カテゴリ:info( 85 )

チェルノブイリからみた福島第一原発震災 ~土壌浄化・エネルギー自給の可能性を探る~

satoimoです。

「有機農業と放射能」ある農家さんは、「これから私たちがすべきことは次の世代に土をきれいにして渡すこと」というようなお話をされていました。
その土地での物質「循環」がエコロジーでエコノミーな有機農業。
その循環が放射能をそのままその土地に残してしまう皮肉な仕組みでもあります。
でもそれを取り除く努力が、既に始まっています。

チェルノブイリからみた福島第一原発震災
~土壌浄化・エネルギー自給の可能性を探る~
http://www.joaa.net/moyoosi/mys-95-0422.html

 3月11日の東日本大震災によって福島第一原発が相次いで爆発し、
大量の放射性物質が大気中に放出され、水や空気、そして大地を汚染しました。
地球環境への影響は計り知れず、特に農業者にとって、何としてもこれ以上の土壌汚染は避けたい状況です。
 今回講師にお招きする河田昌東さんは、「チェルノブイリ救援・中部」理事です。同団体では、 
1990年からチェルノブイリ原発事故で大きな被害を受けたウクライナで、現地の団体と協力して
被災者の救援に取り組んでいます。
また、2006年からは、医療・物資支援に加えて、土壌から放射能を吸収、農業復興による
地域再生を目指す「菜の花プロジェクト」を開始しています。
 当講演会では、第一部でチェルノブイリと福島原発事故の比較について解説していただき、
第二部で「チェルノブイリ救援・中部」が実践している土壌浄化やエネルギー自給についてお聞きします。
放射能汚染下でどう生きるか…。今後、中長期的に私たちができることを学び、考えていきたいと思います。

■プログラム
  受付開始 12:30
  第一部「福島原発震災とチェルノブイリ」13:00~14:45
  第二部「放射能汚染下でどう生きるか」 15:00~17:00
  閉会    17:00
■講 師:河田 昌東さん(遺伝子組み換え研究の専門家、「チェルノブイリ救援・中部」理事)
■日 時: 2011年6月5日(日)13:00~17:00
■会 場:國學院大學・渋谷キャンパス 学術メディアセンター 常磐松ホール
      (東京都渋谷区東4-10-28)
■交 通:・渋谷駅東口から徒歩13分
      ・渋谷駅(JR埼京線)新南口から徒歩10分
      ・都営バス(渋谷駅東口バスターミナル54番のりば「学03日赤医療センター行」)
       「国学院大学前」下車
■参加費:1000円(一部を義援金として寄付させていただきます)
■定 員:200名
■お申し込み:日本有機農業研究会 事務局
        TEL  03-3818-3078
        FAX 03−3818−3417
        E-mail seinenbu@joaa.net
        HP  http://www.joaa.net/
■主 催:NPO法人日本有機農業研究会・青年部(協力:渋谷・環境と文化の会)
by satoimolove | 2011-05-24 19:11 | info

なりわい創造塾 チラシができました

satoimoです

なりわい創造塾 チラシができました!
けっこうわくわくするチラシができたので、掲載しちゃいます。
説明会5/8 参加者募集中です!
トマトの植え付けもお手伝いすることになりました。
気軽に遊びにきてください。


d0061968_10551215.jpg


d0061968_10545697.jpg
by satoimolove | 2011-04-18 10:55 | info

なりわい創造塾(第2期)塾生募集中!!

satoimoです。

小川町をフィールドになりわい創造塾第2期を開催します!
今期は地元の森の名手名人、有機農業を始めた若者たち、自然エネルギーの専門家
etc 地元の皆さんと学び合う講座になっています。

satoimoも友だちの農業をてつだいつつ、「なりわい」創りを小川でしていくつもりです。
想いをカタチに。地に足着いた暮らしを創るぞ〜

昨年の様子はこちらをご覧ください。
http://www.kyouzon.org/nariwai/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
なりわい創造塾(第2期) in 埼玉県小川町
受講生募集(2011年6月開講)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

