場。
http://www.japangreen.tv/mv/?cat=ch3&fn=26


昨日そういえば、職場のフリーダイヤル(フリーダイヤル担当です)に
「『森つくりは、人つくり』って言うけど、これはどういう意味かい?」

と、かかってきました。

教えてっていうよりも、助言かな。
「植えてばっかじゃだめだ。金の使い道をよく考えて」って。


確かに!!


肝に銘じて、がんばります。

d0061968_120734.jpgd0061968_1205239.jpg









d0061968_1363792.jpgd0061968_124567.jpg









d0061968_1293689.jpgd0061968_1301025.jpg








写真(6枚)は熊本県菊池水源村 (「走るブタ」満開の梅林の中で猛進中!)
by satoimolove | 2008-03-20 20:11 | info

噂の現場も・・・

wakameです。

ひなまつりに、ミュージカル仲間と和菓子を作りました!d0061968_0332868.jpg

「素材から手作り」をモットーにスイーツや味噌を作っています。それなのに、今回は自給率(自分たちの知り合いから供給してもらう率)が低く、0%!しかも桜の葉は中国産。今春、桜の葉っぱを各自収穫することを約束。



3月になったので、そろそろ冬眠から覚めないとなーと、重い腰を上げてチェリ通勤を再開しました。




私がチャリ通勤をする理由を分析・・・


その①:かほり

普段、鼻ってついてるんだけど、使ってないかも。臭覚ってやつを。
空気の綺麗な人が東京に来ると必ず臭いというけど、
ここ東京にしか住んだことなくて、移動手段がほとんど地下鉄な私は、食べ物の匂い以外、ほとんど無臭にしか感じません。

今日はチャリに乗っててさざんか(椿かな)の花の横を通りかかりました。
「ほわっ056.gif」って香りに包まれ、一瞬で幸せになりました。



その②:いぶき
d0061968_0213348.jpg
音羽邸から職場まで、とことん商店街を通るようにしています。江戸川橋・神楽坂・牛込町・麹町の4つの商店街を通過します。


商店街好きチャリダーはおそらく多いと思う。
特に朝の8時から9時くらいの商店街、
開店準備を一斉に始めて町が「起きたよ」って言ってるあの息吹が、私は好きです。
加えて、この界隈はずっと出版・印刷町。朝からガチャコンガチャコン。
小学校で見た「はたらくひとたち」っていう番組の「仕事ごとごと~♪」のメロディーと歌詞とカッコよく働くおじさんたちの背中がフラッシュバックして、目の前の光景とかぶる。。

「ベッカー」のプレッツェル、あるいは「亀井堂」の栗あんパンを、かじりながら走るのがなんとも爽快です。どちらも焼きたてホヤホヤ010.gif


d0061968_02056100.jpgd0061968_0211938.jpg








その③:いやし

昼休み、どこにも行けない町、永田町。
チャリがあれば、国会議事堂前公園だっていけちゃう。
今日のお昼は、日枝神社で日向ぼっこしながら、手作りおにぎり食べました。
会社員のお弁当スポットとして、なにげに人気です。
d0061968_018246.jpgd0061968_0183683.jpg

職場の人と仲が悪いわけではありません!



ちなみに、参議院議員宿舎建設でモメテイルあの現場にも、春が来たようです。(↓)
d0061968_0562061.jpg

by satoimolove | 2008-03-05 00:44 | reports