カテゴリ:event( 79 )

satoimo love

ご生誕 おめでとう。

d0061968_1111896.jpg
d0061968_111517.jpg


ことしの抱負は?

「生活のベース(基盤)をつくる10年」の2年目。

一歩ずつ、人生プランに向かって 開拓していってね。056.gif056.gif

                                     From wakame
                                     (森林・山村仲間と一緒に)

           ☆
           ☆
           ☆
        
そして、この夜、もうひとつの新しい命が生まれました。
この3年、仕事の日も休みの日も、泣いたり笑ったり、喜んだり、怒ったり、苦渋をともにした同僚がパパになりました。去年の今頃は「(余裕がなくて、)いま子供つくるなんてありえない」なんて言ってた彼。

さらに忙しくなっちゃったみたいだけど、パソコンのデスクトップは、すでにBABYに変わってるし!!!
毎日が愛にあふれて、さらにがんばっちゃう?ちょっとは家庭に尽くしてくださいね。

     HappenとHappy は紙一重。だから 面白いね。
     いつも HappenとHappy をありがとう。
by satoimolove | 2009-11-03 11:06 | event

今日、土と平和の祭典2009@日比谷公園!

ども、久々のwakameです。

秋は○○欲 満載。
都心で味わう「収穫祭」はいかがでしょうか?



wakameとsatoimoが通っている鴨川棚田の影の女王、
yaeさんが実行委員長を務める、一年に一度のお祭りです。
今年で3回目。

satoimoががんばる農的トークステージや、我らが育てた米・大豆で賄う種まき食堂、
鴨川ブースでは、集落の長老が草鞋編みを教えてくれますYO!

d0061968_1085566.jpg


-土--土--土--土--土--土--土--土--土--土--土--土--土--土--土-

はじめる自給!種まき大作戦 2009presents

農家市場と野外コンサート。大地に感謝する収穫祭。
『土と平和の祭典』

-土--土--土--土--土--土--土--土--土--土--土--土--土--土--土-

2009.10.18(日)@日比谷公園 <入場無料>
※山手線「有楽町駅」徒歩10分 or 都営三田線、千代田線「日比谷駅」徒歩3分
http://www.tanemaki.jp/tsuchitoheiwa2009
10時スタート。ぜひ、朝からお出かけくださいね!!

【注意事項】:
※マイバック、マイ食器(皿、ドンブリ、ハシ、スプーン)を持ってきてください。
※レンタル食器は有料です!(1セットにつき100円かかります)
※ゴミ0(ゼロ)イベントです!持ち込んだゴミは持ち帰り。
※会場は全面禁煙です。吸わない方、特に子供たちに配慮しています。ご協力を。
※「人混みでは携帯OFF」大人のマナーです。携帯に追われないゆったりとした一日を。

【内容】:
●種まきビッグステージ
農家・農的暮らしを応援するアーティストたちの心のこもったライブパフォーマンス!日本版 FARM AID!!
【出演ミュージシャン】
<午後のプログラム10:00-12:50>
◎根っこバンド
◎ THE DUB FLOWER (いとうせいこう,DUB MASTER X,かせきさいだぁ≡&More)
◎だぐら(星子健太郎) with まや
◎サヨコオトナラ
<午後のプログラム13:20-17:00>
◎ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
◎東田トモヒロ
◎オオヤユウスケ
◎Yae
◎FUNKIST(急遽特別参加決定!)
◎加藤登紀子
【メッセージゲスト】
◎益戸育江(女優)※10:30頃登場予定
◎ニコラ・ミヤズ(エクアドルの生産者)/伊藤幸蔵(米沢郷グループ/山形)※12:00頃登場予定
◎高野孟(里山帰農塾塾長) ※15:10頃登場予定
他スペシャルゲスト多数!!
【ナビゲーター 】
◎辻信一(文化人類学者/環境運動家) & ◎Yae(種まき大作戦実行委員長)

