“いーからかん” みっちゃんとのおしゃべり会

satoimoです。

“いーからかん” みっちゃんとのおしゃべり会
半農半Xライフ、女性ひとりで田舎で暮らし始めること etc
いろんな知恵や面白い発見が詰まったおしゃべり会です。
ご参加ください。
satoimoは企画側なので、会場にスタッフとしています。

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
~稼ぐための職業から、生きるための生業へ~
“いーからかん” みっちゃんとのおしゃべり会
群馬県片品村での半農半Xライフってどんなかんじ?


雑誌『うかたま』の連載「いーからかん人生相談」でおなじみの群馬
県片品村在住の桐山三智子さんをお招きして、おしゃべり会を開催します。

横浜に生まれ、東京で働いた後、群馬県片品村に移住した桐山さん。
野菜づくり、味噌づくり、炭焼き&炭アクセサリー作り、スキーのレンタルシ
ョップ…。
現代的“百姓生活”を営む、桐山さんが農山村で見つけた“大切なこと”とは
…?

当日は、桐山さんとリラックスモードでお話しできるカタチをとり、「農山村
」での暮らし方、地域に残る大切な価値、半農半Xをどう実現するかなど、ディ
スカッションをしていきます。

<こんな人にお勧め>
・農山村の暮らしに関心がある人
・半農半Xの暮らしに関心がある人
・女性一人で農山村で暮らせるの?と不安な人
・人生の先輩(おじいさん・おばあさん)の知恵を学びたい人


◆日時 12月11日(土)13時~15時半(予定 12時40分受付開始)

◆場所 損保ジャパン本社ビル 2階会議室(〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1)

※地図
http://www.sompo-japan.co.jp/about/company/outline/map/

◆参加費 1000円(当NPO会員は500円でご参加いただけます。)

◆参加申し込み・お問い合わせ
お名前、ご連絡先を明記の上、以下の宛先までお申し込みください。
お申し込みは、お電話、FAX、メール、何れでも受付いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・ NPO法人共存の森ネットワーク(担当:田代)       ・
・ 154-0004東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms三軒茶屋1-A ・
・ TEL.03-6450-9563 FAX.03-6450-9583 MAIL.mori@kyouzon.org・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆桐山さんプロフィール(HPより引用)

6年前までは渋谷のアクセサリー雑貨店のショップスタッフ。
消費社会の中で本物が何かわからなくなる。遊びすぎと仕事のストレスでアト
ピーが再発し、立ち止まる。
同時期、友人のベビーブームに、無知なままの 自分では母親になったとき子ど
もに何を伝えられるのか、と考え、まずは自分の環境を変えることを決意し田
舎に飛び込む。
村で出会ったお母さんの偉大さに感銘を受け「片品生活塾:Good Mother Proj
ect」 を立ち上げる。現在は、金次郎師匠の炭焼きのお手伝いからヒラメイタオリジ
ナル商品、炭でアクセサリーを作り個展を開いたり、40年引き継 がれている
下小川味噌加工所で、カヲル婆さんのみそ作りのお手伝いもさせていただきな
がら、縁あって出会った人たちを受け入れている。
講演会では田舎暮らしの魅力や可能性を伝えたり、雑誌「増刊現代農業」「う
かたま」に連載をもたせていただいたりと日々マルチに活動しています!

HP「iikarakan」
http://iikarakan.81s.net/

◆今回のおしゃべり会は「なりわい創造塾」の公開講座(第2弾)です。
なりわい創造塾は、NPO法人共存の森ネットワークが主催する「持続可能なライ
フスタイルづくり」を目的とした9ヶ月間のプログラムです。一人ひとりのが持
つビジョンや生活の状況に合わせて、個々人に合わせたライフプラン設計をお
手伝いします。
講座は、全10回行われますが、11月~1月にかけて行う計3回の講座を、一般に
も公開し、開催いたします。
公開講座では、30代から40代で、「農的暮らし」や「半農半X」という生き方を
実現している方々を講師にお招きします。どなたでもご参加いただけますので
、ぜひ聞きにいらしてください。

<なりわい創造塾が提案するライフスタイル>
私たちが考えるこれからのライフスタイルのキーワードは「身近な自然」そし
て「地域コミュニティ」です。

私たちが生きる現代社会は、「お金」が大きな価値を持ち、お金がなければ生
きることが難しい仕組みの中で暮らしています。1960年代以降、資本経済が成
長する中で、「豊かな暮らし」を目指し、農山村から都市部に人が流れました
。その結果、経済大国となった日本は、自給していた食料やエネルギーを海外
から手に入れるなど物質的に豊かな暮らしに変化しました。しかし、大量生産
大量消費の暮らしは、地球温暖化などの環境問題や経済の行き詰まりにより、
そうした社会が本当に豊かなのか、多くの人が疑問を抱いています。

そこで私たちは、「身近な自然」と「地域コミュニティ」に根付いた、かつて
の日本人の暮らしの形を見つめることから始めたい、と考えています。

かつて、といってもほんの数十年前まで、農山漁村に脈々と受け継がれてきた
暮らしです。薪や炭をエネルギーとし、山で動物や山菜をとり、田畑で作物を
育てる。
木材を住宅や家具の材料に加工し、草木から糸を紡ぎ、布を織る。自然の成長
に合わせて、その恵みに支えられた暮らしです。そして、入会地や結(ゆい)
といったように、地域コミュニティの中で土地や労働を共有し、助け合って生
きる。そんな 「なりわい」の知恵と技術は、はるか先人から綿々と集積されて
きました。

私たちの足元にある、日本人が遥か昔からつないできた生き方の中に、未来の
社会やライフスタイルのあるべき姿が示されている。その生き方を見つめなお
し、これからのライフスタイルを塾生とともに考えたい。私たちはそんな思い
でこの塾を立ち上げました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
◆公開講座の第三弾も開催決定!こちらも申込みもお待ちしています。

日時:1月9日(日)13時~15時
講師:神澤則生氏(NPO法人トージバ)
場所:損保ジャパン本社ビル 2階会議室(〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1)

NPO法人トージバは、都市と農村をつなぐことをテーマに活動を展開しています

地大豆の種をまく「大豆レボリューション」や竹活用の取り組み「バンブーフ
ァクトリー」などのプロジェクトを通じて、神澤さんが目指すことをお聞きし
ます。

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
by satoimolove | 2010-11-18 13:26 | info
<< satoimo畑 夏から冬まで ハッピーバースデー! 誰かさん。 >>