経済成長の陰で地球環境問題や経済格差は深刻化してきました。
そして震災をきっかけに私たちの暮らしは海外の地下資源に頼り、
暮らしを賄うことができていないことを痛感させられました。
私たちは未来のためにこれからの経済・社会の構造を考え、行動する、
その分岐点に立っています。
この塾では私たちの足下にある、遥か昔から紡いできた生き方、
多様な価値観の中から未来の社会やライフスタイルを創造していきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃なりわい創造塾はこんな人のための塾です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食べるものとエネルギーは自分でまかないたい
助け合う地域コミュニティを実現したい
半農半Xな暮らしがしたい
自然に根ざした仕事を創りたい

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃塾の概要
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■期間 2011年6月~2013年3月(2年間)
■講座スタイル 原則月1回1泊2日 講義及び実習・現地見学
*第1期(2010年度)の様子はこちらをご覧ください。
 http://www.kyouzon.org/nariwai/
<1年目 基礎編・プランニング>
地域を歩き「なりわい」を営む方に話を聞き、里山
整備や農作業を体験することで、個々の将来のイメージ、地域の
イメージを描いていきます。専門家の指導のもと、塾生自身が
具体的なキャリアプラン、プロジェクトプランを立てていきます。
<2年目 実践編>
一人ひとりがなりわい創造に向けたプロジェクトを立ち上げ実施
します。企画段階からアドバイザーやスタッフがサポートします。
また、受講生のニーズやプロジェクトの方向性に合わせた講座を
開講します。
■場所 埼玉県比企郡小川町
埼玉県小川町は池袋から東武東上線で約1時間。
和紙と有機農業の町です。
小川町ホームページ http://www.town.ogawa.saitama.jp/
■受講料(1年分) 5万円(宿泊費、交通費補助あり)
■募集人数 30名

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃事前説明会のご案内 ★締め切り5月1日
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■日時 2011年5月8日(日)13:00~17:00
■場所 小川町立図書館 ホール http://www.lib.ogawa.saitama.jp/
小川町増尾地区
■内容 塾の趣旨・概要説明
ワークショップ(皆さんの疑問にお応えします)
フィールド見学(有機農業、里山林の活用・自然エネルギーの
実践地へ)
★説明会への参加をお勧めします。都合で参加できない方は、事務局に
ご相談ください。
【5月8日説明会 申し込み】
1)氏名(ふりがな)
2)年代 (例30代)
3)電話番号 (携帯電話他つながりやすい番号をご記入ください)
4)メールアドレス
5)説明会で聞いてみたいこと
NPO法人共存の森ネットワーク 担当:磯野・芳川
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms 1A
TEL:03-6450-9563 FAX:03-6450-9583/Eメール:mori@kyouzon.org

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃講座 カリキュラム、スケジュール(予定/敬称略)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
月1回の講座の他にもオプション企画として小川町内外で行われる活動
・行事をスタッフ/講師がナビゲートします。地元の若者との活動等
さまざまなカタチで つながりとスキルを身につけることができます。
■第1回6月25日(土)
お互いさまライフのすすめ ~結の文化~(公開講座)
講師 結城登美雄
6月26日(日)総合オリエンテーション・小川町・槻川を歩く
■第2回
7月23日(土)・24日(日)
「聞き書き」で知る農的暮らしの喜怒愛楽 講師  渋澤寿一
■第3回
8月中 自由研究・フィールドワーク
■第4回 9月3日(土)・4日(日)
なりわい探検隊!地元学で知る
~地域にあったもの、あるもの、生まれてきたもの~
講師  牧下圭貴
■第5回 10月 22(土)・23日(日)
日本の農山村の現状からなりわいプランを考えるワークショップ
講師 中山幹生
■第6回11月19日(土)・20日(日)
実践者に聞く!現場を見る!1 講座半農半Xと言う生き方
講師 塩見直紀
■第7回12月17日(土)・18日(日)
実践者に聞く!現場を見る!2 自然エネルギーと自給的くらし
講師 桑原衛
■2012年 1月28・29日 地域の課題調査とプロジェクトづくり
「自分流NARIWAI~なりわいづくりに向けたプロジェクトを立ち
上げよう!~」
■2月25日(土)、26日(日)(仮日程)プロジェクト発表会
■3月16日(土)、17日(日)(仮日程)プロジェクト実践準備

