カテゴリ:reports( 59 )

satoimoです

親知らずの話

まっすぐ生えていたけれど、7番目の歯との間に隙間があり、そこに物が挟まって、歯茎を圧迫するのです。
これまで数年間は大丈夫だったのにな。

肩こりのせいで歯が痛くなったりするから、そのせいかと思っていたら… 単におしゃぶり昆布
が歯と歯の間に挟まっていただけでした。恥ずかしい…

早速行きつけのハイテク歯医者に飛び込みました。だって痛かったんだもん。
友人が一気に4本も親知らずをぬき、顔を腫らし、熱まで出したので、仕事に支障をきたすと思い、「クリーニングだけ」と お願いしました。

クリーニング中に、「待てよ。歯ブラシが届かないといわれる、親知らずは、
長期的なリスクとケアのコストを考えれば、ぬいてしまったほうがよいかも」
と思い直し、急遽 「抜歯」を宣言!

歯医者さんも快く、麻酔注射をガシガシ打って、ものの10分でぬいてくれてしまいました。

その後、強行に痛み止めや化膿止めの薬をもらわず帰り、
次の日の消毒も「休用ができて」
といってキャンセル。

平然としています。


歯を持ち帰るために「歯」ケースに入れてくれました。
d0061968_11513782.jpg
by satoimolove | 2006-03-12 11:51 | reports

森のお仕事

satoimoです

う~ん 夜中だ。早く寝なくては…
でも記憶が新しい時に書き記しておきたい事が。

昨日3回連続で行なわれる、森林環境教育のセミナーに参加してきました。
昨日は第2回目。
いつもお世話になっている方が講師、進行役だったので、お食事会までお邪魔しました。

お食事会には、たくさんの森林環境教育に携わるかたが集まりました。
インタープリターとして活躍されている方も多くいました。

もともと、森林ボランティアなどの経験はないのですが、インタープリターという仕事にあこがれていて、今回はプロからその仕事の醍醐味を聞くよいチャンスでした。

インタープリターやファシリテータ-は非常に多様で、おそらく私が体験していないような
ワークショップがこの世に五万とあるようです。

<以下忘備録>
印象に残っているお話は
1.森林環境教育の更なる社会化が必要→介護のように、法の整備や行政・企業の積極的参入 が欠かせない。
2.現状では行政と実践者(インタープリター)・コアな参加者に温度差がある。
 特に行政が現場への理解がなく、森林環境教育への意識が低い場合が多い。
 →この温度差や乖離を埋めるためにプランナーが必要。
3.森林環境教育に携わる人々・仕事に正当なコストを払おう
 →充分に食べていけるだけの、労働環境に!

話は途切れるけど別の意味で印象に残っている話は

1. 究極のファシはその人の「存在だけ」でうまく、場が回り、よいプロセスで、よい結果を生む。
2. naknishiさんというプランナー、kuniちゃんというファシリテーターの方はすごい人らしい。
3. インタープリター アウォードをやろう!


今日の教訓:飲み会の席では動ける位置に座ろう。動ける位置で、全体を見て気を配れる人は、「仕事ができる」という印象を周囲に与えるし、「印象に残る人」になる。

転職前にもった夢・目標はもの言う百姓=農村(里山)のインタープリターになる事
だ。実践者の立場で、その土地の自然・文化を伝える。興味のベクトルは今も変わらない。

そしてもう一つ変わらないもの青梅が好き。
奥多摩での活動を講師の方から聞いて、とっても懐かしく、そしてわくわく
しました。

どうやって夢をカタチニするかはまだ具体的ではないけれど。
この日の夜は自分の気持ちに正直になれたと思います。

satoimoは何をしたいの?
oumeで里山の暮らしをしながら、インタープリターとして生きていきたいの。
ここは好きだし、ぼくの大きな理想「地域での衣食住の自立」も可能だと思うんだ。

