<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

The 10th Anniversary Meeting & 100% Non GMO Party

satoimoです

遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンの10周年イベントで
gmフリーベジご飯をつくります。
ゲストも豪華なので、ぜひお越しくださいませ。

========================================================

  The 10th Anniversary Meeting & 100% Non GMO Party

 ◆◇◆ 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン ◆◇◆

  ◆◇◆ 10周年記念集会&記念パーティー  ◆◇◆

     遺伝子組み換え食品の過去・現在・未来
       植物から動物へ、そして人間へ
  http://www.no-gmo.org/12.02_no_gmo_party/index.html

========================================================

日時:2006年12月2日(土)
   シンポジウム13:00〜16:30、パーティー17:00〜19:00
場所:全郵政会館 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-20-6 TEL:03-3497-1655
   JR中央・総武線千駄ヶ谷駅下車徒歩3分
   都営大江戸線国立競技場駅下車徒歩3分
地図:http://www.zenyusei.or.jp/hall/
参加費:シンポジウム1,000円
     パーティー2,000円(パーティーのみ要予約)

◎主催:遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン

◎共催:日本消費者連盟、生活クラブ、グリーンコープ、大地を守る会、
トージバ、ネットワーク農縁、ALIVE、日本有機農業研究会、
農民運動全国連合会、A SEED JAPAN、生命特許はいらない!キャンペーン、
SNNネット、グリーンピース・ジャパン、日本消費者連盟、DNA問題研究会ほか

詳しくはこちらのリンクでどうぞ!
http://www.no-gmo.org/12.02_no_gmo_party/index.html

<開催の主旨など>

日本に最初の遺伝子組み換えダイズが輸入されたのは、今からちょうど10年前、
1996年の秋でした。消費者は「いらない、食べたくない」と、最初から声をあ
げましたが、2001年の4月に日本政府による遺伝子組み換え食品への表示が導入
されたことによって、「遺伝子組み換えではありません」と表示してある加工食
品が目立つようになり、消費者の「いらない」の声がかき消された状況になって
しまい、メディアでもあまり取り上げられなくなってしまいました。

でも現実には、遺伝子組み換え食品にはまだまだたくさんの問題があるのです。

農作物を許したら、次はサカナ、その次は4つ足動物、そして人間へと、改造を
許すということになってしまいます。私たち人間が守り伝え続けてきた人間の知
恵や文化を否定するような方向へ行ってしまいます。私たちを生かせてくれる植
物の種子に感謝し、これからもみんなで守っていかなければなりません。

この10年間、様々な立場で遺伝子組み換え食品やそれを取り巻く問題に関わって
活動を続けてきた人たちが、12月2日(土曜日)、東京の千駄ヶ谷に一堂に集
まり、私たちにこの重大で緊急な問題についてわかりやすくお話をしてくれます。
そして、私たちには何ができるのか、についても、ヒントとなるようなお話がた
くさん聞けると思います。

こんな機会はめったにありません。お友達を誘って、話を聞きに来てください。
お話の後には誰でも参加できる、「国産100%−遺伝子組み換えでないパーティー」
もあります。おいしい手作り料理が食べながら、交流しましょう!

◎お問い合わせ・予約
遺伝子組み換えいらないキャンペーン運営委員会
〒162-0042 東京都新宿区早稲田75 日研ビル2F
E-mail:no-gmo@jca.apc.org
TEL:03-5155-4756 FAX:03-5155-4767
========================================================
by satoimolove | 2006-11-27 19:03 | event

Earth Garden

satoimoです

理事会合宿後に吸い込まれるように、代々木公園へ、てくてく…
てくてくしていたら、「あ nattchanにあいたいな、あえるかも」
と思ってTEL …
みごとに彼女と再会。幸せな時間を過ごせました。

すきなものをぱちぱち撮りました。

d0061968_2053888.jpg


d0061968_2064673.jpg


d0061968_20163779.jpg


d0061968_20181825.jpg



d0061968_20191573.jpg



d0061968_20192917.jpg
by satoimolove | 2006-11-07 20:08 | event

Let's エコボランティア&エコ就職!


人生や仕事に悩んだら…
自分が一番大切に思うことを思い出してみてはどうでしょうか。
それが、人々が差別されることなく、自然とともに生きることなら、
このイベントが、素敵な出会いの場になるかもしれません。

地球環境市民学校 環境NGOと市民の集い Part-1
 「Let's エコボランティア&エコ就職!」

┌───────────────────────────────┐

  地球環境市民大学校 環境NGOと市民の集い Part-1
 「Let's エコボランティア&エコ就職!」
            2006年11月23日(木・祝)早稲田大学8号館
 
└───────────────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

環境問題をキーワードに就職・転職・ボランティアを考えている
皆さんにおすすめのシンポジウムです。

職選びに重要なのが「お金」と「やりがい」、だとすれば『エコ就職・
転職』は、この2つに「社会性」「社会貢献」を加えたもの。
働く価値として収入に重きを置くよりも、社会問題を解決するために
「やりがい」と「社会性」をもって生きていくことが『エコ就職』と
いえるでしょう。

また、環境保全活動などに自発的に取り組む『エコボランティア』も、
「やりがい」と「社会性」をもった生き方のひとつ。

本集いでは、充実感をもったボランティア・
有給スタッフが活躍している25の環境団体とともに、
「やりがい」と「社会性」を見つけるための秘訣を探ります。

充実感いっぱいのライフスタイル、あなたなりの
『エコボランティア』『エコ就職・転職』を一緒に探してみませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

