カテゴリ:reports( 59 )

「日本の青空」

wakana@最近、「お寺が変わってきてる?」と思う、です。

音羽邸がお寺の正面にあるんでなおさらそう思うのかもしれませんが、

高層化していく町中でひっそり佇むのをやめ、自己アピールし始めたように感じます。


TBC(東京坊主コレクション)実行委員会なるものもできているらしい。



ところで、本題。久しぶりに映画観ました。築地のお寺で。

日本の青空

ふと、日本人にとって、本当に戦争が終わったのはいつだったのだろう、と考えました。

1945年8月15日だと思いますか?
私はこれを見て、1947年5月3日かもしれないと思いました。

終戦直後の日本では様々な知識人が憲法草案をつくりGHQに提案したそうです。
その映画によると、当時の政府が提出した草案は帝国主義を保守していたため
GHQによって跳ね返され、逆に治安維持法で捕らえられた第1号の憲法研究家が
中心となって作成した草案の民主性にGHQが共感し、それが土台となって
1947年5月3日、今の憲法ができたそうです。

その憲法のもとに内閣、国会、裁判所、様々な法律が機能することができるようになった
んですね、日本は。小学校の授業で聞いたそのままなんですが、私は映画観て始めて
実感が沸いてきました。


治安維持法などを廃止指示したのもGHQで、当時の連合総司令部(GHQ:ほぼアメリカ)
がまともでよかったと本当に思います。ただその当時、日本がそういう平和な国を求めて
いたという背景ももちろん重要なのだと思いますけど。



映画上映後に聞いた本願寺僧侶の言葉がいっそう胸に響きます。

「非暴力に勝るものはない」

折りしも、ミャンマーでは僧侶が中心となって実施された非暴力デモが、
無惨に市民や僧侶、ジャーナリストが軍政の犠牲となって抑圧されました。
不条理である。


でもその不条理な軍政と民主的であるはずの国「日本」との繋がりはないのだろうか。
自分の無知を恥ずかしく思います。


仏教は、「すべてがつながっている」という思想が根本にあるそうです。
歴史と未来、祖先と子孫。はじめて出会う私と貴方。
日本内外で起こる不幸な出来事や自然現象と自分たちの便利な生活。

その繋がりがすべてHAPPYであるようにしたいと思いました。^^



ちなみに、築地本願寺はほかにも社会問題や環境問題をテーマに呼びかけを行ったり、
寺の敷地内に「ソトコト」が経営するカフェをオープンしていることが注目されています。

お寺業界も変わってるんだなぁと思いました。
「築地本願寺」

大阪にもおもしろそうなお寺があるみたいで気になっています。
劇場寺院「應典院
by satoimolove | 2007-10-03 03:21 | reports

東京タワー

satoimoです

映画 東京タワーをみてきました。
なぜかたまーーーーーーの休みに
たまーーーーーーに映画を見にいくのですが、なぜかいつも雨です。

この映画は切なさに惹かれて見に行ったのだけれど、案の定でした。
まーくん(オダギリジョー=リリーフランキー役)がおかん(樹木希林)の手を引いて歩くシーン。
映像がスローになって
どば〜 と涙ですよ。もう。
そのほかにもおかんがまーくんの額に入った卒業証書をいとおしそうに拭くシーン、
高校から大学を目指すときのごちそうを囲む2人のシーン
位牌を持って東京タワーに登り、元彼女と東京を見渡すシーン
全部全部ぜーーーんぶ 泣いちゃいました。
きっとこの映画を見ると、誰もが愛をかけて育ててくれた人に「孝行せねば」、
と思うと思います。

そして泣く映画は特にひとりで見るモノです。ハイ。
by satoimolove | 2007-04-16 23:35 | reports

☆★お気に入りに追加☆★

wakanaです。
satoimoがまじめな話が多いのに対して、私はろくでも無い話ばかり。
ちょっと恥ずかしいです。

実はわたしは40代男性との付き合いが結構多い。
最近気づきました、彼らは概してバブリー精神の強い方です。
バブリーな頃に青春を送られ、今もプチ青春を謳歌している、といったほうが正しいです。
とにかく熱いです。でも一見クールに見せかける方も居ます。

そんな方々に面白いほど共通して言えるのが、「エコスタイルを相容れない。」
拒絶する人や物珍しそうに見る人など様々。
でもとにかくエコスタイルを実践はしないのが私の周りの40代男性。
それは彼らのポリシー。ライフスタイル。
だから今更否定などしないし、それが似合ってる気もします。

ただ、時勢が人に与える影響って大きいんだなと思います。
特に10代後半から20代前半の頃の環境。
下手すると永遠に20代前半のワールドをキープする方も居ますから、
ホントに大事だと思います。
景気はもちろんテレビとか映画とか音楽とか、はやった社会問題とか。

そんなこんなで、私は今日銀座ガード下の飲み屋へ40代(一応)紳士方と行って、
例のごとくマイ箸を徐に取り出したわけです。
「そんなことしてもほんの一握りだよ(変わらないよ)」とTVプロデューサーのM氏。
「第一、割り箸使ってくれなきゃ山も困るんだよね」と、北海道で山を管理しているY氏。
ちょっとYさん、日本の割り箸の9割以上は中国からの輸入、原材料の一部はロシア産という話もありますよ。一方、ロシアや中国は伐採のしすぎで荒地化が深刻です。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0113&f=column_0113_002.shtml私、Yさんの山の木で作った割り箸だったら喜んで使います!


