カテゴリ:trip( 8 )

Jordan

satoimoです。
お正月に中東ヨルダンに行ってきました。
ガザの状況がどんどん悪くなる中、ヨルダンのダウンタウンではデモが、官公庁エリアでは夜キャンドルでの追悼式が行われていました。
連日のガザの情報にはかなりショックを受けている様子でした。

前半泊めていただいたRaggad家のひとびとはあたたかく、超ビッグファミリー。
周囲に一族が3000人住んでいるということでした。国内500万人の人口の内の3000人。それって、一つの町ほぼ全部親戚??という勢いです。それだけつながりが強い、かつ子どもをたくさん産んでいるみたいです。事実5男5女のお家に、毎日甥っ子、いとこ、結婚して別に住んでいる兄弟… 突然やってきて甘い紅茶を飲んで、ひなたぼっこして、時には泊まって帰ります。60人くらいの親族と挨拶した…
お正月だからではないらしい。
ヨルダン市内で兄弟で暮らしている友人の実家もいつも家に誰か来る、空っぽになることはまずないとのことだったので似たような感じなんだろうな。

それから、社会保障というか僻地ケアも充実していました。どんな砂漠で人口密度が低くても
学校があります。経済的に厳しいお家には王様から家のプレゼントがあるそうです。

街は汚い。白い石の家が所狭しと立ち並ぶその町並みは美しいのですが、裏手や空き地はごみだらけ。なんでやろー
でもホームレスの人には出会いませんでした。

今回の旅で、助け合って暮らすことの心地よさと、相乗効果を感じました。そして男の子は何歳になってもお母さんが大好き!(女性でよかった。あとはお母さんになろう!)
1つ2つのすばらしい家族に出会っただけだけど、絶対日本より子どもは育てやすいと思います。
そして孤独になることは難しい国。

おいしかったもの、すてきな南部、死海への旅、まつげがうらやましいほど長い友人たち…写真で報告します。




d0061968_225275.jpg


marwan家の夕食 やっぱりオリーブの原産地。オリーブオイルがおいしい。
バターもてづくり。
おじいさんの代まで遊牧して暮らしていたので、ベドウィンティがいつもふるまわれます。
d0061968_2254986.jpg


木登り、石投げみんな素朴な遊びをしていました。外はぽかぽか。
d0061968_2261875.jpg


アンマンで最古のビル
d0061968_227028.jpg


アンマンは坂の街。散歩をすればいい運動になります。
d0061968_22115933.jpg


水タバコを吸う。体に悪い気はしないけど頭が痛くなりました。
d0061968_22124016.jpg


Marwanの通うヨルダン大学のキャンパス。「学食」で久々の「ごはん」と「スープ」を食べました。
d0061968_2213632.jpg


Dawoudの経営するレストランがあるレインボーストリート。このとおりは
新しくおしゃれな感じ。
d0061968_22133143.jpg


伝統料理のおしゃれバージョンらしい。ピザを生地でカバーした感じのものが主なメニュー。
スウィーツもあります。
d0061968_22135679.jpg


ヨルダン城
d0061968_2214167.jpg


d0061968_22143885.jpg


d0061968_2215111.jpg


Dawoudてづくりごはん。ヨーグルト味のスパイシーじゃないカレー。ザキザキ(おいしい2)
d0061968_22153556.jpg


ペトラのなかの穴。ベドウィンが10年前まで住んでいたとか。
d0061968_2216414.jpg


ペトラの入り口
d0061968_22162652.jpg


d0061968_22165918.jpg


d0061968_22172376.jpg


スーク(市場)の中の食堂でブランチ。野菜とチキンのスープを頼んだらパンと漬け物もついてきた。お皿には何故か日本語で「だいこん」…
d0061968_2219397.jpg


南部へ向かう途中の山々。JICAの援助でできたダムもありました。
役に立ってる?ときいたら、「役に立ってる」といっていました。でも設備不良で一部機能していないとか。修理するお金もください…?
d0061968_2220080.jpg


