カテゴリ:info( 85 )

小川町有機農業学校 2期生募集中!

satoimoです

就農を考えられている方はぜひ。
学校の費用はかからないよう町が協力してくれる予定です。
あとは、最低限の生活費とやりたい気持ち・踏みだした一歩があれば!


小川町有機農業学校 2期生募集中!

◇小川町有機農業学校の目的
農村では農業後継者は少なくなっていますが、都市生活者の中で農業 特に有機農業に興味を持ち、農業農村生活を志す方が増えています。
 そのような方々に、現場で有機農家が有機農業の研修を行い、数年後には就農または農業が中心の自給自足の生活を、小川町で行うことを目的とします。
この事業は農水省「地域有機農業推進事業」により有機農業の推進のため、小川町・小川町農業委員会・埼玉中央農協・小川町有機農業生産グループ・農業団体等で構成される小川町有機農業推進協議会が運営するものです。

◇概要
【有機農業実践コース】
募集人数 4名 
研修 週6日
内容 受け入れ農家の田畑で有機農業での野菜、米等の播種から収穫、販売までの全ての研修

【有機農業自給コース】
募集人数 2~3名
研修   月3日以上
内容   受け入れ農家の田畑で有機農業での野菜、米等の播種から収穫までの全
     ての作業の研修
応募資格 有機農業を始めたいと熱望する方で健康な方、性別不問。    
試験   応募者多数の場合、面接などの試験後、合否を連絡します。
期間   1年間(4月開校予定) 
その他   
・小川町の複数の農家で研修を受けられます。
・卒業後はさらに研修等の受け入れがあり、その後研修を積み小川町へ就農も可能。
・協議会の講演会、学習会、座学(09年度は15回)、視察研修に参加できます。
・作業着、道具等は各自で準備して下さい。
・農場への移動は各自でお願いします。
・事前に体験研修を4~5日受けていただきます。

◇申し込み方法  
履歴書、と下記のテーマで文章を2月末までに下記事務局宛に郵送願います。
1、どうして有機農業の研修を受けたいのか。
2、今後どのような農業をしたいのか。

<宛先>
小川町有機農業推進協議会事務局 
住所 〒355-0392 埼玉県比企郡小川町大塚55
小川町産業観光課農林政策担当 小川町有機農業学校係 宛

<お問い合わせ>
有機農業推進協議会 副代表 田下 隆一(風の丘ファーム)
0493-74-3790

最新情報はこちら
http://www13.jimdo.com/app/sb6c175bd21d4b751/p9a28db74be5b6c43/
by satoimolove | 2010-02-27 21:03 | info

小川町 金子さんの大豆で豆腐づくり

satoimoがお世話になっている、埼玉県小川町の金子さんが
本日、NHKの「プロフェッショナル」と言う番組に登場することはご存知の方も
多いと思います。
おそらく、番組内でも触れられると思いますが、金子さんら小川町の農家さんが
育ててきた大豆 青山在来が数年前から、何軒かの地元のお豆腐屋さんで使用されるようになり、有機農業の輪が広がっています。
小川町の三代目清水屋では無農薬/無化学肥料で育てられた青山在来でつくった
豆腐が「ぴっかり豆腐」として人気を集めています。
その、清水屋の清水さんをお招きし、1月24日に、金子さんの大豆 青山在来で
豆腐づくり教室を開催します。

小川町内のかた以外も参加が可能ですので、ぜひご応募ください。

***以下広報文です***

みんなで作って味わう! プロに教わる豆腐づくり教室

小川町で広がる有機農業。地元で栽培された有機農産物・加工品が町のあちこち
で販売されています。今回は小川町の有機農家さんが作った大豆で豆腐づくりに
取り組む三代目清水屋の清水さんを講師に迎え、手作り豆腐を作ります。ぜひご
参加ください!

