<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ブータン!!

wakameです。

「私達は私達に基本的な事を問う、どうやって物質主義と精神主義とのバランスを維持しつづけるか」
これは1998年、当時のブータン王国首相の言葉。
ブータン。最近気になる国です。

ブータンはちょうど100年前に今の王朝が始まって、来年からついに議会制民主主義に移行されます(※1)。新しい国づくりの中で軸になっているのが、ご存知のとおり「GNH(国民総幸福量)」という指標(ものさし)。GNHはGDPをある意味超越していて、要は、「どれだけブータンが経済成長したか(もあるけどそれ)以上に、どれだけ国民が幸せになったか」を示す指標(※2)。

 「Gross National Happiness is more important than Gross National Product 」
これは1976年(30年以上前)に当時21歳だった前国王が、スリランカでの記者会見上で言った言葉。なかなかしびれさせますね。


実は先日、日本でも「ラダック~懐かしい未来」の著書へレナさんを迎えてのイベント&交流会がひそかに開かれ、資本主義グローバル経済社会のオルタナティブを実践レベルで、静かに、熱く、語ったりしました。最後「全員阿波踊り」で締めくくるところが、さすがオルタナティブ実践。ヘレナさんも興奮のご様子。(※3)
 
 そこで印象に残ったのは、「より小さく、より細かく、より地域での、よりたくさんの、、活動(行政・経済・インフラ整備等含む市民の活動)の方が、その逆より強く、幸福。」という言葉です。まさに昔、魚の絵本で、似たような話があった気がします。小さい活動(アクション)がいたるところで発生して、分断されずに繋がっていけば、いつの間にか全体的な価値観が変わって、日本が本当の意味で強くなれる(=「幸福」)ときが来るんじゃないかな、と思う。国の大きい小さいに関わらず、体制の左右に関わらず、「言いたいことを言い、やりたいことを仲間と活動に移す」たったこれだけ。でも意外にこれ、難しい。ロシアなど、今の状況を考えると相当困難な国が多いのは感じるけど。


 いずれにしても、ブータンは国王の指示のもとに、身の程にあった近代化がされ、ゆるやかに議会制民主主義に移行していく。(極端だけど、立憲君主にしなくてもいいよ、くらいに思っちゃいます。)仮面民主主義国家が続出のこのご時勢に、ホント(指導者に?)恵まれた国だなー、って思う。問題は「体制」とか「憲法の有無」ではなくて、そういう立派な指導者や市民を輩出して、普通に存続させていく土壌があるかないか、作れるか作れないか、なのかな。その違いはいったい何かなー。うーん、何でしょう。自然?気候?民族性?宗教?「隣の人間を含む、生き物すべてと共存しようとしているかどうか」、なのかな~。何でしょう。


d0061968_685857.jpg
d0061968_610332.jpg

d0061968_6134925.jpg

(※1:いわゆる「絶対君主制」(君主=国王、の権力が制限されない)をここ100年続けていて、ちょうど101年目になる来年、「立憲君主制」(君主の権力が憲法で制限される)に移行される予定。この違いはすごく大きい!!)

(※2:先月タイで開かれたGNH会議には、タイとブータンの首相が挨拶にくるなど、それなりに両政府もそちらの方向に姿勢を示している(タイの場合、実際はどうなのかという気がしなくはないけど)らしいです。ちなみに、他にもカナダ、タイ、ブータン、インドネシア、ベトナム、ラオス、ニュージーランド、東チモールなどの若者が積極的に参加していたそうですが、日本の若者は見あたらなかったそうです。)

(※3:主催:NPO法人開発と未来工房 懐かしい未来ネットワーク
http://www.afutures.net/

http://www.iip.co.jp/bhutan/
国土は九州大くらいの大きさ。人口は香川県より少ないくらい。


ということで、とりとめのない話でした。
ブータン行くには、10日で40万近くするらしくて、とても無理です。
by satoimolove | 2007-12-13 05:38 | reports

都会×昼休み=□ ?!

wakanaです。
d0061968_0321411.jpg
最近、昼休みの新しい過ごし方を見つけました。

職場に置いてあるチャリで静かな公園までひとっ走り。

四季の自然たくさんで池もあり、手入れもされてて、なおかつ日本で一番静かな公園じゃないかと思うほど人がいない!!








そこは「国会議事堂前公園」

その名のとおり、国会議事堂の真正面にあるのですが、こんな素敵な公園があるって

知らない人たくさんいそう。

中央省庁や国会関連に勤務する人がお昼に通過したりしてるくらい。

いわば官僚の「癒しの森」でしょうか・・・。



なにはともあれ、お昼やすみの過ごし方って、大事だとおもいます。

時間に関わりなく。季節を感じられるのって、やっぱり昼間が多いし。
by satoimolove | 2007-12-05 00:46