ワディラムのキャンプサイト。100テント以上が並び夏にはいっぱいになります。
この日は深夜まで数組のお客さんと非を囲みおしゃべり。
DJブースもあり、タブーのビールも飲み、大はしゃぎしました。
はしゃぎすぎた1人は夜大変なことになりました。
d0061968_22203032.jpg


朝、美しい岩の中を犬と散歩。朝日が美しかった!!
d0061968_22221836.jpg


朝のふたり
d0061968_22224448.jpg


フォトグラファーMarwan 地質学の博士論文を書くためのフィールドで。
d0061968_2223834.jpg


ひび割れの道
d0061968_22232563.jpg


d0061968_22234788.jpg


d0061968_2224647.jpg


伝統菓子。お土産として買いました。試食もしたよ。
1kg単位でしか売っていない。
d0061968_22242441.jpg


お土産のお皿とwakame.
Dawoudの会社のジャム プルーン(手前)おいしい!
by satoimolove | 2009-01-13 22:10 | trip

チューリップが咲きました。・・・おニクの日・・・

wakameです。

チューリップが咲きました。
私がこの春先から自分に語りかけるように可愛がっていたチューリップです。
ふたりのうち、片方しか咲きませんでした。
冷たい土の中で、寒い冬を一度超えないと花が咲かないそうです。
d0061968_151363.jpg

妹も咲きました。
d0061968_173342.jpg
チューリップはいいです。咲くまではホントに大変なんだけど、咲いた日には嬉しすぎて子供の入学式かと思うほど、写真撮影会です。
ぜひsatoimoのチューリップトラスト~六ヶ所村~にも、参加してみては。
(ルバーブジャムも美味しかったデス。)



ところで、29日(おニクの日)に、29歳になりました。

と、いっても、先月の話です。

20代最後ということで、みんなからのプレゼント、メッセージ、それぞれがとても感慨深かいものがありました。アリガト様です。

しかも、木の雑貨や木のスプーンフェチな私のツボをみんな見事に押さえてくれているのが更に凄いところです。

d0061968_1112868.jpg

(フィンランド式鍋敷き/satoimo・12本目のスプーン/ume)

自分へのプレゼントその1. 鹿児島市議会選挙出馬中(当時)の知り合いの応援に行きました。忙しい中、私の誕生日パーティを開いてくれたり、桜島街宣に連れて行ってもらい、とても勉強になりました。

d0061968_1215649.jpgd0061968_1282987.jpg










自分へのプレゼントその2. 鎌倉の禅寺で早朝座禅をしました。境内の中で座禅をくみつつも、picture windowに心奪われたあの桜吹雪の景色、一生忘れないと思います。
by satoimolove | 2008-04-29 23:55 | trip

道頓堀


仕事で大阪に行きました。
d0061968_2282766.jpg



夜、道頓堀で川を見物。
「あれ?リバーサイドがキレイだ」


今まであまり気がつかなかったのですが、昼夜を問わず、リバーサイドにたくさん人が集まってにぎやかで、楽しそうです。

若干、川の両サイドのイメージ(あのカニの足がパタパタしてたり、ドンキホーテの派手な店舗装飾だったり、グリコの万歳ポーズや年季の入った商業ビル並のイメージです)と、リバーサイド整備の趣が、食い違っているような気がしました。このギャップ、とても面白いです。(大阪の方は、納得なのでしょうか。)


それはともかく、

くわ焼き。に初トライしました。

「くわ焼き」とはなんぞや。
昔畑仕事のあいまに農機具の「くわ」のウラの鉄板を使って野菜や肉などを焼いたのが始まりで、要は、串焼き?のようなもの。

未熟ものゆえ、それが「くわ」であることにしばらく気がつきませんで、、、。

d0061968_229676.jpg
by satoimolove | 2008-01-27 00:00 | trip

これって何の花?

