<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

美味しいもの3連ちゃん

wakameです。d0061968_0543170.jpg
まず一発目は。
さとっちが作ってくれたりんごのパイ包み。
お菓子の本名は忘れてしまいましたが、めちゃ美味しかった。小さいほうは中にあんこが入ってました。


お次、石釜に薪で火を焚き、ホイルで丸ごと1個包み焼きした玉ねぎ。
少しバターと塩をふるのがポイントとか。薪のためか、すっごく甘くてジューシーでした~♪
ただいま「TOKYO薪釜ダイニング&ブーランジェリー(仮称)」という本を作りたいなーと思って、国産の間伐薪を活用するがため、あれこれ情報集めてまーす!また、薪釜を囲んでゆっくり話す余裕のある方募集!
ちなみにこれは麹町のアンジェリーノというイタリア料理屋さんです。
残念ながら薪は置き場所の関係から毎週業者がもってきてくれるそうでとくに間伐材にこだわったりということは無いらしい。
d0061968_055851.jpg


最後、金澤烏鶏庵 烏骨鶏かすていら(石川県)。これはこれはっ。死ぬ前に出会えてよかった!一口食べてまず固まります。次の瞬間涙が出た。かすていら食べてこんなの初めて。
d0061968_0553798.jpg











そんな感じで、秋を感じる今日この頃。早くもコート出しちゃいました。風邪引かないよう気をつけましょう。
by satoimolove | 2007-11-21 00:57

気。

wakameです。
先日、埼玉県の関谷農園に芋堀&焼き芋&身体ワークショップに行きました。

屋敷林の枝を拾って、薪燃やして、おやつ食べて、夜になったらワイン片手に
即席の雑木林ステージで光も音もない中、ココロから踊って。
絵本に出てくるようなことをしました。めちゃ楽しかったです・・・
農園9代目の関谷さんと幹事のM・Y氏の情熱あってこそ。
ほんとにいい時間をありがとう。

整体師(幹事)や先月エコアパートで会って一緒に石積んだN氏や
カポエラする人や森林間伐から生き方を学ぶ人など、
畑でいろんな出会いがあり、つながってきたな~って気がしました。

d0061968_13555865.jpgd0061968_13553847.jpg









子芋を親芋から剥すときの音が気持ちいい。 親芋は畑の片隅で肥やしになる日を待つ。

親芋は「堅くて売り物にならない」らしく、大量に捨てられるわけですが、
ひそかに持ち帰ってきんぴらにしたらめちゃおいしかったです。
子芋ちゃんのデフレを起こさせないためにも親は肥やしになるってこと?


ところで、
「気」って、感じたことありますか。

わたしは、ありません。でも、合気道ってあるじゃないですか。
力をかけずにトンとおすだけで倒したり。
あと、森に行って「ここはたくさんいる」とかきくと、
霊感ゼロの私は「なんのことやら」って感じなんですが。
でも、ほんとはなんかいるのかな。

そんな私が「プチ身体ワークショップ@屋敷林」で
少しだけ「気」についてわかった気がしました。

世の中、「気」だらけ。


信号待ちしてる見ず知らずのひとたち。
森の中で動かず何百年もいきつづける木々や土。
歌を唄う人たち。
ダンスを踊る人たち。
コンビニ弁当をかっこむサラリーマン。
声をもたない動物たち。
毎日卵を産みおとす鶏。
いつか笑顔で掘られる日を土の中で待ち焦がれる芋たち。


すべてがすべて、気を持っている。
気を持っていることに気づくか気がつかないか。
気を持っていなかったら生きながら死んでるのとおなじ。

たとえばそれはどういうことかといえば、
足は頭からはえている。腕は心臓あたりからついている。

目で見ないで、耳で感じる。
手で触らないで、心で触れる。

そんなことを考えました。

最大のダンスは動かないことらしい。
それが衝撃でした。

※実際に自らの気を研ぎ澄ますことに興味のある方は
10日のカフェスロー国分寺イベントにいらしてみては
いかがでしょうか。
by satoimolove | 2007-11-08 14:01