<   2005年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新庄ツアー 報告 脳みそ運動系

satoimoです。

久々の投稿になってしまいました。本格的にwakanaと共用していたPCが壊れ立ち上がらなくなりました。そこで1年ぶりくらいに復活したのが僕のノートPC。つまり今、ぼくのLAVIは復活一仕事目というわけです。

さてさて、blogでもお知らせしていた新庄 田の草取りツアーが無事終了しました。
参加者33名、農家さんやゲストを含めると55名くらいになったでしょうか。
今回はヨーロッパで広まっているGMフリーゾーンの活動を日本でも広めようということで
GM関係で活動されている著名なかたがたによるレクチャー、意見交換もありました。

日本では数年前GM作物の輸入、栽培の禁止を求める市民運動が盛り上がりました。その後もGM作物の実験栽培を行う試験場に反対の声を届ける集会などが各地で展開されてきました。そしていつも反対側が勝利を収めてきたわけです。そして民間企業もお金にならないので開発には取り組まない姿勢を見せています。(しかし、国はGM作物の開発を推進してるんですね~)

一方、日本各地でGM菜種が自生をはじめているのも事実です。日本では菜種油、醤油などGM原料を使用していても表示義務がない商品があります。(つまり私達は確実にGM作物を口にしているのです。)それらを作るために原料で輸入され輸送の機会などに大地にGM種が零れ落ちる… その種によって汚染された田んぼや畑は有機認証を取得していたとしても、それを剥奪されるかもしれないのです。それだけでなく、GM作物を開発した会社に使用量を払わずに栽培したとされ訴えられてしまったりもするのです。(全くお門違いですがな)

とまあ、これはツアーで話されたほんの一部の話ですがこのようなの脳みそ運動もしながら
新庄の自然と農家さんの暖かさ、お母さんがたの美味しい郷土料理を満喫した3日間でした。

ぜんぜん書き足りないので また書くでよ。
by satoimolove | 2005-06-29 10:33 | event

追加カレーvol.2

satoimoです

blog更新をお休みしている間にもカレーは作りつづけていましたよ!
追加したものは数知れず。味噌汁、日本酒、大根、パセリ、人参、じゃがいも etc

写真はカレーが相当好きらしいHiroichi。この日も3人での朝食。彼のご飯は1杯目は納豆、2杯目はカレー。
wakanaがいうようにこの笑顔は100万ドルですな。
また食べにきてその笑顔でwakanaを見つめてね。



d0061968_9123732.jpgd0061968_9125370.jpg
by satoimolove | 2005-06-12 00:15 | daily dish

satoimo日記

satoimoです。
仕事が忙しかったことに加え、PCが絶不調(今も)ということで久々の更新になった。
さてさて、今日は毎月やってくる勝負の日「理事会」。
私の勤める団体は事務局員だけでなく理事が団体の経営をしっかり担っている。理事会もシャンシャン
ではない。毎月1回ガッツリ話し合う。13:00~18:30というコースが理想だが、長いときは21:00になることもある。
今日は比較的スムーズで19:00には終わることができた。
私の勤める団体は民主的な意思決定プロセスを重視する。話し合う内容は事前に共有され、ファシリ
テーターや発表者も事前に決められる。
会議が始まると年齢も経験も関係なく意見する。
でもだらだら話していては何も決まらないし疲れる。非効率なことはしない。
そのためにタイムキープをしっかりするのだ。
私は5年前初めてこの団体の会議に出てなんてかっこいいのだ! と思った。
みんなが参加し、納得した上でしかも効率的に物事は決定していく。心地よい。
そのプロセスを20代から経験できるのは幸せなことだと今でも思う。
日本中、毎日何万という会議が行われていると思うが、どの会議もこんな心地よい
会議になったらいいのになとつくづく思う。まさに理事である友人の言う「会議が変れば社会が変る」
のだと思う。

さてさて、この理事会のコーディネイトが今日の私の仕事だ。
コーディネイトは2週間ほど前から始まっていた。「準備八割」と心で唱えながら準備する。
参加者の把握、時間のアナウンス、当日の資料印刷、掃除などやることはたんまりとある。
それを一つ一つ潰していく。そして議論の方向をコントロールする。時間内に終わらせる…
全ては勝負なのだ。

理事会に限らず仕事は「勝負」だ。その中でも理事会は大一番、毎月の
結びの一番手的存在だ。
これはある意味自分に対する勝負である。どこまで議論を予測できるか、どこまで明確に理想を描き
近づけることができるか、批判や厳しい意見に柔軟に対応できるか etc
最近気づいたことだが「勝負」という考えは受身な仕事、思考から脱却ではないだろうか。
いつも攻めの姿勢を保つ、その上でぶつかる壁や失敗なら素直に受け入れられるの、そんな気もする。

しかしまだまだ課題はある。でも「この山を越えれば海が見える」と思えばどこまでもいける気がする。
ちなみに「この山を越えれば海が見える」というのは中学1年の始めに勉強した国語の教科書
の小説の一文だ。ま、「自分を信じて精進すればいいことあるよ」ということだろう。
私は何となくこの言葉を気に入っていて、たまに思い出す。

