エコアパート

d0061968_3463756.jpg
wakanaです。

この連休に東京に生まれ育ってはじめて足立区に行きました。
(足立区の方、失礼)

本当に28年間一度も縁のないところで、今更びっくりです。


そこに「足立エコアパート」というおもしろいプロジェクトがあって、
そのアパート(テラスハウス)の正面にある農園をみんなでつくろう!というワークショップに参加しました。(上写真、紺色Tシャツの立ってる方が建築家の山田さん)

「エコアパート」って言葉自体新鮮じゃないですか?!

私の脳裏で「いつか世に現れてほしい」と長い間呟いていた造語でしたが、いままさに実在しようとしていると知りひどく興奮しました。

農園はパーマカルチャー思想をベースに、居住スペースをちょっと狭くしてその分を土にしたもの。石垣や共有スペースのスパイラルハーブガーデンをつくる作業を行いました。

造園職人の江口先生によると「『(幸せすぎて)死んでもいい!シリーズ』にランキングするような美味しい食べ物を勝手口から手の届く距離に植えようよ。」という趣旨で樹種を選択したそうで。

ワークショップはひたすら石を運んだり案外重労働。夕方、美味しいお酒とバーベキューをいただきながら本当にいい方々と夢のような現実の話をして、とても良い出会いでした。

住民同士のコミュニケーションができるのは当然だろうけど、アパートを創る段階で一般市民の大きなネットワークが生まれる物件ってほかにはあまりないと思う。これがモデルになって世に広まればいいな。
「足立エコアパート」の紹介(日本BP社ITpro 2007/07/04)

d0061968_40144.jpgd0061968_414922.jpg

 






    [造園職人の江口さん(右上写真手前) お酒をつくるのも上手。男結びを学びました。]


d0061968_49468.jpgd0061968_492095.jpg

 






   [スパイラルハーブガーデン完成!?]
by satoimolove | 2007-10-09 01:30
<< あなたはいくらをどこに寄付しますか? cubaな日々 >>