日時:平成22年1月24日(日) 14:00ー17:00
参加費:500円 
定員:30名(小学生以上) *定員を超えた場合は初参加の方を優先します。
場所:大河公民館 調理室・会議室
講師:株式会社三代目清水屋 代表取締役 清水洋治氏

<概要>
地元小川町産の大豆(青山在来)を使い、豆から豆腐になるまでの過程を学びま
す。また、清水さんのご指導のもと作ったお豆腐を試食します。
<持ち物>
会費、手拭い、エプロン、三角巾等
<会場>
大河公民館 埼玉県比企郡小川町大字腰越43
電話 0493-72-0031

[お申し込み・お問い合わせ]
小川町有機農業推進協議会 事務局 鈴木
TEL:090-4205-7932 FAX: 0493-74-3790
Eメール: ogawamachi.modeltown@gmail.com
参加申し込み締め切り 1月19日(火)
FAX・メールにて、氏名・住所・電話番号・所属・豆腐づくり教室参加回数を明
記の上お申し込みください。

以上
by satoimolove | 2010-01-05 16:41 | info

1年経ってやっぱりガザを考える


satoimoです。

今年の1月に起きたパレスチナによるガザ攻撃から1年が経とうとしています。
まさに、攻撃が一番激しかったころ、隣のヨルダンにいた人間が関心を失うことがどうしてできましょうか。

今年、何度か、友人や関係者を通じて寄付をさせていただきました。
年末は日本政府への共同声明で、パレスチナに暮らす忍耐強いに友人たちにエールを送りたいと思います。

よければみなさまも↓
------------------------------------------------------
    民主党・社民党・国民新党連立政権に対して
    日本の中東政策の抜本的な転換を求める
    ガザ虐殺を繰り返させないための共同声明

           賛同者を募ります!
------------------------------------------------------

イスラエルによるガザ大虐殺開始から12月27日で1年が経ちました。
しかし、相変わらず、「国際社会」は、ガザの封鎖も、入植地建設も、
黙認し、パレスチナ人の命と権利はないがしろにされ続けています。

これ以上、イスラエルによる虐殺を繰り返させないために、私たちは
日本政府に対して、従来のイスラエルを利するだけの「中東政策」を
抜本的に見直すことを求め、12月27日付けで、20団体の連名による
共同声明を発表しました。

民主党・社民党・国民新党連立政権に対して
日本の中東政策の抜本的な転換を求める
ガザ虐殺を繰り返させないための共同声明
http://palestine-forum.org/doc/2009/gaza.html

ウェブ上での声明への賛同者を募っています。
http://d.hatena.ne.jp/gazapetition/

また、同趣旨の外務大臣宛の要請署名も行いますので、ぜひご協力の
ほど、よろしくお願いします。
by satoimolove | 2009-12-29 19:14 | info

ビール自給中 いっしょにやってみる?

satoimoです。

「種まき大作戦」と言う企画の一つとして、埼玉県小川町でビール自給に挑戦しています。
過去2回は50人以上が集まり、大盛況でした。
金子さん@霜里農場と金子さんのもとで研修をされた河村さん(立派に独立されている方です)、地ビール屋さんマイクロブルワリーの馬場さんにお世話になって進行中です。
私も、スタッフとして微力ながら、小川のいろんな魅力を伝えていきたいと思っています。

以下広報文です*****
●1/30(土) ★募集開始!
びーチャレ!新年麦踏み会
◎フジロックに向けて盛り上がっています!『麦まきからはじめる!地ビールチャレンジ』(通称:びーチャレ!)。無農薬オーガニックで自給率100%の最高の地(自)
ビールを目指して、愉快な仲間たちの新たな挑戦!2010年の最初の作業は麦踏み!そして楽しい交流会の後は、腹ごなしの野良仕事で体も心も満足!
◎日時:1月30日(土) ※日帰り ※雨天延期
◎行き先:霜里農場の麦畑(埼玉県小川町)
◎参加費:現地集合 3000円 ※学生2000円(中学生以下 無料)
※アルコール代別
◎集合:10:00 東部東上線『小川町』駅前
※【電車】08:46 東部東上線『池袋』駅発
=(東部東上線・急行)=9:56『小川町』駅着
◎予定(都合により若干の時間の変更ございます。予めご了承ください)
10:00 『小川町』駅前集合
= 10:30-12:00 作業(麦ふみ三反)
= 12:00-13:30 霜里農場見学&交流会(地ビールとポットラック パーティー)
= 13:30-16:00 温床作業
= 16:30 小川町解散
◎持ちもの :
□ポットラック一品持ちより(一人がおなかいっぱいになる量であれば何でもOK)
□飲み物□マイ食器□てぬぐい□着替□帽子□長靴など
□のこぎり(持っている人は持って来てください!)
◎募集:50名限定
◎募集方法&締め切り:以下を必ず明記の上、
1月22日(金)まで以下にお申し込み ください。
..................................
□1/30(土)びーチャレ!新年麦踏み会申し込みます!
□参加者氏名:
□連絡先(携帯番号)
□メールアドレス
□参加人数:
..................................
※現地バスチャーターのため、募集締め切り以後のキャンセルはできませんので、ご了承ください。
◎お申し込み:
はじめる自給!種まき大作戦 実行委員会
ハッタケンタロー andtwo@mac.com
◎協力
・麦雑穀工房マイクロブルワリー http://www.craft-beer.net/zkm.html
・霜里農場 http://www.shimosato-farm.com/
by satoimolove | 2009-12-28 07:18 | info