● 種まきファーマーズマーケット
<10:00-16:00 @噴水広場~にれのき広場>
全国より生産者が集結!安心安全でおいしいニッポンの旬がわかる多様な「農」のテーマパークです!
【出店オーガナイザー】アファス認証センター/青果物流通研究会/全国有機農業推進協議会/大地を守る会/らでぃっしゅぼーや/パルシステム生活協同組合
連合会/アースデイ東京アグリアクションチーム/半農半Xチーム/アースデイマーケット実行委員会/フェアトレードビレッジ(ぐらするーつ)/トージバ/
にほん・くらしっく/GAIA/アミューズ/くらしの種まき/MERRY PROJECT/農家のこせがれネットワーク/新庄水田トラスト他

●種まき食堂&酒場
<10:00-16:00 @第二花壇通路>
こだわりの食材!大地の恵みの文化祭!
【出店オーガナイザー】いなほ新潟/オーガニックレストラン&デリ
みどりえ/玄米ご飯とお菓子の店「油揚げ」/菜食健美/株式会社瑞雲/PEACEDELI/from Earth Cafe
“OHANA”/maimai/みやもと山/YOUR BIG
FAMILY/サンサンオーガニックビール/鈴木三河屋&丸本酒造&オーガニックワインのマヴィ/PRIMAL/honobono号

●種まきトークステージ・土
<@小音楽堂 >
農家がニッポンの未来を語ります!
【共催】:NPO法人全国有機農業推進協議会
11:00~11:45 列島縦断農家トーク…20代の農業後継者を中心にその熱き想い!
12:00~12:45 新規就農トーク…農業へ就職した農家が登場!その苦労は?喜びは?
13:15~15:00 有機農業パネルトークなど…有機農業大国を目指して。日本のリーダーの語り場!

●種まきトークステージ・平和
<@にれのき広場特設ステージ>
土からはじまる平和について、じっくり語りましょう。
11:00~12:15 くらしの種まきトーク…身近な暮しから、世界のことを考えます。
【MC】吉本多香美(女優)
【ゲスト】鎌仲ひとみ(映画監督)/藤村靖之(非電化工房)/中島デコ(マクロビ料理家) 他
12:30~13:45 半農半Xの種を播く!…ロストジェネレーションがつくる農的未来!!
【MC】渡邉尚(トージバ)/藤岡亜美(スローウォーターカフェ)
【ゲスト】宮治勇輔(農家のこせがれネットワーク)/森田貴英(映画「降りてゆく生き方」プロデューサー) 他
14:00~15:30 土から平和へ…本『土から平和へ』完成!内容にせまります!
【MC】吉度日央里(編集者)
【ゲスト】益戸育江(元 高樹沙耶) /エバレット・ブラウン(フォトジャーリスト) 他

●ワクワク種まきランド
<10:00-16:00 @第二花壇芝生>
脱穀体験や弓矢、竹馬、わらべ唄…子供も楽しめる農エンタメ!
【キッズエリア】柚山あきこさんのわらべ唄 他(自然育児友の会)
【農体験・昔あそび】どんぐりパチンコ、弓矢、竹馬(房総里海里山会)/たんぼの生きもの調査(NPO生物多様性農業支援センター)

※出演者は都合により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

■主催:種まき大作戦実行委員会 http://www.tanemaki.jp
■共催:アースデイ東京実行委員会/NPO全国有機農業推進協議会
■実行委員長:Yae(藤本八恵)
■世話人:
・加藤登紀子(歌手・UNEP(国連環境計画)親善大使)
・高野孟(株式会社インサイダー代表取締役兼同誌編集長)
・田中正治(ネットワーク農縁)
・藤田和芳(大地を守る会会長)
・辻信一(文化人類学者・環境運動家・明治学院大学国際学部教員)
・甲斐良治(増刊現代農業編集主幹)
・渡邊義明(株式会社アファス認証センター代表取締役)
■後援:農林水産省/東京都

■当イベントに関するお問合せ
種まき大作戦 実行委員会 事務局
企画・運営責任 ハッタケンタロー (090-3818-7324/andtwo@mac.com)
事務局長 神澤則生 (080-5459-7638/kanz01@toziba.net)

