夏休みが終わりました。

d0061968_0113832.jpgwakameです。



ここ半年ほど夢中になってきた富山県利賀村でのアート展プロジェクトが終わり、

夏休み明けの小学生のように、まだ夢うつつな日々を過ごしています。



上畠アートとは*
富山県旧利賀村の上畠集落(住民34人、平均67歳)にて開催されたアート展。北陸のアーティストが40名ほど参加し、各々の作品を集落の民家や空き地に展示しました。

わら路プロジェクト」=「和」や「地域」「自分興し」「表現」というキーワードに関心の高い東京の若者で構成される=は、このアート展のなかで、誰もが童心に返る「野っぱら秘密基地」をつくるほか、アート展全体を楽しく周遊できるよう、この地域に伝わる民話を織り交ぜた「スタンプラリー」、来場者がつくる「口コミMAP」を 実施しました。

日程:2010年8月20日(金)~22日(日)
会場:富山県南砺市利賀村上畠地区
公式サイト




かつて陸の孤島と呼ばれた県境の山集落へ移動も毎月大変でしたが、
数えきれぬ方々からのおもてなし・お心遣いをいただきながら、
毎回楽しく通うことができました。


そうしてお世話になった村の方々、作家の方々、応援団の方々、メディアの方々、
わら路プロジェクトの仲間たち。一緒に紡いだ記憶が、なによりも宝です。




d0061968_8585290.jpg





直前まで「このままで本当に大丈夫なのか」と不安がつのっていましたが、
終わって残ったのは 「やっぱりやって良かった」 という達成感、
いっぱいの 「ありがとう」 という感謝の気持ちです。



最後、打ち上げの席で南栃市の市長が突然、

「君の幸せはなに?」と聞きました。


「幸せ・・」


このアート展を通して、たくさんの方々と感動を分かち合うことができたのが、
なによりも「幸せ」です。




d0061968_925541.jpg

第1号スタンプラリー完走者と作家さん。スペシャル秘宝をプレゼント!
 (作家のイラスト入り蛭谷和紙うちわ)






「みやきかつふみのつぶやき」
http://www.tulip-tv.co.jp/new_site/announcer/miyaki/?p=2056
(当日は生中継まで盛大に、ありがとうございました。)

「南栃里山博2010」
http://www.nanto-satoyama.jp/
(思い出PHOTO→ 8月20~22日「上畠アート」/8月22日「百姓塾」にも参加しました。)

いちぷろ日和
(わら路プロジェクトの主催団体ブログです。)



利賀村のお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、まだまだ笑顔で元気いっぱい
暮らしてください。



ありがとうございました。
また遊びに行きます。


wakame
by satoimolove | 2010-08-25 23:23 | reports
<< 南米・エクアドルの石油開発と環... 「木のある暮らし」講座 >>