あー マスターベーション的で、幼くて、現実が伴っていなくて、
恥ずかしいけど正直な気持ち。

おやすみ☆
by satoimolove | 2006-02-10 00:05 | reports

パートナーとダメンズ

satoimoです

仕事のパートナーが決まりました! うれし涙です。

パートナーが決まった夜、飲み会の席で「恋愛系パートナー」について話が展開。
仕事のパートナー選考で戦った友人に「satoimoはダメンズウォーカーだよね」
と言われました。
私は「ダメンズウォーカー」自体を知らず
「??」
だったのですが話の流れからなんとなく理解。小バカにされてるな~と思い
総合的な判断をしていないという点についてのみ反論しておきました。


飲み会から数日たった今日、妙に「ダメンズウォーカー」が気になったのでネットで検索したら、
週刊SPA! に連載されてる倉田真由美さんの漫画に関連する言葉であることがわかりました。
「ダメオトコをつかんでばかりいる女性」のことを「ダメンズウォーカー」と言うらしいです。

ちなみに「だめ男」とは
■働かない(カネがない)
■愛想がない(つきあいベタ)
■甘えん坊(マザコン)

ダメンズウォーカーぶりをチェックするサイトも出てきました。
http://www.geocities.jp/brier_gate/fortune/mondai25.html

わたしはダメンズウォーカーチェックでは「Fタイプ」だそうだ。(ほかにどのタイプがあるのかわからんけ
ど)↓
『 男性とももちろんうまくつき合えるのですが、男性というだけでは特別
視しないタイプです。明るい表現力のある人が多く、その割にはしっか
りしていて、精神的にも自立しています。ただ、価値観も多様なものを
受け入れるので、人によってはダメンズさえも受け入れてしまうときは
あるでしょう。でも、多分長続きはしません。別の価値観が台頭して、
早いうちにイヤになってしまうからです。 』

正直、あたってると思います。

最近、「ダメンズウォーカー」にしろ「負け犬」にしろ女性の恋愛や結婚に関連した、“ある状態”について格付けして楽しむ風潮がある気がします。しかもそう定義づけらた女性の側も楽しんでる。
好かん!
こういう言葉を作ったり流行らせている人は何か
恋愛や結婚について「こうあるべき」という理想?基準を持っていて
それに外れる人をネガティブな呼び方でカテゴライスしている気がしてなりません。

女性の人生に多様性を!
by satoimolove | 2006-01-11 00:42 | reports

徒然日記

satoimoです

佐渡に住む友人からもらったメールに涙。持つべきものは友達。
そんななか返信よりもblogに走った自分がよくわからない。

今日はポランの宅配が届く日。
箱を開けるとくだもの野菜セットとオーブリーの化粧水とくろうさぎのごまさつまが
入っていた♪

ここ1年以上手作り化粧水をつかっていたけれど、潤わないことこの上なし。
もともと肌質はドライなのでもう限界。
ローザモスクエータフェイシャルトナーに復帰しました。

最近、耳が痛い。触ると「ずきん」とする。両耳ともそうなんだけど、何が原因
なんだろう。
手相では事故や病気にはちょとやそっとじゃ悩まされないらしいから、気にしませんが…

明日は友人のウェディングパーティ。彼女は結婚して私と同じ姓になった。
部活内で約10人中
3人が鈴木だ。短大のときはクラス60人中10人が鈴木だった。ご先祖さまには
申し訳無いけど小さい頃から変わった苗字にあこがれていました。鏑木さんとか
伊集院さんとか。
ちなみにうちのおばあちゃんは大部さんだったらしい。けっこう珍しい苗字だよね。
そういえばうちの相方もwakanaも、箕輪だから結構珍しい苗字だ。いいないいな。
でもそのうちOheさんになっちゃうのかな(笑)

今日はポッキ-の日A SEEDの事務局の仲間が集まる日なので
みんなにポッキ-を買おうとファミマに。しかし、1つもない。さすがポッキ-の日…
トッポとプリッツで代用しました。
さつまいものプリッツは特においしかった☆

