カテゴリ:reports( 59 )

あんこの記事にコメント

satoimoです。

wakanaとの交換日記的記事投稿です。
今年も小豆を植えましたのでまた来年あんこにして送ります。あずきは比較的世話がいらず、発芽率もよく家の肥えていない土地でも育ちます。

小豆や他の野菜に加え子どもも産み、育てるチャンスを現在与えられております。
産休にはいりました。夏だから、社会人になって初めての長〜い夏休みみたいな感じです。

まちを歩いていると「臨月とは思えない(くらい小さいお腹)」と言われてしまいますが、お子様は問題ない大きさに育っています。
パートナーは私(妊婦)のからだの状態を「メタモルフォーゼ」とよく表現します。
「メタモルフォーゼ」てこういう風に使うのか… 調べたらドイツ語だった。
1ヶ月くらい前に撮ったお腹の写真(一部切り取り)を添付します。
いまはもうちょっと大きいです。

d0061968_16551981.jpg
by satoimolove | 2013-07-29 16:56 | reports

小川亭→音羽亭

satoimo から、小川町の畑で育てたであろう自給100%小豆が届きました。

わたしの大好物を 彼女は知っています。

誕生日に届かず、お中元。
今年は体調の都合などあったんだよね、きっと。


畑に種をまいて育てるところから、
この贈り物は始まってたんだとおもいます。

そう思うと なんと心のこもった贈り物なのだろう。
感動!!!(涙)

その年月をかけた友の気持ちと、大地の力に感謝します。


その土地で、元気な子供を生み、育ててください。

Thanks!!

OTOWA亭からOGAWA亭 へ

wakame

d0061968_13142771.jpg

by satoimolove | 2013-06-15 13:16 | reports

さとっち畑 夏

satoimoです。

もうすっかり秋の空気です。
畑の草の勢いもなくなってきて、ああ、もう冬支度を意識しなければでしょうか…

その前に夏の畑レポートです。
今年は自由人だった4、5月に畑を拡大し種まき、種まき!
7月から現在までほとんど野菜を買わずに生きていまーす!

さとっち畑 夏の収穫物:ミニトマト2種、モロヘイヤ、葉ねぎ、じゃがいも、なす、ゴーヤ、バジル、とうもろこし、四葉きゅうり、にんにく、落花生、かぼちゃ(自生)、ミント(自生)、ニラ(自生)、みょうが(自生)、しそ(自生)、アスパラガス、しょうが

これから:さつまいも、さといも、小豆、大豆が採れる予定です。

d0061968_2020224.jpg


d0061968_20215076.jpg

d0061968_20285243.jpg


d0061968_20292884.jpg


d0061968_20295986.jpg


d0061968_20304167.jpg


かぼちゃはコンポストからにょきにょき出てきて見事に実りました!超たなぼた。
しそ、みょうが、にら、ミントは自生だから土地に合ってるんだな。
肥料などは投入していないので自然農法かな。
でも種はほとんど買ってるし、トマトは苗を買ってきたし、そういう意味では自然農法じゃないな…

チャレンジ+再チャレンジしたいもの:カモミール、ひまわり、コリアンダー、ごま、しょうが(ほとんど発芽せず)、
オクラ、ズッキーニ、緑なす、ブルーベリー、すもも、お米!

現在:たまねぎ、はくさい、ブロッコリー、人参、赤ダイコン、下仁田ねぎの種まきをして育苗中。
赤ダイコン、台風前に撒いたら見事に本日発芽してくれました。

とりとめなく書きました。目的は、昨年より前進しているさとっち畑を記しておきたかった、ただそれだけです。
それと
「さとっちは忙しそう」といつも言われるのが最近(以前から?)の悩みです。
畑の面倒を見て料理して、お弁当を作っていくくらいの暮らしはしています。前より精神的にも物理的にも余裕があると思ってるんだけどな。忙しそうかな?神出鬼没とも言われるし。
とにかく仕事ばっかりしている訳ではないですので。って誰に言ってるんだか…
by satoimolove | 2011-09-23 20:44 | reports

びーチャレ!麦畑とさとっち畑

satoimoです

あくまで自分が食べる分しかできていませんが、
さとっち畑、今年は昨年に比べ、ステップアップしております。
現在採れているのはほうれん草、ルッコラ、小ねぎ、スナップエンドウ、にんにく

そして、今日は、グリーンサンバーくんで「初」ドライブ!(生きて帰って来れてよかった… 
別に危ない目にはあってないよ)一番に、麦畑に行ってきました!