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-10 1003
TEL 03-3351-2712
FAX 03-6806-9282
Mail seed@tanemaki.jp
WEB http://www.tanemaki.jp





d0061968_10103318.jpg
d0061968_10113824.jpg

by satoimolove | 2009-10-18 10:12 | event

32,33,34

satoimoです。

厄払いに行ってきました。
あまり、友人で厄払いに行ったと言う人はいないのですが、
こういうのはやっておくにこしたことはない、ということで、雨の中行ってきました。

始めは毎年初詣に行く一言主神社を考えていたのですが、
遠いし一人で行けるところにしました。

妙法寺(気がつけば寺…)は都内でも有名な、厄よけをしてくれるお寺です。

d0061968_1810355.jpg


受付と厄払い実施時間は「随時」

こんなに有名なところだし、休みの非は長蛇の列かも…
と思い、午前中から張り切っていってみると、以外に誰も並んでいませんでした。
広いお堂の中に一人一心不乱に何かを唱えながら?泣いている方が一人。
えっと…
と戸惑いつつ、申し込み用紙に記入し、受付へ。
そうすると、お坊さんが「中央へお座りください」
と案内してくれたかと思ったら、まもなくお経をあげ始めました。

まさか、私一人のために?!
神社でお祓いしてもらったときは40人くらい同時にしてもらった記憶があります。
なんて、贅沢な!

そうこうするうちにいきなり、祭壇の窓が自動でウィーン…
仏様がにょきっとあらわれた…
(笑いをこらえる)

神妙な面持ちを守りつつ、手をあわせ、目をつむってお経に耳をかたむけてみました。

祈祷が終わると、お札をいただき、そのままさようなら。
到着から30分もかからず終わってしまいました。
ちょっと拍子抜け。

これから本厄(数え年で33歳)を迎えるのでいろいろ不安ではありますが、
気持ち的には楽になったところがあります。
自らを省みなさいと言う時期でもあると思うので、自分のこと、家族のこと…
謙虚に素直に考えてみます。


by satoimolove | 2009-09-13 18:43 | event

女(わたし)のからだから合宿 2009

stoimoです。

女(わたし)のからだから合宿 2009 申込受付開始です!

こんな合宿があったとは… 11月の連休はこれも行きたいあれも行きたい…
困ったな。

「女のからだから合宿」では、妊娠、不妊、出産、避妊、中絶、生殖技術、性
暴力など、女のからだにかかわる事柄や、女たちが抱えている悩みや問題、不
安、疑問、怒り、悲しみ、楽しみ! などをテーマに、たくさんの分科会やワ
ークショップが開かれます。合宿当日に、急遽誕生する分科会もたくさんあり
ます。若い世代とオールド(?)世代、幅広い年代の女たちがいっしょになっ
て二泊三日夜通し語りあったり、からだをほぐしたり。
安心できる女たちの中にいるだけでなんだか心地よく、楽しくって元気になれ
る、からだから合宿はそんな不思議な空間です。

■日程  :2009年11月21日(土)~11月23日(休・月)
■会場  :神奈川県立「藤野芸術の家」
神奈川県相模原市藤野町牧野4819
■交通案内:①新宿より、JR中央線中央特快「大月行」きに乗ると直通で藤野駅!
②または中央線もしくは京王線で高尾駅までGO!
高尾駅からJR中央本線に乗り換え2駅目、藤野駅で下車。
③藤野駅より津久井神奈交バスで5分です。
(新宿より最短70分)
■地図  :http://www.fujino-art.jp/access.html

■参加費 :
A. 全部(2泊3日)      :17,500 円(6 食付き、交流会費、宿泊費込)
B. 11/21~11/22(1泊2日)  :11,000 円(3 食付き、宿泊費込、交流会費別)
C. 11/22~11/23(1泊2日)  :13,000 円(3 食付き、宿泊費、交流会費込)
D. 日帰り(21日/22日/23日):3,000 円(1 日分参加費、食事なし、交流会費別)

