カテゴリ:book( 8 )

「女たちの21世紀」最新刊No.58  刊行!


satoimoです。

「女たちの21世紀」最新刊No.58
「女性の貧困を生み出してきたグローバル経済と政府経済対策のあり方を根本からかんがえる一冊です。」
という文章に関心を持ちました。
「フェミニストはヒステリックで嫌い」という印象を持っている人が多いので
「あまり私はフェミニストです」とはいいにくい世の中だと思いますが、
あえて、私は聞かれれば“フェミニスト”といいます。
私にとってのフェミニストは“性(セックス、ジェンダー、性的嗜好)によって差別や抑圧がない社会を目指し行動する人”です。女性だけを守ろうと躍起になる考えではないよなーと思います。

そういうフェミニストsatoimoにこの本はどんな衝撃?発見を与えてくれるのか?
楽しみに読んでみたいと思います。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

「女たちの21世紀」最新刊No.58 刊行!
【特集】フェミニストはこう読む 金融危機と経済対策

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

世界金融危機は、世界各地で、そして日本で、女性の貧困化を加速させています。
政府の巨額の財政出動は、弱い立場におかれ、不況でさらに追い詰められている
女性と貧困層をほんとうに救済することになるのでしょうか?私たちが税金を通
じて回復させるものは、これまでの経済モデルでいいのでしょうか?
大沢真理さん、足立眞理子さん、竹信三恵子さんら、内外のフェミニストの分析
を掲載。女性の貧困を生み出してきたグローバル経済と政府経済対策のあり方を
根本からかんがえる一冊です。

・・・もくじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【特集】フェミニストはこう読む 金融危機と経済対策

ジェンダー視点が照らし出す「グローバル危機対策」の不毛  竹信三恵子
フェミニスト経済学から見るグローバル経済と金融危機  足立眞理子
貧困層と女性に公正な財政を  大沢真理
経済危機に追い詰められる女性労働者  伊藤みどり
レポート「金融危機と女性への影響」東アジアワークショップ  本山央子
日系人移住労働者への影響 助け合いと連帯で支える生活  野元弘幸
厚労省の失業対策で介護人材不足は解決するか?  白崎朝子
「家族のために、夫に内緒で」 消費者相談に見るジェンダー  樫原節子
第53回国連女性の地位委員会専門家パネル「ジェンダー視点でみる金融危機」
鍵は不平等の是正と雇用の創出  ステファニー・セギーノ
アジア危機の経験が残した教訓  シャミカ・シリマン

【国内ニュース】
裁判員制度で性犯罪被害者の安全と権利は守られるのか?  本山央子
集団準強かんの学生に大学が「教育的配慮」
米軍性犯罪の8割が不起訴
移住女性を苦しめる入管法等改定案に反対!  山岸素子
婚外子の住民票作成裁判最高裁で敗訴
首相「子ども2人は義務」答弁を撤回
BPOがNHK番組改変で「放送倫理上の問題」を認定
情報通信法制よりもコミュニケーションの権利の確保を  池田佳代
拷問禁止委員会が「慰安婦」問題再報告を要請
総務省が政府DV対策に改善勧告
東京プライドフェスティバルを開催  砂川秀樹
加地永都子さんの急逝を悼んで  ゆのまえ知子

【海外ニュース】
フィリピン 歴史的な性暴力裁判に苦い結末
バングラデシュ セクハラ防止ガイドラインを策定
アイスランド ストリップクラブ・買春を禁止
アメリカ 未処理のまま放置されるレイプ証拠
クウェート 初の女性国会議員が誕生
アフガニスタン シーア派家族法はタリバーン時代への逆行?
パキスタン タリバーン支配下でおきた女性の鞭打ち
ブルンジ 同性愛禁止法が成立
UNICEF 若年HIV患者の2/3が女性
シエラレオネ 成人儀礼を遅らせ女性器切除を減らす
アフガニスタン タリバーンが女性議員を射殺
コンゴ 武力紛争下のレイプ拡大
メキシコ 連続女性殺害事件の審理 米州裁判所で始まる

【AJWRC information】
山秋真さん講演会 「開発」に揺れる地域で、聞こえない声を聞く
「女性の貧困」特集号発行記念ディスカッションフォーラムを開催
センターの主な活動(4月~6月)
CEDAW日本審査に向けNGOレポートを共同提出
出張 放課後まんがクラブ
BOOK CORNER
連載 香港便り 小出雅生
連載 町屋通信 佐藤智代子