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃応募について *5月31日締め切り
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
応募条件 埼玉県小川町での講座に通える方
応募締め切り 2011年5月31日
主催 NPO法人 共存の森ネットワーク
共催 小川町自然しごとづくりフォーラム
株式会社 森里川海生業研究所
助成 セブンイレブンみどりの基金
【塾への応募】
1)氏名(ふりがな)
2)現在の所属及び略歴
3)生年月日
4)住所
5)電話番号
6)携帯番号
7)メールアドレス
8)塾を知ったきっかけ
9)応募動機(形式自由)
を明記の上、EメールかFAX、郵送にてお申し込みください。
なお、メールの場合、志望動機についてはワード等で作成いただき、
添付することも可能です。
■お問い合わせ
NPO法人共存の森ネットワーク 担当:磯野・芳川
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms 1A
TEL:03-6450-9563 FAX:03-6450-9583/Eメール:mori@kyouzon.org
ホームページ http://www.kyouzon.org/

ご応募の際にお送りいただいた個人情報は、本件に関するご連絡
および今後のご案内のためにのみ使用します。事務局にて厳重に
管理し第三者に提供することはありません。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃森と人の暮らしをつなぐ NPO 共存の森ネットワークとは
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
共存の森ネットワークは、森と人の暮らしをつなぐNPOとして、
「人と自然」、「人と人」、「世代と世代」がつなぎながら、
持続可能な社会づくりのために、様々な活動を展開しています。
1)青少年育成事業:林野庁、文部科学省等と共に主催する
「聞き書き甲子園」の開催
2)普及啓発事業:「聞き書き」や「森と人の暮らし」に関する
環境学習支援や講演、出版など
3)森づくり事業:学生や地域住民を主体とした森づくり
・地域づくり活動の実践
4)地域づくり事業:里山林整備と資源の有効活用による里山林再生
手引書の作成(林野庁補助事業)
詳しくはホームページをご覧ください。 http://www.kyouzon.org/

以上
by satoimolove | 2011-04-07 13:58 | info

求人情報 BeGood Cafe

satoimoです。

転職の季節。
エコロジー系の仕事を求めている方はチェック!
BeGood Cafeさんはなにかとつながりがある団体なので紹介します。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃正社員2名募集! 教育・エコ・地域活性化に向けて
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

BeGood Cafe、そして(株)ピース・コミュニティ・プランは、さまざまな
社会貢献的な事業チャレンジを続けて来ました。そして、今後さらに、
教育・エコ・地域活性化などの新規プロジェクトに取り組んでいくために、
私達と一緒にがんばってくださる方を募集します。
お気軽にお問い合わせください。

職 種 :プロジェクト企画制作、コーディネイター
内 容 :プロジェクト企画運営(環境教育など)、イベント制作など
雇用形態:正社員
勤務地 :東京都世田谷区太子堂(田園都市線三軒茶屋駅より徒歩6分)
勤務開始:2011年3月下旬頃から 応相談
待遇  :固定給制 月給23万〜30万円 経験・能力を考慮の上応相談
     通勤交通費支給、社会保険完備
応募資格:社会経験のある方
     イベント等の制作や事務局業務等に経験のある方
     WORD/EXCEL/POWERPOINTを使える方、学歴年齢不問
     優遇>>英語の得意な方、普通自動車免許をお持ちの方
応募方法:履歴書・職歴書(写真貼付)、志望動機をメールまたは郵送で
     送付してください。随時書類選考の上、面接日をご連絡致します。
     *info※peace-cp.com(※を@に変えてメールを送信してください)
     *東京都世田谷区太子堂1-15-10 R三軒茶屋2F Smile Studio
      〒154-0004 (株)ピース・コミュニティ・プラン 総務宛
     応募書類は返却できません、ご了承ください。
応募締切:3月下旬でいったん締め切ります。

■お申し込み、お問合せ先
 株式会社ピース・コミュニティ・プラン
 info※peace-cp.com(※を@に変えてメールを送信してください)
 TEL:03-6413-8802(平日10:00〜18:00)
 東京都世田谷区太子堂1-15-10 R三軒茶屋2F Smile Studio 〒154-0004
by satoimolove | 2011-02-26 21:43 | info

大手メディアが伝えないこと 上関原発

satoimoです。

国内でも強者と弱者? 南と北?
権力やお金を持っている人とそうでない人?
とにかく虐げる、虐げられる…の関係が身近にも存在していると言う事実を、
メディアが無視する事実と構造を知ってもらいたい。