d0061968_2473439.jpg
ちなみに、昨日ダンス仲間から木のスプーンを貰いました。(写真左から5本目)
隠れ「木スプーン」マニアの私としては、このスプーンの使い心地、最高です。
私は割り箸云々よりも、まず、「マイ=お気に入りの」という点、重視です。
じわりじわりとフォーティエイジャーにも伝わればいいなと思います。
by satoimolove | 2007-04-13 03:10 | reports

キャンドルに火を灯す

wakanaです。

先ほど28歳になりました。

いつもはなんだかそわそわしてしまうのに、

今年は静かに、穏やかにその時を迎えました。

お誕生日祝いに、素敵な花びらの形をした桃色のキャンドルを

友人から貰いました。歳の本数だけ並べるろうそくはもう必要ありません。

ケーキに乗り切らないから・・・ではなく。

歳の数なんか関係ないから。


たぶん何と言おうと、負け犬の遠吠えにしか聞こえないでしょう。

でもやっと心からホントにそう思えたんだ。

歳の数より、経験の数。感動の数。愉快な仲間の数。

それが人生。っな~んつって。(恥;)


今日一本の花びらのキャンドルをもらったけど、

それはホントに素敵できっと火を灯せば周りの世界も幸せにしてしまいそう。

そんなキャンドルに私もあやかりたいとおもって

勿体なくてまだ火は灯せてません。

私が28歳に相応しいほど成長できたと納得したら

そのときにそっと火を灯そうと思います。

どどん。

d0061968_2203152.jpg
by satoimolove | 2007-03-29 02:21 | reports

東池袋大勝軒

satotimoです

東池袋大勝軒が今月20に閉店! というニュースをwakanaからきき
2人で自転車でいってみました。土曜日だったのでものすご〜く長い行列。
私は仕事に間に合わないとおもい断念。wakanaも並ぶことを一度は決心したが断念。

そして昨日、お休みを利用して再びチャレンジ。
寒い中かな〜りの時間並んでしまいました…
道行く人がみんな「ものづきだね」という感じで顔に
笑顔?嘲笑?を浮かべて通り過ぎていったな。
おまけにフジテレビの取材も来ていました。芸能人も食べてたみたいでしたな。

寒くてず〜〜っと立って待っているのはつらかったです。根性だ! とおもいました。でも大将にもあえて良かった。最初で最後。元祖大勝軒の味に舌づつみを打てた幸福感は何事にも代え難い。



d0061968_7365148.jpg

d0061968_7373592.jpg
by satoimolove | 2007-03-14 07:37 | reports

JANJAN

satoimoです

インターネット新聞JANJANに活動が紹介されました。

http://www.janjan.jp/living/0703/0703030992/1.php
by satoimolove | 2007-03-05 10:15 | reports

脚がつる

satoimoです

最近、脚がつります。しかも慢性的に両脚が。
口も異常に渇くので、かかりつけの近くの医院に行きました。

風邪の症状もないのに口が渇くのは、糖尿病?
ということもあるので、一応血液検査。

脚がつるのもよくわかりませんでした。
が、医院からかえってから腰が痛い、頭が痛い…

おそらく原因は眼精疲労→首がこる→肩・背中がこる→腰が痛くなる→
バランスが悪くなってきて、脚がつる。しかも顔が痛い上にむくんできた〜〜
(だからPCにむかってblogを書いている場合ではないのですが)
つまり、過労。そしてうまく血が巡っていないのだよね。

とりあえず本日は、
1.PCを見ないことに=仕事しない
2.足湯をする、首をタオルで温める

今後、友人に整骨院を紹介してもらったので行ってみよう
と思います。
by satoimolove | 2007-02-20 09:56 | reports

cut

satoimoです

今日は髪を切ってきました。といっても整えた程度ですが。
必ずカットをお願いするkuritaさんにいつも、
わたしの髪は多いからというけれど、そうではないといわれます。
絶対多いんだってば…。
重いから切りに来てるのにー

でもひとつ、kuritaさんが安心させてくれたことがありました。
1月に友人が肩・首こりに悩む私の首と頭をマッサージしてくれたのですが、そのときに「さとっち、頭皮がむくんでるよ。医者に診せた方がよいね。」とまで言われました。
なんとなく不安だったけれど、生まれてこの方、この頭皮だよなー
と思って、何もしませんでした。

今日、シャンプーをしてもらっているときに、頭皮の柔らかさ?
むくみ?についてkuritaさんにきいてみよう! とおもいたち、話してみると
「これはむくみではない。むしろ柔らかい方が頭皮は健康。むしろ堅いと髪が
育ちにくい。」とはっきりいってくれました。
安心しましたー

私は手足も異常にぷくぷくしていて柔らかく、太いのできっと
頭もそうなのだ。

あー すっきり。
by satoimolove | 2007-02-11 19:04 | reports

あれから一年

satoimoです

昨年の新年の自分の文章を振り返ってみました。
________________
<06年正月>
今日から事務局長になりました。
勝手に緊張してます。身が引き締まるとはこのこと…

仏様にお線香をあげるときも初詣の時も
いつも「無」になるのですが、今回は仏様への感謝のことばと「一意専心」
ということばが心をよぎりました。

<07年正月>
→緊張することに悪いことはなかったように思います。
「一意専心」ここ数年はそれにつきます。
そして昨年は「解放」の一年でした。
ことしは、加えて「自立」の一年にしたいと思います。
by satoimolove | 2007-01-12 01:20 | reports

十和田の白鳥

satoimoです


d0061968_0534777.jpg
by satoimolove | 2007-01-12 00:54 | reports