<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初めて2

satoimoです

妹の就職が決まった。(まだ正式じゃないけど)
スーツが必要だということで、私が着ない(着る機会がない)スーツを
譲ることになった。

嵐のような悪天候。いつも行かない新宿駅へスーツを届けに急いだ。
そんな中、杖を突くひとがよろよろ。

一度は通り過ぎたけれど、気になったのでその人に声をかけた。
彼女は目が見えなくて杖を突いていた。
初めて、目に障害がある人の手を握って歩いた。

駅の改札で別れるまで、いろんな話をした。
彼女は週末にボートに乗ったり、会社の帰りにエアロビを楽しんだり…

誰かのために、何かのために仕事をしているのだけれど、実感やぬくもりって
なかなか感じられない。
今日は仕事じゃないけど、誰か=彼女のために小さな手伝いができた。
勝手に幸せを感じた。

結局は自分の満足のためかもしれないけど、またやっちゃうと思う。
by satoimolove | 2006-09-26 22:56 | reports

秋口に選んだ本 3冊

satoimoです

練馬の畑に行った帰り、大泉学園の駅前にある本屋さんに立ち寄った。

最近小説を読んでいないなと感じていた。
そのせいか自然と足は、江國香織や山田詠美、村上龍、林真理子
の文庫の前に。高校のときに好きになって読み続けていた作家の本、
でも眺めて終わった。

結局1時間以上、本屋をうろうろして購入したのはこの3冊。

●Courrier Japon -世界のジャーナリストが斬る 安部普三 他

d0061968_22231158.gif



●穀菜和食 松本光司 著
45年間マクロビオティックに取り組んできた著者。マクロビオティック実践のための和食のおかずが満載。おもてなしのマクロビメニューをレパートリーに加えたかったので買っちゃいました。
d0061968_22283518.jpg



●LOVE or LIKE
石田 衣良 (著), 中村 航 (著), 本多 孝好 (著), 真伏 修三 (著), 中田 永一 (著),
山本 幸久 (著)
「豪華男性作家陣が集まったアンソロジー!」らしい。
まだ全部読んでないけど、中田 永一さんの「なみうちぎわ」はせつなく、そして美しい。
久々に空気感が鮮明に記憶に残る作品でした。
d0061968_2237305.jpg


by satoimolove | 2006-09-26 22:38 | book

つながった農ツアー

satoimoです

今回のツアー(9/1〜9/3)でたくさんの有機的なつながりが生まれました。
そのつながりの過程にはたくさんの、心に残る言葉が…

●「支える」という視点で見ないでほしい。 from yasuhiroさん(農家)
どこにお世話になるにしても、
農家になるにしても、しゅみではたけをやるにしても、謙虚な気もちが
たいせつなんだな、と思いました。

●自分の生き方を一生懸命考えろ、考えて考えて…
自分にできることは何なのか? from aikoさん(新庄への移住者)

●ぬくもりのあるつながりがここにはある。 from satoimo


この夏の教訓
自分お言葉で話し続けたい。
誰の言葉を借りるのでもなく。盗むのでもなく。


d0061968_23494689.jpgd0061968_23501077.jpg
by satoimolove | 2006-09-10 23:50 | reports