古民家JAZZ vol.4「Jazz To Light」

satoimoです

友人、テンダーが素敵なライブイベントをします。
いつも、先端を行き、破天荒?
その割にどこかお行儀とセンスがいいテンダー。
きっといい空気と時間をいただけると思います。
ぜひお立ち寄りください。

<古民家JAZZ vol.4「Jazz To Light」>
:*:+:+:*:+:+:*:+:+:*:+:+:*:+:+:*:+:+:*:

2009/11/29(sun) 12:00-19:00 @ 和のいえ「櫻井」

入場:前売 ¥1,500 / 当日 ¥1,700

/////////////////////////////////////////

会場:和のいえ「櫻井」

〒202-0023 東京都西東京市新町5-3-5
JR中央線 武蔵境駅より徒歩15分
バス(向台町五丁目行・花小金井駅南口行)約5分
境橋バス停下車徒歩2分
____________
////////////////////////

Live:

出演:麗光道 reykódo=Miya(Flute) , 児玉麗奈(Dance), Dana Hanchard(Vocal) + 東保光(Bass)

<麗光道 reykódo>
光の道を旅する3人の女性。麗光道は2009年の1月、富士山の山神社の伝統的なお祭りで千年杉や天狗の精霊が見守る中、誕生した。導かれるままに神社、滝、森の中や海辺など、地球上の特別な場所と自分とをつなぐ事を目的に活動している。古民家JAZZ vol 4ではベーシストの東保光が加わり、切り絵作家のSab、草月流SYCの空間演出とともに、伝統的なジャズから今の瞬間に生まれるインプロビゼーションをつなぐ光をモチーフとしたパフォーマンスを展開する。

空間演出:境界剪画 Sab(切り絵), いけばな草月SYC東京1(舞台花)


1st stage : Jazz Live / 13:00-14:00
2nd stage : Impro Live [Hikari] / 夕暮れ頃〜

/////////////////////////////////////////

Food:
・mikikana食堂
・おでん
・オカシカケル

/////////////////////////////////////////

出店:

・指圧
・フェイシャルエステ ルピナス
・絵描きmajio
・境界剪画 Sab(切り絵)

/////////////////////////////////////////

ワークショップ:

・Nandi Farm (象の糞の紙ワークショップ)
・いけばな草月SYC東京1(いけばなワークショップ)

/////////////////////////////////////////
by satoimolove | 2009-11-17 23:52 | info

もっぷ5

satoimoです。

wakanaにありがとうコメントをしてその後これを載せるか?
というかんじですが、お知らせしちゃいます。

1年後に名古屋で開催される生物多様性条約締約国会議COP10と同時開催の
カルタヘナ議定書(国境を越える遺伝子組み換え作物の規制を定めた)会議
MOP5。
MOP5は有機農業に関心を寄せる皆さんが注目するであろう話題「GMO」につい
て多く議論されます。