【開催概要】
●日時:2006年11月23日(木・祝)12:30開場 13:00開始 18:00終了
●場所:早稲田大学8号館(全体会−B102/分科会−309〜312)
*早稲田大学へのアクセス
 http://www.waseda.jp/jp/campus/
 地下鉄東西線「早稲田駅」3a出口より徒歩5分
 〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
 *8号館へのアクセス
 http://www.waseda.jp/jp/campus/nishiwaseda.html
 
●対象:エコボランティア/エコ就職に関心のある方
    環境NGOの活動に関心のある方 *年齢制限はございません
●定員:200名
 ※定員になり次第、締め切らせていただきます。お早めにお申込ください。
●参加費:無料
●主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金
    http://www.erca.go.jp/jfge/
●企画協力:国際青年環境NGO A SEED JAPAN
      http://www.aseed.org/
      NPO法人 「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議
      http://www.esd-j.org/
●後援:早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)
    http://www.waseda.jp/wavoc/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

【プログラム】
13:00〜13:10 主催者挨拶 田勢 修也 氏
(独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金担当理事)

13:10〜13:25 プレゼンテーション 物江 陽子(A SEED JAPAN)
      「『エコボランティア』『エコ就職・転職』って何だろう?」

13:25〜14:55 パネルディスカッション「環境NGOの最新事情!」
 <コーディネーター>
  青木 将幸(A SEED JAPAN)
 <パネリスト>
  大林 ミカ 氏(特定非営利活動法人 環境エネルギー政策研究所)
  京極 徹 氏(社団法人 日本環境教育フォーラム)
  飯沼 佐代子 氏(特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター)
  土谷 和之(A SEED JAPAN)

14:55〜15:10 休憩

15:10〜17:10 分科会
 「あの団体のあの人に聞いてみよう! 〜環境NGOの実態がまるわかり!?〜」
  ★第1分科会:循環型社会形成/地球温暖化防止
  /自然保護・保全・復元の取り組み
  <発表団体>
   産業と環境の会/バイオマス産業社会ネットワーク/環境情報
   科学センター/自然再生を推進する市民団体連絡会/トキの野生
   復帰連絡協議会
  ★第2分科会:総合環境保全/日中韓三カ国環境協力の取り組み
   /自然保護・保全
  <発表団体>
   ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議/民間稲作研究所/トキの
   野生復帰連絡協議会/海と渚環境美化推進機構/霞ヶ浦市民協会
  ★第3分科会:森林保全緑化、大気・水・土壌環境保全の取り組み
  <発表団体>
   日本インドネシアNGOネットワーク/日本トイレ協会/雨水市民の会
  /国際海洋科学技術協会/日中新世紀協会
  ★第4分科会:総合環境教育の取り組み
  <発表団体>
   カラ=西アフリカ農村自立協力会/川に学ぶ体験活動協議会/環境
   カウンセラー全国連合会/環境テレビトラスト日本委員会/生態
   工房/太陽の会
   
  <エコボランティア&エコ就職・転職マッチングタイム>
  参加団体のブース展開とエコ就職・転職、エコボランティアの相談

17:10〜17:25 休憩

17:25〜18:00 クロージング
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

【お申し込み方法】
下記の参加申し込みフォームにご記入いただき、
件名に「11/23 NGOの集い参加希望」と明記の上、
E-mail(info@aseed.org) でA SEED JAPAN 事務局までお送りください。
お申し込みを確認次第、E-mail にてご連絡させていただきます。

【お申し込みフォーム】
※いただいた個人情報は、この集い開催以外の目的には使用いたしません。

○お名前(ふりがな):
○所属・部署:
○性別: 女 ・ 男
○年齢: 10代 ・ 20代 ・ 30代 ・ 40代 ・ 50代 ・ 60代以上
○TEL:
○E-mail:
○希望分科会: 第1希望(   ) 第2希望(   )
 ※参加希望者数によっては、当方で調整させていただく場合があります。
○参加の動機、当日知りたいことなど:
 ※可能な範囲で当日の内容に反映させていただきます。

【お問い合わせ・お申し込み】
国際青年環境NGO A SEED JAPAN
担当:鈴木 さと子
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
E-mail info@aseed.org TEL:03-5366-7484  FAX:03-3341-6030

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
●「地球環境基金」とは
地球環境基金は、国内外の民間団体(NGO)が行う環境保全活動に対し、
資金の助成やその他の支援を行っています。

●「環境NGOと市民の集い 」とは
地球環境基金助成先団体の活動等民間環境保全活動の紹介や意見交換を
通じ、市民の方々に環境保全活動への理解を深めていただくとともに、
環境NGOと市民・企業・学校・行政等との情報交流、ネットワーク構築を
図ります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【お知らせ】
関東地区での環境NGOと市民の集いは全3回開催いたします。
他の集いにもぜひご参加ください。
●環境NGOと市民のつどい Part2
多様なセクターとのパートナーシップの有り方(仮)
日にち:2007年1月15日(月)
企画協力:NPO法人「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)
●環境NGOと市民のつどい Part3
勤労者、団塊の世代、シニア世代の参画(仮)
日にち:2007年2月10日(土)、11日(日)
企画協力:東京ボランティア・市民活動センター
主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金
   〒212-8554 
   神奈川県川崎市幸区大宮町1310番 
   ミューザ川崎セントラルタワー8F
   Tel:044-520-9607  Fax:044-520-2190
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
by satoimolove | 2006-11-07 18:29 | event