ということで、畑の写真をくっつけます。

d0061968_21264612.jpg


里地区のびーチャレ!麦 週末は麦刈り。晴れますように…
d0061968_21244139.jpg

初のニンニク収穫。ちょっと早かったかも… 今 干しています。
d0061968_21275411.jpg

しおっち野菜にさとっち野菜を加え、サラダに。
d0061968_21294628.jpg

庭に大量の矢車草が自生しています。青、赤、ピンク 色とりどりでうつくしい!
by satoimolove | 2011-05-30 21:34 | reports

satoimo畑 夏から冬まで

satoimoです。

すっかり、レポートをお休みしていましたが、写真でsatoimo畑と小川での仲間との農作業やら何やらを記しておこうと思います。

■8月初 シソジュースづくり
d0061968_21521912.jpg

d0061968_2151867.jpg

かってに生えてきたシソでシソジュースをつくってみました。
いつも草取りをしてくださるお隣のおじさまにもバジルペーストとともに御礼として届けました。
30分も煮だすのとクエン酸の威力(程よい酸味とさっ!と色が変わるところ)には驚いた〜

■9月 稲刈り
d0061968_21562023.jpg

隣人Oさんらの田んぼの稲刈り。草取りと田植えもした田んぼなので、愛着あり。
最近、精米していただいたお米をいただきました。コシヒカリのわりにはさっぱりした味?
Oさんらの苦労の結晶ということで、ありがたくいただいています。
やっぱり「いただきます」の時にお隣に感謝の気を送るようになるね。自然と。

■10月 フェアウッドリフォーム
d0061968_2112642.jpg

d0061968_212986.jpg

d0061968_2122931.jpg

d0061968_216525.jpg

小川で研修し半農半NGOを始めたNさん宅のリフォームをお手伝いし始めました。
フェアウッドキャンペーナーの家らしく、国産材を使い、セルフリフォーム。
お昼はパートナーKさんのお味噌汁やおにぎりとお手伝いをするメンバーの持ち寄りおかず!
フェアウッドについて
http://www.fairwood.jp/
d0061968_2182872.jpg

山できのこの栽培や採取を始めた友人がたまごだけをもって現われた…
おいしいらしい。見た目はとってもメルヘン♡

■11月
satoimoの子どもが生まれました。
d0061968_21173650.jpg

感無量でございます。
来年はもっと土寄せをして、大きくたくさん育てるぞ。
親戚?d0061968_213336.jpg

さつまいものほうが出来は良かった… 結構大物ぞろいです。



d0061968_2122877.jpg

紅葉もしてきました。四季を通して美しい!
にんにく、日本の売れんそう、ブロッコリー、万能ネギが現在畑で育っています。
本日、友人とともにほうれん草を初収穫!サラダでおいしく食べました。
by satoimolove | 2010-11-23 22:01 | reports

幸福そうでした。

wakameです。 d0061968_11595178.jpg



先週、ミュージカル仲間(同士)の結婚披露宴に列席しました。



雅叙園 「鷲の間」。

能舞台に新郎がひとりで登場(バックミュージックは「水戸黄門」の人生楽ありゃ~)
そのあとに赤い着物をまとった新婦がモデルのように登場。
新郎が袂から一眼レフを取り出し、参加者を背景に撮影大会。

世にも珍しい披露宴のスタートでした。


d0061968_1201744.jpg



あ、ちがった。


d0061968_1204552.jpg




AKBとシャシャシャも駆けつけました。
d0061968_1222415.jpg





会場はベイビーがたくさん。  
なぜなら、ミュージカル仲間同士で結婚して
そういうことになっているから。  
d0061968_1264861.jpg
d0061968_1263351.jpg



これがコモンビート理事長。 
d0061968_122211.jpg


8月に生まれたベイビーとともに。
お嫁はん、5年前に一緒に舞台で踊ってたけど、
まさかこんな未来になるとは微塵も予測しなかったなぁー。



それに、この日パーティーに来てたダンス仲間の夫婦は
その4日後にベイビーを出産。

ミラクルハッピー。。


d0061968_12361696.jpg

親友の子供を軽く肩ぐるまする Mっちゃん。
パパの姿が垣間見えた(?)