今回の講演はMOP4@ボンで争点となったLiability and Redress (遺伝子組換え
生物の国境を越える移動から生じる損害についての責任と救済)
に直結する講演内容です。(多分MOP5でも争点だと思います)
機会のある方はご参加ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【日 時】:2009年11月21日(土)14:00~17:00
【場 所】:名古屋工業大学 51号館101講義室(JR,地下鉄鶴舞下車)
正門の正面にある高いビルの左手にある1号館のさらに奥です
http://www.nitech.ac.jp/access/index.html#a3
【テーマ】:生物多様性と遺伝子組み換え作物
【講 師】:河田 昌東さん(遺伝子組み換え情報室代表)
【会 費】:カンパ500円程度(学生・院生免除)
【要 旨】:世界最大の遺伝子組換え作物(以下、GM作物)輸入国の日本は、
大量の遺伝組み換えナタネを輸入している。それに伴い、ナタネ輸入港周辺では
遺伝子組換えナタネが自生し、野生化が起こっている。その結果、国内産ナタネ

作物や、野生のカラシナとの交雑による遺伝子汚染が懸念されている。こうし
た、
意図しないGM生物の繁殖は今後さらに進むと考えられ、生物多様性にも大きな影
響を与える。
主催:名工大考える会、エントロピー学会名古屋懇談会共催 名工大「工大祭」
協賛
連絡先: ohsato.hitoshi(@)nitech.ac.jp 090-7029-6117大里
naoan32(@)gmail.com、052-896-7357 安藤;
●遺伝子組み換え情報室ウェブサイト
http://www2.odn.ne.jp/~cdu37690/

遺伝子組み換え作物徹底討論 を行います

●遺伝子組み換え作物(GM0)の何が問題なのか
●遺伝子組み換え作物は生物多様性とどう関係しているのか
●遺伝子組み換え作物で日本の農業はどうなるのか
●遺伝子組み換え作物は食糧問題を解決できるのか
●遺伝子組み換え食品は安全か、日本の現状はどうなのか
●日本の政府、企業はGMOにどう向き合おうとしているのか
など、など私たちの遺伝子組み換え作物についての疑問を
河田先生にぶつけて徹底的に議論したいと思います。

以上
by satoimolove | 2009-11-03 14:04 | info

アジア連帯経済フォーラム2009

satoimoです

インドの活動家、ヴァンダナ・シヴァあらわる!
楽しみ!

==================================================

〜お金・仕事・暮らし−みんなでささえる小さな経済〜
 「アジア連帯経済フォーラム2009」のご案内
 http://solidarityeconomy.web.fc2.com/


「アジア連帯経済フォーラム2009」
2009年11月7日(土)〜10日(火)開催!

「連帯経済」とは・・・
利潤ではなく、人間を大切にする、
たすけあいと信頼にもとづく小さな経済活動の総称です。
2009年11月、アジアと日本の連帯経済の実践者・研究者・市民が出会い、
経験交流と議論を行います!

* * * * * * * * * * * * *
「連帯経済」という言葉をご存じでしょうか?
市場原理にもとづく利益最優先の経済の仕組みだけではない、人びとが生きていくための、助け合いや信用・信頼にもとづく、いのちを最優先にする経済の仕組みです。
フェアトレードや社会的企業、社会的金融や社会的責任投資、協同組合、コミュニティビジネスなどがつくる「小さな経済」の総体が「連帯経済」と呼ばれています。

2009年11月、第2回アジア連帯経済フォーラムが東京で開催されます。
アジアはじめ、欧米・中南米からもNPOやフェアトレード団体などの実践者や研究者が集い、日本の参加者とともに社会的な課題を解決しつつ、自立・共助できる経済の担い手としてエネルギッシュなディスカッションを行います。
世界的に著名な環境活動家であるヴァンダナ・シヴァ氏や、ILOからのゲストも来日します。ぜひご参加下さい!

<フォーラムの概要>
●日程:2009年11月7日〜10日(4日間)
●会場:国連大学、青山学院大学、東京ウィメンズプラザ
●参加費:3000円(1日目、2日目両日ともご参加いただけます)
●主催:アジア連帯経済フォーラム実行委員会


