1年経ってやっぱりガザを考える


satoimoです。

今年の1月に起きたパレスチナによるガザ攻撃から1年が経とうとしています。
まさに、攻撃が一番激しかったころ、隣のヨルダンにいた人間が関心を失うことがどうしてできましょうか。

今年、何度か、友人や関係者を通じて寄付をさせていただきました。
年末は日本政府への共同声明で、パレスチナに暮らす忍耐強いに友人たちにエールを送りたいと思います。

よければみなさまも↓
------------------------------------------------------
    民主党・社民党・国民新党連立政権に対して
    日本の中東政策の抜本的な転換を求める
    ガザ虐殺を繰り返させないための共同声明

           賛同者を募ります!
------------------------------------------------------

イスラエルによるガザ大虐殺開始から12月27日で1年が経ちました。
しかし、相変わらず、「国際社会」は、ガザの封鎖も、入植地建設も、
黙認し、パレスチナ人の命と権利はないがしろにされ続けています。

これ以上、イスラエルによる虐殺を繰り返させないために、私たちは
日本政府に対して、従来のイスラエルを利するだけの「中東政策」を
抜本的に見直すことを求め、12月27日付けで、20団体の連名による
共同声明を発表しました。

民主党・社民党・国民新党連立政権に対して
日本の中東政策の抜本的な転換を求める
ガザ虐殺を繰り返させないための共同声明
http://palestine-forum.org/doc/2009/gaza.html

ウェブ上での声明への賛同者を募っています。
http://d.hatena.ne.jp/gazapetition/

また、同趣旨の外務大臣宛の要請署名も行いますので、ぜひご協力の
ほど、よろしくお願いします。
by satoimolove | 2009-12-29 19:14 | info
<< 小川町 金子さんの大豆で豆腐づくり ビール自給中 いっしょにやってみる? >>