そんな想いでblogに掲載します。

以下転載
2月23日9:00現在、上関田ノ浦では今日も数百人規模の大人数で大規模な作業が進められようとしています。

陸上では約200人の作業員が隊列を組んでこれから作業に向かう準備をしています。

約100人の抗議により現在睨みあいがつづけられています。

海上では複数の作業台船団や作業船があちこちから田ノ浦を目指しやってきています。


22日には朝7時すぎには汚泥防止幕が破れているにも関わらず土砂を排水口側の海域に投入しました。
____

田ノ浦の状況が配信されています。
●満月tv http://www.ustream.tv/channel/

●2つのカメラが同時に見れます。http://www.ustwrap.info/multi/7222191::7083136

カヤックに乗って、実況中継をしてくれています。
(途切れる事がありますが、続いていますので見ていて下さい。)

海上保安庁がひどいです。
悔しくてたまらないです。
このライブ映像の配信数が増えるだけでも力になると思いますので、
ぜひ、アクセスしてください。
広めてください。


■徳山海上保安部

(管理課)
TEL 0834(31)0111(代)

(警備救難課)
TEL 0834(31)0110

(FAX)
TEL 0834(31)0114

(メール)
tokuyama-kotsu@kaiho.mlit.go.jp


■第六管区海上保安本部「海の相談室」
電話番号: 082−251−5111(代表)
FAX : 082−253−3682(専用)
E-mail : sodan6@jodc.go.jp
ご利用時間: 平日の午前9時05分から午後5時50分まで


■海上保安庁 〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
03-3591-6361(代表)


■国土交通省

国土交通ホットラインステーションは、国土交通行政に関する
皆様からの要望、意見等を一元的にお受けしています。
【受付時間】平日の午前10時から午後5時
(電話) 03−5253−4150
(FAX) 03−5253−4192
(メール先リンク)http://www.mlit.go.jp/hotline/hotline.html



2/22 虹のカヤック隊、らんぼうより 

上関原発に関する急ぎのお願いなのですが、昨日、今日の2日間、埋立予定海域で、海保庁が祝島の船に対して繰り返したたいへん危険な行為について、ぜひ海保庁()に抗議の電話をかけてくださいませんか?海の安全を守るはずの海保庁が、ゴムボードのような高速艇で祝島の船に向かって猛スピードで突っ込み、何度も体当たりしてきました。あわや大事故になるところでした。こちらの船首の下に突っ込み、海保庁側のヘルメットが割れる場面もあり、怪我人が出なかったのが不思議なほどです。明日ももし、このような危険行為が繰り返されると、怪我人が出るのでは、と心配です。また、このような海保庁の無茶な行為さえなければ、砂利を積んだ台船の侵入を阻止できたのに、と祝島のみなさんは悔しそうでした。以下、海保庁(徳山海上保安部)の電話番号です(夜間は当直に伝言)0834・31・0111。では、よろしくお願いします。
by satoimolove | 2011-02-25 21:03 | info

NPO法人 トージバ事務局長の神澤さんとのおしゃべり会

satoimoです。

「東京朝市アースデイマーケット」
「土と平和の祭典」
「種まき大作戦」
「バンブーファクトリー」etc
数々の農ムーブメントの火付け役であるNPO法人 トージバ。
その事務局長でありデザイナーでもある神澤さんに自らの農的暮らしぶりや活動
についてお話を伺います。
地域と人をつないできたら見えたもの・生まれたしごと・そして自らの移住と実
践とは?
デザイナー神澤さんならではの視点とセンスでお話しいただきます。
当日はリラックスモードで参加者のみなさんとお話しできるカタチをとりますの
でお気軽にご参加ください。

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
〜稼ぐための職業から、生きるための生業へ〜
都市と農村をつなぐ人
NPO法人 トージバ事務局長の神澤さんとのおしゃべり会

<こんな人にお勧め>
・農山村の暮らしに関心がある人
・半農半X、二地域居住の暮らしに関心がある人
・家族がいて農山村の暮らしにシフトするってできるの?と不安な人
・以上の項目に関心があり、フリーランスを目指す人