■分科会の一例
敢えてアンチ アンチエイジング……老いるのはわたし-なまけもの式筋力
トレーニングー/生殖技術はどこまで許されるのか/オラは産んじまっただ
ー♪/女性差別撤廃条約30 周年の2009年、堕胎罪の撤廃を企画しよう。/
結婚制度とわたくし/労働・貧困とリプロ/母と娘とフェミニズム/コレク
ター集まれ!/演劇で考える障害のある女性とジェンダー/「女のからだ・
ティーチ・イン」ースペキュラムを使ってみませんか?/中絶からみる女の
からだの管理の歴史/中絶と女の気持ちの歴史/レズビアンとリプローリプ
ロはヘテロだけの問題か?/妊娠させるという暴力――ゲーム「レイプレイ」
に見るポルノ/ロマンチックラブイデオロギーの嘘つきめ-団塊世代の恋愛、
セックス、結婚観の調査の分析からジェンダー家族の崩壊」を考える/連連
影展FAV in 女のからだから合宿

※詳細についてはおんなのからだから合宿瓦版をご覧ください。
※現在も企画募集中です!

■お申し込み・お問い合わせ
女のからだから合宿実行委員会
東京都新宿区富久町8-27
ニューライフ新宿東305 ジョキ内 SOSHIREN 女のからだから気付
Email karada.kara09@gmail.com
FAX  03-3353-4474

■お申し込み方法
申し込みに必要な情報をファックス(03-3353-4474)またはメール
(karada.kara09@gmail.com)でお送りいただいたうえ、下記郵便振替口座、
または銀行口座に参加費をご入金ください。
ご入金を確認しだい折り返し詳細を連絡さしあげます。
※受付はご入金をもって完了となりますのでご注意ください。

【入金用口座】
(1)郵便振替 口座番号 00170-1-74055 加入者名:SOSHIREN 女のからだから
(2)銀行振込 ゆうちょ銀行 〇一九店(ゼロイチキュウ店) 当座0074055
受取人名 ソシレン ワタシノカラダカラ

===お申し込みフォーム karada.kara09@gmail.comまでお送りください!===
氏名:
連絡先住所:〒
TEL/FAX:
携 帯:
E-Mail:

参加形態:
A. 全部(2泊3日)      :17,500 円(6 食付き、交流会費、宿泊費込)
B. 11/21~11/22(1泊2日)  :11,000 円(3 食付き、宿泊費込、交流会費別)
C. 11/22~11/23(1泊2日)  :13,000 円(3 食付き、宿泊費、交流会費込)
D. 日帰り(21日/22日/23日):3,000 円(1 日分参加費、食事なし、交流会費別)

希望部屋:
和室  /  洋室 /  どちらでもOK
*部屋数に限りがあるためご希望に添えない場合もあります。ご了承下さい。

★ノートテイク、運転手、保育など、合宿の運営を手伝っていただける方を
募集しています。
なにかやってもいいよ!(例にないことでも)こんなことができるよ!
という方、内容をご記入ください。

★当日、販売したいものや配布したいものがある場合はその内容をご記入下さい。

★子どもと一緒に参加される方
子どもの名前・年齢:

※食事や布団が必要な場合は、実費を当日申し受けます。
詳細は改めてご連絡さしあげます。

★介助者と一緒に参加される方
介助者の氏名:

※介助者も女性の方でお願いいたします。
※食事、宿泊費の実費を当日申し受けます。
詳細は改めて連絡さしあげます。

★介助者なしで参加する、ノートテイクが必要など、合宿中なにかサポート
が必要な方は内容をご記入ください。

★その他、ご不明な点やご質問などありましたらご記入ください。

※実行委員会メンバー、分科会主催者も大募集中です!!
※経済的理由で合宿参加をあきらめようと思っている方は、ご相談ください。
by satoimolove | 2009-09-06 09:47 | event