さあ、明日はどんな勝負に挑もうか。こう考えると何でも楽しいものかもね。
by satoimolove | 2005-06-11 23:56

satoimo

今まで何者か明かしていませんでしたね。
satoimoプロフィールです。

名前:satoimo
住所:文京区音羽 wakanaが幼い頃から住むマンションに居候の身。(ルームシェアというのか?)
年齢:馬年とだけ言っておこう。
星座:さそり座(数々の男性を毒してきた?!)
仕事:NGO職員
偏愛物:SNOOPY、くろうさぎのパン、木のひげの親指トム、太いかりんとう
怖いもの:地震、酢豚を食べた夜
好きな言葉:可能性を求めて、ONE LOVE
尊敬する人:両親、緒方貞子、磯田厚子先生
恋愛のテーマ:フェア(過去に「向こう見ず」「タバコを吸わない人」などがあった)
目指す社会:フェアな社会、衣・食・住が地域で自立した社会
今まで行ったことがある国:中国、オーストリア、フランス、スイス、タイ
これから行ってみたい国:インド、イタリア、アメリカ、ブラジル、南アフリカ
趣味:料理(特に製菓が得意?)、英会話
見かけと違うこと:スポーツ万能

d0061968_2244230.jpg
by satoimolove | 2005-06-04 22:51 | profile

朝はたまご色

今日は7:00起床。
早く事務所に行って仕事を片付けてしまおう!
ということでベッドからもぞもぞ起き上がる。

「おはよう」
とキッチンを覗くと黄色いTシャツを着た2人が仲よく卵焼きを焼いていた。
今日の訪問者はwakanaのカレhiroichiだ。

幸せなキッチンは2人のもの、ということで私はシャワーを浴びにそそくさとキッチンを後にした。

7:40
3人で食卓を囲む。黄色い二人はチーズの入った卵焼きをほおばる。
黄色は無条件に幸せを感じさせるのか?
「やっぱりご飯は家族で食べるものだね(ニコ)」
音羽邸の幸せを味わう。

8:00
携帯のアラームがなる。遠くにいるsatoimoカレを起こす時間だ。
音羽邸の幸せな食卓を報告し、「君も食卓に加わるように」と冗談半分に誘ってみる。
その答えはなぜか「音羽邸の家訓を守るようhiroichi君に伝えるように」
だった。相変わらず違う星の人である。

d0061968_2284816.jpg
by satoimolove | 2005-06-04 22:11 | guest

追加カレーvol.1

月曜日に作ったベジカレー(グリーンカレー ココナッツ風味)をベースに
追加カレーを始めた。
音羽邸的「追加カレー」とは…
作ったカレーを全部食べずに、その日キッチンにある季節の野菜や縁あって音羽邸にやってきた食材を追加していきオリジナルカレーを作りつづけるというもの。
ぬか床みたいなものですね。ぬか床は毎日かき回さないとだめになる。カレーは火を入れないとだめになる…

今日はシメジと玉ねぎとパクチー、ココナッツ、グリーンカレーペーストを追加。

深夜に味見した感想は…
「辛い! でもおいしい」

この夏、音羽邸は必ずカレーを用意してみなさんをお待ちしてります。d0061968_9135441.jpg
by satoimolove | 2005-06-02 09:14 | daily dish

新庄ツアー!!!

去年に引き続き、今年も山形県新庄市に行って、
田んぼの草取りをします!!

何と言っても一番の魅力は地元の有機農家の
お百姓さんと交流できること!!

お百姓さんってかっこいいって思わせてくれる人が
ここにはいます!!

普段やることのない草取りは有機農業で
お米を作るには最も大切で大変な作業。

これができるツアーは他にはありません!!

そりゃ、有機のお米なんて高いし、普段食べることはないけど、お金のためでなく、自分の信念のためにこうやってお米を作っている人がいることを実感しに行きませんか?

ここでしか食べられない幻のお米「さわのはな」は
おいしさと愛情にあふれたお米です。

d0061968_027356.gif
http://www.aseed.org/agriculture/index.html

■日時:2005年 6月24日~6月26日

■場所:山形県新庄市

■スケジュール(※雨天の場合 スケジュール変更の可能性があります。)
6/24(金) 22:00新宿駅集合 →新庄へバスで移動、車中1泊
6/25(土) 田の草取り①
      @意見交換会
        温泉
       郷土食作り
       交流会
6/26(日) 田の草取り②
       「遺伝子組み換え作物植えません!」看板立て
        昼食
       13:00~新庄発新宿へバスで移動 →20:00新宿駅着、解散

■参加費(食費、往復交通費(新宿~新庄間)、宿泊費、ボランティア保険代込み) \13000 
(※25日の朝食は各自持参  ※別途、交流会費¥1000 )

※<会員登録制度について>
参加者の安全や、継続的な環境活動への参加を図るために参加者の皆様はA SEED JAPAN会員への登録が必要です。このツアーは、ASEEDJAPANが責任を持ち、新庄の方々とのパートナーシップで実現する活動ですので、会員として参加していただきます。
会員登録方法については申し込み時にお知らせします。

●年会費(準会員): Tree(学生):3000円  Root(一般):5000円
● 特典:会報「種まき」の発送(年6回)、各活動体への参加、ASJ主催イベントetcへの会員割引

■定員:40名

■申し込み〆切り:6/19(日)
ツアー定員40名に達し次第、〆切ります。おはやめにお申し込みください。

■申し込み方法
(以下のフォーマットに記入の上、FAX又はMAILにてお送り下さい。)
名前:
所属(学校・会社):    
住所(郵便番号を明記):
携帯:                    
自宅:
e-mail(あればPC):
A SEED JAPAN 会員 or 非会員:
このツアーで得たいこと:
6/12 事前勉強会(説明会) 参加 or 不参加:

■お問い合わせ・申し込み

ツアー担当:鈴木さと子(事務局)
TEL:03-5366-7484    FAX:03-3341-6030
E-mail  info@aseed.org 

国際青年環境NGO A SEED JAPAN
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
URL: http://www.aseed.org/  
http://www.aseed.org/...
by satoimolove | 2005-06-01 00:30 | event