【プログラム】(予定)※詳しくはWebページをご覧下さい
<11月7日>
8:00-    受付開始
9:00-9:30 オープニング・セッション
9:30-11:00 セッション(1)「グローバルに広がる連帯経済」
 ◆EU、中南米、国際ネットワークからの報告と議論
11:15-12:45 セッション(2)「アジアにおける連帯経済—多様な実践をつなぐために」
 ◆アジア各国からの報告と議論
13:45-14:30 記念講演「グローバリゼーションと連帯経済」
 ◆ヴァンダナ・シヴァ氏(エコロジスト・エコフェミニスト)※予定
14:30-16:00 セッション(3)「連帯経済を促進するための社会的金融」
 ◆各セクターからの報告と議論
16:10-17:30 セッション(4)「社会的企業の果たす役割」
18:00-19:30 レセプション
 ◆挨拶:篠原 孝 民主党衆議院議員、ほか

<11月8日(日)>
9:00-12:00 分科会(テーマ別ワークショップ)
 A.社会的金融の可能性−グローバル・ローカルでの取り組みの拡大に向けて 
 B.フェアトレードの拡大と深化 
 C.「いのち」のセーフティネットを地域で創る−福祉・介護・医療の現場から
 D.食と農の循環による地域の小さな経済づくり
 E.国際連帯税—グローバル経済の規制と富の再分配
13:15-15:00 セッション(5)「連帯経済の達成をはかる指標と評価−社会的パフォーマンス・マネジメント(SPM)」
15:00-16:20 セッション(6)「アジア連帯経済フォーラム2009コンセンサス文書」提起
16:20-17:00 クロージング・セッション
19:00-21:00 アジア連帯経済アライアンス会議(招待者のみ)

<11月9日(月)〜10日(火)>
9-10日 1泊2日コース
埼玉県小川町:有機農業と地域づくり〜霜里農場を訪ねる〜
9日 日帰りコース
横浜市:地域で小さな仕事をつくる〜社会的企業の現場〜
9日 日帰りコース
神奈川県厚木市:市民資金の循環とセーフティネット〜厚木に広がる市民事業〜

【主な海外ゲストのご紹介】
http://solidarityeconomy.web.fc2.com/guest.html

★プログラム詳細・お申込はHPからどうぞ!★
http://solidarityeconomy.web.fc2.com/
=============================
by satoimolove | 2009-10-29 04:40 | info

お金と開発と暮らしについて考える

satoimoです。

タイトルに惹かれて広報文を見てみると…
友人が登壇するではないですか。
yukiがんばって!

■□■金融機関に求められる環境問題への取り組み■□■
   −JBICの環境ガイドライン改定を機に−
  11/6(金)14:00〜17:00
  @環境パートナーシップオフィス(EPO)

 10月1日、新しく生まれ変わった国際協力銀行(JBIC)の環境社会配慮ガイド
ライン(ガイドライン)が、施行されました。2002年4月に制定されたガイドラ
インの改訂にあたり、2007年11月から2008年9月まで計14回、約1年にわたりコン
サルテーション会合で議論が重ねられました。この結果、国際的にみても高い水
準の環境社会配慮政策が策定されました。
 本セミナーでは、今回のガイドラインの改訂プロセス・内容を振り返るととも
に、金融機関が環境保全に果たすべき役割を改めて考えます。また、特に、ケー
ススタディーでは昨今注目されている生物多様性にも焦点をあてます。

【日時】2009年11月6日(金)14:00〜17:00(開場13:30)
【場所】環境パートナーシップオフィス(EPO)会議室
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F
    http://www.geic.or.jp/geic/intro/access.html#epo
【プログラム】(予定)
 基調講演:金融機関が環境社会配慮に果たす役割と重要性
   藤井良広/上智大学教授
 JBICガイドラインの改定のポイント(講演者交渉中)
 NGOによる評価
   田辺有輝/「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
 ガイドラインの効果と課題 −生物多様性と住民移転を事例に−
   渡辺瑛莉・波多江秀枝/FoE Japan

【参加費】1,000円(主催団体・協力団体会員は無料)
【お申し込み】
 下記ウェブサイトよりお申し込み下さい。
  http://www.foejapan.org/aid/doc/evt_091106.html
【主催】FoE Japan、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、メコン・ウォッ

【協力】地球・人間環境フォーラム

【お問い合わせ】担当:FoE Japan 清水
 Tel: 03-6907-7217
 E-mail:shimizu@foejapan.org
by satoimolove | 2009-10-17 17:35 | info

