花とハーブの里@青森県六ヶ所村への旅

satoimoです。

先週は5日間青森県六ヶ所村にいました。
核燃に頼らない村づくりのために花とハーブの里を経営する、Kさんらを訪ねました。
昨年から始めたチューリップ畑トラストの打ち合わせと、農場のお手伝いをしました。

夜行バスで往復18,000円。3列シートでほぼ貸し切り。お得です。(でも4/20で廃線だ)

バスで村役場前に着くと、お迎えが… 小一時間おばあちゃんとおしゃべりして、過ごしました。おばあちゃんの会話、じつは50%はわかりませんでした。聞き返したけど???
おしゃれな布でほっかぶりをしているのがかわいいでしょ。ロシアのおばあちゃんもこんな感じの印象があるな〜

d0061968_23124533.jpg



農場は花が咲き始めているところです。
d0061968_23184371.jpg


d0061968_23193990.jpg


「ぎしぎし」という根が深い草をスコップで掘り起こすこと2日間。
すっかりぎしぎしとりに慣れました。


d0061968_23202389.jpg


平和・環境・脱原発・フェアトレードに関する本やグッズも販売中。


d0061968_23211111.jpg


5月3日からチューリップ祭りが開催されます。


d0061968_23225558.jpg


毎日訪れる人が絶えない、花とハーブの里。この1年で新しくゲストハウスを牛小屋に隣接して造りました。トラストの資金もこれに使われています。
私も泊まったよ。気の匂いがここちよいです。


d0061968_0165692.jpg



花とハーブの里で即興曲を録音したミュージシャン 「Rabirabi」のみなさん。
私達は4人で聞くことができ贅沢な「ライブ」でした。
印象に残っているのはアイヌの民謡
「ムータリオブンバレワ ハハ リムセレエ〜 アア オイヨオ〜民衆よ立ち上がれ、そして踊ろう」
ひとりじゃない、みんなで進もう! という気持ちがどんどんわいてきました。
こうやって旅人によって、核燃に頼らない村づくりへのenergyが注入されて、また
あしたもコツコツと仕事をし、それが積み重ねられていくのだな。
d0061968_23234088.jpg


d0061968_2326389.jpg


d0061968_023193.jpg


d0061968_024534.jpg
by satoimolove | 2008-04-23 23:24 | reports
<< チューリップトラストやってます! 第3回愚問会 >>