いつも隣にいた友人が 双子を授かったあの笑撃からもう4年かー。。。



ミュージカルの曲の歌詞に、
「残されたこの命は自分だけのものじゃない。」
「受け継がれてきた僕らの鼓動、きっと未来につながっている」


というくだりがあります。


友人たちは、リアルに鼓動を未来に受け継いでいるなぁと感動しました。

(感動してる場合じゃない!!ってつっこみが聞こえそう。 > < )


愛をこめて花束を!!
d0061968_12171226.jpg

by satoimolove | 2010-10-03 12:26 | reports

これ、いなかからのお裾分けです


satoimoです

まじで、本を読む限り、「これ、いなかからのお裾分けです」の著者 福ちゃんに惚れました。

たぶん、私の親世代は当たり前に体験してきたことだと思う里山の暮らし。
それをこれでもか!と言うほど愉しみ、純粋に大きくなってきた(ような印象を与える)著者。
それを経験するチャンスだけでなく、楽しみながら生きる技を自分の物にしてきたセンスは素晴らしいと思います。
小さい頃から、里山の暮らしを余すところなく楽しみ、探求してきた、福ちゃん。
今は高知大学 マスターの学生。
将来が楽しみです。

「これ、いなかからのお裾分けです」はこの秋、satoimoおすすめの一冊です。
この本を紹介してくれたKさんに感謝!

南の風社
「これ、いなかからのお裾分けです」
http://www.minaminokaze.co.jp/159.html
by satoimolove | 2010-09-20 21:30 | reports

ISO 26000



satoimoです

日経エコロジーをパラパラめくっていたらこんな内容の記事が。

「ISO26000 社会的責任に関する国際規格年内発行の見通し。
CSR活動を見直すための基準となる。SRIの評価基準にも影響を与える。
ISO26000に基づきCSRに取り組むと資金調達しやすくなる。
日本経団連は26000を参考に「企業行動憲章」を改定する予定。
日経エコロジー 2010.10」

数年前、この基準づくりにNGO関係者(確かOXFAM)も参加していました。そのISOの会議に参加されていた方からISO26000について話を伺ったことがあります。このISO26000はSR(社会的責任)に関する国際基準なので上記のような企業にまつわる話、と言うだけではなく、NGOにも当てはまるものと言う話でsatoimo的にも注目していました。
近年、日本の非営利組織も力をつけてきていますから、ISO26000の発行によって企業と似たようなメリットも緊張感も生まれてくるでしょう。
資金調達の点では寄付獲得への影響ですし、助成金や企業とのコラボ事業にも関係してくるかもしれません。

ISO国内委員会
http://iso26000.jsa.or.jp/contents/document.asp

NGOの動き
http://www.sr-nn.net/
by satoimolove | 2010-09-20 21:18 | reports

夏休みが終わりました。

d0061968_0113832.jpgwakameです。



ここ半年ほど夢中になってきた富山県利賀村でのアート展プロジェクトが終わり、

夏休み明けの小学生のように、まだ夢うつつな日々を過ごしています。



上畠アートとは*
富山県旧利賀村の上畠集落(住民34人、平均67歳)にて開催されたアート展。北陸のアーティストが40名ほど参加し、各々の作品を集落の民家や空き地に展示しました。

わら路プロジェクト」=「和」や「地域」「自分興し」「表現」というキーワードに関心の高い東京の若者で構成される=は、このアート展のなかで、誰もが童心に返る「野っぱら秘密基地」をつくるほか、アート展全体を楽しく周遊できるよう、この地域に伝わる民話を織り交ぜた「スタンプラリー」、来場者がつくる「口コミMAP」を 実施しました。