◆日時 2011年1月9日(日)13時〜15時半(予定 12時40分受付開始)

◆場所 損保ジャパン本社ビル 2階会議室(〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1)

※地図
http://www.sompo-japan.co.jp/about/company/outline/map/

◆参加費 1000円(共存の森ネットーワーク会員は500円でご参加いただけま
す。)

◆参加申し込み・お問い合わせ
お名前、ご連絡先を明記の上、以下の宛先までお申し込みください。
お申し込みは、お電話、FAX、メール、何れでも受付いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NPO法人共存の森ネットワーク(担当:田代)
154-0004東京都世田谷区太子堂5-15-3
R-rooms三軒茶屋1-A
TEL 03-6450-9563
FAX 03-6450-9583
Eメール mori@kyouzon.org
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆神澤則生さんプロフィール
東京生まれ。
商業デザイナーとして活躍する中、子どものアトピー性皮膚炎を
キッカケに、価値観の大転換が始まる。
デザインの仕事の傍ら、NPO法人 「えがおつなげて」の立ち上げ期に携わる。
2002年、現在のトージバメンバーと出会い活動を開始。
現在、“発酵のまち”千葉県神崎町と東京の2地域居住をしながら、
妻、中学生、小学生の子どもと楽しく刺激的な毎日をおくる。

ホームページ
http://www.toziba.net/

◆今回のおしゃべり会は「なりわい創造塾」の公開講座(第3弾)です。
なりわい創造塾は、NPO法人共存の森ネットワークが主催する「持続可能なライ
フスタイルづくり」を目的とした9ヶ月間のプログラムです。一人ひとりのが持
つビジョンや生活の状況に合わせて、個々人に合わせたライフプラン設計をお
手伝いします。
講座は、全10回行われますが、11月〜1月にかけて行う計3回の講座を、一般に
も公開し、開催しています。
公開講座では、30代から40代で、「農的暮らし」や「半農半X」という生き方を
実現している方々を講師にお招きします。どなたでもご参加いただけますので
、ぜひ聞きにいらしてください。

<なりわい創造塾が提案するライフスタイル>
私たちが考えるこれからのライフスタイルのキーワードは「身近な自然」そし
て「地域コミュニティ」です。

私たちが生きる現代社会は、「お金」が大きな価値を持ち、お金がなければ生
きることが難しい仕組みの中で暮らしています。1960年代以降、資本経済が成
長する中で、「豊かな暮らし」を目指し、農山村から都市部に人が流れました。
その結果、経済大国となった日本は、自給していた食料やエネルギーを海外から
手に入れるなど物質的に豊かな暮らしに変化しました。しかし、大量生産
大量消費の暮らしは、地球温暖化などの環境問題や経済の行き詰まりにより、
そうした社会が本当に豊かなのか、多くの人が疑問を抱いています。

そこで私たちは、「身近な自然」と「地域コミュニティ」に根付いた、かつて
の日本人の暮らしの形を見つめることから始めたいと考えています。

かつて、といってもほんの数十年前まで、農山漁村に脈々と受け継がれてきた
暮らしです。薪や炭をエネルギーとし、山で動物や山菜をとり、田畑で作物を
育てる。
木材を住宅や家具の材料に加工し、草木から糸を紡ぎ、布を織る。自然の成長
に合わせて、その恵みに支えられた暮らしです。そして、入会地や結(ゆい)
といったように、地域コミュニティの中で土地や労働を共有し、助け合って生
きる。そんな 「なりわい」の知恵と技術は、はるか先人から綿々と集積されて
きました。

私たちの足元にある、日本人が遥か昔からつないできた生き方の中に、未来の
社会やライフスタイルのあるべき姿が示されている。その生き方を見つめなお
し、これからのライフスタイルを塾生とともに考えたい。私たちはそんな思い
でこの塾を立ち上げました。

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

神澤さんとトージバの活動風景

d0061968_1131427.jpg

d0061968_1135144.jpg


d0061968_1133822.jpg


d0061968_115358.jpg

d0061968_1132651.jpg

by satoimolove | 2010-12-30 11:07 | info

12/12(日)びーチャレ!麦ふみ&クリスマス会!