大好きな佐渡のけいちゃん。柿を収穫。豊かな生活を送る素敵なひとです。
by satoimolove | 2005-11-12 00:28 | reports

何度でもHappy Birthday

satoimoです

理事会合宿明けの月曜日。秋の日差しを感じつつ、音羽邸でちょっとゆっくり中。
午前中は台所の流しの下を整理。そしていろいろは豆を買っているので
それをディスプレイするために瓶を洗って乾かしました。

さて、理事会合宿でも理事とオブザーバーで参加してくれた仲間がメッセージと
きのこの山とたけのこの里のケーキ(手作り?)、そしてスパークリングワインで誕生日をお祝いしてくれました。ありがとう!!!(涙)

26日にも祝ってくれたmicchonが
「何度でもHappy Birthday」
と書いてくれてたな。そのメッセージを手にもつmicchonがとっても素敵でした。
惚れるぜ。

去年の理事会合宿、あのときは失敗だらけで申し訳無い気持ちでいっぱいだったな。
何もできなかった。(絶対忘れません)
それでも理事のみんなは僕を元気付けようと誕生日を祝ってくれたな。
ほんとにありがたいです。


恩返ししなくちゃです。

理事会合宿でいただいたケーキ(右)と川辺川ツアー報告会あとにいただいたケーキ(右)

d0061968_2395048.jpg
d0061968_23153872.jpg

by satoimolove | 2005-10-31 14:01 | reports

川辺川ツアー 徒然 思ひ出日記

satoimoです

川辺川ツアー報告2回目。

今日は川辺川ツアーでお世話になった人々へお礼の手紙を書いています。
(こんな時間がいつも作れるようになりたい…)

旅に出て、泣いたり、笑ったり… いろんな場所で感じて、表現する過程で
心に残る言葉 「旅語録」が生まれるんだな と改めて感じております。

なので今日はこのツアーを通してぼくのこころにずし~んときた、大切な先達の言葉を
書いておこうと思います。

■NO!と言える人間になろう(Yさん)

今回のツアーで地域独特の言論の不自由さにもどかしさを感じました。
そこで育ち、地域の人々にお世話になり、人脈を広げる…
たくさんの成功も生むけれど時に、「NO」を言えない壁にぶち当たることもあるんだな。
でも
「どんなときでも自分に正直にあれ。本質を見失うな」
そう教えてくれたとぼくは思っています。


■お互いがんばりましょう(Kさん)

何度も言ってくれた。なかでも東京に帰ってから電話で聞いた「お互いがんばりましょう」
が一番こころにずし~んと来たな。強くて、あったかくて、クリエイティブで柔軟で … 
そして元気。そんな五木の母にあこがれます。


■生きるために働く(Jさん)

「働くために働いていないか?」
何のために働いているのかを問われた瞬間でした。
家庭をもつと家族のために働く、必死にね。
今のぼくは、ぼく自信さえ養えればいい。でも他の誰かと暮らすようになったら
もう「ぼく」はぼく一人ではなく、ぼくの体も一人のものではない。
だから「健康に働けることに感謝しろ」とも言われた気がする。
年を重ねたり、家族を持つことで働く意味もどんどん変わっていくんだな。


■ずっと一緒にいたか~ と思った人と結婚すればええ(Jさん)
シンプルで本質的で、とっても素敵なことば、そしてこの言葉を聞いたとき、とても心地よい
空気感でした。
年下のメンバーとのツアーだったので特に歳のこととかでいじられ、う~ん 四捨五入すれば30歳。簡単に「30歳+未婚+子なし=負け犬」になれちゃうじゃん。とか考えて心のどこかであせっていた気がする… (負け犬というのは差別的で嫌いな言葉だから使いたくないけど)

