32,33,34

satoimoです。

厄払いに行ってきました。
あまり、友人で厄払いに行ったと言う人はいないのですが、
こういうのはやっておくにこしたことはない、ということで、雨の中行ってきました。

始めは毎年初詣に行く一言主神社を考えていたのですが、
遠いし一人で行けるところにしました。

妙法寺(気がつけば寺…)は都内でも有名な、厄よけをしてくれるお寺です。

d0061968_1810355.jpg


受付と厄払い実施時間は「随時」

こんなに有名なところだし、休みの非は長蛇の列かも…
と思い、午前中から張り切っていってみると、以外に誰も並んでいませんでした。
広いお堂の中に一人一心不乱に何かを唱えながら?泣いている方が一人。
えっと…
と戸惑いつつ、申し込み用紙に記入し、受付へ。
そうすると、お坊さんが「中央へお座りください」
と案内してくれたかと思ったら、まもなくお経をあげ始めました。

まさか、私一人のために?!
神社でお祓いしてもらったときは40人くらい同時にしてもらった記憶があります。
なんて、贅沢な!

そうこうするうちにいきなり、祭壇の窓が自動でウィーン…
仏様がにょきっとあらわれた…
(笑いをこらえる)

神妙な面持ちを守りつつ、手をあわせ、目をつむってお経に耳をかたむけてみました。

祈祷が終わると、お札をいただき、そのままさようなら。
到着から30分もかからず終わってしまいました。
ちょっと拍子抜け。

これから本厄(数え年で33歳)を迎えるのでいろいろ不安ではありますが、
気持ち的には楽になったところがあります。
自らを省みなさいと言う時期でもあると思うので、自分のこと、家族のこと…
謙虚に素直に考えてみます。


by satoimolove | 2009-09-13 18:43 | event
<< 厄をはらいし我に来るは 女(わたし)のからだから合宿 ... >>