NPO金融(共同体金融)を考える、連続講演会

satoimoです

エコ金融マニア向けイベントやります。


ASJが地域金融機関へ提言した「環境・社会配慮に関する地域金融機関への7つの提言」をもとに、地方の金融機関がどこまで社会的事業を支援できるのか、またNPOバンクと地域の金融機関の相互補完関係は あり得るのかなどの可能性を探ります。

http://www.h7.dion.ne.jp/~fund/kouennkai.html


地域金融機関は、社会的事業を支援できるか
「NPO金融(共同体金融)を考える、連続講演会」

第5回  2006年2月26日(日) PM 

講師: 法橋聡氏(近畿労働金庫地域共生推進センター長)、  その他 予定


◆ASJ「環境・社会配慮に関する地域金融機関への7つの提言」

http://www.aseed.org/ecocho/resource/7suggestions.htm

1.地域社会との交流と社会的事業への積極的な支援

2.地域住民の環境対策(環境配慮型住宅の購入や太陽光パネル設置等)への資金的支援

3.ネガティブ・スクリーニングの導入

4.国連環境計画(UNEP)の「環境と持続可能な発展に関する金融機関声明」への署名

5.融資したエネルギー関連事業の温室効果ガス排出量の公表

6.自然エネルギー関連事業への融資目標の設定およびその達成状況の公表

7.環境・社会配慮に関する取り組み等の公表

( A SEED JAPAN )
by satoimolove | 2006-02-13 22:45 | event
<< カフェで話したこと 疲れると >>