初めて2

satoimoです

妹の就職が決まった。(まだ正式じゃないけど)
スーツが必要だということで、私が着ない(着る機会がない)スーツを
譲ることになった。

嵐のような悪天候。いつも行かない新宿駅へスーツを届けに急いだ。
そんな中、杖を突くひとがよろよろ。

一度は通り過ぎたけれど、気になったのでその人に声をかけた。
彼女は目が見えなくて杖を突いていた。
初めて、目に障害がある人の手を握って歩いた。

駅の改札で別れるまで、いろんな話をした。
彼女は週末にボートに乗ったり、会社の帰りにエアロビを楽しんだり…

誰かのために、何かのために仕事をしているのだけれど、実感やぬくもりって
なかなか感じられない。
今日は仕事じゃないけど、誰か=彼女のために小さな手伝いができた。
勝手に幸せを感じた。

結局は自分の満足のためかもしれないけど、またやっちゃうと思う。
by satoimolove | 2006-09-26 22:56 | reports
<< Let's エコボラン... 秋口に選んだ本 3冊 >>