有機農業学会の公開フォーラム 有機農産物の確認・認証をどうするか−新しい方向性を探る

satoimoです

これから、有機農業を発展させるキーとして認証制度の改変はあるのではないかと思います。

以下広報文です。

有機農業学会の公開フォーラム
「有機農産物の確認・認証をどうするか−新しい方向性を探る」
………………………………………………………………………………

 本テーマ研究会では、有機農産物の基準・認証制度の諸問題を検討し、そのうえで
第三者認証に代わる認証・確認方法の試みがもつ意義と、本来の有機農業の定着・拡大に
つながる有機農産物の確認・認証方法の新しい方向性を実践的に探っていきます。

日時 2009年9月5日(土)13:30〜17:30
場所 國學院大學渋谷キャンパス 学術メディアセンター1階 常磐松ホール 
http://www.kokugakuin.ac.jp/guide/access.html

渋谷区東4−10−28 渋谷駅から 徒歩13分 渋谷駅 南改札東口 
明治通りを恵比寿方向へ約7分、信号2つ目・東交番を左へ150メートル上がる。
バスは、約8分 渋谷駅 南改札東口 54番バス乗り場、
バス行き先「学03 日赤医療センター」3つ目の國學院大学下車
参加費 500円(当日申し受けます)

プログラム
 会長あいさつ              中島 紀一(茨城大学)
 テーマ研究会の趣旨               コーディネーター:桝潟 俊子(淑徳大学)       
 第1部 基準・認証制度を問い直す 
  有機農産物の基準と認証をめぐる法的・制度的枠組み         本城 昇(埼玉大学)
  有機JAS制度の運用に係る諸問題              久保田 裕子(國學院大學)
 休憩(10分)
 第2部 第三者認証に代わる認証・確認方法を探る 
  IFOAMのPGS(参加型認証)             澤登 早苗(恵泉女学園大学)
  二者認証--パルシステムの公開確認会を中心に        谷口 吉光(秋田県立大学)  
  直売・ファーマーズマーケット               佐藤 亮子(愛媛大学)
休憩(10分)
全体討論・まとめ
※ 事前の参加申し込みは不要です。

****************
(背景)
 基準は、そもそも欧米の生産者団体による”まがいもの”の排除と”あるべき農業”の栽培基準として
策定されたものでした。ところが、有機農産物流通の広域化・市場化につれて、EUや国レベルにおける
基準と認証の制度化がすすみました。さらに、経済のグローバル化のもとで、有機農産物も国際的な
有機認証システムへの制度的適用を余儀なくされました。
 1999年、国際的な有機認証システムの整合化(ハーモナイゼーション)を図るため、有機食品の生産、
加工、表示及び流通に関するコーデックスガイドラインが制定されました。これをうけ日本では有機
農産物および食品の検査認証制度が導入され、2001年4月からJAS法による有機食品の検査認証制度
(有機JAS)が完全実施されました。
 この検査認証制度の導入により、政府の認定を受けた第三者機関である「認証機関」(登録認定機関)
による認証を受けなければ、「有機野菜」等の表示はできなくなり、違反者は罰せられることになり
ました。有機JAS導入後10年近くが経過しようとしていますが、国内総生産量に占める有機JAS
格付数量はわずか0.19%(2007年度)にとどまっています。他方、ネオリベラリズム(規制緩和)と
グローバリズムのもとでの基準・規格のシステム化がすすみ認証ビジネスが台頭し、外国で認定を
うけた有機農産物の輸入急増を招いています。
by satoimolove | 2009-09-03 09:55 | event

有機農業学会の公開フォーラム 有機農産物の確認・認証をどうするか−新しい方向性を探る

satoimoです




「有機農産物の確認・認証をどうするか−新しい方向性を探る」
………………………………………………………………………………

 本テーマ研究会では、有機農産物の基準・認証制度の諸問題を検討し、そのうえで
第三者認証に代わる認証・確認方法の試みがもつ意義と、本来の有機農業の定着・拡大に
つながる有機農産物の確認・認証方法の新しい方向性を実践的に探っていきます。