種採り、そしてつながる organic

satoimoです。

そろそろ山では紅葉が始まり、秋本番ですね。ひんやり、ドライ、でも秋の空気
には包容力を感じます。

さて、satoimoが事務局をお手伝いさせていただいている
小川町有機農業推進協議会からのお知らせです。
今回は日本有機農業研究会の種苗部でもご活躍の千葉県の林さんをお招きしま
す。ぜひご参加ください。
*農業者、種採り実践者でなくても参加できます!お気軽にご参加ください。

転送歓迎
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…・
       第2回 種採り講演会in小川町
     平成21年10月31日(土) 参加費無料
       主催:小川町有機農業推進協議会
・…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
自家採種のメリットは、個々の農地の条件に適応した品種を選
抜でき、病害虫に強い作物、好みの味・形の作物が作れること
などがあります。
また、地域の在来種・固定種の掘り起こしによる特産品の創設
も期待できます。
今回は講師に自家採種の第一人者である林重孝氏をお迎えして
の講演会です。ぜひご参加ください!!

【イベント概要】
[第1部]講演会&種苗交換会
場所:リリックおがわ2F 会議室 1・2(9:30受付開始)
◎講演会(10:00~11:30)
『農家で自家採種するには』講師:林 重孝 氏
質疑応答(11:30~12:00)
昼休み(12:00~13:00)
◎種苗交換会(13:00~13:50)
畑へ移動(13:50~14:30)
[第2部]種採り実技講演(14:30~終了まで)
場所:高橋農園 
☆交流会 玉井屋 4,000円(18:30~)

<お知らせ・注意事項>
・有機食材を使ったお弁当(1,000円)を先着50食まで承り
ます。なお、リリックおがわ内は持ち込みによる飲食はでき
ません。お弁当持参または有機食材弁当購入の方のために別
室をご用意いたしました。その他会場外の飲食店をご利用く
ださい。
・車で来られる方は高橋農園までできるだけ乗り合わせでお
願いします。駐車場所は市野川沿いになります。駐車スペー
スが限られておりますので大型バスをご用意いたしました。
できるだけご利用ください。
・各会場でのゴミの持ち帰りにご協力ください。
・高橋農園はトイレがありません。あらかじめご注意ください。

***********[お申し込み・お問い合わせ]***********
☆参加/お弁当/バスの送迎/交流会の申し込み締め切り 
10月25日(日)
☆電話・FAX・メールにて、氏名・住所・電話番号・所属・お弁
当・バスの送迎・交流会への参加の有無を明記の上お申し込み
ください。

小川町有機農業生産グループ 深谷農場
TEL/FAX:048-536-7946 
Eメール:hukayafarm@ybb.ne.jp

・…━━━━━━━種苗交換会について━━━━━━━☆☆☆
自家採取している種苗をお持ちください。
*1人分ずつ小袋にいれ、作物及び品種名、提供者氏名、栽培
方法を簡単にご記入ください。
種苗をお持ちいただいた方どうしで交換した後、余分が出た場
合には希望者にお譲りします。

・…━━━━━━━講師プロフィール ━━━━━━━☆☆☆
林 重孝(はやししげのり)氏
1954年千葉県生まれ。77年明治大学農学部を卒業し、家業の
農業を継ぐ。近代農業に疑問をもち、79年に家を出て、埼玉
県小川町の霜里農場(金子美登さん)で一年間住み込み実習。
ふたたび家に戻り、有機農業を始める。84年に結婚し、農産
加工にも力を入れ始める。99年10月から、NHK文化センター
ユーカリが丘教室(カルチャーセンター)の講師も務める。
著書に「有機農業ハンドブック」(農文協、共著)、「有機農
業公園をつくろう」(日本有機農業研究会、共著)「食と農の
原点」(日本有機農業研究会、共著)「農業法研究43戦後農
政の大転換」(農文協、共著)「自家採種ハンドブック」(現
代書館、監修)。隔月誌「やさい畑」(家の光)連載中。
NPO法人日本有機農業研究会副理事長、JAS認定機関有機
農業推進協会常任理事。03年度毎日農業記録賞優秀賞受
賞。09年環境保全型農業全国コンクール農林水産大臣賞受
賞。経営規模は240aに約80品目の野菜、豆類、小麦、キウイ
フルーツ、栗を栽培。セット野菜を85軒の消費者に直接届け
る。山林200a、平飼い養鶏150羽。