日程:2010年8月20日(金)~22日(日)
会場:富山県南砺市利賀村上畠地区
公式サイト




かつて陸の孤島と呼ばれた県境の山集落へ移動も毎月大変でしたが、
数えきれぬ方々からのおもてなし・お心遣いをいただきながら、
毎回楽しく通うことができました。


そうしてお世話になった村の方々、作家の方々、応援団の方々、メディアの方々、
わら路プロジェクトの仲間たち。一緒に紡いだ記憶が、なによりも宝です。




d0061968_8585290.jpg





直前まで「このままで本当に大丈夫なのか」と不安がつのっていましたが、
終わって残ったのは 「やっぱりやって良かった」 という達成感、
いっぱいの 「ありがとう」 という感謝の気持ちです。



最後、打ち上げの席で南栃市の市長が突然、

「君の幸せはなに?」と聞きました。


「幸せ・・」


このアート展を通して、たくさんの方々と感動を分かち合うことができたのが、
なによりも「幸せ」です。




d0061968_925541.jpg

第1号スタンプラリー完走者と作家さん。スペシャル秘宝をプレゼント!
 (作家のイラスト入り蛭谷和紙うちわ)






「みやきかつふみのつぶやき」
http://www.tulip-tv.co.jp/new_site/announcer/miyaki/?p=2056
(当日は生中継まで盛大に、ありがとうございました。)

「南栃里山博2010」
http://www.nanto-satoyama.jp/
(思い出PHOTO→ 8月20~22日「上畠アート」/8月22日「百姓塾」にも参加しました。)

いちぷろ日和
(わら路プロジェクトの主催団体ブログです。)



利賀村のお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、まだまだ笑顔で元気いっぱい
暮らしてください。



ありがとうございました。
また遊びに行きます。


wakame
by satoimolove | 2010-08-25 23:23 | reports

塩見語録

satoimoです

前回のエコビレッジ国際会議で得た、刺激あるお言葉「塩見語録」を書き留めます。

塩見さんとは
http://www.towanoe.jp/xseed/

[塩見語録]

■農ある小さな暮らし

■感受性 センスオブワンダー
→エックス力UPのための大事なこと:感じ、考える時間をたくさん持つこと(センスオブワンダー)大好きなこと・自分のテーマに一万時間積んでいく。

■綾部の新聞 高齢者の70%が読んでいる。記事が掲載されるとあたたかい手紙が届く。
→思いがけない出会いとエンパワーが生まれそう。

■自分キーワード 3つをあげて見よう
→農、つなげる、action
Xはだれかをプロデュースしたり輝かせることでもいい。

■何に時間をかけてきた?
→これは「自分レビュー」に大事な気づきを与えてくれるキーワードだ〜
satoimoは何に時間をかけてきたのだろう…
英語…上達が遅いからってだけだけど。
調理…毎日のストレス解消は調理することですから。
読書…個々数年はNPOマネジメント、有機農業運動、グローバリゼーション、フェミニズム系、ビジネス書を読むことが多かった。
20歳くらいまではひたすら、直木賞作家などの小説を読みあさっていました。詩集もよく読んだな〜
腹筋を鍛えること…10歳くらいから毎日しているから、相当時間をかけてると思う。
文章を書くこと…ASJスタッフになってから文章を書くことが増えました。自分がメッセージを発信する、会議資料をつくる、取材をする ets
家族を思うこと
自分がどうしたいのか考えること、その通りに行動すること。

たぶん大事だと思っていることに時間をかけてきたわけだから、それをする訳=自分が目指す何かに通じているとか好きなことと言うことだと思います。

今日はセンスオブワンダーの手法を見つけました。
「縁側で朝食」
今の家に住む醍醐味はこれであります。
山が見えて、鳥の声が聞こえて、深呼吸できる。
そしておいしい朝食。
おいしい朝食の材料は小川の農家さんの作品たちです。
先週から友人Sっちから野菜セットを届けて貰っています。(また別途報告します)

センスオブワンダーな食材と大地と作者のみなさんに「感謝」
d0061968_20413481.jpg


d0061968_20425261.jpg


d0061968_20443884.jpg
センスオブワンダーの時間と手法をいろいろみ〜つけようっと。
by satoimolove | 2010-06-02 20:45 | reports