satoimoです

実家から帰って憲法9条に関する討論会@NHKを見ながら書いています。
実家に帰って唯一外出したのはお墓参りのとき。
その時霊園で見つけた花がこれ。
始め、草むらの中に蜘蛛の巣がいっぱい? と思ったら花でした。
花をのぞき込むと、幻想的。
なんていうはななんだろー


d0061968_20525168.jpg
by satoimolove | 2007-08-15 20:54 | trip

sakura sakura

satoimoです

朝、通勤時に神田川にかかる橋を自転車でわたります。
この季節の神田川は桜が満開。

朝は時間がなくて、信号待ちのときにただただ、桜に見とれ、川柳にこころゆすられるばかり。

22:00過ぎ、帰宅途中に夜桜を楽しむ。

家に着くと、hiroichiとwakanaの誕生日を祝った。
プレゼントした「きすきのさくら(ワイン)」で乾杯☆
sakuraな一日でした。


d0061968_234945.jpg


d0061968_23484286.jpg


d0061968_2350899.jpg
by satoimolove | 2007-03-29 23:50 | trip

糸を紡ぐ

satoimoです

d0061968_0594158.jpg
aiと鴨川和綿農園に糸紡ぎワークショップにいってきました。
ここにくると原点に戻れる感じがします。
毎日糸を紡ぐ日々が始まりました。
by satoimolove | 2007-01-12 01:01 | trip

EARTH CELEBRATION 2006

satoimoです

念願のEARTH CELEBRATION (EC)に行ってきました!
同時にKEIちゃんに会う旅でもありました。
半分一人旅。
解放の旅。
そして浅はかな自分気づく旅。

9:30 佐渡着 
めちゃくちゃ急いで佐渡に向かうバスに乗ったので、帽子を忘れ、急遽購入。
ハーバーマーケットに知り合いは多く、買い物も気楽で楽しかったよ。
「また、代々木公園で会いましょう」ってたくさん言ったな。

12:00までひたすらKEIちゃんとそのパートナーの迎えを待つ。
途中magoichiくんから仕事の電話が入った。
相変わらずの仕事とは思えない長電話。
まあ、いっか…

d0061968_2124369.jpg|200608/21/68/|left|198|142#]


宿根木という港町にある昔の町並みを残した集落。
その中にあるお寺にお参りしました。
井戸にお花が… 潤いを感じました。

d0061968_21251028.jpg|200608/21/68/|mid|198|142#]

by satoimolove | 2006-08-21 21:48 | trip

かみえちごの旅

satoimoです


かなりご無沙汰でした。
ただ単に忙しく。。。

週末に友人aiとともにかみえちご(NPO法人 かみえちご山里ファン倶楽部のある上越市桑取地区)を訪れました。8ヶ月ぶりくらいでしょうか。
かみえちごのスタッフBatakoの「田植えをてつだってくれ」という要請をうけ、
この地とNPOに関心を持っているaiとともに訪問。

棚田の草取り、会員総会、交流会、温泉、地元の方との語らい、そして私たちの語らい…
短い時間だったけど、深い緑の中、リラックスさせてもらいました。

今回の旅で学んだこと。
■NPO運営(に限らないけど)に大事なこと
1)助け合える関係・信頼関係
2)内発的な組織改革の視点
3)上記2つを達成するためのフラットな関係性 
 抑圧する・されるものが存在することへの気づき
4)プロ意識

■気持ち・情報をうまく伝えることの重要性
→難しい言葉で、哲学的に、複雑に表現することは高等かもしれない。しかし、それが結果的に
相手に伝わらなくては意味がない。

■地域に入るということ
それは、自分の2~3世代先を考えて、生きることをスタートさせるということ。
(それだけの覚悟が必要である)

■言語文化の便利さと薄っぺらさ


会員総会の開催されたゆったりの家
d0061968_18415526.jpg



田植えをした棚田 講師は村のおばあさん・まさえさん
d0061968_18434716.jpg



高田の朝市 桑取のかたも販売する 山菜や旬の野菜がたくさん並びます
d0061968_18483172.jpg


d0061968_184579.jpg



地元で「どらやき」と呼ばれるもの 達人は神業的に鉄板の上のどら焼きを取り上げる
d0061968_1847859.jpg


by satoimolove | 2006-05-29 18:49 | trip