・・・・・・・・・・・・・・

定価1200円。ご注文はこちらのサイトから
http://ajwrc.org/jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=464
またはアジア女性資料センター事務局にお問い合わせください。

以上
by satoimolove | 2009-06-22 18:27 | book

Love Green&Organic 100連発 地産地消レシピブック

satoimoです

ニュースクリップ
地産地消レシピブック:島の食材で創作料理 NPOあわじFANクラブが発行 /兵庫

 食や農などの体験活動に取り組んでいるNPO「あわじFANクラブ」(小林祥宏理事長)は、島の食材を使った創作料理の作り方を紹介する「御食國(みけつくに)・淡路島の豊かな食材で 地産地消レシピブック」を発行した。

 同クラブは06年にNPO法人に認証。地産地消の食育活動の一環で、家族連れの農業体験や親子料理教室などを開催。親子に好評なことから、料理教室で作った創作料理のレシピを紹介することにした。

 レシピブックには、料理教室講師の中野匡昭・ホテルアナガ料理長と西宮市在住の料理研究家、庭井裕美さんが考案した「ブロッコリーのスープ」「シチュードチキン」「「秋さばのおろし和(あ)え」「ロール白菜」など23種類の材料と作り方をまとめている。同クラブの赤松清子事務局長は「子どものいる家庭で淡路島の新鮮な食材を使った料理を楽しく安心して作ってほしい」と話している。

原文 http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20090326ddlk28040557000c.html
by satoimolove | 2009-03-27 09:43 | book

秋口に選んだ本 3冊

satoimoです

練馬の畑に行った帰り、大泉学園の駅前にある本屋さんに立ち寄った。

最近小説を読んでいないなと感じていた。
そのせいか自然と足は、江國香織や山田詠美、村上龍、林真理子
の文庫の前に。高校のときに好きになって読み続けていた作家の本、
でも眺めて終わった。

結局1時間以上、本屋をうろうろして購入したのはこの3冊。

●Courrier Japon -世界のジャーナリストが斬る 安部普三 他

d0061968_22231158.gif



●穀菜和食 松本光司 著
45年間マクロビオティックに取り組んできた著者。マクロビオティック実践のための和食のおかずが満載。おもてなしのマクロビメニューをレパートリーに加えたかったので買っちゃいました。
d0061968_22283518.jpg



●LOVE or LIKE
石田 衣良 (著), 中村 航 (著), 本多 孝好 (著), 真伏 修三 (著), 中田 永一 (著),
山本 幸久 (著)
「豪華男性作家陣が集まったアンソロジー!」らしい。
まだ全部読んでないけど、中田 永一さんの「なみうちぎわ」はせつなく、そして美しい。
久々に空気感が鮮明に記憶に残る作品でした。
d0061968_2237305.jpg


by satoimolove | 2006-09-26 22:38 | book

なるほど本

satoimoです

最近、ある企業の代表をしているひとと話す機会がありました。
確かにこの本のタイトルのように、その人も「考えること」のスケールが大きい。

「成功する」の定義が人によって違うとは思うけれど、
「人並み以上の社会貢献をする、富や名声を得る」
どれをとっても、大きく考えること、目標を高く持つことは必要なのだと、この本に
気づかされました。


「理想をもとう。そして本質を見よう。」 いつもこころにある言葉。
これからは
「大きく考え 理想を持とう。そして本質を見よう」

d0061968_18121671.jpg
by satoimolove | 2006-02-06 18:12 | book

おかえり本

satoimoです

最近友人から帰ってきた本。「ミーティングマネジメント」
とっても読み込んだらしく結構
姿が変わっていた。
でも、お貸しした本でたくさん勉強してくれたのですから、うれしい限りです。

久しぶりに、ページをめくってみると結構実践できていることもあるな~
これを購入したときの自分と今の自分って結構違うかも(よい意味で)。
と自画自賛(?)
きっと彼女もこの本を読んで成長したのだろうな~