本行事は、平成21年度地域有機農業推進事業の一環として実
施いたします。

以上
by satoimolove | 2009-10-15 07:14 | info

病を乗り越え チューリップ畑トラスト09

satoimoです。

06年12月のASJ 六ヶ所村スタディツアーをきっかけに出会った
花とハーブの里のみなさんと
「チューリップ畑トラスト」を07年から続けています。

今年は花とハーブの里代表の菊川さんが7月に体調を崩されましたが、
既に復活! 今年もいっしょにチューリップトラストの準備ができました。
最近の花とハーブの里の情報 http://tulip.hanatoherb.jp/?eid=907451
とくたろうさんblog も最近の様子をレポート http://www.daichi.or.jp/blog/tokutaro/

チューリップ畑トラストの取り組みは
六ヶ所村の核燃再処理施設の問題を「知ること」のもう一歩先、
私たちの未来を花とハーブの里のみなさんと考え、歩むための仕組みです。

【転送歓迎】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 +:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
  花とハーブの里 チューリップ畑トラスト 2009
  会員募集のお知らせ
  主催:花とハーブの里 チューリップ畑トラスト実行委員会
 +:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

六ヶ所村の美しい景観とおいしい農産物を次世代に残したい、
六ヶ所村に暮らす人々とつながっていきたい、そんな想いを持つ
全てのひとのための「花とハーブの里 チューリップ畑トラスト」です。

花とハーブの里を訪れた方、核燃問題に関心のある方、
持続可能な社会ってなんだろう、と模索中のかた… 皆さんお気軽にご参加くだ
さい。
このトラストに参加することは、チューリップの花咲く、
素敵な六ヶ所村を共に作ることにつながります。
みなさんのご参加をお待ちしております。

*トラスト…特定の土地に対して一定の年会費を払いそれをオーナーにお願いし
て耕作してもらうというもの。
可能な限り自ら作業に参加して、その成果を均等配分するという仕組みです。

【内容】
■1口 3,500円(通信、収穫物の送料込み)
■限定100口(定員になり次第締め切ります)
■会員になるとこんないいことがある!
・花とハーブの里の通信が年4回届きます。
・年に一度『LOVE ROKKASHO BOX』をお届けします。
 お届け予定のモノ:チューリップの球根またはルバーブジャム
・チューリップ祭(毎年5月のゴールデンウィークあたりです)の入場無料 
*ルバーブ…ハーブの一種。シベリア原産の多年草。葉柄の部分を食用としま
す。ジャム、パイなどにするとおいしいです。
*花とハーブの里は基本的に農薬、化学肥料を使わずに作物を育てています。

【トラストの方法】
1. 100口分のトラスト会員で、2.5アールの土地をトラストします。
2. 農作業は会員の権利となります。
3. 栽培方法は無農薬・無化学肥料
4. 日常管理は花とハーブの里のスタッフに依託
5. 不作豊作に関わらず、収穫は均等配分 11月頃収穫物をお届けします。

【申し込み方法と手続き】
郵便振込で扱っております。以下のご記入をお願いします。
1.お名前
2.ご住所(郵便番号含む)
3.電話番号
4.ご所属(学校・会社・団体など)
5.花とハーブの里へのメッセージやトラストに参加した理由など
希望する収穫物:ルバーブジャム/チューリップの球根
■必要金額をお振り込み頂いたことが確認された段階で、会員手続きが完了しま
す。

【お振り込み先】
口座名 花とハーブの里
郵便振替番号 02390-6-470
 
【お申し込み・連絡先・情報】
Email:k.kikukawa-hanatohabunksato@r15.7-dj.com
電話・ファックス(19:30まで):0175-74-2522

【個人情報の管理について】
記載の個人情報は、「花とハーブの里 チューリップ畑トラスト」 および今
後の催事実施において利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとと
もに適切な方法で管理し、 法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なし
に第三者への目的外での開示・提供はいたしません。

以上
by satoimolove | 2009-08-08 14:48 | info