12/12(日)びーチャレ!麦ふみ&クリスマス会!
★募集締め切り12月7日(火)まで

今年もはじまりました!『麦まきからはじめる!地ビールチャレン
ジ』(通称:びーチャレ!)。
無農薬オーガニックで自給率100%の最高に美味い地 (自) ビールをつくりましょう!
今回は麦ふみクリスマス会もいっしょに。ウキウキ気分でぜひ参加ください!

◎日時:12月12(日) ※日帰り
◎行き先:霜里農場の麦畑(埼玉県小川町)
◎参加費:3,500円・学生 2,000円・中学 生以下
無料※アルコール代別
◎集合(★前回と集合場所、時間が違います。ご注意を!):
9:22着 東武東上線『武蔵嵐山』駅前集合(小川町のひとつ手前の
駅です)
※東武東上線『池袋』駅 8:19発急行に乗車ください。チャー
ターバスで移動します!
◎持ち物:
□昼食(クリスマスをテーマにしたポットラック(一品持ち寄
り)となります)
※量の目安は自分が食べられる量で、お持ちください。
□軍手□暖かい服装 □マイ箸□マイ皿、□汚れてもよい靴(長
靴)□てぬぐい・タオル □着替 
※□ノコギリがある方は持って来てください。
◎スケジュール(都合により多少変更の場合がございます)
9:22『武蔵嵐山』駅集合
=バスで移動=10:30 麦踏み =12:00-14:00 交流会
=バスで移動=14:30-16:00 山仕事
・竹を切り出し、割り・落ち葉かき など
=バスで移動 =16:30 『小川町』駅前 解散
◎募集方法&締め切り:以下を必ず明記の上、
12月7日(火)まで以下にお申し込み ください。
..................................
□12月12日(日)びーチャレ!麦ふみクリ
スマス会に申し込みます!
□参加者氏名:
□連絡先(携帯番号)
□メールアドレス
□参加人数:
..................................
※現地バスチャーターのため、募集締め切り以後のキャンセルはで
きませんので、ご了承ください。
◎お申し込み:
はじめる自給!種まき大作戦 実行委員会
ハッタケンタロー 090-3818-7324
andtwo@mac.com
◎協力
麦雑穀工房マイクロブルワリー
http://www.craft-beer.net/zkm.html
霜里農場
http://www.shimosato-farm.com/

前回の麦まきでは地元の若者メンバーと芋煮会もしました。盛り上がりました!

d0061968_22304038.jpg


d0061968_22462764.jpg


d0061968_22312278.jpg
by satoimolove | 2010-12-05 22:46 | info

“いーからかん” みっちゃんとのおしゃべり会

satoimoです。

“いーからかん” みっちゃんとのおしゃべり会
半農半Xライフ、女性ひとりで田舎で暮らし始めること etc
いろんな知恵や面白い発見が詰まったおしゃべり会です。
ご参加ください。
satoimoは企画側なので、会場にスタッフとしています。

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
~稼ぐための職業から、生きるための生業へ~
“いーからかん” みっちゃんとのおしゃべり会
群馬県片品村での半農半Xライフってどんなかんじ?


雑誌『うかたま』の連載「いーからかん人生相談」でおなじみの群馬
県片品村在住の桐山三智子さんをお招きして、おしゃべり会を開催します。

横浜に生まれ、東京で働いた後、群馬県片品村に移住した桐山さん。
野菜づくり、味噌づくり、炭焼き&炭アクセサリー作り、スキーのレンタルシ
ョップ…。
現代的“百姓生活”を営む、桐山さんが農山村で見つけた“大切なこと”とは
…?

当日は、桐山さんとリラックスモードでお話しできるカタチをとり、「農山村
」での暮らし方、地域に残る大切な価値、半農半Xをどう実現するかなど、ディ
スカッションをしていきます。

<こんな人にお勧め>
・農山村の暮らしに関心がある人
・半農半Xの暮らしに関心がある人
・女性一人で農山村で暮らせるの?と不安な人
・人生の先輩(おじいさん・おばあさん)の知恵を学びたい人


◆日時 12月11日(土)13時~15時半(予定 12時40分受付開始)

◆場所 損保ジャパン本社ビル 2階会議室(〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1)

※地図
http://www.sompo-japan.co.jp/about/company/outline/map/

◆参加費 1000円(当NPO会員は500円でご参加いただけます。)

