ISO 26000



satoimoです

日経エコロジーをパラパラめくっていたらこんな内容の記事が。

「ISO26000 社会的責任に関する国際規格年内発行の見通し。
CSR活動を見直すための基準となる。SRIの評価基準にも影響を与える。
ISO26000に基づきCSRに取り組むと資金調達しやすくなる。
日本経団連は26000を参考に「企業行動憲章」を改定する予定。
日経エコロジー 2010.10」

数年前、この基準づくりにNGO関係者(確かOXFAM)も参加していました。そのISOの会議に参加されていた方からISO26000について話を伺ったことがあります。このISO26000はSR(社会的責任)に関する国際基準なので上記のような企業にまつわる話、と言うだけではなく、NGOにも当てはまるものと言う話でsatoimo的にも注目していました。
近年、日本の非営利組織も力をつけてきていますから、ISO26000の発行によって企業と似たようなメリットも緊張感も生まれてくるでしょう。
資金調達の点では寄付獲得への影響ですし、助成金や企業とのコラボ事業にも関係してくるかもしれません。

ISO国内委員会
http://iso26000.jsa.or.jp/contents/document.asp

NGOの動き
http://www.sr-nn.net/
by satoimolove | 2010-09-20 21:18 | reports
<< これ、いなかからのお裾分けです 日本の山と歩む新しいCSRのカタチ >>