<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

丸焼き

satoimoです

11月3日に東京農大の収穫祭に行ってきました。
写真は豚の丸焼きです。初めてみました。
食味はジューシー
香りは獣
次回は…
でもすばらしいインパクトの出し物だと思います。
探検部の恒例ファンドレイズらしい…
生涯で一度は自分が育てた豚でやってみたいです。
d0061968_142589.jpg
by satoimolove | 2006-12-16 01:53 | daily dish

寄付フォーラム2007 ~私たちは「いくら」を「どこ」に寄付するのか?~

寄付フォーラム2007
~私たちは「いくら」を「どこ」に寄付するのか?~

    2007年1月20日(土)13:30~17:00@JICA地球ひろば
     presented by 国際青年環境NGO A SEED JAPAN
                http://www.aseed.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さんはNPO/NGOに寄付をしたことはありますか?
日本人一世帯あたりの年間の平均寄付額は3,000円。文化的、制度的
な違いがあるとしても、アメリカの平均額17万円と比較すると、
50倍以上もの差があります。よく日本は欧米に比べて寄付する文
化がないとか、寄付していることを人に話すなんて慎みがないとか、
まるで「寄付することが変わったこと」みたいな風潮すらあります。
ですが、実際のところはどうなのでしょう。

「小額でも、しっかり選んで寄付をしたい」
「寄付することは楽しい」
「寄付するだけではものたりない。もっと参加していきたい。」
そう考える人は、まだまだ少ないのでしょうか?

「寄付フォーラム2007」では、NPOマネジメントリソースセンター主
宰・鵜尾雅隆氏を講師にお招きし、日本の寄付文化の現状や展望、面
白い寄付の仕組み等についてお話いただきます。また、私たちが寄付
を託すNPO/NGO側やサポートセンター側から、寄付集めの現状や課題
などを3つの団体に報告していただきます。さらにフロア・ディスカ
ッションでは、寄付者自身が出来ることについて、一緒に考えたいと
思います。

私たちは「いくら」を「どこ」に寄付したいのでしょう?
そもそも何のために寄付をするのでしょう?
実は寄付をしてみたいあなたも、一緒に考えてみませんか。

◆イベント概要
日時:2007年1月20日(土)13:00開場、13:30開始、17:00終了
会場:JICA地球ひろば 講堂
東京メトロ日比谷線 広尾駅下車(A3出口)徒歩1分
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html 
 
参加費:500円

定員:200名
主催:国際青年環境NGO A SEED JAPAN
後援:東京ボランティア・市民活動センター
助成:地球環境基金

◆プログラム
(1) 主催者あいさつ
  A SEED JAPAN事務局長 鈴木さと子
(2) 基調講演「私たちは『いくら』を『どこ』に寄付するのか?」
  講演者:NPOマネジメント・リソースセンター主宰 鵜尾雅隆氏
(3) 事例報告
【1】 寄付サイト「NGOアリーナ」
運営部事務局長 竹澤明美氏 http://www.ngo-arena.org/
【2】 ほっとけない世界のまずしさキャンペーン 
    事務局長代理 長瀬慎治氏 http://hottokenai.jp/
【3】 アースデイ東京2007実行委員会
    事務局長 中島悠氏 http://www.earthday-tokyo.org/
(4) フロア・ディスカッション
  講師、事例報告ゲストを交えての、来場者参加型ディスカッ
ション・プログラム

◆講演者プロフィール
鵜尾雅隆(うおまさたか)氏
NPOの資金調達を研究、支援する情報発信サイト「NPOマネジメント
・リソースセンター」を主宰。オンライン寄付サイト「ガンバNPO
ネット」ワーキングチームメンバー。91年以降、NPOに携り、今まで
中小企業診断士取得、アメリカの大学院でNPOマネジメント修士号取
得、そしてアメリカのファンドレイジング訓練機関では高い評価を
受けているThe Fundraising SchoolでCertificateを取得。これまで
日米インドネシアのNPOの運営に関わり、ファンドレイジングを実践。
日本のNPOの資金調達などについて探求するブログ「ファンドレイジ
ング道場」を公開中。http://dojo.livedoor.biz/

◆A SEED JAPANとは?  
A SEED JAPAN(Action for Solidarity, Equality, Environmentand
Development/青年による環境と開発と協力と平等のための国際行動)
は、地球サミット(92年)に青年の声を届けよう!という想いから始
まった国際青年環境NGO。大量生産・大量消費・大量廃棄のパターンの
変更と、南北間・地域間・世代間の格差のない社会を実現するために、
未来の世代を担う青年自らが行動を起こしています。
http://www.aseed.org/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆参加申し込み
件名を「寄付フォーラム参加申し込み」として、A SEED JAPAN事務局
へメール(info@aseed.org)またはFAX(03-3341-6030)で、お申し込
みください。
*定員になり次第、締め切らせていただきます

 1)御名前(ふりがな):      (     )
 2)御所属:
 3)E-mail:
 4)フォーラムへの期待、コメントなど:
  (可能な限りプログラムに反映させていただきます)

◆個人情報について
申し込みの際にご提供いただいた個人情報は、案内・手配・連絡等に
使用します。それ以外の無断転用はいたしません。なお、取扱いに関
して疑問、ご要望、ご質問がございましたらお問い合わせください。

◆問い合わせ先
国際青年環境NGO A SEED JAPAN (担当:鈴木さと子)  
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23 TEL:03-5366-7484  
E-mail:info@aseed.org  FAX:03-3341-6030
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by satoimolove | 2006-12-08 00:32 | event