そんなときにこの言葉。一緒にいたい人と一緒にいる、それが結婚。
そうだよね。それが幸せだよね。


「縁を絆に変える」これがぼくの今回のツアーの目標の一つであり、達成された
事実でもあります。このことばを3年前にくれたHさんに感謝してます。とっても。


今日はこれまで!
by satoimolove | 2005-10-17 23:43 | reports

初九州はダムの旅

satoimoです

10月6日~10日にA SEED JAPAN活動会員10名で熊本・川辺川ダムにて現場体験ツアーを実施しました。
ぼくにとって初めての九州・初めての熊本語。「ばってん」の使い方が少しわかったかな。

問題はかなり複雑。それを超はしょって書くと
1.ダム計画は40年も前に持ち上がった。
2.ダムに沈む村 五木村で反対運動が起こるも、さまざまな圧力により
 やがて村として「ダム賛成」の立場をとるようになる。
3.川辺川下流域の漁民、農民が反対運動を展開。利水計画に伴う土地収用申請を国土交通省が取り下げ 事実上、ダム計画は白紙に。
4.現在も国土交通省は新しいダム計画を提案しようとしている。誰も望まないのに…
 五木村も「ここまできたらダムを作ってくれ」という姿勢。でも村の人の本音は…

という感じです。

詳しくは別の日にじっくり書きたいな。
でも今書かなきゃ感動がさめてしまう!

と、忙しいのにここまで書いてしましました。
by satoimolove | 2005-10-15 11:01 | reports

ごぶさたしておりました

satoimoです

大変ごぶさたしておりました。
ここ数週間いろんなことがあったな。

7月の末
フジロックでビール販売

8月 13-14日
サマーソニック東京でビール販売&リユースカップキャンペーン
そして食中毒発生…

8月15日 終戦記念日
仲間が渡米 しかし見送れず。見送りに行けなかったのに逆にハンドドラムをもらいました。
涙 

8月18日~22日
夏休みの予定が食中毒事件の対応のため事務所に残ることを選択
アースセレブレーション@佐渡に行く予定でした。
wakana&Hiroichi楽しんでるかな~

8月20日
久しぶりいにREという美容室(元SHARP)@駒込で髪を切りました。
18の頃からぼくを知る栗田さんは何も変わっていなかった。
多分もうすぐ40歳になる人だけど教習所に通い始めたとか。

人生の節目だな~と思うと
栗田さんに髪を切ってもらってる気がする。
行きつけがあることがちょっと自分の中でうれしい…






d0061968_22321253.jpg
by satoimolove | 2005-08-21 09:51 | reports

つれづれ日記

7月11日(月)
昨日は仕事(理事会)でした。
いい天気だし、代々木公園ではアースガーデンがあったし、心が遊びたがってた。でも月に1度の組織にとって大事な理事会。しかも今回は僕の仕事振りが評価され、来年度の事務局長をどうするかという話がされたのだ。(評価に関しては、おおむね良好、課題は「これとこれ」とスーパーバイザーから結果報告を受けた。)
他にもいろいろ報告や討議があったけどそこそこ予定通りに終了。(毎回13:00~19:00 6時間!耐久なのです)これまで理事会といえばいろいろ壁にぶつかって先が見えにくかったり、憂鬱だったりしたけど、それだけじゃなくて自分でも少し成長できた感をもてた理事会でした。もっと理事会を楽しまなくちゃね。

理事会後少し仕事をして、昔のチームの同窓会があったので
そこに飛び入り参加。A SEED JAPAN(ASJ 僕の勤めるNGO)でいろんな体験をして成長して社会で活躍し、そして今もASJを愛してくれている仲間。なかなかないよね。こんな素敵な関係。
余っていたビールを友人についでもらい一口ごくっ…
妙にうま~い!(ビールはあんまり好きじゃないのに)

相変わらず、朝起きるとどきどきして食欲がないけど(小心者なので)仲間がいることを大事にして心の支えにしてお仕事がんばります。

今日はお休み。朝から妙に寂しくて、アースガーデンで会いたかった青梅時代の友人にアポを取った。夜、会ってくれる事になった。とってもうれしい。不安なんだよきっと。SNOOPYが手放せないもん。
by satoimolove | 2005-07-11 12:28 | reports