第2回全国NPOバンクフォーラム

satoimoです

金融教育元年! 勉強するぞ! wakuwaku☆

────────────────────────―<転送歓迎>―
□□-----------------------------
□       第2回全国NPOバンクフォーラム
          ~お金に意思を持たせよう~         □
-----------------------------□□
───────────────────────────────―


『NPOバンク』って知っていますか? 市民が自分の意思で、自分
たちのお金を集めて、市民の事業に融資しようとするものです。

今、市民のニーズはどこにあるのでしょう? また、お金はどこに使う
べきでしょうか? みなさまと一緒に考える場を持ちたいと思います。
多様なみなさまのご参加をお持ちしています。

●‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥●

【開催概要】

■日時:12月10日(土)13:00開場、13:30開始、17:00終了
      ※終了後、同開場にて懇親会を行います(17:30~19:00)
      11日(日)9:30開場、10:00開始、13:00終了
■会場:電機連合会館
 http://www.jeiu.or.jp/about/headquarters/index.html
 地下鉄南北線・大江戸線 麻布十番駅 徒歩1分
 〒108-8326 東京都港区三田1-10-3
■定員:230名(10日)
    150名(11日) ※各分科会の定員は30名となります。
■参加費:学生1,000円、一般2,000円(10日のみ)
     学生1,500円、一般3,000円(両日)
 ※懇親会に参加される方は別途2,000円を受付にて徴収いたします。

■主催:第2回全国NPOバンクフォーラム実行委員会
 ※実行委員会(50音順)
 A SEED JAPAN、いわてコミュニティバンク設置研究会、
 ap bank【予定】、NPO夢バンク、コミュニティ・ユース・バンク momo、
 女性・市民信用組合(WCC)設立準備会、全国NPOバンク連絡会、
 東京コミュニティパワーバンク(CPB)、新潟コミュニティバンク、
 北海道NPOバンク、未来バンク事業組合

■後援:電機連合(全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会)
    中央労働金庫
    NPO法人 NPO会計税務専門家ネットワーク
    NPO法人 まちづくり情報センターかながわ(アリスセンター)
■助成:中央ろうきん社会貢献基金

●‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥●

【プログラム】

■10日:全体会 13:30~17:00

 13:30~13:40 開会の挨拶:「NPOバンクとは?」
  
 13:40~14:25 報告1:市民の資金ニーズ ~借り手の視点から~
        NPOバンク融資先からの報告
  <発表者> 
   網代 太郎 さん
     (NPO法人 化学物質過敏症(略称CS)支援センター 事務局長)
    伊藤 保子 さん
     (ワーカーズ・コレクティブ さくらんぼ 理事長)
   他1名

 14:25~14:55 報告2:エコ貯金キャンペーン~3億円が動いた!!~
  <発表者> 
   木村 真樹 (国際青年環境NGO A SEED JAPAN 事務局長/
          コミュニティ・ユース・バンク momo 代表理事)

 15:15~16:45 パネルディスカッション:「金融を手作りする」
       
  <コーディネーター>
   藤井 良広 氏(日本経済新聞社 経済部 編集委員)
  <パネリスト>
   未来バンク事業組合 /女性・市民信用組合設立準備会(WCC)
   東京コミュニティパワーバンク/北海道NPOバンク/NPO夢バンク

 16:45~17:00 クロージング
 ※終了後、同会場にて懇親会を行います(17:30~19:00)

■11日:分科会 10:00~13:00

★分科会1:こんな金融教育が必要
◆コーディネーター:向田 映子(女性・市民信用組合設立準備会 代表)

 これまで、私たちは家庭でも学校でも、自分のためにも社会のために
も、お金をどのように管理し生かすのか、という教育を受けてこなかっ
たように思います。預貯金の行方、投資のリスク、多重債務者に陥るし
くみ等々。日本とアメリカの金融教育を比較しながら、「こんな金融教
育が必要」モデルを考えます。


★分科会2:NPOバンクのつくり方講座
      ~ 私たちとつくりませんか? Shall we “bank”? ~
◆コーディネーター:木村 真樹(A SEED JAPAN 事務局長/
          コミュニティ・ユース・バンク momo 代表理事)

 いまNPOバンクが全国各地に誕生しています。2005年度中には、新た
に3つのバンクが産声を上げる予定です。この分科会では、これらのNPO
バンク設立に携わるキーパーソンをお招きし、設立のきっかけや現在ま
での苦労、今後の展望などを時間軸に沿ってお話いただきます。また、
法的な手続きや設立に必要なステップなども、専門家の解説を交え、わ
かりやすくお伝えします。あなたの地域にもNPOバンクをつくってみま
せんか?


★分科会3:How to manage
      ~ 市民が作り・支える“NPOバンク” ~
◆コーディネーター:奥田 裕之
          (東京コミュニティパワーバンク事務局スタッフ)

 NPOバンクを運営する上での課題は、市民がどう審査をしていくのか、
専門家を含めた多くの力をどう集めていくのかということです。この分科会
では、実際に審査を担当しているみなさんをお迎えして、審査方法の違いや
共通項などを、また投資サービス法等の問題点を提起してきた「全国 NPO
バンク連絡会」の報告から、専門家などから見たNPOバンクへの様々な
支援のあり方や、ネットワークの可能性等について考えます。


★分科会4:今、地域に必要な「お金」のしくみ 
◆コーディネーター:山口 郁子
          (中央労働金庫 営業推進部 NPO推進次長)

 課題解決をめざし、地域に社会的事業が続々と誕生する中、それらを
支える「お金」のしくみづくりは社会全体で取組むべき課題といえます。
この分科会では、事業者が日々直面する課題(解決したい地域課題、そ
のための資金の課題など)を共有し、必要な資金を確保するための「使
いやすいしくみ」を、“支える側”とともに考えます。


★分科会5:NPOバンク融資申し込みワークショップ
◆ファシリテーター:田中 優(未来バンク事業組合 理事長)

 市民のニーズあってのNPOバンク、起業に必要なのは収益を生み出
す仕組みです。最初のヒントを聞いた後、各グループに分かれて「NP
Oバンク」への融資申込みのプランを考えます。その後、各チームのア
イデアをプレゼンしてもらい、それに対してバンクメンバーが審査しま
す。人それぞれのアイデアを、育ててみる体験をしませんか。アイデア
を育ててみると、現実に使うことのできる事業の仕組みが生まれるかも
しれません。


●‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥●

【お申し込み方法】

下記の参加申し込みフォームにご記入いただき、メールの場合は
件名に「NPOバンクフォーラム参加希望」と明記の上、E-mail
またはFaxで事務局までお送りください。お申し込みを確認次第、
ご連絡させていただきます。


【参加申し込みフォーム】

 「第2回全国NPOバンクフォーラム」に申し込みます。


■お名前(ふりがな):
■ご所属・部署:
■TEL:
■E-mail:
■希望分科会:第1希望(   ) 第2希望(   )
 ※参加希望者数によって当方で調整させていただく場合があります。
■懇親会への参加: 参加 ・ 欠席
■参加の動機、当日知りたいことなど:
 ※可能な範囲で当日の内容に反映させていただきます。

【お問い合わせ・お申し込み】

第2回全国NPOバンクフォーラム実行委員会 事務局
担当:石塚
E-mail:malaika@rose.odn.ne.jp  
Tel:090-8108-3835
Fax:03-3200-9250(東京コミュニティパワーバンク内)
by satoimolove | 2005-11-09 09:13 | event
<< 徒然日記 Designの秋!! >>