◆参加申し込み・お問い合わせ
お名前、ご連絡先を明記の上、以下の宛先までお申し込みください。
お申し込みは、お電話、FAX、メール、何れでも受付いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・ NPO法人共存の森ネットワーク(担当:田代)       ・
・ 154-0004東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms三軒茶屋1-A ・
・ TEL.03-6450-9563 FAX.03-6450-9583 MAIL.mori@kyouzon.org・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆桐山さんプロフィール(HPより引用)

6年前までは渋谷のアクセサリー雑貨店のショップスタッフ。
消費社会の中で本物が何かわからなくなる。遊びすぎと仕事のストレスでアト
ピーが再発し、立ち止まる。
同時期、友人のベビーブームに、無知なままの 自分では母親になったとき子ど
もに何を伝えられるのか、と考え、まずは自分の環境を変えることを決意し田
舎に飛び込む。
村で出会ったお母さんの偉大さに感銘を受け「片品生活塾:Good Mother Proj
ect」 を立ち上げる。現在は、金次郎師匠の炭焼きのお手伝いからヒラメイタオリジ
ナル商品、炭でアクセサリーを作り個展を開いたり、40年引き継 がれている
下小川味噌加工所で、カヲル婆さんのみそ作りのお手伝いもさせていただきな
がら、縁あって出会った人たちを受け入れている。
講演会では田舎暮らしの魅力や可能性を伝えたり、雑誌「増刊現代農業」「う
かたま」に連載をもたせていただいたりと日々マルチに活動しています!

HP「iikarakan」
http://iikarakan.81s.net/

◆今回のおしゃべり会は「なりわい創造塾」の公開講座(第2弾)です。
なりわい創造塾は、NPO法人共存の森ネットワークが主催する「持続可能なライ
フスタイルづくり」を目的とした9ヶ月間のプログラムです。一人ひとりのが持
つビジョンや生活の状況に合わせて、個々人に合わせたライフプラン設計をお
手伝いします。
講座は、全10回行われますが、11月~1月にかけて行う計3回の講座を、一般に
も公開し、開催いたします。
公開講座では、30代から40代で、「農的暮らし」や「半農半X」という生き方を
実現している方々を講師にお招きします。どなたでもご参加いただけますので
、ぜひ聞きにいらしてください。

<なりわい創造塾が提案するライフスタイル>
私たちが考えるこれからのライフスタイルのキーワードは「身近な自然」そし
て「地域コミュニティ」です。

私たちが生きる現代社会は、「お金」が大きな価値を持ち、お金がなければ生
きることが難しい仕組みの中で暮らしています。1960年代以降、資本経済が成
長する中で、「豊かな暮らし」を目指し、農山村から都市部に人が流れました
。その結果、経済大国となった日本は、自給していた食料やエネルギーを海外
から手に入れるなど物質的に豊かな暮らしに変化しました。しかし、大量生産
大量消費の暮らしは、地球温暖化などの環境問題や経済の行き詰まりにより、
そうした社会が本当に豊かなのか、多くの人が疑問を抱いています。

そこで私たちは、「身近な自然」と「地域コミュニティ」に根付いた、かつて
の日本人の暮らしの形を見つめることから始めたい、と考えています。

かつて、といってもほんの数十年前まで、農山漁村に脈々と受け継がれてきた
暮らしです。薪や炭をエネルギーとし、山で動物や山菜をとり、田畑で作物を
育てる。
木材を住宅や家具の材料に加工し、草木から糸を紡ぎ、布を織る。自然の成長
に合わせて、その恵みに支えられた暮らしです。そして、入会地や結(ゆい)
といったように、地域コミュニティの中で土地や労働を共有し、助け合って生
きる。そんな 「なりわい」の知恵と技術は、はるか先人から綿々と集積されて
きました。

私たちの足元にある、日本人が遥か昔からつないできた生き方の中に、未来の
社会やライフスタイルのあるべき姿が示されている。その生き方を見つめなお
し、これからのライフスタイルを塾生とともに考えたい。私たちはそんな思い
でこの塾を立ち上げました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
◆公開講座の第三弾も開催決定!こちらも申込みもお待ちしています。