日時 2009年9月5日(土)13:30〜17:30
場所 國學院大學渋谷キャンパス 学術メディアセンター1階 常磐松ホール 
http://www.kokugakuin.ac.jp/guide/access.html

渋谷区東4−10−28 渋谷駅から 徒歩13分 渋谷駅 南改札東口 
明治通りを恵比寿方向へ約7分、信号2つ目・東交番を左へ150メートル上がる。
バスは、約8分 渋谷駅 南改札東口 54番バス乗り場、
バス行き先「学03 日赤医療センター」3つ目の國學院大学下車
参加費 500円(当日申し受けます)

プログラム
 会長あいさつ              中島 紀一(茨城大学)
 テーマ研究会の趣旨               コーディネーター:桝潟 俊子(淑徳大学)       
 第1部 基準・認証制度を問い直す 
  有機農産物の基準と認証をめぐる法的・制度的枠組み         本城 昇(埼玉大学)
  有機JAS制度の運用に係る諸問題              久保田 裕子(國學院大學)
 休憩(10分)
 第2部 第三者認証に代わる認証・確認方法を探る 
  IFOAMのPGS(参加型認証)             澤登 早苗(恵泉女学園大学)
  二者認証--パルシステムの公開確認会を中心に        谷口 吉光(秋田県立大学)  
  直売・ファーマーズマーケット               佐藤 亮子(愛媛大学)
休憩(10分)
全体討論・まとめ
※ 事前の参加申し込みは不要です。

****************
(背景)
 基準は、そもそも欧米の生産者団体による”まがいもの”の排除と”あるべき農業”の栽培基準として
策定されたものでした。ところが、有機農産物流通の広域化・市場化につれて、EUや国レベルにおける
基準と認証の制度化がすすみました。さらに、経済のグローバル化のもとで、有機農産物も国際的な
有機認証システムへの制度的適用を余儀なくされました。
 1999年、国際的な有機認証システムの整合化(ハーモナイゼーション)を図るため、有機食品の生産、
加工、表示及び流通に関するコーデックスガイドラインが制定されました。これをうけ日本では有機
農産物および食品の検査認証制度が導入され、2001年4月からJAS法による有機食品の検査認証制度
(有機JAS)が完全実施されました。
 この検査認証制度の導入により、政府の認定を受けた第三者機関である「認証機関」(登録認定機関)
による認証を受けなければ、「有機野菜」等の表示はできなくなり、違反者は罰せられることになり
ました。有機JAS導入後10年近くが経過しようとしていますが、国内総生産量に占める有機JAS
格付数量はわずか0.19%(2007年度)にとどまっています。他方、ネオリベラリズム(規制緩和)と
グローバリズムのもとでの基準・規格のシステム化がすすみ認証ビジネスが台頭し、外国で認定を
うけた有機農産物の輸入急増を招いています。
by satoimolove | 2009-09-03 09:46 | event

自然を愛する旅人へ 

ご無沙汰のwakameです。
d0061968_685250.jpgただ単純にPC負傷中のためです。

かなり今更ですが、一応告知。


昨日から展示&スタンプラリーをやっています。
良かったら遊びにきてみてください。

会場中を森の香りいっぱいにしてお待ちしています。



『東京アウトドアズフェスティバル2009』 in池袋サンシャインシティ
http://www.mori-zukuri.jp/news/index.php?cmd=view&newsid=18

人と自然のやさしい関係をコンセプトに、「自然」と遊び、学び、食し、育てることを提案するイベント。
「森林セラピー」のブースで、ゆたかな森林を「歩く」ことでココロとカラダをリフレッシュするライフスタイルを提唱しています。
最新のセラピー情報をはじめ、セラピー基地直送の植物で「セラピーロード」や 簡単に
体験できる森林療法「足裏療法」「アロマ抽出」コーナーもあります。お楽しみに。


また、会場では「森林のための活動」を行っている団体の各ブースを巡って、スタンプラリーを実施しています。 4つスタンプを集めて完走された方には、もれなく素敵な森のプレゼントをお渡しています。挑戦してみませんか?