ミーティング・マネジメント―効果的会議の効率的実践
八幡 紕芦史 (著)
個人的に民主的かつ、効率的な会議が実現すれば、社会は変わると信じてます。
全ての活動家とビジネスパーソンに、この一冊。


d0061968_174835.jpg
by satoimolove | 2006-02-06 17:49 | book

心を高める、経営を伸ばす

satoimoです

10月27日、1年半事務局を一緒に回すパートナーであり、上司であり、同志である
kimuから誕生日プレゼントとして1冊の本をもらいました。、

「心を高める、経営を伸ばす」 稲盛和夫著

1ページ1ページがこれからの道しるべとも言える本。
読むたびに自分を振り返ることができる本です。

06年、satoimoも事務局長です。いままでも必死だったけど
さらに、必死に生きる1年となります。

<本文より>
新しい時代を開く

「これがないから、あれがないから、できない」
とできない理由ばかり並べ立てる人がいます。

しかし、何もないからできないと考えていては、新しいことなどできるわけが
ありません。

スタートでは何もないことが前提です。それを当然のこととし、それでもなおこれを
やり遂げたいという強烈な願望を抱き、成し遂げるためには、どうしたらよいのか、
必要な人材、技術、資金、設備をどう調達するのか、ということをただひたすら考える
のです。

そうすれば、必ず夢は実現できると思っています。


想いをカタチに! 

今日はここまで。
by satoimolove | 2005-10-31 14:27 | book

季刊誌 自給自足

satoimoです

今日は高井戸に仕事で行く用事があり、その足で新宿・池袋の本屋に。
仕事に使う本を探していたのだけれど、新宿のBOOK1stにはなく。
でもちょっと素敵な本がたくさんあったのでいろんな本をぱらぱら、ぶらぶらと…

そこで見つけたのが『季刊誌 自給自足』
まさに自給自足の生活にあこがれている人のための本です。
自給自足する人々の紹介満載、田舎の物件有り。
あ~ こんな世界に飛び込みたい! という気分にさせられちゃいました。

ぱらぱらしてたら、その中にあこがれの人を発見!
前の仕事でお世話になったHERBSMAN'Sです。
茨城で有機ハーブ栽培。
きれいなパートナーと素直に「おとうさんかっこいい!」といってくれる息子さんがいて
旅が好きで、その延長が農業で、手作りの家に住んで、素敵なお便りをお客さんや流通におくってくれる…
歌も作って歌うし、ファッションもぼく好み。

憧れだぜ~

本屋さんで、電車で、そしてこの文章を書いている顔がにやけている自分に
気づいて、ちょっと恥ずかしい。

そのくらい 憧れだぜ~
by satoimolove | 2005-09-05 22:00 | book

夢設計図

satoimo

休日に『20代で始める「夢設計図」』 /熊谷正寿 著/大和書房
という本を買った。この本のタイトルを見て「あと4年ある!」と正直思った(汗)。

私は40代までの仕事の位置付けを次のように考えている。
「20代は修行
30代は独立(ひとつの仕事に集中する)
40代は他の人と仕事を作る」

なんだか最近「こんな暮らしをしたい。」とはっきりしているものの、いつどのように実現するか明確でないなということに気がついた。
夢は見るものではなくて「実現するもの」 ぐずぐずしてはいられない。

読み進めていくと、実際に自分で夢の設計図を描いたり、「自分への質問」というプロセスで自分の考えを客観的に見ることができる。
おそらくこの本は人生に迷った人だけの本ではなく、ちょっと立ち止まって自分の今いる位置を確認するためにも使える本だ。そして、ビジネスだけでなく生き方そのものに対してを自分の考えを深めるのに役立つと思う。

<私を勇気づけた言葉@「20代で始める夢設計図」>
・悩めば悩むほど夢に近づく
・後悔しない人生とは自分自身の幸せと周囲の人や社会の幸せがリンクして初めて実現するもの。


<そうそう 私もそう思ってますという言葉@「20代で始める夢設計図」>
・今ある状況は全てあなたの行動と思考の結果なのですよ。→全ての責任は自分にある。
・本気で夢をかなえたいのなら期限を決めて実行に移そう。達成期限の修正もOK。

<感想>
・夢設計図を描いてみて自分は結構夢に近づいていることに気がついた。
・今やるべきことが見えてきた

セカンドハンドなら半額です。↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479791167/250-0296227-6451449#product-details

satoimoの夢設計図は次回に。
by satoimolove | 2005-07-20 07:02 | book