日時:1月9日(日)13時~15時
講師:神澤則生氏(NPO法人トージバ)
場所:損保ジャパン本社ビル 2階会議室(〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1)

NPO法人トージバは、都市と農村をつなぐことをテーマに活動を展開しています

地大豆の種をまく「大豆レボリューション」や竹活用の取り組み「バンブーフ
ァクトリー」などのプロジェクトを通じて、神澤さんが目指すことをお聞きし
ます。

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
by satoimolove | 2010-11-18 13:26 | info

【求人】 NPO法人 共存の森ネットワークでスタッフを募集

satoimoです。

なりわい創造塾というプロジェクトでお手伝いをしている、NPO法人 共存の森ネットワークでスタッフを募集しています。
「明るくチャレンジ精神のある方、学生と一緒に活動することが好きな方、農山村の暮らしに興味がある方からのご応募をお待ちしております。」
とのこと。

募集内容を確認の上、事務局まで応募ください。新卒(2011年3月卒業見込み、学部、院生共に可)、中途採用ともに可です。11 月5日(金)応募締切になります。

詳細は以下のHPをご参照下さい。

■当NPO求人情報
http://www.kyouzon.org/topics.html
■Find Job!掲載記事
http://www.find-job.net/fj/showjob.cgi?id=82234


以下募集内容です。

■募集人数
 1名

■職務内容
1)林野庁、文部科学省等と共に主催する「聞き書き甲子園」の運営全般
 (広報、企業への協賛依頼、研修会やフォーラムの実施、作品集作成等)
2)大学生や地域住民等を主体とした森づくり・地域づくり活動に関するコーディネート
3)ホームページやブログの更新、会報誌の編集等

■必須の経験・スキル・資格等
1.基本的なPCスキル(ワード、エクセル、パワーポイント等)
2.コミュニケーション能力
(行政、企業、他団体、学生等、多様な立場の人と確実なコミュニケーションがとれる方)
3.文書作成能力(企画書や報告書などの文書をまとめる力)

■歓迎される経験・スキル・資格等
1.コーディネート能力
 (行政や企業、他団体、地域住民、学生等と協働し、プロジェクトを形にする力)
2.マネジメント能力
 (事業計画の立案、資金管理、ボランティアの育成など、組織をマネジメントする力)
3.普通自動車免許
 (フィールド活動等で車を運転する場合があります)

■条件・待遇
・初任給 220,000円~ ※但し、新卒の場合は180,000円~
 (各種社会保険完備、2ヶ月間試用期間あり)
・交通費全額支給
・週休2日制(土日)、祝日、年末年始休暇、年次有給休暇付与
・土、日、祝日については、フィールド活動等で休日出勤をお願いすることがあります。
 その場合は、平日に代替休日取得可。

■勤務地/勤務時間
勤務地 東京都世田谷区 
   ※最寄駅 東急田園都市線、東急世田谷線「三軒茶屋」駅下車 徒歩8分
   ※地図等、詳細はこちら
勤務時間 10:00~19:00 ※実働8時間、休憩60分、所定時間外労働あり

■応募方法
以下の書類を事務局へ郵送してください。
1.履歴書
 (書式自由、手書き、証明写真添付。連絡先として自宅連絡先の他、携帯電話、メールアドレスも記入してください)
2.職務経歴書(書式自由、ワードで作成)
3.応募理由(600~800字程度、ワードで作成)

■応募締切
11月5日(金)郵送必着

※なお、メールでの御応募の場合は、以下のサイトから御応募ください。
  (メール送信の場合は、11月4日(木)深夜までが締切となります)

以上
by satoimolove | 2010-11-02 12:50 | info

茨フェス 即興バンド ラビラビがくるよ!

satoimoです。

私の中学の先輩が茨城に帰り、福祉の仕事をしています。
彼女が大好きな「ラビラビ」を呼んでライブをやります。
T先輩とはA SEED JAPANで出会い、偶然の出会いに大興奮でした。
いつもコツコツ、自分のスキルを活かして想いをカタチにしていく姿が美しい先輩。(先輩なんて呼んだ事ないけど)新しい風を茨城から吹かせてくれると思います。

広報チラシ(先輩作)ご覧ください。そして足をお運びください。
d0061968_801696.jpg

by satoimolove | 2010-10-30 07:52 | info