■日時
2009年7月3日(金)~5日(日)10:00~17:00

■会場
池袋サンシャインシティ文化会館3F・4F 展示ホールB・C

■対象
一般、アウトドアファン、こども、お父さん・お母さん、教育関係者様 他

■入場料
無料:どなたも参加できます。


■会場へのアクセス
東京メトロ有楽町線 東池袋駅より徒歩3分
JR、東京メトロ、西武池袋線、東武東上線 池袋駅より徒歩8分
都電荒川線 東池袋四丁目停留所より徒歩4分

こちらの地図が分かりやすいです。(池袋駅~サンシャインシティまでの写真案内)
http://www.sunshinecity.co.jp/sunshine/info/access_train.html



「東京アウトドアズフェスティバル2009」について、詳しくはコチラのサイトをご覧ください。
http://www.sunshinecity.co.jp/outdoors/index.html

d0061968_6142446.jpg

by satoimolove | 2009-07-04 06:02 | event

五感を満たす仕事▲△森林の仕事

立て続けにごめんなさい。
wakameです。

森に入るということは、五感を刺激すること。
森林の仕事をするということは、第六感を養うこと。・・・・かな?と最近思います。


五感を満たす仕事  森林の仕事 発見の旅 d0061968_1412933.jpg

《体験ツアーのご案内サイト》   
http://www.nw-mori.or.jp/tour/index.html
(全国森林組合連合会 林業見学・交流ツアー事務局)




d0061968_142254.jpg
五感を満たす旅  森林セラピー

《森林セラピーポータルサイト》
http://forest-therapy.jp/
(森林セラピー基地全国ネットワーク会議 事務局)

※ たまに更新しています。
by satoimolove | 2009-06-05 14:03 | event

切り刻まれるパレスチナ ~続く入植地の拡大と非暴力抵抗運動~

………………………………………………………………………………
パレスチナの封鎖および分断と闘うイスラエル人
………………………………………………………………………………

「イスラエル人として私たちは信じている。真の平和のための唯一
の道は、パレスチナ人が、私たちが持っているものと同じもの、す
なわち、発展可能で真に独立した自らの国家を持てるようになるこ
とだ」

上の言葉は、イスラエルのNGOであるICHAD(家屋破壊に反対するイ
スラエル委員会)のホームページからの引用です。ICHADは、イス
ラエル政府による、集団的懲罰や違法な入植地拡大を目的としたパ
レスチナ人の家屋破壊に反対するため、1997年に設立されました。

ジェフ・ハーパーさんはその創設者の一人で、自らブルドーザーの
前に身を置いて家屋破壊を阻止し、パレスチナ人とともに家屋の再
建に取り組むなど、イスラエルにおける非暴力直接行動と市民的不
服従を実践してきました。そして、パレスチナ人の将来を奪う「封
鎖」と「分断」の政策によって、将来のパレスチナ国家が「監獄」
になると警告を発しつづけてきました。

4月25日、アムネスティなど市民団体と立教大学キリスト教学研究科
が共同で、ジェフ・ハーパーさんを招いた講演会を東京で開催しま
す。ハーパーさんとともに来日されるのは、中東聖公会エルサレム
教区司祭で神学者のナイム・アティークさん。アティークさんもま
た、中東和平のために長年取り組んできた方です。

貴重なお二人の来日講演に、ぜひ奮ってご参加ください。

切り刻まれるパレスチナ ~続く入植地の拡大と非暴力抵抗運動~
◆日  時:4月25日(土) 13:30-16:30
◆会  場:立教大学 11号館 AB01教室(定員500人)
JR/地下鉄「池袋駅」 西口より徒歩7分
◆アクセス:http://www.rikkyo.ac.jp/access/
◆資 料 代:500円(学生300円)
◆問 合 せ:03-3518-6777(アムネスティ日本)
※日英遂次通訳あり
※事前の予約は必要ありません。
※イベント欄に詳細情報へのリンクがあります。

※アムネスティ・インターナショナルは2004年に、イスラエルによ
る家屋破壊に関する報告書を発表しています。(英文)
“Israel and the Occupied Territories. Under the rubble:
House demolition and destruction of land and property”
http://web.amnesty.org/library/index/engmde150332004

◆パレスチナ関連情報◆

■署名へのご協力ありがとうございます!
昨年12月に開始した「ガザ封鎖解除を求める署名」は、5万2,175筆
が集まりました。3月31日、署名の呼びかけ10団体のうち7団体が
外務省を訪問。副大臣に次ぐ立場の外務大臣政務官である柴山昌彦
衆議院議員に署名を手渡しました。
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2316

■イスラエルとガザの武器供給に関する報告書(日本語版)発行!
最新報告書「紛争を悪化させるイスラエルとガザへの海外からの武
器供給」の日本語版ができました。ガザとイスラエル南部での3週
間にわたる紛争下で使用された軍需品に関する新たな証拠、すべて
の紛争当事者への武器供給についての情報を紹介しています。
http://www.amnesty.or.jp/modules/mydownloads/viewcat.php?cid=18
by satoimolove | 2009-04-16 17:41 | event

味噌!三十!仕込み!!

wakameです。

昨日は桜が満開で、あたたかく、花見日和でした。
d0061968_8415251.jpg


そう、気がついたらあっという間に新年度です。
ということは、年度末に誕生日の私、気がついたら三十路です。


・・だからとて 特になにも無いのですが。


誕生日には、ありがたいことに友人たちが集まってお祝いしてくれました。
またメールでたくさんのメッセージを貰いました。
本当に感謝感激です。「あ」とか「お」とか。一言でも。
「贈ってやろー」というその気持ち。
三十路デビューの日、ありがとうの気持ち満開で迎えられました。


そして一番やらねば、と思ってたこと。
親に「30年間ありがとう」を伝えました。


お互い恥ずかしくなって、どうしようもない空気になってしまい、たじたじ。
父は「俺はその一年前に仕込んだ」と苦し紛れの大発言を。(レスに困る)
母は珍しく「子どもを育てながら働く女性があの頃はいなくて・・」と苦労した時代を懐古。

こういうときに親というのはどんな気持ちになるのだろう。

母はちょうどその二日後に40年近く続けた仕事の引退を控えていました。
母として、看護士として、女性として、苦労しながらどれも手を抜くことなく懸命に、
でもいつも笑顔で過ごしてました。
そんな背中を見て育ったので、私が世の中で一番尊敬する人、即答で間違いなく
「お母さん」


「ありがとう」とともに「お疲れさま」なのです。
ともかく伝えられたので、これで一生 後悔せずに済みそうです。


それと、去年からお世話になっている鴨川で、新たな棚田を開墾しました。
女性中心に少人数で シャベルによる天地返し。
土の上での会話は、ぐいぐいと妄想をかき立てられる不思議な空気が流れます。
新たな発見や素敵なことば、尊敬できる仲間ができて、幸せでした。



そして昨日、護国寺で花見&マイ味噌仕込みをしました。

私が東京で味噌部を初めて早1年。
まだまだ私の妄想の根っこほどにも至ってないこのクラブ。
ですが、しっかりと仕込んで、発酵させていきたいです★



d0061968_841345.jpg

d0061968_1145824.jpg
d0061968_1154297.jpg
d0061968_842449.jpg
d0061968_8422062.jpg
d0061968_8423126.jpg
d0061968_8424144.jpg
d0061968_8431493.jpg
d0061968_8432850.jpg
d0061968_8433874.jpg


  今年は発酵過程が見えるように、透明の容器にしてみました。



追伸:鴨川のあたりを「安房」というのだけど、
これは「はじまり(=あ)」と「おわり(=わ)」を意味して、いわゆる母性的な言葉なんだそう。漢字だけみてもその通りだ。
それに、鴨川って、柔らかくてあったかい景色。風土。季節毎に何度でも訪れたくなる。

おもしろいですね。きっと人もあったかいんだろうな。
by satoimolove | 2009-04-07 01:59 | event